土屋正裕 さん プロフィール

  •  
土屋正裕さん: 土屋正裕のブログ
ハンドル名土屋正裕 さん
ブログタイトル土屋正裕のブログ
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tanakazu5232
サイト紹介文南米コロンビアを愛する日本人のブログ。
自由文シモン・ボリーバルがスペイン帝国主義に挑戦したコロンビア独立戦争の話はいつ聞いても心が浮き浮きする。日本人の私でさえね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供790回 / 333日(平均16.6回/週) - 参加 2017/12/21 10:33

土屋正裕 さんのブログ記事

  • ドゥケ大統領の支持率が低下
  • Imagen del presidente Duque sufre fuerte ca鱈da en solo dos meses | Noticias Caracol調査会社Invamerが実施した最新の世論調査によると、コロンビアのイバン・ドゥケ大統領(42)の支持率が低迷している。ドゥケ大統領の支持率は9月から11月の約2ヵ月間に53.8%から27.2%に低下し、不支持率は32.5%から64.8%に倍増した。地域別では、首都ボゴタ市で支持が51.3%から20.6%に低下し、不支持 [続きを読む]
  • カルタヘナで警備員殺される
  • コロンビア北部ボリーバル県の県都カルタヘナ・デ・インディアス市で16日夜、レストランの警備員が強盗に殺害された。事件は同市南部サンフェルナンド地区ビジャ・デ・ラ・マールのレストラン「ラ・コロニア・パイサ」で発生。殺害されたリチャード・オルトゥーニョ・アルダナさん(23)は、レストランに侵入した犯人に鉄パイプで殴打され、死亡しているのが店主により発見された。アルダナさんはベネズエラ国籍で、約1年前に [続きを読む]
  • 機動隊が無許可で大学に突入
  • Autoridades responden sobre actuaci坦n del Esmad durante disturbios en Medell鱈nコロンビア西部アンティオキア県の県都メデジン市のコロンビア国立大学に機動隊が許可なく侵入したとして、大学当局が抗議する声明を発表した。15日、コロンビア各地で教育予算の増額を求める学生と教職員によるデモ行進が行なわれ、首都ボゴタ市や北西部バジェ・デル・カウカ県の県都サンティアゴ・デ・カリ市などで混乱が生じた。コロンビア [続きを読む]
  • 誘拐された3人を救出
  • コロンビア西部アンティオキア県で一家3人が誘拐されたが、数時間後にコロンビア国軍に無事救出された。事件は同県ココルナ市で発生。父母と娘(21)の3人が自動車で県都メデジン市から首都ボゴタ市に向かう途中、立ち寄ったレストランで銃で武装した4人組に連れ去られた。武装集団は3人を自動車でグラナダ市に向かわせたが、通報を受けた治安当局が捜査を開始し、父母が国軍の設置した検問所で救出された。その後、コロンビ [続きを読む]
  • ELNに誘拐の人質が解放される
  • コロンビア北部アラウカ県で今年3月、左翼ゲリラ組織「民族解放軍(ELN)」に誘拐された男性が13日、約8ヵ月ぶりに解放された。ホセ・レオナルド・アタヤさんは2018年3月28日、アラウカ県でELNに誘拐され、その後、ベネズエラ領内で拘束されていた。アタヤさんの父親で元アラウカ県知事のルイス・エドゥアルド・アタヤ氏がELNと交渉し、息子の解放に成功した。アタヤ元知事は「7ヵ月半は非常に長かった。神に [続きを読む]
  • ELNが人質の動画を公開
  • Pruebas de supervivencia de ingeniero secuestrado en Araucaコロンビアの左翼ゲリラ組織「民族解放軍(ELN)は、今年1月に誘拐した男性の生存を証明する動画を公開した。誘拐されたラファエル・アンドレス・リアーニョさんは石油関連企業に勤務する技術者で、2018年1月13日、コロンビア北部アラウカ県サラベナ市で武装集団に連れ去られた。リアーニョさんは誘拐後、ELNによりベネズエラ領内に連行されたとみられ [続きを読む]
  • コロンビアのゲリラがベネズエラに侵出
  • コロンビアの左翼ゲリラ組織「民族解放軍(ELN)と「コロンビア革命軍(FARC)」分離派が隣国ベネズエラに侵出している。4日、ベネズエラ南部アマソナス州の州都プエルト・アヤクーチョ市で、ベネズエラ国家警備隊(GNB)がELNとみられる武装集団に襲われ、GNB隊員3人が死亡、10人が負傷した。ベネズエラの当局者は、襲撃事件はELNホセ・ダニエル・ペレス戦線指揮官ルイス・フェリペ・オルテガ・ベルナール [続きを読む]
  • ELNテロで6人負傷
