Y&K さん プロフィール

  •  
Y&Kさん: ダンス亭日乗
ハンドル名Y&K さん
ブログタイトルダンス亭日乗
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/dancetei/
サイト紹介文日乗=日記の意。Y(踏歴17年)とK(踏歴3年)のボールルームダンスにまつわる日々つれづれ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 189日(平均5.1回/週) - 参加 2017/12/19 23:16

Y&K さんのブログ記事

  • Yの日乗100 − Happy
  • Pharrell Williamsという歌手のヒット曲に「Happy」というのがあります。数年前にヒットしたので、聴いたら、皆さん「ああ、これね!」と分かるはず。私は、この曲で心からハッピーになれます。映像がこれまたいい。老若男女、いろんな人が出てきて、勝手気ままに街やストリートで踊るシーンが連写したように続きます。私がこわごわとダンス教室のドアを開けて年配のベテランの方々に交じって習い始めたのが17年前。まさか、こんな [続きを読む]
  • Kの日乗100 − エンジェルナンバー
  • エンジェルナンバーというのがあるらしい。周りに常に天使がいて、数字を通じてメッセージを送っているという。ある心理学者が、そう唱えた。歳下のランチ友達から教わった。気がつくと、100回目の日乗を書いている。エンジェルナンバー的に0の持つ意味は「原点」1の持つ意味は「始まり」。合わせて100は、自分がやりたいことにチャレンジするベストタイミングを表しているとか。すでにやりたいことは、気持ちよくやらせてもらって [続きを読む]
  • Yの日乗99 − FRAGILE
  • FRAGILE.壊れやすい、もろい、弱い、はかない…。意味はいろいろあります。スティングが歌う曲名にもあって、アコースティックギターがスパニッシュ調で大好きなのですが、歌詞の内容は最初に思い描いたロマンチックなものではなく反戦のようです。さてさて、この鬼瓦、見た目はすごくタフそうですけど、精神的には非常に弱く、もろいです。まさに、FRAGILE.宅配便の段ボール箱に貼ってある「割れ物注意」の真っ赤なシール。自分の [続きを読む]
  • Kの日乗99 − 何をしてもいいの?
  • 「極端な話、何をしてもいいんですよ。」数々の輝かしい経歴を持つ、現在はJDSF所属の先生がある講義中、そうおっしゃった。前後の内容を控えるので、伝わり難いとは思うが。過去、団体の分断があった。それによりWDSFはよりスポーツ的でパフォーマンスに特化したダンスを進化させWDCは伝統的でクラシカルなダンスを重要視してきたという見方がある。どちらにもコンセプトがあり、それぞれに素晴らしい。自分は、WDSF系列のJDSFに [続きを読む]
  • Yの日乗98 − おやじギャグ
  • おやじギャグ。昔ほど、連発しなくなったが、嫌いではない。これが脳を活性化させ、ボケ防止にいいらしい、とテレビか何かで紹介されていた。それはそうだろう。全く違う次元、事象の話を脳内のシナプスが瞬時にくっつけて一つのお笑いネタにするのだから。アタマが柔らかくないと、できない芸当。まさに、瞬間芸である。しかし、それだけに言ったはなから何を口走ったのか、もう忘れてしまっていることも少なくない。メモして記念 [続きを読む]
  • Kの日乗98 − コーチャー 2
  • 3年程前、公民館サークルに通い始めてしばらくしてダンス教室の門をたたきました。数ヶ月はレッスン料を学連さん並みに優しくしてくださったり超ド素人の自分に、根気強くご指導してくださいました。1年が経って競技会に出るようになりそれまでの厳しいレッスンはその時の為にあったのだと自覚しました。同年にB級、翌年にはA級昇格を決め気持ちが追いつかない自分を自然に導いてくださいました。いつも、競技会の結果を気にしてく [続きを読む]
  • Yの日乗97 − ルーティン変更
  • 全てのダンスを自由気ままに即興(improvisation)でやれればよいが、そんな技量は持ち合わせていない。なので、いずれの種目でもルーティンを持っている。でも、同じルーティンを長くやっていると、そのうち飽きてくるのが人情。特に、苦手な種目だと、なおさらだ。先日、クイックステップのルーティンを変えようと思い、コーチャーに相談してみた。「せっかく変更しても、また苦手な箇所が出てきてゼロからやり直さないといけませ [続きを読む]
  • Kの日乗97 − 悪い女
