agora さん プロフィール

  •  
agoraさん: 自然菜園日記
ハンドル名agora さん
ブログタイトル自然菜園日記
ブログURLhttp://gotoyura.sakura.ne.jp/wp/
サイト紹介文耕さない戦わない使わない。ありのままが素敵で美味しい。・・・・・が理想です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 32日(平均7.9回/週) - 参加 2017/12/19 19:35

agora さんのブログ記事

  • 野菜高騰中らしい
  • 秋の台風や天候不順で冬野菜が高騰しているらしい。確かにいろいろと大変な秋だった。 家のミニ白菜は元気。はい、「あの」白菜。 2017/10/31 2017/11/12 ずっと見ていたい気もするけれど、そろそろ有難ーーく頂こう。結球しなかった株も葉は肉厚で絶品。 [続きを読む]
  • 野菜高騰中らしい
  • 秋の台風や天候不順で冬野菜が高騰しているらしい。確かにいろいろと大変な秋だった。 家のミニ白菜は元気。はい、「あの」白菜。 2017/10/31 2017/11/12 ずっと見ていたい気もするけれど、そろそろ有難ーーく頂こう。結球しなかった株も葉は肉厚で絶品。 [続きを読む]
  • 真冬でも生きものの気配
  • ここここれは、、、何だ?ブロッコリーに何かついている。何かの種のようなものが混ざっているから鳥の糞なんだろうか。 食べものがないんだろうね。ブロッコリーつついてみたけど鳥には美味しくなかったか。周りの緑肥用ライムギの穂や、少しは虫もいると思うよ。 そしてナナホシテントウムシの姿も発見。住むところたくさん作っておいたから、増えてね。 家のじゃないけど朝のソラマメ。もう少しの辛抱だ。耐えてくれー。 [続きを読む]
  • 真冬でも生きものの気配
  • ここここれは、、、何だ?ブロッコリーに何かついている。何かの種のようなものが混ざっているから鳥の糞なんだろうか。 食べものがないんだろうね。ブロッコリーつついてみたけど鳥には美味しくなかったか。周りの緑肥用ライムギの穂や、少しは虫もいると思うよ。 そしてナナホシテントウムシの姿も発見。住むところたくさん作っておいたから、増えてね。 家のじゃないけど朝のソラマメ。もう少しの辛抱だ。耐えてくれー。 [続きを読む]
  • ホウレンソウと枝豆は連作するほどよく育つ?
  • 「1m2からはじめる自然菜園」によると、そうらしい。枝豆が豊かにした土はホウレンソウにちょうどよく、逆にホウレンソウが養分を吸った土は枝豆が育ちやすくなるのだとか。 昔ながらの日本ホウレンソウが食べたくて、自然菜園の本を読んだ時から秋には種を蒔くと決めていた。でもホウレンソウは土や肥料の好き嫌いが激しく一般的には石灰や肥料を与えて栽培するので無肥料の自然菜園では難易度が高い。実際、うちも何袋も種を [続きを読む]
  • ホウレンソウと枝豆は連作するほどよく育つ?
  • 「1m2からはじめる自然菜園」によると、そうらしい。枝豆が豊かにした土はホウレンソウにちょうどよく、逆にホウレンソウが養分を吸った土は枝豆が育ちやすくなるのだとか。 昔ながらの日本ホウレンソウが食べたくて、自然菜園の本を読んだ時から秋には種を蒔くと決めていた。でもホウレンソウは土や肥料の好き嫌いが激しく一般的には石灰や肥料を与えて栽培するので無肥料の自然菜園では難易度が高い。実際、うちも何袋も種を [続きを読む]
  • ルッコラ:エンドウと一緒に
  • 秋蒔きのルッコラ。アブラナ科のルッコラはマメ科と相性がいいらしい。何度もあちこちに蒔いたが残念な結果だったのが今回はようやく安住の地を見つけたのか、いい具合に育ってきている。 採りつくさなければ、こぼれ種で毎年発芽するとのこと。しかも冬にエンドウ+ムギ+ルッコラ、夏にキュウリ・ゴーヤ+インゲンの組み合わせは連作障害が起こりにくいリレープラン。(1m2からはじめる自然菜園) 一般的には連作には向かないエ [続きを読む]
  • ルッコラ:エンドウと一緒に
  • 秋蒔きのルッコラ。アブラナ科のルッコラはマメ科と相性がいいらしい。何度もあちこちに蒔いたが残念な結果だったのが今回はようやく安住の地を見つけたのか、いい具合に育ってきている。 採りつくさなければ、こぼれ種で毎年発芽するとのこと。しかも冬にエンドウ+ムギ+ルッコラ、夏にキュウリ・ゴーヤ+インゲンの組み合わせは連作障害が起こりにくいリレープラン。(1m2からはじめる自然菜園) 一般的には連作には向かないエ [続きを読む]
  • まめ、豆、マメ!
  • この寒さでも凄まじく元気なのが南側の特等席に陣取るエンドウマメ。北風からは家とライムギにガッチリと守られ、ツルがつかまる場所にも不自由せず(多分)伸び伸びとしているように見える。 少し余ったつるなしスナップエンドウも単独で自立中。そろそろ支柱を立てますか。 同じ時間に撮影してもこれだけ陽当たりに差が出る北東のソラマメ。冷え込んだ朝は萎れていることもあるけれど、ちゃんと復活する。 [続きを読む]
  • キャベツの周り
