Hiroki さん プロフィール

  •  
Hirokiさん: 俺が想う事
ハンドル名Hiroki さん
ブログタイトル俺が想う事
ブログURLhttp://oregaomoukoto.hateblo.jp/
サイト紹介文愛する人との愛しい時を想う
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 157日(平均2.5回/週) - 参加 2017/12/19 17:22

Hiroki さんのブログ記事

  • 衝動も熱情も抑えて
  • 限られた短い時間の中で唇を合わせる抱きたい衝動を抑えその想いを唇に込める俺の腕の中にいる彼女にその想いも伝わるように彼女の潤んだ瞳が熱を帯びながら俺を見つめる「今度、思い切り抱くから。」俺の言葉に恥ずかしそうに頷く彼女にもう一度深いキスを込み上げる熱情を抑えまた彼女を腕の中に収める「愛してるよ」彼女は小さく頷き俺の胸に顔を埋めた抱き合う俺たちを隠すように雨が静かに降り続いていた [続きを読む]
  • 言葉では伝えきれない
  • 激しさよりも優しさを優先して彼女を抱くキスも愛撫もいつもより柔らかくゆっくりと時間を掛けて彼女を抱いていくいつものような支配はしないでもいつもとは違う形で彼女の心を支配していく君は俺のものだと俺は君のものだと伝わるように「好き」では伝えきれない本当は「愛してる」という言葉でも伝えきれない言葉では伝えきれないその気持ちを二つの身体を重ね惜しみなく彼女に注いでいく彼女に悦びを与えられる幸せ [続きを読む]
  • 早く会いたい
  • 会えないとなると無性に会いたくなる何をする訳でも無くただそばに居てやりたいそう思う例えキスが出来なくても身体を重ねられなくても彼女の顔が見られれば俺はそれでいい目を閉じると彼女の笑顔が浮かぶ俺だけに見せる可愛い笑顔ずっと守ってやりたい愛しい笑顔その笑顔に早く会いたい [続きを読む]
  • 願い
  • 君を抱く度に愛情が深まっていく何度キスをしても足りなくて何度君を抱いてもまた抱きたくなる飽きる事など考えられずいつまでも求めて続けてしまう私の心を支配して私の身体を貴方だけのものにしてそう願い生きている君をすべての想いを掛けて抱き続けるかけがえのない二人だけの時の中で愛しているよこの想いは一生変わらない変えようがない [続きを読む]
  • その想いしかない
  • 君の中に俺がいてまるでひとつの命のように綺麗に重なる埋め尽くし包み込む互いの身体が互いの為にあり隙間無く重なる俺にしがみつく君を俺もまた抱きしめ長い髪と共に揺らす声にならない声それはいつもと同じ可愛い鳴き声感じるままに俺にすべてを委ねる君が可愛くてたまらない折れてしまいそうな君の細い手首を片手で掴み上げると目を逸らしながらも君は一人昇り詰めていくそれでいいもっと感じていいからあの日 [続きを読む]
  • 飽きる事など考えられない
  • いつものように君を抱きいつものように愛し合う今まで数え切れないほど君をこの手で抱いてきたのに君の表情にも鳴き声にも変わらぬ愛しさを感じる飽きる事など俺には考えられない君自身にも心にも身体にも愛するという感情を初めて与えてくれた女性だから君は俺にとって特別な存在だからそばにいる時もこうして離れている時でもそう想う気持ちは変わらない愛しているよ早く君をこの手で抱きしめたい [続きを読む]
  • 唇から伝わる想い
  • 見つめ合って唇が少し触れ合うだけのキスをする 離れても瞳は互いを捉えたまま そしてもう一度唇を重ねる 彼女の熱が俺への想いが伝わってくる 彼女の両頬に手を当て「大好きだよ」そう呟くと満面の笑みで彼女が俺を見つめる そしてまた熱と想いを伝え合う何度も何度も 愛しているよ心から 永遠に [続きを読む]
  • 優しい束縛
  • 身に着けていた下着で君の身体を縛り付けていく 両手の自由を封じ君の心も俺から動けないようきつく拘束する 抵抗する言葉に反して君の身体は深く反応していく 俺にはわかる君の望む事が君の気持ちが だから俺だけのものにしてあげる 何処へも行けないように俺だけを感じられるように 乱暴なようでそれは優しい束縛 それが俺の愛し方 [続きを読む]
