utopia さん プロフィール

  •  
utopiaさん: 私が30代で甲状腺がんになるなんて
ハンドル名utopia さん
ブログタイトル私が30代で甲状腺がんになるなんて
ブログURLhttp://koujyousengan.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフォー、男の子二人のママ。甲状腺腫の疑いと総合病院を受診→甲状腺がん告知→手術→現在経過観察中
自由文次男の出産直前、喉のしこりに気づくも出産までは、CTなどの精密検査を受けることができなかったので、出産後子の1ケ月検診と同時にかかりつけの内科を受診。 その後、総合病院を紹介してもらい、甲状腺がんと診断されました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 274日(平均1.2回/週) - 参加 2017/12/18 10:12

utopia さんのブログ記事

  • 樹木希林さん ご冥福をお祈りします
  • 全身ガンと闘われていた樹木希林さんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします癌になって良かった癌になって学んだことが多くある。癌になったお陰で、生活にメリハリが出た等と生前言っていたとか。確かにそれはきれいごとではなく事実だと思う。一般的にストレスが癌発症の原因や引き金になるとよく聞くが、周囲を見回しても芸能人や一般人でもプラス思考の癌患者って少なくない。私も、癌になってから自分の寿命や最期について考 [続きを読む]
  • お祈りを公にしたから炎上したのではない
  • 北海道地震被害に遭われました皆さまに対し、謹んでお見舞いを申し上げますタレントの藤原紀香(47)は、自身のブログ「気愛と喜愛でノリノリノリカ」で、4日に発生した台風21号にからめて、阪神・淡路大震災での自身の被災体験を語っていた。さらに続くかたちで、〈ニュースを見たら 北海道が… 台風が勢力を保ったまま通過した直後に震度6強なんて、、、どうか 一人でも多くの方が助かりますよう、、、〉と、北海道で起こった [続きを読む]
  • 全摘出か部分切除か迷われている方へ
  • ゆっくりじっくり飲もうと大事にとっておいた、婆ちゃんに貰った山田養蜂場はちみつスカッシュ。主人に飲まれました…泣全摘出か部分切除か迷われている方へ私の場合は、全摘出か部分切除かどちらでもよい状態でした。主治医から、「全摘出と部分切除、それぞれメリット・デメリットがある。本やネットを見て、自分で考え家族とも相談して決めるように」と言われた。本やネットを見たが、迷った。迷いつつ、部分切除に決めた。結果 [続きを読む]
  • 術後経過観察5回目
  • もうすぐ術後1年の甲状腺がん。毎日クリームを塗っていますが、赤みはいまいち引けません。もうこんなものかなと思っていましたが、赤みはまだ薄くなるそう。乳腺腫瘤も同じ病院で手術しているので、甲状腺がんの首の診察に加えて「胸もその後どうですか」と先生が聞いてくれました。せっかく聞いてもらえたので、「実は今月の初め乳腺炎になってしまいまして…」と言いました。すると、先生が「え、じゃあ見てみましょう」と言っ [続きを読む]
  • 転職早々持病がバレました
  • 転職の面接時持病を話すと落ちる―実際自分が面接官だったらどう思うか。自分は、他人には無い技術・技能を持っているのか。持っていない―会社にとって、特別な技術・技能の無い持病のある人を採用するメリットってないですよね。では、持病を隠しておこうか??しかしながら持病を隠して採用されても、バレたら即解雇になる可能性もあります。次男が1歳になったので就職活動をしておりまして、今月ある会社に採用されました。選 [続きを読む]
  • 線維腺腫の手術2ヶ月後に乳腺炎になった
  • 線維腺腫の手術をしてから約2ヶ月。乳腺炎になりました。断乳のタイミングだったので、断乳に失敗して母乳の飲み残しが詰まってしまったのか、手術跡が化膿したのか分からないけれど、今まで生きてきて最大クラスの激痛でした。治療が。この世に、こんなに痛みをともなう治療があったなんてと思いました。ケガでも病気でも、自分が知らないだけで、もっとたくさん痛く苦しい治療があるのかもしれませんが、こんなに痛いなら全身麻 [続きを読む]
  • 私のは人生は何年でしょうか
  • 人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが、何事かをなすにはあまりにも短い。―中島敦こんな格言を、福山雅治の曲で知った。人生は何事もなさぬにはあまりにも長いが―大したことをなさずとも、40年未満の人生なら短い。子どもだっていてもまだ成人していない人が多数であろう。私の人生は何年だろう。あと、何年生きられるのだろう。80歳代までにはほぼ100%の人が白内障になるらしい。私は、白内障になるだろうか。なれるだろう [続きを読む]
  • まさかもう再発??
