Hiroki さん プロフィール

  •  
Hirokiさん: 俺が想う事
ハンドル名Hiroki さん
ブログタイトル俺が想う事
ブログURLhttp://oregaomoukoto.hateblo.jp/
サイト紹介文オレガオモウコト〜愛欲編〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 33日(平均4.9回/週) - 参加 2017/12/19 17:22

Hiroki さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 心も身体も
  • 心だけでは寂しくて身体だけでも空しくてその両方でお互いを求め満たし合い幸せを感じる欲張りだと思われても不道徳だと言われても彼女の事が愛しくて彼女のすべてが欲しくなるその熱い身体も切ない吐息も可愛い鳴き声もすべて俺のもの俺がこの手でこの心で色を着け奏でさせたもの「心から愛した人は、もう、何処にもいないの。」そんな過去を俺が塗り替えてみせるいつか君の心を俺の色だけにしてみせる心も身体もすべ [続きを読む]
  • 自然に求め合う心のまま
  • 何もしなくてもただ抱き合うだけで心が包まれる車のシートを倒し寝転ぶ俺の上に彼女の身体が重なる伝わる重みと温もりが心地いい「心臓の音、時計みたい。」俺の胸に耳をあて目を閉じて耳を澄ませる彼女をそっと両手で抱きしめる「キス、したいな。」俺の顔の前にいたずらめいた可愛い顔が軽いキスだけのつもりがいつの間にか激しさを帯びてしまい車の窓ガラスが白く曇り出すもうキスだけでは止まらない自然に求 [続きを読む]
  • 心ひとつ
  • 「おいで。」やっと呼んでもらえたそんな顔をした子猫のように俺の膝の上に座る彼女「待ってたの?」「うん。待ってた。」可愛い本当に「大好き。」「大好きだよ。」キスをしながら甘え合う不意に俺の前髪をかき上げて「かっこいい。」そう嬉しそうに彼女が言う「じゃ、このまま抱こうか。」「もっと、好きになっちゃう。」「いいよ。」俺の腕の中に綺麗に収まっている彼女を両手で強く抱きしめる「愛しているよ [続きを読む]
  • 淫らな君のままで
  • 「こんな風に、前の人とも、キスをしたの・・・?」「いや。」「こんな風に、抱いたの・・・?」「結美だけだよ。こんなにも、夢中になって抱いたのは。」知らない過去の女性に、嫉妬しているのか。熱いキスをするのも、激しく貪るのも。君にしか、した事がないのに。こんなにもずっと抱いていたいと思ったのは、君だけだよ。こんなにも大切で愛しいと思った女性も、君だけだ。愛しているから、君のすべてに応えてや [続きを読む]
  • すべてをさらけ出していい
  • 君を抱きしめる肩を抱き寄せて強く抱きしめる二つの乱れた呼吸が綺麗に重なり熱い身体を鎮めていく高みを得た君が俺の左胸に手を当て優しく労わる大丈夫だよ俺は大丈夫そんな心配そうな顔をしないで俺はもっと君を愛したい君をもっと幸せにしたいんだ君の優しい手を掴み上げ俺は君の身体に華を咲かせる紅い綺麗な華を柔らかな胸に滑らかな太腿にまだ熱く潤いの残る君に入るのは容易い君を激しく揺らすのも俺の思い通 [続きを読む]
  • 愛しているよ
  • 裸になっても君が寒くならないように俺は部屋を暖めるそして何度も深く唇を重ね君の身体の芯にも火を着ける奪い合うように激しく求め合い心と体の両方が高まっていくとこの世界には俺たちしか存在しないと錯覚してしまうほど俺には君だけしか君には俺だけしか映らなくなる君の中はとても熱く俺を求め続ける「もっと、ください・・・。」消え入りそうな可愛い声に俺の鼓動がまた早まっていく愛しくてただ君が愛しくて身 [続きを読む]
  • 手放す事なんて出来ない