  • 君を抱き続ける
  • 愛して止まない大切な彼女を心ごと抱きしめる彼女の前髪を手で押さえ見つめ合ったまま唇を重ね俺の想いを伝える出会った時から変わらない愛しいと想う心のまま彼女の身体を強く抱きしめるひとつになっても激しく責める事はせずただゆっくりと彼女が一番感じる場所を愛し続ける彼女のか細い鳴き声だけが聞こえる部屋で緩やかにでも確かに彼女を高みへと押し上げていく見つめ合う瞳は決して逸らさずずっと互いに気持ちを伝 [続きを読む]
  • これ以上ひとつになれない
  • これ以上君とひとつになれないそう思うほど君の奥深くまで繋がる俺を真っ直ぐに見つめる君の潤んだ瞳が満たされた心を映している心も身体も満たされるこうして君の中にいるともっと感じている顔を俺に見せてもっとその可愛い鳴き声を俺に聞かせて俺の脳が痺れるほど露になった淫らな君の姿を俺に見せて「愛しているよ」その言葉に君の中が反応する嬉しさが溢れ悦びに満ちたままもっと君とひとつになりたいのにこれ [続きを読む]
  • 愛さずにはいられない
  • 君と初めてキスをしたのは飲食店の中だった他に客がいるにも関わらず隣に座っていた君に俺の方から唇を重ねたよね酒に酔っていた君は頬を更に紅く染めて優しく微笑んでくれた5年経った今でも俺はその時の事を鮮明に覚えているよ今まであれほど胸が熱くなった事が無いから手を繋ぎ唇を重ね心と共に君と身体を重ねた愛している人を抱く事はこんなにも幸せな事なのだと君が教えてくれた人を愛する喜びその喜びが生きてい [続きを読む]
  • 最後の女
  • 君の手に君の唇に君のその胸に触れていいのは俺だけ俺が愛した初めての女その心もその笑顔もその声もずっと俺は愛し続ける君以外の女性は俺には必要無いいつまでもこの気持ちは変わらないたとえ何があっても俺にとって君は最後の女だから [続きを読む]
  • ひとつのまま
  • 息が上がったまま君の身体を抱き寄せる 互いの汗がひとつになり熱を冷ましていくように静かな時を取り戻していく 快楽だけを手に入れたいのならこの時間の中でこんなにも幸せを感じたりしない 愛する人を抱くからこんなにも感じ愛しい人を抱くからこんなにも心が満たされる 汗で湿った長い髪を指で解きほぐすと君は目を閉じ口元で柔らかく微笑む ひとつだった身体を離しても肌は重ねたまま 心はずっとひとつのまま 君の心の中には [続きを読む]
  • 「貴方だけのものだから」
  • 彼女の手首を固定し自由を奪い彼女の心と身体を支配する抵抗する言葉の裏側には悦びが見え隠れし彼女を更に潤していく俺だけを愛し俺だけに愛されるその喜びが彼女の心を安心させる彼女は痛みが欲しい訳じゃない苦痛に悶えたい訳でもない俺から与えられた痛みを通じて俺の存在を強く感じ俺の愛情を心で感じ取る抵抗も何も出来ない露になった自分をすべて俺にさらけ出し「貴方だけのものだから」そう全身で伝えようとす [続きを読む]
  • 理性など不必要な時の中で
  • 柔らかな君の胸元に唇を這わす反応する身体の動きと思わず零れる熱い吐息それだけで君の心が読み取れるもっと 求めてもっと 私を愛して君の想いを受け止め愛欲のまま繋がると溢れる君が俺を熱く包み込む理性など不必要な時の中で君だけを想い君だけを愛するそんな幸せを感じながら崩れ落ちそうになる君を腕の中に抱き止める容赦なく君を責め続け心を支配し君の奥深くにある孤独を俺が抱いてやる君の悦びが俺の喜 [続きを読む]
  • 君を愛し尽くす
  • 君の唇が俺を探し求める重なり合った瞬間に二人の時間は始まり愛欲の世界へこれ以上深く繋がる事が出来ないというほどに俺は君を愛し尽くす何処までも貪欲な俺たちは想いのままに愛し合い奪い合うかのように満たし合う俺は君だけを君は俺だけを見つめながら俺のすべてで君を抱くと君のすべてが埋まっていく隙間なく綺麗にその時重なるのは身体だけじゃない一つになるのはいつも心ごと想い合い愛し合う俺たちの心は [続きを読む]
