有限斎 さん プロフィール

  •  
有限斎さん: 旧き稲妻
ハンドル名有限斎 さん
ブログタイトル旧き稲妻
ブログURLhttp://furukiinazuma.blog.fc2.com/
サイト紹介文−真剣道−基道館稽古日月抄3
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 35日(平均6.2回/週) - 参加 2017/12/19 13:34

有限斎 さんのブログ記事

  • 模擬刀の修理
  • 鯉口がゆるいと「鯉口を切る」という感覚がゆるくなる。同時に納刀の残心もおろそかになる。昨夜の日根野イオンカルチャー教室「居合道」でカルチャー生の女性たちのお刀の不具合を聞き取り、修理するために持ち帰ったそれらの模擬刀は 鯉口がややゆるい  鯉口もゆるく鍔もがたついているというものだった。木槌、目釘抜き 接着剤 目釘 カッター はさみ 修理用の木を薄く切ったもの、後は自分の持っている刀パーツ(切羽類 [続きを読む]
  • 厳修38年紀
  • 自らにキビシク向かうことは凡百の身には相当つらいことであった。しかしながら、心の持ち方で苦が楽になるのはみんな知っている。たとえば千日回峰、マラソン 普通なら死んでしまうようなことに挑戦する人がいる。ジャンルは違えど「そのことを成し遂げる」一流のひとはいるもので、これを賛嘆して拝見する。わが身を振り返り、居合に染まってから38年いささかも怠りが無かったとは言えない(汗)余日も僅少となり、これからの [続きを読む]
  • 松の葉
  • 日本酒の味わいにはほとんどの人がしびれる、実にすばらしいものです。年末にいただいた 獺祭を封切りした。普通に流通しているのより精米歩合がすごい。 23%ですぜ!こんなにすごいのは人生で初めてで、封を切るのにためらいがあった(笑)人肌よりやや低めのお燗をしていただいた。猪口に注がれただけで馥郁たる香気がほのかに鼻腔をくすぐる最初はやわらかい口当たりだが、やがてその自己主張は控えめながら「他の何物でもな [続きを読む]
  • 電磁波汚染からの回避(健康であるために)
  • まずは、私の部屋の仕掛け(特にPCまわり)動画をご覧くださいもう10年以上使用している「エルマクリーン」という交流電気から発生する電磁波を除去する装置ですごらんのように見えない電磁波は身近にあります。そこで、私は次のグッズも肌につけています私の読者なら、義妹が余命2月を宣告され、それならアホな堺市民病院のバカ医者の言うことは聞かないときめ、東京の横内先生を訪ね、生還したことはご存知ですよね。それと [続きを読む]
  • 重複合汚染の現場から
  • この映像はスマホでポップコーンが破裂することを見せてくれます。https://www.youtube.com/watch?v=V94shlqPlSI電車内で優先席に座っている赤ちゃんを抱いたお母さんを見かけた。 お子さんは2〜3月くらい。そのお母さんは京都から大阪までの時間(40分ほど)スマホを見ていた。赤ちゃんは胸に抱かれていたから、その頭にスマホが当たっていた。赤ちゃんの頭蓋骨は薄く電磁波が通りやすいことは警告されている。せっかく生ま [続きを読む]
  • 抱きまいらせる
  • 日月神示に 悪について記述がある「まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、悪の大将は光り輝いているのざぞ」「人の心から悪を取り除かねば神に通じないと教へているが、それは段階の低い教であるぞ」「大神は大歓喜であるから悪をも抱き参らせているのであるぞ。抱き参らす人の心に、マコトの不動の天国くるぞ。抱き参らせば悪は悪ならずと申してあろうが」「悪を悪と見るのが悪」「悪 [続きを読む]
  • どこにでも『一流』はある
  • 接遇道という言葉を聴いたことがあるだろうか?平林女史の接遇道を読んで感心したことがある。近頃、教科書にしたいくらいの接遇を受けた。まさに一流だった。所は、京、四条通りから西洞院に入り南へ約150m 佛光寺の角にある、何の変哲も無いうどん屋さんだった。ああ驚いた! ここの若奥さんが接遇道のすごい達人だ。前に行ったのは2度 春先、その後は夏の暑いころだった。そして先週の土曜日に昼食のため立ち寄ったのだ [続きを読む]
