sawamanbo さん プロフィール

  •  
sawamanboさん: sawamanboの『山辺の家時間』
ハンドル名sawamanbo さん
ブログタイトルsawamanboの『山辺の家時間』
ブログURLhttp://sawamanbo.blog.fc2.com/
サイト紹介文川根本町(静岡県)の山と川に囲まれた、築59年(以上)の古民家を秘密基地にして遊ぶ時間。
自由文2016年6月に川根本町(静岡)の川と山に囲まれた小さな集落にある築59年(+)の古民家を購入。これから始まる『山辺の家時間』、とは言え、まずは、数年間かけて、この古民家を自分仕様にすることから始める。まだまだ、ゆっくりと『山辺の家時間』を楽しむのは先になりそう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 192日(平均3.0回/週) - 参加 2017/12/16 21:35

sawamanbo さんのブログ記事

  • シェードライトで柔らかな空間を作る。
  • 山辺の家の電気工事は、どうやら、劣化した配線を総取っ替えといった大掛かりな作業になりそう。以前、照明とコンセントの位置を考えたことがあるのだけど、作業が進むにつれ、取り敢えず、その計画は一旦ご破算。最初から考えることにするのだけど、基本的には、ダイニングとキッチンを除き、天井照明は無しで良いと思ってる。部屋全体を明るくする天井照明よりも、こんなシェードライトを部屋に幾つか置き、柔らかい照明空間を作 [続きを読む]
  • 作業94日目(2018/06/23): リビング&キッチン間の壁の下地作り(続き)
  • リビング&キッチン間の壁の下地作り(続き)。2階となる上半分の壁の『おさまり』を考えること、一週間。考えた挙句の第4案は、今朝、現場でアッサリと変更。まずは、レーザー水準器で水平を出すことから。これ(赤のレーザーライン)が基準となる。こうしてみると、壁側の梁が水平でないことがよくわかる。まずハシゴ状の下地を作る。長い面が2階の壁面に沿うように、そして、ハシゴ部分が2本の柱を挟みこむようにする。反対 [続きを読む]
  • 壁面への合板張りの対策会議
  • リビング&キッチン間のリビング側の壁面も『合板仕上げ』にするのだけど、ここは、いわゆる後からの増築で追加したところ。リビング側の梁とキッチン側の壁が、そもそも、物理的に分離されているので、シームレスに仕上げる、つまり最終的な『おさまり』を上手く考えなければいけない。まあ、古民家リフォームの醍醐味でもあるところ。少なくとも、3通りほどの案を、このところ、頭の中でシミュレーションを繰り返し、その結果、 [続きを読む]
  • どんぐり工房(鎌倉、2018.06.09)
  • アテもない散歩では、時々、面白いお店に出会ったりする。先日の鎌倉散歩の途中に見かけた『どんぐり工房』さんも、そんなお店のひとつ。なんでも、2階にあるお店も、その先にあるご自宅や庭園も、オーナー自ら造られたそうだ。良い意味での「手造り感」と、いつも「鋭意改築中の雰囲気」のあるセッティングは、とても共鳴できたりする。 [続きを読む]
  • リビングの照明シミュレーション
  • リビングルームの照明シミュレーション(画像は何も合成)。上の画像は、キッチンと隣接するリビングルーム。ココには、ダイニング&多目的テーブル(写真は先日格安で手に入れた木製テーブル)、そして照明はこんな存在感のあるペンダントライトはどうだろう。下の画像は、更に隣接するリビングルームにもペンダントライト。照明は、いずれも、Flameさんの製品。 [続きを読む]
  • サンバーバン のある風景 04(2018.05.19):山辺の家
  • 以前は、要するに屋根裏の、文字通り、『閉ざされた空間』だったのだけど、天井を撤去し、山側の壁に、こんな小窓を二つ取り付けていただいた。こんな小さな窓なのだけど、これがあるとないのでは、かなり違う。この山辺の家は、背後に森がそびえ立つところにあるものだから、基本、日が暮れて、薄暗くなるのが早い。でも、夕方になると、小窓から差し込んでくる太陽の光がとても良い感じで、薄暗い部屋を部分的に照らし、その角度 [続きを読む]
  • 「レーザー墨出し器」を使ってみる。
  • 随分前に手に入れたのは、中国製の安価なレーザー墨出し器。これまで、殆ど使うことはなかったので、少し遊んでみる。縦ラインに対して直角に交わる位置で縦ラインがもう1本照射されるタイプらしい。合板張り、壁造り、床張りなど、今後の作業に使えば、きっと便利なはず。但し、レーザー機器なので、裸眼で見ることは要注意(保護メガネ着用のこと)。 [続きを読む]
  • 次回(作業87日目)の実施計画
  • 次回の作業計画は以下の通り。(1)合板張り: 上部側面への合板張り。(2)ヤスリがけ: バターミルクペイント塗装済みの骨格(梁)をヤスリがけして整える。(3)ワックス塗装: ワトコオイルで、骨格(梁)と天井部分(塗装済み天井ベニア板)を塗装。仕上がりは、シットリとなる。(4)「かすがい」の打ち込み(残り)(5)モール(廻り縁)の再塗装(バターミルク)、乾燥後、取り付け:仕上釘使用。 [続きを読む]
  • ひでさんぎょうの美術室(浜松市、2018.05.06)
  • 連休最終日は、浜松にある骨董品屋さん、『ひでさんぎょうの美術室』、に伺った。骨董品屋さんだから、かなり趣向性が強いと言うか、倉庫のような店内には、マニアックな品々の数々。オーナーの方は、とても気さくな方で、色々とお話させていただいた。いわゆるアンティークショップには、かなりのお値段のする敷居の高い店もあるのだけど、こちらはとても良心的みたい。今日、初めて伺ったのだけど、大きなモールガラスのドア(高 [続きを読む]