  • 線維腺腫の摘出手術をしてから1か月経った今月初旬。胸にまた摘出したものと同じようなしこりができました。同じ状況の方に無駄な心配をさせてはいけないので、結論から言いますと、おそらく再発ではないと思いますすみません10日ほど経過した現在、しこりはなくなっております。しこりに気づいたのは、摘出手術からちょうど1か月経った日の夜。お風呂から出て体を拭いている時、ふと右胸が張るなぁと思いました。右胸の右側がなん [続きを読む]
  • 請求していた保険金明細書が送付されてきました
  • おはようございます。台風は怖いですね。雨にともなう湿気で洗濯物も乾きません。外出するにも一苦労です。が、気温はこれくらいがちょうどいいです。室内にいるなら、ちょうど過ごしやすい。雨も本降りでなければ、しとしとの音も心地よかったり??先月末に送付していた入院時の医療保険 保険金請求書。明細が届きました。1週間ほどで審査??が完了したようです。前回は もっとかかった気がしますが、今回はあまりの早さに、 [続きを読む]
  • 医療費の保険金請求書を送付しました
  • 退院時に窓口へ出していた、医療保険の保険金請求に必要な、医療機関に記入してもらう用紙。退院から20ほど経ってできたと連絡を貰ったので、長男を保育園へ送ってから、病院へ受け取りに行ってきました。甲状腺がんの癌告知を受ける前の年に、ガン保険の解約と、医療保険の月額を抑えるプラン変更をしてしまった私。医療保険は最低限しか加入していなかったけれど、すべてを解約、退会してしまわなかったことに感謝ですね。最低限 [続きを読む]
  • 手術から2週間結果を聞いてきました
  • 手術入院から2週間。摘出したしこりの病理検査の結果と、経過観察の為、通院してきました。結果は、良性でした!!!.゚+.(・∀・)゚+.線維腺腫というやつだそうです。4×2.5×2.5センチ。そこそこの大きさですと言われました。とりあえず、乳がんではなかったので安心しました。主人も、安心したことと思います。まず、退院時に貼ってもらっていたテープは授乳の際、次男に剥がされました。笑いながら…退院した時は、ちょっと痛みも [続きを読む]
  • 入退院を繰り返す人へのお見舞い金
  • こんにちは。クールの入浴剤を使いたくなるほどの夏日になったり、毛布がないと肌寒かったり、朝は寒かったのに日が出たらみるみる暑くなったり、難しい陽気ですね。さて、今日は。入退院を繰り返す人へのお見舞い金についてです。もう亡くなってしまいましたが、ガンではないですが難病で、定期的に通院していながら、年に数回入退院を繰り返していた親戚がいました。母は、「遠い親戚だが入院したと聞けば知らんぷりはできない。 [続きを読む]
  • 手術当日(入院2日目)
  • 乳腺腫瘤摘出手術入院2日目ついに、手術当日です6:00 坐薬を入れる   体温と血圧計測    着圧ストッキングを看護師さんに履かせてもらう  6:50 チラーヂンs(甲状腺がんで服薬中のホルモン剤)を飲む7:00まで、水を飲める 8:00 主人着 8:40 担当医が挨拶にみえた 8:50 妹着 看護師さんが病室にみえたので、手術室までは歩いて自分で移動。9:00 主人・妹と別れ手術室へ。手の甲に麻酔の点滴を入れる。おでこにも針? [続きを読む]
  • 手術後1日目(入院3日目)―退院できました!!
  • 長男が、「ママのおっぱいの中の虫がいなくなるように、バンバン貸してあげる」と言うので、お言葉に甘えてお借りしました。笑乳腺腫瘤摘出手術入院3日目手術翌日です6:00 体温と血圧計測・血液検査7:00 チラーヂンs(甲状腺がんで服薬中のホルモン剤)を飲む8:00 朝食8:30 簡単なリハビリの説明を受ける9:00 主人が迎えに来る   レントゲン検査を受ける10:50 主治医が回診に来て、術跡を確認    帰宅後の痛み止めを [続きを読む]
  • 手術前日(入院1日目)
  • 乳腺腫瘤摘出手術入院1日目11:00 入院受付手続き後、院内備品の説明を受けながら病室へ移動、シャワー利用のルール説明などを受ける。体重、血圧、体温の計測。術後着用する着圧ストッキングのサイズを測る為、ふくらはぎとくるぶしの長さを計測。12:00 昼食15:00 麻酔科の受診麻酔医から全身麻酔のリスクを説明され、アレルギーや病歴、服薬状況の確認。16:00 エコーを受けながら、手術箇所のマーキング    薬剤師さんよ [続きを読む]
  • 入院説明を受けてきました
  • 入院説明は、家族同伴でなくてもよかったのですが、主人はGW中で一緒に行くと言うので、子どもも連れて家族みんなで行ってきました。前回の手術入院の時も説明はあっという間でしたが、今回も提出書類を預かり高額療養費制度の説明を受けるくらいですぐに終わりました。入院準備<必要なもの>保険証入院申込書診察券健康保険限度額適用認定証(これは申請がまだできず保留)<手術に必要なもの>白いバスタオル(ワンポイントは可) [続きを読む]