  • 座ったまま向き合い君が俺の目の前で揺れる時折目を開けたまま濡れた唇を重ね合う震えながら俺にしがみつく君の背中を強く抱きしめる度に実感する君は俺だけのものだという事を愛して止まないその気持ちを抑えきれずにこんなにも大事な君をこんなにも愛しい君を激しく攻め立ててしまう君の中を俺ですべて満たし何処へも行かないように心ごと縛り付ける俺の目の前で長い髪を揺らしながら涙を浮かべる君を俺は離さない苦 [続きを読む]
  • 俺から目を逸らさないで
  • 「ちゃんと、俺を見て。」そう言って俺は彼女の頭を掴み自分の方に向けさせるどんなに俺が君の事を愛しているかその目にその身体に焼き付けて涙を流してもいいその胸が苦しくなってもいい俺が君を想う気持ちを見逃さないでどんなに俺が激しく君を貫いてもどんなに君が感じても決して俺から目を逸らさないで俺はずっと君を見つめている溶けそうな熱情の中でも冷静に君だけを見ているだからもっと感じてもっと乱れても [続きを読む]
  • 君の自由を奪うように
  • 君の心を抱くようにその細い身体を抱きしめる今だけは何もかもすべて忘れさせてあげたくて君の心を解放するように暗い部屋が愛欲を高めていく恥じらいを捨て俺のすべてを躊躇いもなく君が求められるように優しく抱こうと思っても君の目が激しさと強さを俺に求める君の細い腕と脚の自由を君から奪う俺は君の望むまま心ごと拘束するもう逃げられない囚われたその行為が君の心と身体に火を着ける貴方に支配されたいもっと [続きを読む]
  • 俺を思い出して
  • 「一日が、長く感じたの。」そう彼女が呟いた。「早く、会いたい。」あんなにも愛し合ったせいか余計に想いが募る彼女と俺の気持ちが同じ想いに染まる会えないとわかっているせいもきっとあるのだろう「俺も、会いたいよ。」早く彼女を抱きしめたい苦しいほどキスをして俺の腕の中に収めたい会えない時間がそんな欲望を駆り立てる寂しくなったら身体に触れて俺が愛した時の熱を思い出して重ねた唇に掴まれた胸 [続きを読む]
  • 彼女の悦び
  • 「キスして・・・。」彼女はそう言いながら俺の首に細い腕を絡ませたいつもとは違う彼女の口づけに俺の脳は反応し溢れる熱情が彼女を求め始める彼女の服を上だけ脱がし柔らかな胸を露にさせる俺の唇を待っていた膨らみは感じる事以外知らないかのよう一つになれなくてもいいただ貴方を愛したい・・・言葉にしなくても伝わる想い彼女の潤んだ瞳熱い肌俺を見る眼差しそのすべてが俺を愛したいと願っていた俺は彼女の表 [続きを読む]
  • 君を淫らに
  • 「もう、今年は抱かないの・・・?」子供のように無邪気な顔をして俺を甘く挑発する彼女「もう一度、抱いて欲しいの?」「うん・・・。」素直な君には勝てないな「じゃ、明日思いっきり抱く。」恥ずかしそうに俺の腕に抱き着く彼女明日一緒に過ごしたらしばらくの間会えないだから彼女は望んだのだろうわかったよ明日は会えない時間が寂しくならないように俺を深く刻み付けよう君の心も身体も俺でいっぱいにして目 [続きを読む]
  • 誰にも触れさせはしない
  • 彼女の白い肌はとてもなめらかで熱を帯びてくると艶やかに紅く染まるふくよかで柔らかな胸はいつも俺を包み豊かな母性を感じさせる5年経った今でも彼女の身体のラインは変わらず今でも俺を魅了し続けるこの身体は俺だけのもの誰にも触れさせはしない俺だけが愛し俺だけが埋め尽くす淫らな熱い吐息もほとばしる汗も溢れる愛液もすべて俺のものだ [続きを読む]
  • 君しか愛せない
  • 優しく抱こうと思っていたのに君は自分でスイッチを入れてしまったねそんな顔を見たらもう止めてやれないよ両手を固定したまま彼女の胸を強く掴む痕が残るほど強く 激しく顔を背ける君の顔を俺に向けさせる「俺を見て。」泣きそうな顔のまま彼女は必死に俺を見つめた頑張っている彼女に与えるキスは激しさだけを帯び彼女の声を更に淫らにさせた強く彼女の中に押し入ると声を上げ彼女は身体を逸らせた同じだよ突き抜け [続きを読む]
