サフデザイン さん プロフィール

  •  
サフデザインさん: サフデザイン
ハンドル名サフデザイン さん
ブログタイトルサフデザイン
ブログURLhttps://www.saffdesign.com/%E4%BD%BF%E7%94%A8%E4%B8%8A%E3%81%AE%E6%B3%A8%E6%84%8F%E7%82%B9-tips
サイト紹介文自社製品の紹介だけでは無く、熱帯魚飼育に約立つ情報を紹介したいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 176日(平均1.5回/週) - 参加 2017/12/20 08:49

サフデザイン さんのブログ記事

  • 【番外編】Amazon配送遅れ
  • 先日ご紹介させて頂きましたお客様はAmazon経由でHSBAOのポンプを購入を頂いたのですが、購入時に謎の現象が発生したとの連絡を頂きましたので注意喚起も兼ねて紹介させて頂きます。 *華やいだブログ内容では無いので、お客様の水槽写真を載せてみました 【Amazon配送トラブル】 このブログをご覧頂いている皆様はご存知かも知れません。 Amazonの仕様らしいので [続きを読む]
  • お客様紹介 DEP-12000の設置状況送付
  • 当方ポンプのユーザー様から設置状況等のご報告を兼ねて、写真を送付頂きましたので、ご紹介させて頂きたく思います。 *写真等含めて掲載許可を頂きました、本当に有り難うございます。 【ユーザー様水槽情報纏め】 水槽サイズ:1200×450×600   *写真に写っている魚達がとても小さく見えてしまいます。  このような大きな水槽を設置されているのは本当に羨ましいです。 [続きを読む]
  • 水槽用ホースや配管に流せる最大流量を考えるPart2
  • 2017年12月15日に”ホースや配管に流せる最大流量を考える”というブログをアップさせて頂きました。 その後、実際のポンプとオーバーフロー水槽を使って試験を重ねているのですが、実験をすればするほど、流量計容量一杯の流量流すのなんて不可能じゃ無いか?と考えております。 そこで違う視点から同じ問題を考え直してみたいと思います。 一番身近な水道管の中を流れる水道水の流量から [続きを読む]
  • HSBAO DEP-4000性能実験Part2
  • DEP-4000の最大流量確認を再度行いました 今回は、再びHSBAOのDEP-4000(4,000L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から3番目のサイズです。 先日の実験では、ポンプ→クーラー→UVランプ→オーバーフロー管のように直列で接続した際の流量も知りたいとのメールを頂きましたので、直列接続での流量確認をさせて頂きましたが、やはり2分岐での流量も知りたいとのご連絡を [続きを読む]
  • HSBAO DEP-15000性能実験
  • DEP-15000の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-15000(15,000L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち大きい方から2番目のサイズのものになります。 VP50配管で立ち上げて2分岐化しました。 50×20のチーズを使って1系統をクーラーやUVランプへと接続して、もう1系統をVP25に絞って水槽に送るオーバーフロー管に接続した際の最大流量を確認しました。 *過 [続きを読む]
  • HSBAO DEP-4000性能実験
  • DEP-4000の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-4000(4,000L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から3番目のサイズです。 ポンプ単体で、VP16とVP20とVP25配管で接続した際の流量の差を確認しようとしたのですが、ポンプ→クーラー→UVランプ→オーバーフロー管のように直列で接続した際の流量も知りたいとのメールを頂きましたので、今回は直列接続での流量確 [続きを読む]
  • 内径12mm,16mm,26mmホース接続での流量の差は?
