悠月25 さん プロフィール

  •  
悠月25さん: 母親失格
ハンドル名悠月25 さん
ブログタイトル母親失格
ブログURLhttps://ameblo.jp/yu-duki25/
サイト紹介文モラハラ夫遺伝するのでしょうか? JK娘の子育てに悩んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 33日(平均17.4回/週) - 参加 2017/12/17 23:11

悠月25 さんのブログ記事

  • 離婚前のハネムーン期2
  • 少し離れた場所で、娘と俺様を見ていた。2人共楽しそうだ。誰が見ても、仲良しの父娘。その少し離れ場所の近くに、有名な雑貨屋さんがあった。私の好きな雑貨が、色とりどり並んでいた。引き込まれるように、店内に入った。高揚するのが分かった。店内に、有名メーカーのフライパンや鍋が並んでいる。真っ赤なフライパンに心が踊った。結婚した時に、揃えたキッチン道具。10年以上の月日が過ぎフライパンや鍋の取っ手は外れ、ヤ [続きを読む]
  • 離婚前のハネムーン期
  • 俺様が、警察から実家に連行されたのが、夏休みの終わり。その前に、俺様にハネムーン期があった事を思い出し。ちょうど俺様の夏のボーナスの時期。私たちの結婚記念日の6月頃だったと思う。娘を連れて、少し離れた場所のデパートに行った。私の手を握り歩くのは俺様。娘と俺様と手を繋いで歩くの私。俺様が握る私の手は、恋人握り。ニュメっとした俺様の掌が気持ち悪かった。この頃は、私がちょうど、女弁護士先生と会い、生活安 [続きを読む]
  • 今日を書く1/17
  • 私の仕事は、「コミュニケーションを取ること」と言っても良いくらい、たくさんの人に日々会っている。どうすれば、コミュニケーションがうまく取れるのか、私の課題でもある。そんな中で、今日、ある専門員の方に、初めてお会いした。話題が弾まない中。同世代の娘さんがいると知り、話しを繋げていき私がシングルで働いてるという話しをした。話題の突破口にしたかったが、私がチョイスを間違えた。その専門員さんは「悠月さん [続きを読む]
  • 娘が苗字を変えたくないと言った理由
  • 娘が四年生の時に、すごく仲良くしていたお友達の苗字が変わった。この友達ちゃんのことは、ママ友の間でも話題にのぼり、私も耳にしていた。両親が離婚をして六年生のお兄ちゃんは、お父さんに。四年生の友達ちゃんは、お母さんに。そして、同じ校区内にお母さんが引っ越したので、苗字の違う兄と妹は同じ小学校に通うことになった。なんで友達ちゃんは名前が変わったのか?そんな会話の中で、友達ちゃんが、周りの同級生に、「 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜終〜
  • 【解放の時】前回の調停の時、俺様が、家庭裁判所を出たのを確認して、私は調停員さんのいる部屋に呼ばれた。取り決めになった、養育費や慰謝料の件で慰謝料ではなく、解決金としてなら払うと言う俺様。なので、慰謝料ではなく、解決金として記載していると説明を受けた。どんだけ小さい奴だ!と先生はボールペンで机を叩く。仕返しとばかりに、俺様が養育費などの支払いを1ヶ月遅れた時点で、一括払い、また給与の差し押さえを [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜39〜
  • 【晴れて縁が切れた】2月、朝一番の調停で、俺様が離婚に応じ全身を揺らし、号泣しながらサインしたと先生から聞いた。「たいした大根役者だったわよ!」と、先生も笑っていた。あとは、養育費などのサインを貰うだけ。その日は、午後からPTAの集まりがある日。五年から役員をしていた私は、通常は、2年間役員をする流れになっている。私も、必然的に六年生卒業するまでの2年間役員をする運びになっていた。だけど、娘は六年生 [続きを読む]
  • 今日を書く1/16
  • 今日は、私の家族を紹介させてください。チワワ女の子の「のあん」そろそろ6歳になります。俺様が出て行ったタイミングで、来るべきして、我が子になった子です。一緒に引っ越し娘が1人で留守番をする時、いつもそばにいてくれた、娘の妹分(´∀`)娘が大好きで、いつも寄り添ってます。この子が一緒だったので、ペットOKのアパートを探し出しました。この子はトイプードルの「あさぴん」4歳。アパートに引っ越して、やって来 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜38〜