  • 週に一度は晴れた午後に写真を撮るようにしている。毎日ぐんぐん伸びる夏野菜と比べると正直なところ張り合いがない冬の菜園だけど、そんなふうにノルマ化して目をやると意外な発見があって嬉しくなる。 これは春キャベツの苗を植えたときに種まきしたサニーレタス。(左は大根、奥は青梗菜) 同じく種まきした小松菜。 こうしてみると、土が寂しく見えたキャベツの周りが何となくこれでいいような気がしてきた。 それからこれは何 [続きを読む]
  • あっちにもこっちにもカブ
  • 10月下旬に種まきしたカブが元気。 家の野菜たちは小さいながらも葉脈がくっきりとしているのが見ていてとても心地よい。明日スーパーの野菜売り場で葉っぱを見比べてみようと思う。 例によって自然菜園なので他の種類の野菜や緑肥作物に囲まれているけれど、よく見ればあっちにもカブ、こっちにもカブ。白いカブと赤いカブを蒔いたからもう少し大きくなったら食べ比べよう。また楽しみが増えた。 日中気温が上がらず寒々しい一日 [続きを読む]
  • 小寒のソラマメ
  • 寒の入りした翌朝のソラマメは哀れなほどにシュンと縮んでいた。 5日金曜は二十四節気で小寒。暦の上ではこれから節分までの一ヶ月が最も寒さが厳しい時期だとか。土曜の朝食用に野菜を採りに行ったときに変わり果てたソラマメの姿(ちょっと大袈裟)を見て、しばし呆然。そのまま萎れるのかと心配してしまった。スマホもカメラも持たずに出たのでその時の写真はないが、午後に再び庭に出てみたら見事に立ち直っていた。 ソラマメ [続きを読む]
  • 02 冬野菜リスト
  • 庭で野菜をやっていると「何を作ってるんですか」と必ず聞かれることにようやく気付いた(遅いよ??)ので、改めてリストアップを試みるが、分類に悩む。結球野菜・根菜・豆・葉菜類・鱗茎?ブロッコリーは何だろう?アスパラは?しっくりくる分類法はおいおい調べるとして、とりあえず独断によるアバウトな分類で。 アブラナ科大物:白菜、キャベツ、茎ブロッコリー 根菜:大根、カブ、ニンジン、ゴボウ マメ:ソラマメ、エンドウ [続きを読む]
  • 01 明けました。
  • 初日の出、年始の挨拶で今日は菜園を全く見ずに終わった。明日は撮影も兼ねてちゃんと見よう。 グリーンピース。草丈15cmくらい。たぶん越冬するにはちょうどいい大きさ。 こちらは絹さやエンドウ。少し育ちすぎか?でも初めてだから放っておくとどうなるのか、正直よく分からない。 (自称奇跡の)白菜。明日は近場で食事会をするので持って行って鍋にしようかと。 横浜市立金沢動物園からの初日の出。6時53分頃。 [続きを読む]
  • 31 あんな荒れ地がこんな庭に。ありがとう。
  • 「あんな荒れ地」今年の5月頃。今でも荒れ地だろうって…(苦笑)とりあえず野菜は育った。 さて大晦日。気温も低く、一気に冬本番という感じになってきた。家庭菜園一年目なので、真夏もそうだったけど真冬も未知の世界。不安ではあるけれど野菜と土に任せると決めたんだから、あとは自然の力を信じるしかないね。 ソラマメ(と両端に玉葱が20本ほど) ホウレンソウ。いっぱいあるからどれか…(期待しないで待つ) そろそろ収穫 [続きを読む]
  • 30 枯れる草あれば
  • 玄関先の野イチゴの葉が一気に枯れ出した。休眠に入るのか。葉をかき分けるとイチゴの実がたくさんなっていて熟したのからつまみ食いしている。 緑肥のレンゲ草も紅葉して色が抜けてきた。春には赤い花がいっせいに咲く(はず)。 枯れたり冬眠するものがある中で、寒咲き菜の花につぼみがついた。来月咲くかな。 今日の天気のお供の写真は玄関の山野草。浜ボッスとツルソバ。 ツルソバは初めて見たと思って買ったのだが、改めて歩 [続きを読む]
  • 29 バンザイ白菜か?
  • ミニ白菜は4株植えたうち、未収穫が3株。そろそろ南側のタイニーシュシュがいけるのではないかと思っていたら片方は結球する気配がない。 右のはいい感じなんだけどね。 結球しなくても葉がしっかりしているので少しずつ頂こうと思う。結球できなくて花が咲いてしまったのを「バンザイ白菜」と呼ぶこともあるらしく、むしろおめでたい感じがしてくるから考え方次第。 何よりこのレース状の壊滅状態からの復活なんだから見るたびに [続きを読む]
  • 28 子シュンギク
  • 本葉が出始めると途端に春菊になるね。この頃がいちばん可愛いかもしれない。間引き菜もちゃんと春菊している。生サラダが好きだし他の野菜とも相性がいいと知って大喜びで場所があれば種を降ろした。 たとえば下の写真だと左下のあたり、キャベツの周り。 9月に蒔いたのは脇芽がどんどん出てくるのでちぎっては食べている。 庭でニマニマしながら間引き菜をムシャムシャ食べている姿はおそらくいろんな人に見られているのだろうな [続きを読む]
  • 27 必死につかまるマメ
  • 枯れたオクラの株元に種降ろししたつるなしスナップエンドウがつかまる場所を探して手を伸ばす姿が必死で、健気なんだけど笑ってしまう。 エンドウマメは合計で3種類(絹さや、グリーンピース、つるなしスナップ)をあちこちに植えているので、それぞれ一本位ずつ実をつけてくれたら、それはそれは楽しいだろうと思う。 下は昨日投稿し損ねた天気 [続きを読む]