  • H30年 近畿地区初抜き大会
  • 初抜き大会に参加した。初段の方が帰路にふと漏らしたことが、こころにひっかった「A道場の人たちの『月影』あれでは斬れませんね」入門1年以上経過して稽古の数を積んだ人には見えてきたものがあるらしい。初段の人にも見えるのに停滞しやまぬ業で平気なのはなぜだろうと考え込んでしまった。ある事柄を知り  行動するもの  ①反対するもの                                  ②賛同する [続きを読む]
  • 日根野イオンカルチャー 「瑞月會」
  • 今夜は、 「瑞月會」に向かった。仕事の都合で、帰宅できないことが多く、刀を携えることは少なかったが、今夜は「宗次」を持参した。初抜き大会は明日というのに、咳き込んでいる無維庵師範、ご子息を同道された無有庵師範の応援をいただいた(感謝)一水師範の行き届いた指導に加え、兄弟師範の応援は心強い今夜のカルチャーショックは、後ろに組んだ手に棒を通し、それを両側から男が下に押すそれを掴んだ、カルチャー生(女性 [続きを読む]
  • 初抜き大会に向かう心構え
  • 初抜き大会が、次の日曜に迫っている。次のような理由から、入賞者はいないだろう。気にすることはないですよ、あなた方の「位」が見えないだけですから以下転載の記事は4年前位だろうか。**************************夢の浮雲から転載今夜は稽古参加者が少なく、しかも師範と呼ばれるものが全員揃った。雑談というか、おのおのの考えを述べ合うことが出来た卍堂 無傳庵師範が「あんた、怖いことしてはるんやねえ」と藤山 [続きを読む]
  • ドーナツを頂く
  • 国産小麦 ハルエゾに酵母を加えしばらく寝かす形を整えてからお決まりの「型」で抜く菜種油で慎重に揚げると出来上がり、オーガニックシナモンと甜菜糖で軽く味付けおいしい南インド紅茶とともに頂きますKUROは食べません(笑) [続きを読む]
  • 凍てつく、基道館・浮雲會にて
  • 今夜も基道館・浮雲會(熊取北中学武道場)に参加された同志の「熱い向上心」に敬意を表します。実に寒かったですね。お迎えにきてくれた、浮雲會助教不雅庵氏が入門以来「安全な食品オルター」で家族の健康を守っているという話を聞いて大変満足です。奥様の協力はとても大事ですネ。今夜は参加者ほとんど全員と「相対稽古」をやりました。真剣にやると疲れます(笑)今夜初めて、少年ともやりました、正座ができ、サムライの心を [続きを読む]
  • 【再掲】正統とはなにか
  • 「正統とはなにか」ギルバート・チェスタトン 2016.01.14. ギルバート・ケイス・チェスタトン(1874−1936)は正統とは何かのなかでこう述べた。「伝統とは、あらゆる階級のうちもっとも陽の目を見ぬ階級、我らが祖先に投票権を与えることを意味するのである」私は以下のように考えるどのような場面に於いても先人と共にあり、自分こそ先人が築き、伝承してきた「文化」の最後尾に位置するという自負を持つ、そして先人の [続きを読む]
  • 「再掲」居合
  • http://yomenoukigumo.blog136.fc2.com/blog-entry-590.html#end居合iqIQは知能を数値化したもので、発達の度合いを知ることが出来るふと、居合のIQについて考えてみた算出法[編集]DIQを含まない場合、従来のIQを算出する方法の検査では、精神年齢 ÷ 生活年齢 × 100で算出される。成人(何歳からかは検査によって違う)の場合は生活年齢を18歳程度に固定して計算する(知能年齢、生活年齢については後述)。DIQを算出する方法の [続きを読む]
  • 基道館 無端塾 初稽古
  • 基道館 無端塾の初稽古が行われた。岸和田市 八木市民センターは、実にきれいな場所だった、冷暖房完備、図書館まである。みんな同じ業をやっているように見えるが、カメラを構えたのがそのときだっただけで他意はない真剣でやるか!席上、泉穴師神社奉納演武の幹事 卍堂の不紹庵助教が、次のような案を提出した。参加予定は39名パンフもできていた実に頼りになる仕事ぶりで一同感心した。これを足がかりに泉穴師神社奉納演武を [続きを読む]