  • 【行政の手続き】これは、私が実際に行った手続きです。数年前の事なので、もしかしたら、現在は手続きが変わっているかもしれません。俺様が、お巡りさんに実家へ連行されてすぐに、先生が保護命令の手続きをしてくれた。そのタイミングで、役所で世帯分離という手続きをしました。それまでは、俺様と同一世帯で、世帯主は俺様になる。それを、私と娘を世帯分離すると、世帯主は私となり、例え住所が同じでも別々の世帯として扱 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜37〜
  • 【提出した物2】俺様が浮気している証拠これも、もちろん慰謝料に反映される。・探偵さんが撮ってくれた写真と動画を提出。女性の自宅近くの銀行の駐車場で、俺様の運転する車の後部席に乗り込む女の姿。ランチしたり、買い物したり。コンサート会場の駐車場から、手を繋いで歩く姿。若作りした格好の俺様の浮かれた顔を見て、心からドン引きした。・コンサート帰り、食事をして、ラブホ周辺を車でウロウロ、どこも満室で入れず [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜36〜
  • 【提出した物】私が暴力を受けた証拠として、家庭裁判所に提出した物。これは、慰謝料に反映する。また、どちらに原因があり、離婚をするのか、の証明にもなります。・整形外科先生からの意見書とカルテ・精神科の先生の意見書とカルテ医療関係で、書面代として有料の所が多い。私の場合は、五千円ぐらい必要でした。首を絞められた時の、首に残っていた俺様の指の痕の写真も、バッチリ撮れていて、それも提出しました。精神科の [続きを読む]
  • 今日を書く1/15
  • 今日は、休み。休みの日は、早起きをしません。娘が家を出る30分前に、私を起こすという約束をしています。娘が中学生の頃は、毎朝、娘を起こすことから始まってました。声をかけても起きない。布団を外しても起きない。それなのに、遅刻したのはママのせいだ!と言うようになり、毎朝、喧嘩でした。゚(゚´Д`゚)゚。中3の夏休み、娘に言いました。「これから、ママは歩葉を起こすことはしません。歩葉が遅刻しようが、忘れ物をしよ [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜35〜
  • 【調停】女弁護士先生の出番。これこれこういう理由で、調停を行うという内容証明を、俺様の実家に郵送。だが、先生の事務所に戻って来る。郵便局に確認すると、「こんな人はいない」と、高齢の人に言われたと。「次の受け取りを拒否したら、職場に送る」と鼻息荒く再郵送してくれた。だけど、また、こんな人はいないと受け取りを拒否されたらしい。「もうー怒った」そんな事を言いながら先生が、俺様に直接電話をする。この時に [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜34〜
  • 【引っ越すぞー】 離婚をした後の事を考えていた。ちょうど、女弁護士先生の契約を終えた頃から、引っ越し先を考えていた。家賃の安い、公団の団地が最有力。早速、申し込みをして、クジの日になった。見事に当選!ただ、所得に応じてしか入居出来ない条件があり、俺様と離婚成立しないと入居出来ないと説明を受けた。なぜなら、俺様は高所得。籍を抜き、私と娘だけなら入居できる。弁護士先生からも、調停を起こす予定で、先々 [続きを読む]
  • 今日を書く1/14
  • 今日は、夜勤明けで昼過ぎに帰宅。 娘は出かけているようだ。昨夜食べた、シチューの食べ残しや食器もそのままだった。片付けるには、パワー不足と察し、見なかったことにしてそのまま寝た。3時ごろ、娘の着信で起こされる。「どこにいるの?」と聞くので「まだ寝てた」と答える。娘は、近くのデパートに友達と出かけていて、そこで、ずっと欲しかったリュックを見つけたと言う。リュックを欲しがっているのは知っていたけど、な [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜33〜
  • 【パトカー4台来たよ】遠くから、パトカーの音が聞こえ、自宅前に停まった。俺様が誤報なんですよ。わざわざすみません。と、お巡りさんと話している声聞こえた。ガチャと玄関が開いて、制服を着たお巡りさんが2人入って来た。「電話した奥さん?怪我は?」背中が痛むと伝える。お巡りさんが、肩に付けてる無線で「救急車必要ない」と言っていた。俺様は、ほかのお巡りさんと二階へ。私は、リビングで聞き取りが行われていた。3 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜32〜
  • 【110番】8/22離婚希望に同意し、お互いが条件を伝え、事実上、夫婦破綻した生活をしていた。もちろん、条件で伝えた通り、私は俺様の身の回りの事は、なにもしない。洗濯もご飯の準備も、弁当も作らない。私の良い所は、切り替えが早い事。嫁の仕事は、全て放棄した。生活安全課のお巡りさんから、警告を受けてから、大きな暴力はなかった。物に八つ当たりしたり、カーテンを破ったりしてアピールはしていたが、いちいち反応する [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜31〜
