あべべ さん プロフィール

  •  
あべべさん: マイ・プライベート・ラトビア
ハンドル名あべべ さん
ブログタイトルマイ・プライベート・ラトビア
ブログURLhttp://latvija.hatenablog.com/
サイト紹介文ヨーロッパ北欧、ラトビア共和国の首都・リガでの留学生活記。ラトビアの観光・生活・お役立ち情報発信中!
自由文「ラトビアに留学するよ!」
「どこそれ?」
「(´・ω・`)」
という会話を留学前に100万回ほどしたので、ブログ開設を決意。日本の隣の隣だけど、あんまり馴染みのない国・ラトビア共和国の情報を発信しています!現在首都リガに留学中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 57日(平均3.4回/週) - 参加 2017/12/22 18:23

あべべ さんのブログ記事

  • 【ゆるゆる観光】そうだ!灯台へ行こう。【冬】
  • Labdien〜秋にも一度行ったリガの北端にある「マンガリュサラ灯台(Mangaļsala bāka)」。バルト海に面するあの場所の今の様子がふと気になり、行ってまいりました。市内の河も、森林公園の湖も凍って、はて果たして海は凍っているのかな?ってね。思い立ったが吉日。冬の灯台へ向かうロードムービーの始まりです。ゆるゆる観光していきましょう。中央駅から24番バスに揺られること1時間弱。まずは終点「Mangaļsala」に到着で [続きを読む]
  • 【日常】リガの冬〜リガ市内の水面、凍りました。
  • Labdien〜2月に入ってからのリガの気温は基本的には氷点下。最高気温はたまに高くても0℃や1℃、最低気温は−13℃ほどです。というわけで、市内中心部のダウガヴァ河。水面はすっかり凍っちゃいました。2月2日の時点でこんな感じだった水面が、2月6日にはこう。気温はまだ割と我慢できるんです。でもこう視覚的にひんやりさせられると、気分によっては肌寒さよりもずっとメンタルに効いてきますね〜。ん?河が凍っているとい [続きを読む]
  • 【留学雑記】『ラトビア留学』から『欧州留学』へ。
  • Labdien〜さて、気が付けば留学生活も折り返し地点に入っていました。この辺りで、自分なりの『留学生活』というものについても、今後書いて参ります。ラトビア留学へ現在およそ5ヶ月半経った留学生活をざっくり振り返ってみると、8月30日:ラトビアの首都・リガに到着。9月10月:ほぼリガの中で生活。11月:初めて日をまたいでの国外旅行へ(ロンドン2泊3日)。12月:このブログを始める。オランダやバルカン半島へ行く。1月 [続きを読む]
  • 【交通】リガ中央駅より出発!ラトビア国鉄利用法
  • Labdien! あべべです。リガからラトビア国内の他の街に行くには、主にバス・鉄道の2種類の方法があります。ラトビアの公共交通機関の特徴は、まずはとにかく安い!せっかくなので、リガ以外の魅力的な街にも足を伸ばしてみましょう!よほど入り組んだ場所に行かない限りは、遠くても片道9?ほどで行くことができます(逆にこの環境に慣れてしまったので、ロンドンの地下鉄で片道4.9?も出した時には気が狂いそうでした)。今回は、 [続きを読む]
  • 【水辺の風景】印象・日の入り
  • 夕暮れ時。リガ旧市街をすぐ背後にして。沿道から、ダウガヴァ河とその向こうにそびえるラトビア国立図書館を撮影。図書館は、そのフォルムのせいかどこか飄々と、それでもその大きさゆえに堂々と、頼もしい存在感を放っています。ところどころ凍りかけの河の表面が創り出す、細かい線に依るような色の組み合わさり方は、印象派絵画をどこか想起させるような。「ラトビアの冬は『マジで』寒いよ」と周りのラトビア人や冬季経験 [続きを読む]
  • 【旧市街】メイクアップ!リガ旧市街が1番輝く素敵な時間
