なっかん さん プロフィール

  •  
なっかんさん: フトアゴヒゲトカゲの飼い方
ハンドル名なっかん さん
ブログタイトルフトアゴヒゲトカゲの飼い方
ブログURLhttps://futoago.hatenablog.com/
サイト紹介文フトアゴヒゲトカゲと一緒に暮らしている中で、自分が知った事や知りたかった事をまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 139日(平均0.7回/週) - 参加 2017/12/17 11:45

なっかん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 冬季の活動停止(冬眠)
  • フトアゴヒゲトカゲは変温動物です。変温動物とは自分で体温調節をする事が出来ず、外気温に大きく影響される動物の事です。ですので、冬の間は外気温に合わせて一気に体温が下がります。そのため野生のフトアゴヒゲトカゲは冬になると冬眠するのです。家庭で飼われているフトアゴヒゲトカゲは年中適温です。冬眠の必要はありません。しかし、フトアゴヒゲトカゲはケージ内の適温内にいても外気温が下がると活動量が落ちる事があり [続きを読む]
  • 床材について
  • フトアゴヒゲトカゲの床材。非常にたくさんの種類があって、迷います。私も迷いました。未だに迷っています。そこで各床材のメリットデメリットを独断と偏見で書いてみようと思います。↑砂を掘り返して就寝するスタイル。■砂一番メジャーで定番かなと思います。見た目 ★★★★☆清潔さ ★★★★☆価 格 ★★★☆☆星のバランスよしです。我が家でも砂を使用しています。カミハタ デザートブレンド クラシッ [続きを読む]
  • ケージについて
  • フトアゴヒゲトカゲをお迎えするにあたり、まず必要なのはやはりケージ。木製やガラス製、アクリル製。サイズは60cmや90cm。扉は前開き、上開き 等々・・・。非常に様々です。それぞれ一長一短で選ぶのに一苦労です。そこで、それぞれの一長一短を簡単にまとめたいと思います。■ケージの素材?木製我が家でも木製ケージを使用しています。メリット・側面を網にするなど、機密性を低くする事で夏に温度が上がりにくい [続きを読む]
  • エサの種類【野菜】
  • フトアゴヒゲトカゲのエサには様々なものがあります。生体の体調や成長に合わせて変えていく必要があります。(成長に合わせたエサの種類や頻度はエサの量・頻度をご覧ください)こちらではフトアゴヒゲトカゲに与えるエサの種類を紹介します。↑うちの子はにんじんギライ。■野菜フトアゴヒゲトカゲは様々な野菜を食べます。様々な飼育者様がよく与えている野菜を独断と偏見でおすすめ順に紹介します。●小松菜ペットショップでも [続きを読む]
  • エサの種類【野菜】
  • フトアゴヒゲトカゲのエサには様々なものがあります。生体の体調や成長に合わせて変えていく必要があります。(成長に合わせたエサの種類や頻度はエサの量・頻度をご覧ください)こちらではフトアゴヒゲトカゲに与えるエサの種類を紹介します。↑うちの子はにんじんギライ。■野菜フトアゴヒゲトカゲは様々な野菜を食べます。様々な飼育者様がよく与えている野菜を独断と偏見でおすすめ順に紹介します。●小松菜ペットショップでも [続きを読む]
  • エサの量・頻度
  • フトアゴヒゲトカゲは雑食です。だからと言って何でも良いわけでは当然なく、体調・成長に合わせた食事をさせなければいけません。↑お口におべんとつけたアダルト。■ベビー(〜1ヶ月半ごろまで):食べるだけ★昆虫をメインに与える・・・毎日・野菜や人口フードにも慣れさせる・・・毎日※ベビーの頃に野菜や人口フードに慣れさせないと、成長した時に食べなくなることがあります。■ヤングアダルト(1ヶ月半ごろから3ヶ月ご [続きを読む]
  • エサの量・頻度