  • H30年 初稽古 IN 日根野カルチャー教室
  • 初稽古は、日根野イオンカルチャーに出向いた。いい稽古にでした、どんどんと伸びている。ニンゲンは気持ちしだいでどんどん伸びることを実感した。カルチャーなのでお顔を出せないのが残念だが、顔つきまで変わってきた。まあ、すごい変化である。******************************5年前の記事が出てきた。基道館は爆発的に伸びている、そうでなくては、見捨てた少年部の恨みが残るだろう。基道館は「泉州に根を張った、 [続きを読む]
  • 無理だと思います
  • 完全オーガニックの食材を使い(安全な食品・オルター)まともな食事をして、頭も、身体も不調でない私。1日に10kmを歩き、地下鉄の階段を15kgの荷物を下げて、息も切らさず上がりきる(笑)私の知っている居合は、生きていれば116歳の斎藤名人の直伝で、ご存知のように斎藤名人は20代直門で、英信流指導会京都支部長代が下がっていても、すばらしい居合者はいるだろうが、20代直門レベル(斎藤名人)の師範代は、全国にいまどれだ [続きを読む]
  • 株だ、為替だ、仮想通貨だ!
  • 人類最悪の発明は【貨幣】であろう。サピエンス全史が指摘するように、金を全能の神にしたのは紛れもない人間である。アメリカ資本帝国に抵抗するアラブの人々でも何万ドルという誘惑には勝てないらしく、同胞を売っている。その市場原理主義は、がんじがらめで、人々は「ささやかな幸せ」を受け止めるため、役人は四角四面で、傀儡政府の決めた「子宮頸がんワクチン」をみすみす見逃したのはつい先日のことだ。誰しも自分の幸福を [続きを読む]
  • 稽古着の心得 【再掲】糞掃衣
  • この記事は2012年ということであるが、今でもその考えは変わっていない。稽古着も同様である。しかも「循環無端」の胸章をつけた者は、心に刻んでほしいと思っている。糞掃衣2012.09.25 *Edit ← 夥しき秋  → 拈華微笑糞掃衣とはネズミのかじったもの、牛のかんだもの、死人が着ていたもの、焼けたもの、それらのぼろ布をつなぎ合わせた切れ端。私はこの教えを深く胸に刻む、もちろん現代に於いて威儀偉容は武士(社会のリー [続きを読む]
  • 念ずれば花ひらく
  • 毎年送っていただくカレンダーが大晦日に到着した。静岡の名刹 圓明寺 山門萬古山 圓明寺様からの下されもの。昨年の12月カレンダーには、念ずれば花ひらく、しかし訣別も人の世の習い、今年もそう思って生きよう!parts(1211723,"ffffff","200","001eff",600000,"16","4208","outrank","http://yomenoukigumo.blog136.fc2.com/", 2, 0, "F7F7F7", "001eff"); [続きを読む]
  • 【再掲】世界文明の中心は日本の真上にある
  • 世界文明の中心は日本の真上にある2014.11.04 *Edit ▽CO[6] ← 難波にて、統一戦線義勇軍 街宣 → なんだ ダーリンのことか昨日の難波高島屋前の演説は 表題の切り出しで始まった。おっさんの妨害で貫徹できなかったのだが、本日、元自衛隊陸将補 池田整治氏からのメルマガに思うとおりの事が書いてあった。以下引用  目覚めよ日本人!「戦略的思考」のすすめ 戦後日本は、軍事関連事項がタブー視され、戦略的思考も [続きを読む]
  • 【再掲】アホは人の上に立つな
  • アホは人の上に立つな2014.01.11 *Edit ▽CO[2] 規定通りのことしかできない人が人の上に立つとマイナスなことが起きるそこらの市役所の役人なんか典型的だ役人に限らず、公の部署では「当たらず触らず関係せず」といった態度をよく見るアジアの子供たちに教育を受けさせたいという主婦が3人ほど集まってバザーを始めた最初は古着や、食器類をみんなに出してもらった私も、古着を集めたものだ、だんだんとその組織は大きくな [続きを読む]