legendofgoatherd さん プロフィール

  •  
legendofgoatherdさん: がん封じ祈願
ハンドル名legendofgoatherd さん
ブログタイトルがん封じ祈願
ブログURLhttp://owqc.hatenablog.jp/
サイト紹介文がんを封じるための確かな情報と縁起物
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 53日(平均2.8回/週) - 参加 2017/12/21 10:07

legendofgoatherd さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ともいき京都〜2018年1月〜3月 ご案内〜
  • ともいき京都事務局〒600−8199京都市下京区万屋町342 ガーデンコート河原町907緩和ケアパートナーズ事務局内ホームページ(こちら)電話 090−7109−5672(受付は開催日の14:30〜20:00)日程昼の部(14:30〜16:00)夜の部(18:30〜20:00)1月12日(金)ハンドマッサージ・ネイル身体で思いを形にする1月26日(金)シンキングボウルとヨーガの共響タッチセラピー2月9日(金)タオル帽子を作ろう手紙でてつがく2月23日 [続きを読む]
  • このブログの意味
  • 大病すると、本当に、あらゆる現実に直面するのだとイヤというほど思い知らされる。先ずは、金銭面 これは、生活に直結し、病気療養にも直結するのでベースになってくる人間関係 これも、大病すると不思議とはっきりしてくる。周りが冷たいのではなく自分の中で大事な人かどうかの選定がはじまり、今までではなく、これから関係を築きたいかどうかが決定する。精神面 病気や前述の問題が一気に押し寄せてくる上に、従来の生活( [続きを読む]
  • 車のワックスがけなら
  • ガソリンスタンドでも使用されているポリマーワックスワンプッシュのワックスと大量の水。そして回数をこなすごとにコーティングが増していくそうだ。【在庫有】ロイヤル化学 クリーンXポリマー 洗車タオル5枚付 スポンジ付価格:5,980円(2017/7/12 16:20時点)感想(1件) [続きを読む]
  • 書籍のご紹介「ありがとうの神様」小林正観著
  • よんでいただきたいので、そのまま書くわけには・・・。 ただ、不思議なのは まず、共感できる内容は即実行すると良いと思う。 なんと「トイレそうじ」 自分のトイレなんだから、全く問題ないのだから即、素手でピカピカに磨く。 そうすると変化が訪れる。すべてに「ありがとう」と言う。そうすると変化が訪れる。 お試しあれ。ありがとうの神様 [ 小林正観 ]価格:1,728円 (2016/10/25 23:55時点) 感想(16件) [続きを読む]
  • 京都タオル帽子の会(パンフレットより)
  • <代表 大西ふさ子さん>TEL/FAX 075−463-5748E-mail fusafusa@mqi.biglobe.ne.jpホームページ(こちら)住所 〒602-8382京都府京都市上京区末之口町998−19地図☆ひと・まち交流館2階 市民活動総合センター日時 第1・第3月曜日 13時〜16時担当 大西さん☆上京老人センター日時 第3水曜日 13時〜16時担当 大西さん☆済生会京都府病院 がんサロン「なでしこ」日時 第1・3木曜日 10時〜15時   第4木曜日 11時〜1 [続きを読む]
  • 働く世代のがん患者サロン
  • NPO法人 京都ワーキング・サバイバーホームページ(こちら)個別相談(チラシの掲載内容から)サロンの時間内に個別相談を行っています。特定社会保険労務士には、治療と仕事の両立やお金のこと、使える支援制度、職場との交渉などをご相談いただけますキャリアコンサルタント(がん経験者・国家資格)の個別相談では、あなた価値観や能力を整理し、働き方など一緒に考えます。・要予約(ホームページ)・男性、女性、家族・無料 [続きを読む]
  • ともいき京都〜2017年10月〜12月 ご案内〜
  • ともいき京都事務局〒600−8199京都市下京区万屋町342 ガーデンコート河原町907緩和ケアパートナーズ事務局内ホームページ(こちら)電話 090−7109−5672(受付は開催日の14:30〜20:00)日程昼の部(14:30〜16:00)夜の部(18:30〜20:00)10月13日(金)書道アロマハンドケア・ネイルケア10月27日(金)哲学散歩・御所にでかけようタッチケア11月10日(金)ヨガ抗がん剤と上手に暮らす11月24日(金)講義と実技で学 [続きを読む]
  • 患者サロン:「きずな」さんにお伺いしました
  • 2017年10月24日 社会福祉法人 京都社会事業財団京都桂病院 がん相談支援センター がん患者サロン「きずな」さんへ お伺いしました。病院と同じ敷地内で、敷地内に入ってすぐそばの一軒家。 「世話人」の女性 病院のがん相談支援センター担当者の男性 病院のがん相談支援センター担当者の女性来訪されている方々。が一緒に時間を過ごしてくださいました。なんとも不思議な時間でした。こういったコミュニティがあることを初めて知 [続きを読む]
  • 過去の記事 …