  • コロンビア北部セサール県で10日、左翼ゲリラ組織「民族解放軍(ELN)」による連続テロ事件が発生。少なくとも6人が負傷した。最初の事件は10日夜、同県南部ラ・グロリア市郊外で発生。ベソテ村とラ・マタ村の街道で武装集団が自動車数台を停車させ、バスなどに放火した。この事件で音楽バンド「ディエゴ・ダサ・イ・カルロス・ルエダ」のマネージャー1人が負傷した。同日、県南部サンロケ市とクルマニ市の公道上で、EL [続きを読む]
  • ボゴタ学生デモで8人負傷
  • Caos en Bogot叩 por marchas estudiantiles | Noticias Caracolコロンビアの首都ボゴタ市で8日、学生による大規模なデモが行なわれ、デモ隊と機動隊の衝突で警察官8人が負傷した。ボゴタ市警司令官フーベル・ペニージャ将軍によると、負傷した警察官1人は火炎瓶を投げつけられ重傷を負った。ペニージャ将軍は「神の御加護で警察官の容体は快方に向かっている。現在8人の警察官が警察病院に入院加療中だ」と述べた。当局はネッ [続きを読む]
  • ベネズエラのインフレ率は83万%
  • ベネズエラ国会経済委員会は、ベネズエラのインフレ率が2018年10月末時点で83万3000%に達したと発表した。経済委員会のラファエル・グスマン委員長は、18年10月のインフレ率が148.2%となり、18年9月の233.3%より低下していると述べた。グスマン委員長は「ハイパーインフレは継続中だが、経済の透明性とベネズエラ中央銀行の独立性が確保され、対外債務が返済され投資のために市場が開放されれば、 [続きを読む]
  • ボゴタ空港に大量のカエル
  • コロンビアの首都ボゴタ市のエル・ドラード国際空港のトイレで、216匹ものカエルが見つかった。当局は違法動物取引の発覚を恐れ、何者かが放置したとみて捜査を進めている。見つかったカエルは写真フィルムのケース194個に入れられ、衣服の中に隠されていた。当局によると、見つかったカエルは毒性を持つ3種類のカエルで、いずれも絶滅危惧種か希少価値の高い種類という。カエルはコロンビア北部チョコ県の3ヵ所で捕獲され [続きを読む]
  • ボゴタで5分に1回の窃盗
  • コロンビアの首都ボゴタ市当局は7日、ボゴタでは5分に1回の窃盗事件が発生していると発表した。警察と検察のデータによると、2018年1月から8月にかけ、ボゴタで発生した窃盗事件は6万6365件で前年同期比で51.2%増加した。2017年1月から8月までの窃盗事件は4万3876件で、今年は前年同期比で2万2489件増加している。 [続きを読む]
  • 17歳少女が殺される
  • コロンビア西部アンティオキア県カウカシア市で、暴行を受け殺害された少女の遺体が見つかった。殺害されたエステファニー・オリベーラ・サブリータさん(17)は、同市郊外に暮らす両親と離れて叔母と暮らしており、自宅に1人でいたところを何者かに襲われたとみられる。カウカシア市のオスカー・アニバル・スアレス市長は「犯人逮捕まで休みなく捜査を続ける」と述べた。同市長によると、エステファニーさんの叔母は文房具店に [続きを読む]
  • コーヒー生産量が1.2%増加
  • 2018年10月のコロンビアのコーヒー豆の生産量は108万袋(1袋=60キログラム)であり、2017年10月の107万袋より1.2%の増加となった。コロンビア・コーヒー生産者連合会(FNC)によると、今年1月から10月までの生産量は1100万袋で、前年同期(1130万袋)比3.2%の減少となっている。過去1年間の生産量は前年同期(1430万袋)比3.4%減の1380万袋。2018年10月のコーヒー [続きを読む]
  • グアテマラ事件について思うこと
  • 中米グアテマラで悲惨な事件が起きました。当ブログでもお伝えしましたが、ヤフーブログの「アクセス解析」の「記事アクセスランキング」で当記事は1位でした。「検索ワード」には「グアテマラ 日本人 殺人 レイプ」とあります。物騒な検索ワードで訪問する方は日頃から多いのですが、今回の事件は遠い異国の地で非業の最期を遂げた被害者への哀悼や同情ではなく、興味本位に被害者を詮索するネットユーザーが多いことを物語って [続きを読む]
  • ボゴタ空港で半トンのコカイン押収
  • Cae cargamento de coca鱈na que estaba oculto en electrodom辿sticos | Noticias Caracolコロンビアの首都ボゴタ市のエル・ドラード国際空港で、500キログラム以上のコカインが発見された。コロンビア治安当局によると、半トンのコカインは洗濯機やショーケースの中に隠されており、カリブ海のサンアンドレス島に向かう航空機に積まれようとしていた。当局によると、押収されたコカインは同国最大の犯罪組織「クラン・デル・ [続きを読む]
  • ベネズエラ軍人、強盗に殺される