  • 【なにもしません】俺様から私といると不幸になるから離婚してくれ。と言われてから私は、「あなたの事をなにもしません」と宣言した。私が、俺様に伝えた内容。食費は、私の給料から賄っていたので、今後、俺様の分の食費は出さない。※なぜ、私が俺様を扶養しないといけない。怒今日からの水光熱費は、全て、私が支払う。事実上、夫婦破綻しているので、機能停止させ、洗濯や食事の準備、ほか諸々、俺様の身の回りの事はしませ [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜30〜
  • 【忘れもしない8月22日】娘、小学五年生夏休み終盤。その日は突然に来た。私は仕事から帰り、すぐにご飯の支度をする。娘は、友達の家に遊びに行ってるようだ。門限の時間までには帰ると言ってた。俺様は休みだったが、いつも通り、書斎から出てこない。真夏日、とてもとても暑かった。この日の夕食のメニューは、トンカツ。俺様の好物メニュー。汗をポトポト垂らしながら、トンカツを揚げていた。 俺様がキッチン横に立っていた [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜29〜
  • 【生活安全課ふたたび】弁護士先生が、警察署長に一喝してくれたおかげで、後日伺った時にはきちんと話しを聞いてくれた。それも、応接室で。取調室のパイプ椅子とは大違い。フカフカの椅子に案内され、女性のお巡りさんの同席で、お茶まで出して頂いた。話しを聞いてもらい、自宅周辺の夜の見回り、そして、俺様への警告をしてくれることを約束してくれた。俺様が在宅中、約束通り、生活安全課のお巡りさんがやって来た。やり取 [続きを読む]
  • 離婚のいう名の解放〜28〜
  • 【探し物】先生から、俺様名義の通帳や登記簿、生命保険証、給与支払い証明書などをコピーしておくよう言われていた。俺様は、書斎に置いてある鍵付きの金庫に、貴重品を保管している事は知っていた。だけど、金庫の鍵がどこにあるか知らなかった。手提げ式のダイヤルのない金庫、鍵さえあれば開けることが出来る。さて、どうする?それから、俺様の行動を注意深く観察した。私が、俺様にお金を払った後は、必ず金庫に入れている [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜27〜
  • 【探偵さん出番です!】探偵さんから、磁石式の送信機を俺様の車のある場所に装着するよう指令を受けていた。私のタイミングで装着をしてメールで知らせる。車の振動で落ちない場所を教えてくれた。これは、俺様の熟睡を確認して行うことにした。あとは、子供用のGPS携帯を車内に乗せること。これも、探偵さんがベストな場所を教えてくれた。俺様の書斎に入り、車の鍵を持ち出す。真夜中、車庫に出て、鍵を開ける。気付かれたらど [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜26〜
  • 【探偵さんって本当に存在してた】弁護士先生から、証拠集めの指示を受けた。暴力の証拠は、病院関係者からのカルテを取るように言われていたので、あの整形外科や入院したい精神科から取り寄せた。また、家で俺様と一緒の時には、常にスマホの録音をオンにしていたので、地雷爆破の俺様の様子も撮れた。ただ、浮気の証拠となると難しい。俺様も、常にスマホは持ち歩いていたし、娘が触らないようにと、ロックもかかっていた。浮 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜25〜
  • 【生活安全課】言われた通り、管轄の警察署の生活安全課を訪ねた。相談したいことがあるのですが…と、言うと近くにいた若いお巡りさんが「どんな事?」えらくフレンドリーに対応してくれた。夫から暴力を受けています。そう言うと、少し慌てて、「どうぞ、こっちに来て」 付いて行くと、重いドアを開けた個室に通された。ここは、取調室だとすぐに分かった。窓には鉄の棒。パイプ椅子が向き合って置いてある。若いお巡りさんに、 [続きを読む]
  • 離婚という名の解放〜24〜
  • 【やっと女性弁護士さんに会えた】退院したら、連絡すると約束をしていたのに、私は相談室に連絡をしていなかった。退院してどれぐらいか曖昧だけど、知らない番号からの着信。誰だろう?と思いながら、出てみると、花村さんだった。スーパーで、私を見かけ、退院してるのでは?と思い花村さん個人携帯から電話したと言っていた。体調が良ければ、相談室にまた出てきてね。と言われ次の日に、相談室に電話して予約を入れた。入院 [続きを読む]