  • リガの旧市街が、1番輝く瞬間。夕暮れ時がまさにそう。ラトビア国立図書館を出て、旧市街へ向けて石橋を渡る手前。ダウガヴァ河沿いの道から対岸を眺めると、夕日の光を直に浴びて、オレンジ色に輝く旧市街の様子が見えます。鏡のようなダウガヴァ川は空の色を映し出し、補色として旧市街と共に、それぞれの鮮やかさを引き立て合います。この旧市街に一番よく似合うメイクアップブランドは、日没時の黄金に輝く日の光です。 [続きを読む]
  • リガ旧市街を歩いていたら、いつの間にか天空にいた話。
  • あ、ありのまま今起こったことを話すぜ!おれは旧市街を中心に散歩していたと思ったら、いつのまにか空の上にいた。な…何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった…。頭がどうにかなりそうだった…。催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。驚きのあまり、僕の中のポルナレフが飛び出してきてしまいましたが。催 [続きを読む]
  • 【留学】別れに、関係の豊かさは現れる。〜リガ留学記①
  • Labdien〜あべべです。前回自己紹介もしたことだし!その流れで僕の留学記も書いてみました。振り返るっていっても、まだ帰るわけじゃないですよ。帰るのは来年の夏。半年以上あと。でも年末ということで!一度留学生活を振り返ってみまっしょい〜。はじまりは、7畳半の静寂8月28日月曜日。出国2日前。7畳半のアパートの部屋から、僕の留学は始まります。お家に帰るまでが修学旅行なら、部屋を出るところから次に起こる出来 [続きを読む]
  • 自己紹介〜「あべべ」ってこんな人。
  • Labdien〜どもどもあべべです。17記事くらい今まで書いてきて気づいたんですが、そういえばまだ僕が誰かを紹介していなかったですね。「『マイ・プライベート・ラトビア』って誰のプライベートやねん!」という怒りと戸惑いの声が聞こえてくるので、今回はじぶんのことについて記してみます。 プチ自己紹介 なんでラトビアに留学してるの? 幼稚園・小学校編〜Carpe diemな日々。 中学編〜日本の広さにちょっとだ [続きを読む]
  • 【日常】日照時間6時間台!昼は短し、朝を楽しめ。
  • Labrīt〜ここ最近しばしば午前10時起きになってます。ちょっとちょっと、「え、遅くね…?」って顔しないでね。少しだけ言い訳させてください。ラトビアは今が最も日が短い時期なんですよ!今日12月23日のリガの日の出は9:00、日の入りは15:44。日照時間わずか6時間44分です。短いなあ。いや、日が照ればまだいいかも。そもそも基本曇ってますもんね。これじゃあメラトニンも止まりたくても止まれないない。はい、言い訳、 [続きを読む]
  • 【ゆるゆる観光】灯台へ!リガの北端を目指して
  • Labdien〜どもども、あべべです。今回行った場所はここ!リガ市の最北端「マンガリュサラス灯台」。時期は10月中旬・秋です。ガイドブックに載っている観光地にはもう飽きちまったぜ……e-ticketが一律料金なら、遠くまで行った方がお得よねぇ海や灯台が大好きだドン。こんな皆さんにおすすめしますよ!それでは、行きまっしょい〜。 e-ticketが最強な件 美しい秋の日常!灯台へと続く道 行 [続きを読む]
  • 【観光】絶景!リガの景色を眺められる展望台3選
  • どもども、Labdien〜みなさん、旅行先に行ったら「絶対にこれはする!」ってことありますか??地元のお酒を飲んだり。宿やクラブで現地人と交流したり。観光地であんなことこんなことしたり。ある人は旅先のポストを撮り歩いていました。美女巡りをしている人もいましたね(僕もしたい)。そんな絶対にすること、あるいはしたいことリストの中に、「高い場所から景色を眺める!」がある方も多いのではないでしょうか?今回 [続きを読む]
  • 朝が来るほんの少し前のお話
  • たまの早起きをした12月21日。僕の部屋。学生寮から出てみれば、街灯下に友一人。彼女が見つめている先は、太陽昇る方角・東。学生寮から出てみれば、宇宙の下に友一人    地球は色を取り戻す少し前    ヨーロッパの夜は長い      ラトビアも然り       リガも然り       学生寮外       街灯の下       友1人        雪道 [続きを読む]