  • フトアゴヒゲトカゲは雑食です。だからと言って何でも良いわけでは当然なく、体調・成長に合わせた食事をさせなければいけません。↑お口におべんとつけたアダルト。■ベビー(〜1ヶ月半ごろまで):食べるだけ★昆虫をメインに与える・・・毎日・野菜や人口フードにも慣れさせる・・・毎日※ベビーの頃に野菜や人口フードに慣れさせないと、成長した時に食べなくなることがあります。■ヤングアダルト(1ヶ月半ごろから3ヶ月ご [続きを読む]
  • 温度について
  • フトアゴヒゲトカゲは暖かい土地に住むトカゲです。当然日本の四季には自力では対応出来ません。ですので、健康に過ごさせてあげるにはしっかりとした温度管理が必須となります。ざっくり図の様な感じです。フトアゴヒゲトカゲが暮らすオーストラリア東部は昼間は気温が高く日差しが強いですが、夜には気温が下がります。それと似た温度変化を作ってあげるというイメージです。■バスキングスポット【35℃〜40℃】バスキングスポッ [続きを読む]
  • 温度について
  • フトアゴヒゲトカゲは暖かい地方に住むトカゲです。当然日本の四季には自力では対応出来ません。ですので、健康に過ごさせてあげるにはしっかりとした温度管理が必須となります。ざっくり図の様な感じです。フトアゴヒゲトカゲが暮らすオーストラリアは昼間は気温が高く日差しが強いですが、夜には気温が下がります。それと似た温度変化を作ってあげるというイメージです。■バスキングスポット【35℃〜40℃】バスキングスポットと [続きを読む]
  • ライトについて
  • こちらではライトについて書こうと思います。ライトは保温と紫外線吸収のために必要になります。こちらは飼育者様によってかなり様々ですのでほんの一例です。↑夏AM6:00ライト点灯待ち。■紫外線ライト(バスキングライト)フトアゴヒゲトカゲは本来、とても紫外線の強い砂漠地帯に生息しています。そのため、紫外線は必須なのです。特に食後のバスキング(日光浴)は消化をするにあたり、とても大切になってきます。紫外線にはUV [続きを読む]
  • ライトについて
  • こちらではライトについて書こうと思います。ライトは保温と紫外線吸収のために必要になります。こちらは飼育者様によってかなり様々ですのでほんの一例です。↑夏AM6:00ライト点灯待ち。■紫外線ライト(バスキングライト)フトアゴヒゲトカゲは本来、とても紫外線の強い砂漠地帯に生息しています。そのため、紫外線は必須なのです。特に食後のバスキング(日光浴)は消化をするにあたり、とても大切になってきます。紫外線にはUV [続きを読む]
  • 床材について
  • フトアゴヒゲトカゲの床材。非常にたくさんの種類があって、迷います。私も迷いました。未だに迷っています。そこで各床材のメリットデメリットを独断と偏見で書いてみようと思います。↑砂を掘り返して就寝するスタイル。■砂一番メジャーで定番かなと思います。見た目 ★★★★☆清潔さ ★★★★☆価 格 ★★★☆☆星のバランスよしです。我が家でも砂を使用しています。カミハタ デザートブレンド クラシック 4.4kg 爬 [続きを読む]
  • 床材について
  • フトアゴヒゲトカゲの床材。非常にたくさんの種類があって、迷います。私も迷いました。未だに迷っています。そこで各床材のメリットデメリットを独断と偏見で書いてみようと思います。■砂一番メジャーで定番かなと思います。見た目 ★★★★☆清潔さ ★★★★☆価 格 ★★★☆☆星のバランスよしです。我が家でも砂を使用しています。カミハタ デザートブレンド クラシック 4.4kg 爬虫類 底床 マット 敷砂(陸棲用) [続きを読む]
  • ケージについて
  • フトアゴヒゲトカゲをお迎えするにあたり、まず必要なのはやはりケージ。木製やガラス製、アクリル製。サイズは60cmや90cm。扉は前開き、上開き 等々・・・。非常に様々です。それぞれ一長一短で選ぶのに一苦労です。そこで、それぞれの一長一短を簡単にまとめたいと思います。■ケージの素材?木製我が家でも木製ケージを使用しています。メリット・側面を網にするなど、機密性を低くする事で夏に温度が上がりにくい。・網目 [続きを読む]
  • 過去の記事 …