  • 「この前は白い女だったけど、今日は悪い女ですね。」リーダーと待機していた時、A級戦で常に決勝に残られるカップルのリーダーさんにそう、笑顔で声をかけていただいた。白い女はともかく、悪い女って・・・(笑)前回大会で着たドレスが純白、その回は漆黒だったからですね。メイクもグレーとブラウンでコワイ感じに仕上げてたし。そのリーダーさんは2年前、自分がまだ持ち級無しの頃から目をかけてくださっている憧れの存在。当 [続きを読む]
  • Yの日乗96 − 足がつる
  • 競技会で何度か足がつりかけたことがある。いわゆる、痙攣(れいけん)だ。これはかなりヤバい。いきなり来るので、対処のしようがない。どうしようもなくヤバい。棄権するかどうか……パートナーには申し訳ないけど、そんなきわまで判断を迫られそうになった。そんなときに限って創造をつかさどるはずの鬼瓦の右脳は「雪が降る」の替え歌を思いついてしまったのだ。チクショー、こんなときに…なんてこったい!名づけてそのものズバ [続きを読む]
  • Kの日乗96 − 帰りたい、帰りたくない、帰れない。
  • 一次落ちも致し方なし、頑張っても二次予選で終了見込みのオープンにエントリー。遅くとも17時には全てを終えて18時帰宅の想定。ごめんなさい、19時からディナーの約束をしてしまってました。一次のフォックストロットで失敗。リーダーに謝りつつ心から「あー、もう一回踊りたいー。」とこぼすK。何故かUP。・・・。幸い二次は納得の踊りで、もう充分ですと気持ちよくお片付け。結果を確認し戻って来たリーダーからは 「残っちゃっ [続きを読む]
  • Yの日乗95 − 軌道
  • 物みな動くものには、軌道というものがある。円形であったり、楕円形であったりするのが普通だ。天体の太陽系の惑星を考えれば分かる。素早く動くトンボみたいに急に方向転換してジグザグに動くとどうだろう。タンゴなどでは、そんな場面もあるかもしけないけど、スイング系だと、それはまずい気がする。ダンスが上手なペアのグリップは男性の左グリップの軌道が安定していてとても美しい。ガクンガクンと車のノッキングのようなこ [続きを読む]
  • Kの日乗95 − 或る例
  • 2歳、スイミングスクールに通い始める。以来15歳まで。(肩幅っ)3歳、クラシックピアノを始める。以来18歳まで。(惰性)4歳、クラシックバレエを始める。(股割りに泣いた記憶しかない)8歳、転居の為クラシックバレエから日本舞踊に転向。以来、12歳まで。(おひねり目当て)ここまでは親の方針。13歳、バスケットボールを始める。大学4年まで。(遠征で納豆克服)16歳、バスケットボールと並行して軟式テニスを始める。17歳まで。(日焼け [続きを読む]
  • Yの日乗94 − タンゴと大見得
  • タンゴと大見得(おおみえ)。「大見得を切る」は歌舞伎から来た言葉。役者が特に際だった「見得」の所作をすることです。簡単に言うと、「どうだ、俺様は!」みたいな。で、どうタンゴと関係するのか。ある競技会のオナーダンスで優勝者が踊ったのがタンゴだったのですが、観客が面白いことを言いました。「歌舞伎の大見得を切る、そんなアクションに似ているよね」なるほど、まさに、その通りでした。速やかにフラットに移動してい [続きを読む]
  • Kの日乗94 − 途中棄権
  • あの日のあの時流れたワルツが何の曲だったか覚えていない。踊っていて涙が出てきて前が見えなくなって音が鳴り止む前に自ら踊りを止めてしまった。いつもと変わらない練習。いつもと変わらない顔ぶれ。いつもと変わらない空間。あれは何だったのだろう。周囲からすればリーダーのしごきに耐えられず泣き出してしまったパートナー?過去、そんなことは一度もない。身体のどこという、ある部分からのものではないその時そこにあった [続きを読む]
  • Yの日乗93 − マイケルとアステア
  • マイケルとアステア。言わずと知れたマイケル・ジャクソン(1958-2009年)、それとフレッド・アステア(1899-1987年)。アステアについては、5回目のときに、詳しく触れました。書き忘れたことがあったので、今回はそのことに触れます。写真はアステア若かりし頃のダンス場面です。マイケルは、心底、アステアを尊敬以上に崇拝していていつも妹のジャネットとアステアの踊りを真似て踊っていたそうです。アステアは、華麗なタップダン [続きを読む]
  • Kの日乗93 − ゴール
  • つい1カ月前に初心に帰ってスタートしたと思ったら、・・・、ゴールした。goal。広義では「目標」。今年掲げた目標の1つだったA級維持を決めた。関わった全ての人に感謝して踊るとリーダーに伝えていたその日、フロアでは1つだけ、やることを決めていた。同時にたくさんのことはできないと思ったから、そこだけに集中した。結果、ギリギリでの降格解除条件クリア。泣き過ぎて片方のツケマを失くした。成績は気にせず、楽しく踊ろ [続きを読む]
  • Yの日乗92 − 誕生日