  • ホース内径の差で流量はどの位違うのか確認しました 水槽で使うホースや配管の内径は出来るだけ太い方が良い旨お伝えさせて頂いております。 アクアリウムで良く使用する内径12mmと16mmホースと内径26mmのホースを使ってVP16サイズのオーバーフロー管に接続した時、どの程度の流量差が有るかを調べてみました。 今回はDEP-4000(4,000L/H)を使用して検証したいと思います。 トヨロン [続きを読む]
  • HSBAO DEP-10000性能実験
  • DEP-10000の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-10000(10,000L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から6番目のサイズで、大きい方から4番目のサイズのものになります。 VP30配管で立ち上げて2分岐化しました。 1系統をクーラーやUVランプへと接続して、もう1系統を水槽に送るオーバーフロー管に接続した際の最大流量を確認しました。 *過去ブロ [続きを読む]
  • HSBAO DEP-6000性能実験
  • DEP-6000の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-6000(6,500L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から4番目のサイズで、大きい方から6番目のサイズのものになります。 VP30配管で立ち上げて2分岐化しました。 1系統をクーラーやUVランプへと接続して、もう1系統を水槽に送るオーバーフロー管に接続した際の最大流量を確認しました。 *過去ブログ [続きを読む]
  • HSBAO DEP-8000性能実験
  • DEP-8000の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-8000(8,000L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から5番目のサイズで、大きい方から4番目のサイズのものになります。 VP30配管で立ち上げて2分岐化しました。 1系統をクーラーやUVランプへと接続して、もう1系統を水槽に送るオーバーフロー管に接続した際の最大流量を確認しました。 *過去ブログ [続きを読む]
  • HSBAO DEP-2500性能実験
  • DEP-2500の最大流量確認を行いました 今回は、HSBAOのDEP-2500(2,500L/H)の最大流量測定を行います。 本ポンプは取扱ポンプのうち小さい方から2番目のサイズです。 VP25配管で接続する大容量サイズの物では有りませんので、VP13とVP16オーバーフロー管に内径16mmのホースを使って接続した際の最大流量を確認しました。 右手にクーラーやUVランプが写っていますが使用はしておりま [続きを読む]
  • DEP-1200をクーラー循環用ポンプとして使用する
  • 2ポンプ体制での運用は如何でしょうか? ご紹介させて頂いておりますHSBAOはDCポンプ(直流ポンプ)となります。 DCポンプは流量を絞ると消費電力量(電気代)を抑えることが出来ます。 特にクーラーは年中使用する訳では無い製品ですので、ポンプとクーラーとオーバーフロー管を直列接続すると、冬場等のクーラーを使わない時期は無駄に電気代を払ってる事になります。 先日 [続きを読む]
  • 流量絞りと流量と消費電力の関係
  • 流量を絞った時の消費電力との関係は? ご紹介させて頂いておりますHSBAOはDCポンプ(直流ポンプ)となります。 DCポンプは流量を絞ると消費電力量(電気代)を抑えることが出来ます。 多くの方がオーバーフロー水槽で使用頂いておりますので、出力”0”が本当の0(流れが無くなる状態)では無く出力”30"程度が流量0になるケースが多いようです。 揚程(ポンプよりの高さ)分持ち上げるのにエネ [続きを読む]
  • DEP-10000最大能力実験 VP25&VP30配管
  • VP25&VP30配管用流量計を利用した試験実施 先日のブログにて、キーエンス社製流量計を購入した事を報告させて頂きました。 この流量計を入手した事で、配管を分岐するような力技では無く、DEP-10000がどの程度の能力が有るかを確認出来るようになりました。 *DEP-12000,DEP-15000,DEP20000はVP40,VP50接続なので、相変わらず単純配管での試験は出来ないままです。 早速DEP-10000を使って最大 [続きを読む]
  • 配管エルボ形状による流量減はどの程度?
  • 90度エルボと45度エルボ接続で流量に差が有るのか? このブログをご覧頂いた方から、当方アドレス宛てにこのようなメールを頂きました。 「配管を90度エルボで接続されてますが、抵抗が増えて流量が減ったり、ポンプに負荷が掛かったりと良いこと無いんじゃないですか?」という物です。 *ちなみにご覧頂きましたブログはこれです。 ご指摘通りなのですが、ネット上にアップされている事例を [続きを読む]
  • キーエンス社製 超音波式流量計FD−Qシリーズ
  • キーエンス社製クランプオン式流量センサFD−Qシリーズ 各種実験の度にポンプ流量に関して色々とご報告させて頂いておりましたが、使用流量計に関して“あれはどこの製品ですか?”とか“水槽用の製品ですか?”とか“ちゃんとした精度で測れてるのですか?”等のご質問を頂いた為、今回は趣向を変えて当方が使用している流量計について説明したいと思います。 タイトルをご覧になり、すでに「あの [続きを読む]
  • DEP-10000最大能力実験 VP20配管3本接続してどうなる?