  • キスをする時に目を閉じないのは愛しい彼女の表情を見逃したくないから嬉しい幸せ愛してる彼女の潤んだ目が俺にそう語り掛けてくるから唇だけで繋がる深く何処までもそしてお前は俺のものだと想いを伝え届けるキスだけでこんなにも感じるのは愛し合っているから誰よりもお互いを想っているから余りの愛しさに脳まで痺れるたまらないほどにだから君も目を閉じないで俺を見てその可愛い唇でずっと俺だけを感じていれ [続きを読む]
  • こんなにも愛してしまったから
  • 何度「愛してる」と言っても俺の気持ちを確かめる何度「俺のものだ」と言っても「俺の?」と聞く愛情それが俺にとっては揺るがないものであっても彼女にとってはいつも確かめいつでも感じていたいものこんなにも愛してしまったからずっと変わらないのにもう 変えようがないのに心だけじゃない身体だけじゃない彼女のすべてが大切でただ 愛しくてたまらない見つめ合ったままのキスが脳の芯まで痺れさせる「愛して [続きを読む]
  • 愛情のカタチ
  • 彼女を抱いたあと珍しく彼女に甘えてみたら彼女は溢れる母性で俺を包み込んでくれた優しく穏やかに俺の心も包み込んでくれたその瞬間すべてが満たされすべてが緩やかに解き放たれる柔らかな彼女の胸の中で目を閉じ彼女の香りに包まれる絡め合う手足混じり合う汗重なり合うふたつの想いそれは俺と彼女の間にしか生まれない愛情のカタチ [続きを読む]
  • 君は俺だけのもの
  • 彼女は結婚しているけれど「愛しているのは貴方だけ」そんな想いをいつも瞳で俺に伝えてくる俺にとって女は彼女だけであり彼女にとっても男という存在は俺だけだ彼女がいれば俺はそれだけでいい一体何を求め違う女性に目を移すのか思い付きもしない彼女がいい彼女だけがいい俺のその想いは一生変わらないもし彼女が他の男と居もしない影に苛立ち俺の中の男が騒ぐその想いが彼女の身体を求め彼女のすべてを覆い尽くす [続きを読む]
  • 0から君を
  • テレビを見ている君にひとつずつ悪戯をしていくその耳に胸に腰にそして君が深く感じる場所にも少しずつ声に艶が出るのが何だか嬉しくて君の中にまで指を這わせる俺の事が欲しくてたまらない君がそう思うまで俺は手を止めない早くひとつに君がそう思うまで言葉とは裏腹に君の身体の中は溢れ出しまるで「早く・・・」そう懇願しているかのよう君より俺の方がわかっているよ君の身体がもう欲しがっている事をたまには [続きを読む]
  • 悲しみから君を
  • 君の涙を拭うようにそっと目元に唇を這わすそのまま唇を重ね何もかも忘れられるように激しく口を塞ぐ今は俺とこうしていた方がいい夢中になって抱かれていれば悲しみや不安からほんのひと時でも逃れられる戸惑う君の心を解し身体の力を抜かせて少しでも君を悲しみから遠ざけてやりたい知り尽くした君の身体を優しく抱き互いが深く感じる場所に君が果てるまで俺は居続けるから愛しているよだからもう泣かないでその悲し [続きを読む]
  • 手錠
  • 彼女の服を脱がす時手首の辺りでわざと止めるまるで手錠をはめるかのように両手の自由を奪われた彼女の戸惑い気味の表情が俺の愛欲をそそるこうして欲しいんだろ全部わかっているよそんな俺の想いが冷たい視線となり彼女の愛欲にも火を着けるもっと拘束してもっと貴方だけのものにして潤んだ瞳から伝わる彼女の切ない想いわかっているよ俺は君の為に君を抱くのだから愛しているただその想いひとつで [続きを読む]
  • キス
  • 唇が軽く触れ合うだけのキス舌を絡め合い脳まで痺れさせる深いキス君とするキスはいつも俺の心を溶かすただ唇を重ねるだけなのに心の奥深くまで満たしていくそれは君が愛しい人だから俺が愛するたった一人の人だから [続きを読む]
  • 愛し足りない
  • 彼女の手が俺を探す彼女の手を強く握り安心させ深く感じられるよう俺が繋ぎ止める俺の腕の中で深く感じて欲しい恥じらいも捨てありのままに淫らに愛しているからこそ彼女を乱したい愛しているからこそ鳴かせたい時折微笑む表情が色香を漂わせ俺の脳を刺激する愛しても愛しても愛し足りないそんな想いを抱えたまま彼女を求め続けるそして愛欲に支配され気が狂うほど求め合うありのままの姿で [続きを読む]