  • いつもどこかで誰かの誕生日。それはそのはずだ。地球に生まれ落ちた瞬間、それは一年のどこかの日なのだから。自分は、子どもの頃の誕生日の記憶があまりない。ろうそくを立てたケーキを食べた記憶はあるので、家族には祝ってもらったのだろう。けれど、派手にイベント化されたパーティーはなかった。男子だし、昔という時代性もあったんだろう。自分の誕生日が春休みという子ども同士で会うことがあまりない休暇の最中だったとい [続きを読む]
  • Kの日乗92 − リニューアル
  • 練習に使わせていただいている体育館のうちの1つが8ヶ月の閉鎖期間を経てリニューアルオープンした。ピッカピカです♪建物自体はかなり古くてリニューアル前までは全ての設備がかなり・・・で青春を思い起こさせる懐かしの香り満載の旧型モデルだった。今は、入館と同時に新しい家の匂いがして練習場のフローリングは柔らかめで滑らない材質。壁のクロスも全面白に張り替えられて、ライトは高そうなLED。トイレや倉庫のライトは人 [続きを読む]
  • Yの日乗91 − 息切れ
  • 動悸、息切れ、めまいに「★▼」。これはどこかの薬のコマーシャルでした。ダンスではどうだ。動悸とめまいは願い下げだが、息切れは日常茶飯事。ただ、気のせいか、昔ほど、息切れしなくなっている。体重を落としたのも大きな理由だと思う。もしもの話だが、無理なく、力まず、体力を温存しながら、踊り続ける術を知らず知らずのうちに体得していたのなら、しめたものだが。そうでもなかろう。呼吸法かな??なんだろね。。。意識 [続きを読む]
  • Kの日乗91 − 断捨離
  • 最近の悩みは自宅のクローゼットがパンパンなこと。競技会場用ドレスのスタンダード4着ラテン3着(1回しか出てないのに(笑))がパンパンの源。で、只今断捨離真っ最中。1.5畳程のウォークインクローゼットに余裕で収まる範囲にしたい。だって今、途中までしかウォークインできないんですもの。「フランス人は10着しか服を持たない」っていう本があるけどドレスだけですでに7着だよっ!ドレスは別としても果たしで何着あるのか。3年 [続きを読む]
  • Yの日乗90 − アメンボ
  • まるで、それは子どもの頃よく見たアメンボのようだった。水面を滑走するかのように、フロアをスイスイと駆け抜けていく。学連出身のまだ若い選手。種目はタンゴ。フロア脇の椅子に座っていたので、視線が低くなり、いっそう滑走感が見てとれたのだ。ヒール(踵)から動いているはずなのに、ほとんどボールだけで進んでいるかのように見える。誰かから聞いたことがある。教本などでは踵で踏むべきはずのステップでもボールで踏んでい [続きを読む]
  • Kの日乗90 − Going On
  • クイックのカウントが曖昧ナンデス。で、2人で、あーでもないこーでもないとgoiog on、=〜し続けています。あとちょっとで掴めそうな気がする。何度も、何度も、カウントを唱えながら同じステップを反復する。リーダーの額には、蒼い青春を思い起こさせてくれる滝のような汗。それほど汗をかかない体質の自分としては申し訳ないのだけど、あとちょっとー!という時にやめる選択肢はありません。リーダーのガッツには、こちらも負け [続きを読む]
  • Yの日乗89 − 学連
  • 大学が春休みや夏休みの時期に学連の選手が大会に出場したりする。そのダンスのさまを見ると、若さとエネルギーが弾けまくっている。同じフロアで、踊った経験もあるけど、キレもスピードも全く違っていた。ダンスを始めるのが遅かった身としては「どうぞどうぞ、お先にどうぞ」と恐れ入るだけだ。全国どの大学にも社交ダンス部があるのかというとそういうわけでもなさそうだ。伝統校と呼ばれる学校は限られているし、都会と比べて [続きを読む]
  • Kの日乗89 − 2人である意味
  • 頑張って、努力して、歩み寄ってもご縁が無いと思う事象には固執しない。性格的に。日常の一部を、集中してダンスに傾けている。困難や壁が立ちはだかってもダンスとご縁が無いのでは?とは思えない。(今のところ(笑))乗り越えるために何をするか。右往左往しつつ踏み続けている。最近観たテレビ番組に「社交ダンス殺人事件」という探偵物があった。これがなかなか面白くて、クライマックスには素敵なセリフもあった。「It takes [続きを読む]
  • Yの日乗88 − アジャパー
  • 「アジャパー」とは驚きや困惑を表す感嘆詞です。喜劇俳優の伴淳三郎さんが映画(1951年)でウケた台詞「アジャジャーにしてパーでございます」を略したものだそうです。映画公開から若者を中心に広がり、 当時の流行語にもなったのです。当時の世代でなくとも、強烈なので、それなりに言葉として残っています。かく言う自分も、何かの拍子に口にすることがあるのです、「アジャパー」と。発音やイントネーション次第では、何とな [続きを読む]