ぐりぐら さん プロフィール

  •  
ぐりぐらさん: シュシュから始まる一口生活
ハンドル名ぐりぐら さん
ブログタイトルシュシュから始まる一口生活
ブログURLhttp://merrynice.blog108.fc2.com/
サイト紹介文一口生活の記録です。出資馬や募集馬のことに関しても書いていく予定です。
自由文現在参加してるのはユニオンOCです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 154日(平均2.1回/週) - 参加 2017/12/19 12:08

ぐりぐら さんのブログ記事

  • 5月3週更新
  • マートルリースちゃんは騎乗調教を再開したまにトレッドミルでの調教も行ってる模様。距離を伸ばしても気になるところはないそうでとりあえず順調のようだ。もうしばらくはハッキングでの調教をして本格的な調教に備えるとのこと。輸送による馬体の減り方もあっての北海道復帰だと思うのでより近い札幌が目標になるのではと予想。問題は1200m戦で行くのか1500m戦で行くのか。他にも洋芝が大丈夫なのかとか天候はどうなの [続きを読む]
  • 17年募集馬の備忘録
  • P1体高157 胸囲187 管囲21.0 体重512 (1歳10月)体高154 胸囲174 管囲21.0 (1歳6月)P2体高156 胸囲184 管囲21.0 体重512 (1歳10月)体高154 胸囲172 管囲21.0 (1歳6月)P3体高153 胸囲179 管囲20.0 (1歳10月) 体重474 (1歳11月)体高152 胸囲170 管囲18.5 (1歳6月)P4体高157 胸囲184 管 [続きを読む]
  • 他クラブ2016年産評価
  • 約1年前、時間があるときに主に社台系のクラブを中心に配合評価をしたデータがあるので発表してみたいと思います。社台TCアカンサス A 芝イマーキュレイトキャット A 芝イングリッド A 芝エンドレスビジネス A 芝ダクリアンサス A 芝グァンタナメラ A 芝ゴールデンドックエー A ダスマイリングムーン A 芝ダタッチザピーク A ダダンスインザムード A 芝ビーチアイドル A 芝ダフレンチビキニ A [続きを読む]
  • カレンバレリーナ
  • 第18弾はカレンバレリーナを紹介します。父はタニノギムレットでヘイルトゥリーズンの4x4が発生しています。5代目までの内訳は主流系1本、米系11本、欧州系4本となっています。米系11本とスピードの下地はあるのですが主流系が1本と薄く活力が低いので最大限生かされるかやや怪しいところもありますが、しっかり出れば素晴らしいスピードを持つことになります。パワーに関しては欧州系が4本ありますしヘイルトゥリー [続きを読む]
  • 5月2週更新
  • マートルリースちゃんは騎乗を開始。常歩とダクで状態確認の結果、特に問題無さそうとのことで現在はダクとハッキングを乗っているとのこと。走るときに左を回す癖は変わらないが歩様に問題は見当たらないとのことで今後のことを検討してる模様。怪我をした時はエコー検査とかしてましたが回復時には確認しないのが衝撃。肉体の内部のことなのに接している感覚だけで判断してるのがちょっと怖いです。勝ち上がれなければ走れてもど [続きを読む]
  • スウィープイン
  • 第17弾はスウィープインを紹介します。父はプリサイスエンドでミスタープロスペクターの4x5とブルームダンスの3x3を持っています。5代目までの内訳は主流系5本、米系8本、欧州系3本となっています。スピードは米系8本に主流系のノーザンダンサー系が3本と十分に確保できていると思います。パワーも欧州系が3本と少なくても1本は3代目と浅い位置にプリンスローズの系統がありますしミスタープロスペクタークロスも [続きを読む]
  • デンファレ
  • 第16弾はデンファレを紹介します。父がキングズベストでノーザンダンサーの5x4が発生しています。5代目までの内訳は主流系3本、米系6本、欧州系7本となっています。米系6本にノーザンダンサークロスで最低限のスピードは確保できていると思います。パワーに関しては欧州系の血が多く父系もミスタープロスペクターで間違いなくムキムキでしょう。キングズベスト産駒で実績のある馬はこれくらい欧州系の血が多い馬が多いの [続きを読む]
  • マジックミラージュ