  • ホルモン剤、処方してもらってきました
  • 過去記事”甲状腺がんの手術から4ヶ月”良かったらこの辺を してくださいで、東尾理子さんが同じチラーヂンsを1日分ずつの個包じゃなく錠剤のまま処方してもらっていたのをブログで拝見し、次回の通院は4月だけど、処方箋薬局で個包装にしないでもらえるか聞いてみようと書いていた私。で、薬局で聞いてみました。「1日分ずつの個包じゃなくて、錠剤のままもらえますか?」すると、「ハイハイ、大丈夫ですよ」とあっさり [続きを読む]
  • 手術入院前 服用薬の申告
  • 来月の手術入院を控え―基本医師から処方されたもの以外は飲まないようにとのことで、サプリも先週から飲むのを中止しています。市販品でも服用しているものは、入院前に薬剤部へ申告・提出しなければなりません。サプリを辞めれば、私はチラーヂンsだけです。先週薬剤部へ、おくすり手帳とチラーヂンsの提示に行ってきました。他に服用している薬はありませんかと聞かれありませんと答えました。すると、薬剤師さん。おくすり手 [続きを読む]
  • 手術説明を受けてきました
  • 説明には、家族と一緒に来るようにとのことだったので、主人にお願いしました。午後の予定だったので、半日で早退してもらって。手術説明といっても、半年前に甲状腺がんの手術を同じ病院で受けて、乳腺の担当医も当時の手術に立ち会ってもらっています。今回はおそらく線維腺腫という良性腫瘍の可能性が高いので、しこりは5センチ弱と大きく、全身麻酔ではありますが、輸血の必要はなく、1時間かからない程度で終わるそうです。が [続きを読む]
  • 乳腺外来の受診もしてきました
  • 先週の甲状腺外来術後経過観察4回目と同日。経過観察だった胸のしこりで、乳腺外来も受診してきました。総合病院なので待ち時間も多く、極力診察が同日になるように合わせてもらっていました。エコー検査をしてから、先生それぞれの問診。しこりは、前回の3か月前よりも2ミリほどですが大きくなっていました。やっぱり、手術で取った方がいいとのこと。前回も、そういう話だったので、受診前に、あらかじめ主人と相談していました [続きを読む]
  • 術後経過観察4回目
  • 術後の経過観察も4回目ともなると、ブログを読み返さないと何回目か分からなくなってきました。手術から半年。手術跡もだいぶ赤みが消え、痛々しさも薄れ目立たなくなってきました。血液検査後の止血に、看護師さんが絵の書いてあるテープを貼ってくれました^^二児の母で立派なおばちゃんですが、ちょっと嬉しかったりします(´pωq`)桜も散った4月後半。まだまだ寒い日がありますが、日中暑い日はすごく暑いです。もう目立たない [続きを読む]
  • “自業自得”でガンになった
  • 写真家、猟師の幡野広志のブログ で以前拝見したと思うのだけれど、検索しても出てこないので、定かではないのですが。闘病中に言われたくない言葉―幡野広志さんはブログの中で、絶対治る奇跡は起こる頑張れと言われるのが、はっきり言って大迷惑と言っていた。以前、私の過去記事化粧ポーチを手洗いして今年の掃除は終わりでも、ちらっと触れたのですが、頑張って欲しくない人に頑張ってと言う人治ってほしくない人に絶対治ると [続きを読む]
  • 薬を飲み忘れた…なんて日だっ
  • 毎朝、薬を朝食後に飲みます。正確にはホルモン剤ですが。主治医に確認したら、サプリなら一緒に摂ってもいいとのことでしたが、なんとなく効果効能が落ちるような気がしてサプリとは摂取をずらしています。通常は、すべてマグカップ半分くらいの水で①朝起きて一番に、ビタミン剤を飲みます。②朝食後に、ホルモン剤を飲みます。③お風呂上りに、すらりエールを飲みます。【期間限定価格】surariyell 〜 すらりエール 〜 (カリウ [続きを読む]
  • 病が治るならプラシーボ効果も上等じゃない??
  • プラシーボ効果とは薬理作用に基づかない薬物の治癒効果、つまり投薬の形式に伴う心理効果(暗示作用)のことで、薬理学的にまったく不活性な薬物(プラシーボ)を薬と思わせて患者に与え、有効な作用が現れた場合をプラシーボ効果があったという。プラシーボplaceboとはプラセボともいい、「気に入るようにしましょう」という意味のラテン語で、偽薬(にせ薬)のこと。内服薬では乳糖、デンプンなどで形、色、味などを本物そっく [続きを読む]
  • まだまだ癌は特別のようです
  • 義母が生命保険の見直しをしたいと、先日保険相談をしてきました。義母は、過去に癌を発病しましたが、手術が無事成功し、再発・転移もなく、以後10年弱経過しています。生命保険の加入・見直しって、過去に癌になっていても、手術や最期の治療から5年が経過すれば、再検討できるものと思っていました。しかし、実際は…癌発病後でも、5年生存率・10年生存率が伸び、医療が進化している現在でも、癌は特別だそうです。1度でも癌の [続きを読む]