  • 猫のいる日々①
  • 僕の学生寮の近くには、ぬこぬことした生き物が住んでいます。名前があるのやら、ないのやら、分かりませんが、住んでいます。その正体は、ネコ目ネコ科に属する生物。「ネコの中ネコ」。そう。ネコです。可愛い。特に何をするでもないのに、どうしてか、ついついカメラを向けてしまいます。人間のDNAの中には、猫を愛でるように命ずる遺伝子があるに違いない。先天的なものには勝てないよなあ〜。警戒されないように、ちょっ [続きを読む]
  • 【日常風景】リガ最古の公園「ヴィエストゥラ公園」の日常(秋)
  • 中心市街地から歩いて簡単に行けるけど、ちょっとだけ離れている公園・「ヴィエストゥラ公園(Viestura park)」。秋の晴れた日に散歩をしていたら、無音でグァグァーと鳴かれたような気がして、ついついカメラをむけてしまいました。アヒルの群れです。なぜか体が半分のアヒルの像たち。取り立てて特別な装飾があるわけではないけれど、こうして片面のみのアヒルが4匹もいると、なぜでしょう妙な存在感があります。(笑)お尻 [続きを読む]
  • 超入門!ラトビア共和国についての基礎知識
  • Labdien!以前こちらの記事で、ラトビアの位置についてご紹介しましたね。latvija.hatenablog.com「場所は分かったよ!じゃあ実際どういう国なのよ?」と思ったそこのあなたのために!ラトビア共和国についての超基礎情報をいくつかあげてまいります。 ラトビア共和国ってこんな国! 面積について~日本と比べてどのくらい? 首都は中世より栄えた街・リガ 公用語はラトビア語 在留邦人数わずか50人超!国別順 [続きを読む]
  • 12/15 本日天気良好!窓枠の中に広がる日常
  • Labdien!今日は天気良好!寮の自分の部屋にて、ふと顔をあげてみると、青空が広がっていました。時刻は午後2時半。されどすでに夕方が迫っています。窓枠はまるで額縁。窓枠の中の景色は、映画のように移り変わっていきます。僕の寮は、窓が大きい。僕の寮の部屋は最上階9階。なかなか高い。顔をあげて眼を凝らして、外の世界を覗いてみれば、色々なものが観えてきます。小学校帰りの子どもたち。風に抗って自転車をこぐ青年 [続きを読む]
  • 【交通】ラトビア・リガの公共交通機関・利用マニュアル
  • Labdien!ラトビア共和国の首都・リガ市内では、交通インフラがかなり整っており、市内のどこに行くにも困ることはほとんどありません。ここでは、主な交通機関・チケットの種類・チケットの買い方等について、詳しく説明して参ります。これを読んで、リガの交通マスターになりましょう!※鉄道に関しては、市内のみの移動では使う機会が少ないので今回は省略いたしました。 主な公共交通機関 始発と最終発車時刻 2種類 [続きを読む]
  • 【地理】「ラトビアってどこ?」に終止符!ここだよ‼
  • 「ラトビア行くの⁉? 南米、気を付けてね……」と、ボリビアと勘違いされた瞬間、この記事を書くことを決意しました。あべべです。で、ラトビアってどこなの?ここです。世界地図の左側にご注目ください。↓ち、小さい!もう少し拡大してみると……。北にエストニア、南にリトアニア。そして東側はロシアと接しています。ヨーロッパの北側・バルト三国の真ん中です。解決!すっきり!でもこれだけでは少し味気ないので、 [続きを読む]
  • 僕のリガでの好きな色
  • Labdien!僕のリガでの好きな色。それは青空の下のダウガヴァ川。11月16日撮影(iPhone SE)ダウガヴァ川はリガのちょうど中心部を流れる大きな川。ロシアからベラルーシを通って、バルト海へとつながります。晴れ空に呼応して、時に爽やかに時に鮮やかに、ゆらゆらきらめくダウガヴァ川の動きを見ていると、時間の動きが急に遅くなっていく。の〜んびり、ゆら〜り、ゆら〜り。自然が創る色合いを、悠々と味わいたくなります。 [続きを読む]