  • 第15弾はマジックミラージュを紹介します。父がディープブリランテでヘイルトゥリーズンの5x4が発生しています。5代目までの内訳は主流系4本、米系9本、欧州系3本となっています。スピードを引き出すクロスこそないものの9本もある米系の血が競走に耐えるスピードを伝えてくれるはずです。欧州系が3本と少ないですがヘイルトゥリーズンクロスがあるのでパワーは問題なく有るはずです。ヘイルトゥリーズンのクロスはかか [続きを読む]
  • ルタンデスリーズ
  • 第14弾はルタンデスリーズを紹介します。父がロードカナロアでミスタープロスペクターの4x5とノーザンダンサーの5x5を持っています。5代目までの内訳は主流系6本、米系6本、欧州系4本となります。スピードは6本の米系とノーザンダンサークロスから十分に伝わってくるはずです。パワーに関しても4本の欧州系にミスタープロスペクタークロスがありこちらも十分伝わってるでしょう。とにもかくにもバランスのいい血統構 [続きを読む]
  • スプリングマンボ
  • 第13弾からは関西馬に移りスプリングマンボを紹介します。父がスズカコーズウェイでノーザンダンサーの5x5x4を持っています。5代目までの内訳は主流系5本、米系10本、欧州系1本となっています。スピードは米系10本にノーザンダンサークロスと間違いなく保証された配合です。パワー面では欧州系が1本しかない上にストームバード経由のノーザンダンサークロスでは相手がヌレイエフ、ニジンスキーでもパワーが引き出さ [続きを読む]
  • 5月1週更新
  • マートルリースちゃんはウォーキングマシン運動を開始。切開した場所は瘡蓋で塞がって順調に治ってる模様。でも、この子が怪我したのって内部の筋肉だったはずなんだけどそこは大丈夫なんだろうか?運動後に問題がないからとりあえず大丈夫なのかな?様子を見て騎乗調教を開始するみたいだけど状況が状況だけに慎重に構えてほしいです。今週は2歳ちゃんズも近況更新です。ノヴァメンテはいつも通りの調教で鍛錬中。調教はこなせて [続きを読む]
  • シルクプレアデス
  • 第12弾はシルクプレアデスを紹介します。父はスウェプトオーヴァーボードでノーザンダンサーの5x5x4が発生しています。5代目までの内訳は主流系4本、米系9本、欧州系3本となっています。スピードは米系9本にノーザンダンサークロスで折り紙付き。素軽い動きを見せてくれるはずです。パワーは欧州系3本と少ないですが父系はミスタープロスペクターな上、4代目まで2本が入ってきているので少なくともダートをこなす程 [続きを読む]
  • クライフォージョイ
  • 第11弾はクライフォージョイを紹介します。父はヴィクトワールピサでミスタープロスペクター4x5とレイズアネイティヴ5x5のインブリードを持ちます。5代目までの内訳は主流系3本、米系7本、欧州系6本となっています。スピード面では米系7本と主流系3本でやや不安なところもありますがミスタープロスペクタークロスとレイズアネイティヴクロスにより筋力との融和は為されるので最低限のスピードは確保できると見ていま [続きを読む]
  • ダイワパッション
  • 第10弾はダイワパッションを紹介します。父はキズナでノーザンダンサーの5x4を持っています。5代目までの内訳は主流系4本、米系8本、欧州系4本となっています。米系8本にノーザンダンサークロスがあるとなればスピードは十分に確保できていると考えます。パワー面でも欧州系4本、その内の一本は3代目にネヴァーベンド系が来ていることから十分でしょう。血統構成的には非常にバランスが良くいい結果が期待できる配合で [続きを読む]
  • イチリュウ
  • 第9弾はイチリュウを紹介します。父がジャスタウェイでヘイロー4x4とリファール5x4のクロスを持っています。5代目までの内訳は主流系4本、米系7本、欧州系5本となっています。スピードは米系7本に加え主流系がノーザンダンサーのみの上にリファールクロスがあるので及第点はあるはずです。また、サンデーサイレンスを通るヘイロークロスもあるためキレと軽さも望めます。その分パワーに関しては欧州系が5本あると言え [続きを読む]
  • キスオブザビーナス