  • MOMENTO CUANDO MATAN AL GENEREAL DEL EJERCITO VENEZUELA Henry Francisco Herrera Hern叩ndezベネズエラ中北部ミランダ州で軍人が強盗に殺害され、現場の監視カメラの映像が公開された。事件は同州サンアントニオ・デ・ロス・アルト市の駐車場で発生。被害者のエンリー・フランシスコ・エレーラ・エルナンデス准将(52)が強盗に抵抗して射殺された。映像にはエルナンデスさんの背後から近付いた犯人が拳銃で脅し、金品を奪お [続きを読む]
  • 犯罪組織幹部を逮捕
  • Capturado “Sim?・n”, segundo cabecilla del Clan del Golfo2日、コロンビア北部チョコ県で、犯罪組織「クラン・デル・ゴルフォ」の幹部1人が逮捕された。逮捕されたのはエルキン・ダリオ・トゥベルキア(通称シモン)容疑者。コロンビア国家警察のホルヘ・ルイス・バルガス将軍によると、トゥベルキア容疑者はコロンビア太平洋沿岸地域の違法薬物取引を掌握し、最高幹部ダリオ・アントニオ・ウスガ(通称オトニエル)容疑者 [続きを読む]
  • グアテマラで邦人女性殺害
  • 中米グアテマラ北部ペテン県中部サンタアナ市で4日未明(日本時間同日午後)、現地在住の日本人女性2人が何者かに襲われ、1人が死亡、1人が負傷した。現地からの報道によると、襲われた2人はキリスト教系団体「エホバの証人」の信者で、約3年前から現地で布教活動を行なっていた。在グアテマラ日本大使館は5日、2人が20代の日本人女性で、負傷した女性は重傷だが、命に別状はないと発表した。詳細は家族の意向で非公表。 [続きを読む]
  • 野菜の価格が1週間で6倍
  • 深刻な経済危機が続くベネズエラでは、タマネギとプラタノ(調理用バナナ)の価格が1週間で600%上昇した。タマネギ1キログラムの価格は150ボリーバル・ソベラノ(約261円)で上昇率は645%。プラタノ1キログラムの価格は130ボリーバル・ソベラノ(約226円)で上昇率は617%となっている。米、砂糖、コーヒーの価格も倍以上に上がっているが、卵は40%、鶏肉1キログラムは700ボリーバル・ソベラノ( [続きを読む]
  • 10歳女児が出産
  • ?Ni?・a de 10 a?・os dio a luz a beb?・ de su propio hermano en Caquet?・コロンビア南部カケタ県で10歳の女児が男児を出産し、県都フロレンシア市の市民たちに衝撃を与えている。カケタ県警司令官ハビエル・ナバーロ大佐は、県当局と協力し捜査を開始すると発表した。女児は兄に性行為を強要され妊娠したとみられ、出産のためフロレンシア市内の病院に入院している。ナバーロ大佐は「10歳の女児の人権擁護のため手続 [続きを読む]
  • ベネズエラ自動車生産が10年で99%減少
  • ベネズエラ自動車製造業者連盟のオマル・バウティスタ会長によると、ベネズエラでの自動車の生産台数は10年前の2008年と比較して99%減少している。バウティスタ会長は地元ラジオ局の取材に対し、「現在ベネズエラでは自動車工場の16%しか稼働していない。労働者は失業し、仕事があっても週に1〜3日しかない」と述べた。今年のベネズエラの自動車生産台数は705台。年内の生産台数は1000台に留まる見通し。 [続きを読む]
  • 警察官125人が行方不明
  • 125 polic鱈as secuestrados por las Farc nunca volvieron a la libertad ni se sabe d坦nde est叩nコロンビア国家警察によると、1998年にコロンビア南部で起きた誘拐事件で、左翼ゲリラ組織「コロンビア革命軍(FARC)」に拉致されたとみられる警察官ら125人が現在も消息不明のままとなっている。1日、コロンビア南東部バウペス県の県都ミトゥ市、南中部グアビアレ県ミラフローレス市、南部カケタ県ビジャール市で起 [続きを読む]
  • ELN幹部が死亡
  • コロンビア国軍によると、同国西部アンティオキア県タラサ市郊外で国軍が実施した掃討作戦で、左翼ゲリラ組織「民族解放軍(ELN)」の幹部1人が死亡した。死亡したのはELNダリオ・ヘスース・ラミレス・カストロ戦線のコンパニェーロ・トマス部隊指揮官ルマルド・アントニオ・バリエントス(通称エル・グレ司令官)容疑者(33)。バリエントス容疑者はアンティオキア県当局が追う最重要手配犯の1人。国軍は作戦でELNメ [続きを読む]
  • ノーベル賞作家の孫娘が誘拐される
  • コロンビア国家警察対誘拐恐喝部門(GAULA)司令官フェルナンド・ムリージョ将軍によると、ノーベル文学賞作家ガブリエル・ガルシア・マルケス氏(故人)の孫娘で実業家のサンドラ・メリッサ・マルティネスさんが8月23日から行方不明になっているという。ムリージョ将軍は「メリッサさんは誘拐されたとみられ、誘拐犯から2度にわたり身代金500万ドル(約5億6400万円)を要求する電話があった」と述べた。ムリージ [続きを読む]