sawamanbo さん プロフィール

  •  
sawamanboさん: sawamanboの『山辺の家時間』
ハンドル名sawamanbo さん
ブログタイトルsawamanboの『山辺の家時間』
ブログURLhttp://sawamanbo.blog.fc2.com/
サイト紹介文川根本町(静岡県)の山と川に囲まれた、築59年(以上)の古民家を秘密基地にして遊ぶ時間。
自由文2016年6月に川根本町(静岡)の川と山に囲まれた小さな集落にある築59年(+)の古民家を購入。これから始まる『山辺の家時間』、とは言え、まずは、数年間かけて、この古民家を自分仕様にすることから始める。まだまだ、ゆっくりと『山辺の家時間』を楽しむのは先になりそう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 335日(平均2.6回/週) - 参加 2017/12/16 21:35

sawamanbo さんのブログ記事

  • ペニンシュラ・キッチンを考えてみる。
  • ペニンシュラ・キッチンは、建築家・阿部勤さんにより考案された対面キッチン。いわゆる対面式のカウンターキッチンでもなく、独立型のアイランドキッチンでもない。本土部分に半島(ペニンシュラ)が『T字』型に接するカタチを取るもの。詳細は『暮らしを楽しむキッチンの作り方』に書いてあるので割愛。このカタチを僕が気に入ってる点に、今までキッチンの隅に追いやられていたガスコンロが、一転、キッチンの中心に位置してる [続きを読む]
  • 作業114日目(2018/11/10): キッチンの天井(其の3:二階和室と繋がる。)
  • 引き続き、キッチンの天井作業。今日は、キッチンの天井を抜いた結果、露わになった二階和室の本棚を撤去する。このキッチン、山側に位置してるので、日中でも暗い。二階の本棚を撤去した部分には、ガラス引き戸を設置する予定。これにより、キッチンに外光を取り込むわけだ。撤去前の本棚。二階和室から突出してる。破壊作業は慣れたもの。ワクワクしながら、淡々と壊す。撤去作業は30分くらい。二階和室から、キッチンを眺めると [続きを読む]
  • 備忘録:サンバーバンのヘッドライトバルブ交換(2018.11.03)
  • 先週、山の家からの帰路、ヘッドライトの片っぽ(運転席側)が点灯してないことに気づいた。早速、バルブ(電球、PHILIPS、3350K、H4高効率ハロゲンバルブ)を購入し、折角だから、左のバルブも交換。さて、交換作業自体は簡単なのだけど、運転席側(右側)の交換作業に、かなり手こずった。まずは、ボルト1本で固定されているバルブカバーを取り外すのだけど、スペースが限られているものだから、このカバーの取り外しがとっても [続きを読む]
  • 作業112日目(2018/10/20): キッチンの天井(其の1)
  • キッチンの天井を撤去した。ホコリまみれになるのは、鼻からわかっているので、長袖、帽子、そして、粉塵マスクで完全装備で臨んだ。撤去作業は2時間程度。いつもの手順(省略)。下の写真が解体前の天井。クロスを貼ったベニアを剥ぐと、オリジナルの天井が出現。これも撤去する。撤去は完了し、山のように積み重なった廃材を片付けた状態。古い換気扇も撤去、これは新調する。天井を撤去すると、想像以上に、広い空間。キッチン [続きを読む]
  • キッチンの天井を抜くかあ?
  • これまで、リビングスペース(田の字)、トイレ、玄関踊り場上のロフト、2階和室、それぞれの天井(『笠縁天井』と呼ばれるらしい)は撤去し、屋根勾配を露わにして、いわゆる天井裏の空間を解放し、文字通り、解放感満載。さて、山辺の家には、もう一箇所、天井裏がある。キッチンスペース(流し台がある側)なのだけど、壁の合板張りを始めたものの、ここの天井を抜くかと考えること、やはり、これは抜くしかないな、と思ってる [続きを読む]
  • 作業111日目(2018/10/06): キッチンの壁(其の1)
  • 今日からキッチンスペースの壁に取り掛かる。リビングと同様、合板の張りっ放し仕様、今日は取り敢えずは2枚だけ。壁のクロスを適当に剥がした後、スイッチプレートのスペースをくり抜き、表面をサンダーで磨いた合板(12mm)に、木工ボンドをたっぷりと塗布、そして、仕上げ釘で固定する。リビングの床の間の合板張りと同じ手順。キッチンスペースの配置も考えは始めてる。 [続きを読む]
  • かすがい
  • 天井の梁が交差する部分に、接合金具、『かすがい』を打ち込むことで、接合力を高め、屋根の浮き上がりを防ぐ効果があるそうだ。山辺の家では、少し前に、至るところに、『かすがい』を打ち込んでおいた。そんな訳で、今回の台風21号の強風にも耐えてくれるはず。 [続きを読む]
  • 作業107日目(2018/09/01): ロフト天井(下地)
  • 前回に続き、ロフト天井の作業。ロフト部分も、リビングも、天井を撤去し、大胆に、というか、そのまま梁を露わにする作戦。天井裏がなくなるわけだ。天井には、しっかりと断熱材を詰め、そしてベニヤ仕上げとする。今日は、ベニヤを貼る前の下準備、つまり下地造り。ベニヤは、野縁(40 x 15mm)の上から貼るのだけど、その野縁は、母屋の方向に、垂木に打ち込んでいく。さて、築59年以上のこの古民家の垂木、実は細めの丸太をそ [続きを読む]
  • コキアを植えてみる。
  • 先日、ホームセンターで買ってきたコキアの苗(198円)を山の家に植えてきた。何でも、丸々と大きくなり、秋には紅葉もするらしい。植えてみて、取り敢えず、というか、仕方なく、放っておくことになるのだけど。それはそうと、山の家は、文字通り、山の中にあるのだけど、庭というか、駐車スペースというか、森というか、家の周りは雑草が伸び放題。そんな訳で、今欲しいのは草刈り機なのだ。 [続きを読む]
  • 作業106日目(2018/08/25): ロフト天井(断熱材、下地準備)
  • 以前は玄関上・天井裏の閉ざされた場所、ココをロフトスペースにする。今日から、このロフトの天井に取り掛かる。手順は以下の通り。今日の作業は(1)と(2)。(1)最終的に貼るベニヤ板(塗装済)の下地となる胴縁(45 x 15mm)を打つための下地造り。(2)断熱材(タッカーで固定)(3)胴縁固定のための下地造り(4)胴縁(5)ベニヤ板張りロフトスペース予定地。 [続きを読む]
  • 作業105日目(2018/08/14): 2階和室天井へのベニヤ張り
  • 2階和室天井へのベニヤ張りは、昨日届いたエアタッカーが活躍。横張りのリビング天井とは異なり、和室の天井は『縦張り(長さ:141.5〜142cm)』とする。このように、梁と干渉する部分は、ジグソーでカットする。ベニヤ板の横幅(91cm)はそのままで。和室天井には、8枚のベニヤ板を張る。8枚のベニヤを張った後に、取り付けた状態で、再塗装(2回目)。これにより、塗装がしっかりするだけでなく、施工時の汚れ、キズ、更にス [続きを読む]
  • エアタッカー
  • 塗装済みベニヤ(4mm厚)を天井に張るために、前回使用したエアツール(仕上げ釘用)では、釘が抜けることがしばしば。ミサトさんいよると、釘の頭が小さい(細い)ためとのこと。そして急遽、DIY用の安価なエアタッカーをアマゾン経由で昨日注文、今日到着。次回の作業で、ベニヤの天井張りに使うステープル(幅4mm、足長25mm)も併せて到着。 [続きを読む]