  • 激しく抱くだけでは満たされない
  • 明日は優しく彼女を抱こういつもの乱暴さは隠して彼女のすべてを包み込むように俺との時間に柔らかな幸せを感じられるように心と身体は激しく抱くだけでは満たされないそれを求める時もあればそうでない時もある明日は彼女の中を隙間なく俺で満たし想いのすべてが伝わるようにゆっくりと時間をかけて彼女を安心させてやりたい守ってやれない時も心強くいられるように離れていてもちゃんと俺がいるという事を忘れないよう [続きを読む]
  • 止まらない熱情
  • 唇を重ねると相手の想いがわかる言葉にしなくても伝えたい事がわかる大好き愛してるもっとずっと視線を絡ませながらするキスは想いと共に脳に伝わり身体の芯を熱くさせる止まらない熱情は時に優しく時に激しく彼女の涙を誘うもっと貴方のものになりたい涙とは別に唇からもその想いが伝わってくる彼女の頭を掴みどんなに苦しくても離れられないように俺は彼女の唇に執着する俺のだよずっと俺だけのものだその想いを [続きを読む]
  • 細い首に残る痕
  • 「もっと、絞めて・・・。」そう言いながら、俺の手に自分の手を重ねる彼女。「一つになったまま、消えてしまいたい。」そこには愛だけが残ると、彼女は言う。確かに、そうかもしれない。でも、俺は大切な彼女の命まで奪おうとは思わない。「結美。」気を失いかけた彼女を、静かに呼び戻す。たとえ、願望があったとしても、本当に逝ってしまってはいけないよ。君には、家族がいるのだから。薄っすらと、彼女の細い首に痕 [続きを読む]
  • 本能の赴くままに
  • 今まで何度君を抱いただろう隅々まで知り尽くした君の身体は何年経っても艶めいていて俺を飽きさせない唇も胸も背中も脚もすべてが俺を惑わす為にあり俺を誘い続けるいたずらな視線も脳を刺激する鳴き声もすべて愛しくてたまらないそんな可愛い君を時には乱暴に壊したくなる君の心ごと支配し身体に刻み付け狂わせたくなる深く貫き爪痕が残るほど胸を掴み俺だけのものになりたいと懇願する君を俺自身の手で汚していく [続きを読む]
  • 目を開けたまま
  • いつもキスをする時は目を開けたまま潤んだ君の瞳を瞼で遮るなんてもったいないからその濡れた瞳も感じている顔も全部俺のだよ俺がすべて支配してあげる君の心も身体も熱い吐息までだからもっと鳴いて可愛い声を聞かせて [続きを読む]
  • 指を入れたまま
  • 嫉妬心や独占欲は時としてスパイスにもなり得る「もし、この胸に他の誰かが触れたら・・・?」彼女はわざと俺が怒るような事を言う「もし、この中に、他の誰かのが・・・。」俺は彼女の口に指を入れたそれ以上聞いたらおかしくなりそうでそんな俺を見たかった彼女は俺の指を咥えながら恍惚の表情を見せる「そうやって、怒って欲しかったの・・・。」彼女の潤んだ瞳がそう言っていた彼女の可愛い口に指を入れたまま [続きを読む]
  • キスマーク
  • それは俺だけのものだという印普通に暮らしていれば誰にも見られない場所にそっと紅い華を咲かせる君は俺のものだよこれは誰にも見せないでここは誰にも触れさせないで彼女の柔らかな胸を掴み痛いと言ってもやめず唇を這わす君は俺の女だ [続きを読む]
  • 愛欲
  • 本当に愛していたら心だけでは満たされない自分のものにしたい自分を深く 強く刻み付けたい男なら誰でもそう思うだろうだからどんなに大切に想っていても優しくしてやれない時がある彼女自身もそれを望む以上ただひたすらに奪い合うように抱き合うだけ時には力で時には冷たい目で彼女を支配する俺そこには甘さも優しさも存在しない淫らな愛欲だけが二人を溶かしていくだけ [続きを読む]
  • 過去の記事 …