  • VP30をVP20×3本に分岐して能力チェック実験 昨日のブログにて、配管サイズに応じてどの程度流量が変化するかを確認し報告させて頂いたのですが、最大でもVP20配管を使用しているからか、DEP-10000の能力を活かしきれているとは思えない結果で終わってしまいました。 そこで、タイトルにも有る通りVP20配管を3本に分岐するという力技を使って、最大流量測定してみることにしました。 豪快な実験の様子 [続きを読む]
  • 配管サイズによる流量の違いを検証する
  • VP13,VP16,VP20に流せる最大流量を測定 以前のブログに配管サイズに応じて、どの程度の流量を流せるのか?を水槽用流量計の最大流量から求めて見ましたが、今回は実験水槽を使って実測してみたいと思います。 検証の為に使用したのは最大流量10,000L/H(毎分166L)の能力が有る DEP-10000です。 ポンプの能力なのか?配管の細さ故流量が少なくなっているのか、判らなくなるのが嫌な [続きを読む]
  • 「楽して海水魚2016」のゆうき様より実験依頼PART2
  • 12mmホース接続での流量を計測 本ブログをご覧頂く前に昨日のブログをご覧頂けますと幸いです。 *今回の内容は昨日のブログの続きとなっております。 引き続き、12mmホース接続での流量を計測してまいります。 本ご依頼を頂きましたのは、 「楽して海水魚2016」というブログを運営されておられるゆうき様です。 昨日の実験の失敗を確認頂き、再実験のアイディアを頂きました。 ブロ [続きを読む]
  • 「楽して海水魚2016」のゆうき様より実験依頼を頂きました
  • 12mmホース接続での流量を計測 当方ブログを見た方より製品に興味有りとメールを頂きました。 「楽して海水魚2016」というブログを運営されておられるゆうき様です。 どの記事を拝見しても、とても色々な工夫をしながら楽しんで海水魚を飼育してくる様子が伝わる良ブログです。 是非、皆様もご一読を。 ここを見るより、上記ブログを見て頂ければ、何に期待をして当方ポンプに興味を持って [続きを読む]
  • レグラス900Lオーバーフローセット組立
  • オーバーフロー水槽組立ました 昨日報告した、Jigsoma社製アルミフレーム水槽台は1人でも簡単に組立出来ましたが、 正直900mmサイズオーバーフロー水槽組立は一人では無理だと思います。 今回最終的に購入したのは、レグラス900Lオーバーフロー水槽です。 水槽重量が43kg有ります。 そう、正直一人で持ち上げて水槽台に載せるなんて出来ません。 佐川さんやヤマトさん [続きを読む]
  • Jigsoma製 アルミフレーム水槽台
  • 報告お待たせしました 2月20日にオーバーフロー水槽を立ち上げる旨報告させて頂いておりましたが、 諸事情によって始めるのが遅くなっておりました。 本日水槽台が到着しましたので、ご報告を兼ねて報告させて頂きます。 まずは写真を御覧ください。 先日お伝えしたように900mm×450mm×700mmサイズで作成頂きました。   屋外で、水槽に水を張ら [続きを読む]
  • 電費の良いホース接続方法
  • ポンプ→クーラー→水槽接続は何が問題なのか!? オーバーフロー水槽等の配管(ホース)接続では、ネット等で紹介されている事例を見ても、ポンプ→クーラー→水槽へと直列接続されている方多いと思います。 夏場はこれで良いと思いますが、冬場はクーラーを回路から外してますか? もし外しているとしても、ACポンプを使用している方は冬場無駄なエネルギーを消費してしまっています。 今回お客様より適 [続きを読む]
  • オーバーフロー水槽用配管出荷準備完了
  • 先日お約束した配管の仮組を行いました。 今回ご購入頂いたのは中型サイズのDEP-8000(8,000L/H)です。 オーバーフロー配管吐出口での期待流量が5,500L/Hの物です。 早速配管加工を初めて行きますが、やることと言えば、 切って 磨いて 洗浄して を繰り返すだけ。。。 単純作業ですが、お客様の物ですし、結構物量が多いので大変です。 [続きを読む]