  • 第8弾はキスオブザビーナスを紹介します。父はパイロでセクレタリアト5x4を持っています。5代目までの内訳は主流系3本、米系10本、欧州系3本となっています。スピードは米系10本が保証してくれますしセクレタリアトクロスがさらにスピードを強調するかもしれません。ただ、その分欧州系が少なくインブリードによる補完もないのでパワーはあまりないかも。パイロ産駒ですがダートは合わない可能性があります。こちらの予 [続きを読む]
  • ヴェルナッツァ
  • 第4弾はヴェルナッツァを紹介します。父ケープブランコでミスタープロスペクターの5x5x5とSpecialの5x5を持っています。5代目までの内訳は主流系6本、米系4本、欧州系6本とやや欧州系の多い配合です。ノーザンダンサー系3本に米系4本とスピードの絶対値に不安はありますがミスタープロスペクタークロスがあることによりパワーを生みだす筋肉によるスピードの阻害はないと見ます。また、ミスタープロスペクタ [続きを読む]
  • グリーリーレイ
  • 第三弾はグリーリーレイを紹介します。父がディープブリランテのアウトクロス馬。父がインブリード持ちで母がアウトブリード馬なので父ディープブリランテの特徴が強く出ると思われる。5代目までの内訳は主流系5本、米系6本、欧州系5本となっています。主流系のほとんどはノーザンダンサー系で米系も6本あるため十分なスピードを持つはずですしパワーに関しても父、母共に母が欧州の系統なので5代内に5本と言えどかなりの濃 [続きを読む]
  • キストゥクラウン
  • 第2弾はキストゥクラウンです。父はスピルバーグでミスタープロスペクター4x4とノーザンダンサー5x4のインブリードを持ちます。5代目までの内訳は主流系7本、米系5本、欧州系4本となっています。主流系と米系が合わせて12本ありノーザンダンサークロスがあることも相まって現代競馬に必要なスピードは十分供給されるはずです。さらにミスタープロスペクタークロスがあることによりスピードの持続力も期待でき欧州系4 [続きを読む]
  • モンクール
  • 2018年度募集馬ピックアップ第1弾は母モンクールです。父ケープブランコでノーザンダンサーの4x4が発生しています。5代目までの内訳は主流系4本、米系8本、欧州系4本となっています。主流系と米系が合わせて12本ある上にノーザンダンサーのクロスもあるので現代競馬に必要なスピード能力は持ち合わせているはずです。パワーを司る欧州系の血は4本と多くはありませんがプリンスキロ系のアーティアスが4代目にいます [続きを読む]
  • 2018年度募集馬
  • 会報5月号が届いたので早速ツアーに応募いたしました。1歳ちゃん達に会える日が今から楽しみです。そして同時に今年の募集馬が発表されました。サーっと見た感じ西の方に目玉の馬が多いような…?リアダビ民の自分としてはヴェルナッツァの仔がいるのが驚き。そーいや馬超がユニオンに話聞きに行くとか言ってたような気がするけど本当に行ったんだな。産駒成績はいまいちだけど血統構成は悪くないので気に留めておかないとな。と [続きを読む]
  • 4月後半2歳近況
  • お楽しみの2歳達の状況が更新されました。ノヴァメンテはついに坂路で15−15に挑戦!結果は押して押しての登坂と手ごたえはいまいちだった模様。まあ、初めてですし次回の更新の時にどんな手ごたえになってるかが注目です。パッションクインは少しペースを上げてハロン20秒上限のキャンターを3000mで調教中。こちらは先日提供元の方の報告もあり少し詳しくわかっています。馬体もこちらに来てからさらに成長し気性も内 [続きを読む]
  • 4月3週更新
  • マートルリースちゃんはウォーキングマシン運動で軽い運動をしながら北海道への移動を待機中でしたが本日19日には故郷の白井牧場に到着する模様。怪我をしてからはや一か月。読んだ記事では最低でも完治に2か月はかかるように書いてあったのでまだ一月ほどはかかりますね。5月の下旬に治ったとしてそこから乗り込んで6月下旬、帰厩して更に乗り込んで7月末〜8月に復帰できれば御の字でしょうか。一番早くてこれですからさら [続きを読む]
  • 4月2週更新
  • マートルリースちゃんは獣医師のチェックを受け軽く動かすことはできるとのことでウォーキングマシン運動をしながら北海道への移動を待っている状態。筋断裂は安静にするべき怪我というのをネットで見ましたが動かして大丈夫なんでしょうか?治療後の説明はありましたが怪我の状態に関する説明はないのでちょっと心配です。にほんブログ村 [続きを読む]