翆...sen さん プロフィール

  •  
翆...senさん: アズールのおもい...afururu omoi 恋 no uta
ハンドル名翆...sen さん
ブログタイトルアズールのおもい...afururu omoi 恋 no uta
ブログURLhttp://azurnoomoi.blog.fc2.com/
サイト紹介文詩で巡る北欧の風景 恋のうたも引き続き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 183日(平均5.9回/週) - 参加 2017/12/23 06:15

翆...sen さんのブログ記事

  • 志ということ
  • 研ぎに研いだ鋭利な先端で斬り込んでも折れてしまういつかきっと千切れ千切れ白熱の想いを幾千もの綿雲夏風に乗せて高めよその先望めよその先翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。ツイッター #アトリエ部展覧会 お題「志」写真は車窓からの風景です。 [続きを読む]
  • 風の船は
  • さよならを言えるほどにはあなたのこと知らないはずなのにどこからか付いてきては上着の袖を這い上がる小さな虫のように記憶の襞に見え隠れするあなたへ別れではない言葉を伝えたくて聞きたくていつか現れるであろう風の船を待っている翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。写真はLejreという土地にあるヴァイキング時代の遺跡。大きな石を船の形になるよう配置して死者に捧げたそうです。死者の国に無事行き着けるようにと。 [続きを読む]
  • もう少し一緒にね
  • こっちにおいで聞こえた声は風の中今すぐいくよこたえた声は胸の中翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。近所の池にて。今年は9羽のひなが孵りました。去年は「生まれたなあ」と思って可愛いひなたちの写真を撮った次の日1羽になっていて、、、今年の命は長生きできるとよいけれど。 [続きを読む]
  • 喜びと哀しみと
  • ひとつ ふたつあなたと笑い合ったことみっつ よっつ いつつ寝つけない夜の長い睫毛むっつ ななつここにいるということ揺らめく光の水槽ランプにして吊り下げてひとつひとつ無言の影を添えてゆく安らぎの明かりへと翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。ヴェルナー・パントンが手がけたフラワーポットというランプ。今、街はバーゲンセールで大賑わい。 [続きを読む]
  • 暑中見舞い
  • 緑の小瓶に昨日拾ったほっそりと美しい貝殻思い出囁く向日葵の種数粒入れてありたけの言葉の鱗粉吹き入れて私のいない夏を迎えるあなたへと海に放つよ朽ちた舟に寝ころがり今日も私は空を見上げ翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • 恋人
  • 蒼い沈黙の海底を進む列車の光トンネルを抜け月が照らす湖面へと滑るように浮上し薄暗い車内にひとり窓に頬を寄せ流れる夜の闇の濃淡に名前をつけてゆくふと隣りに君の気配を感じ探るようにそっと手を重ねた次の駅名が告げられるまだもう少し降りずにこのままで翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • あいあい傘
  • あなたが差し出した傘をよく見もせず逃げるように走り去ったあの日あなたの流す涙が雨に混じった気づかないふりをして一体何を守ろうというのかあの日のあなたと同じように今度はわたしが言葉の傘を広げあなたに寄り添おうと歩み寄るひとつ傘の下翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • ざくろ石と
  • 小さなざくろ石高くかざして深紅色の孤独を指先に感じどこかに行こうとしていたことなにかを求め探していたこと泡沫となって消えてしまう前に空いっぱいに赤い石を走らせて描く大きな矢印自分の名を添えて翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。Herslevという小さな小さなヨットハーバーにて。近くにある醸造所の地ビールはなかなか有名。 [続きを読む]
  • 積み石
  • 届かぬ背中を想い君がもらす吐息は積み木みたいには一様ではなくって歪な形の石になりこの手の中に落ちトロルの子どもにたのんだら慎重にできあがった塔もやっぱり歪だけど危ういバランスで風に吹かれている君の心そっくりで翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。Orøという小島のビーチにて [続きを読む]
  • 日溜まりに窮屈な気持ちあずけて足は水の冷たさを求めている対岸の窓ひとつひとつにしまわれた思い出をつまんでは口に運ぶ箱詰めのチョコレート溶け出す甘さも苦さも真白な雲に変え錨を上げるその時を待つ翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • 豊饒
  • 金色(こんじき)の麦の穂波打ち揺れる海原に小舟を浮かべ赤いコクリコ尾ひれをなびかせ静かな群れなし陽の輝きに惑わない鮮やかな世界を連れ泳ぐ魚たち舟唄の祝福風に乗せコクリコのささやき黄金色(こがねいろ)の中に翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。夏は写真を撮るのが楽しいので北欧の景色をテーマにしてみたいと思います。これは家からそう遠くない麦畑。近づいたら、ひなげしがびっしり生えていて驚きました。日の目を [続きを読む]
  • 海のある景色
  • 自転車を走らせながら君を連れ出す口実探して見上げた空に海を繋げハマナスの咲く砂浜の風は色づき甘い光の粒を辺りいっぱい撒き散らす白い砂に足跡つけてようやくまた君を抱きしめる君のただいまを聞く場所へ翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。私のお気に入りのはまなすが咲き乱れるビーチです。遠くに見えるのはバルト海。こちらは連日30度近い夏日が続いています。 [続きを読む]
  • ただいま
  • 来た道を戻る膨らんだ鞄切り取られた日常に許された呼吸触覚のうごめき薫風を詰め込んで水の甘さを忘れぬうちに方位磁石に蓋をして交わした握手のぬくもり目印の記号に変えて書き込んだ古地図なくさぬよう胸に抱き来た道を戻る翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • 馳せる
  • 傾きかけた陽の光を受け透ける若葉の裏に重ねるあなたの名前天馬の駆ける足音をすぐそばに聞き長い尾にリボンを編み込んであなたの元へと走らせるするりとほどけた白いリボンがあなたの腕に巻きついたなら近くで歌うクロウタドリに耳を澄ませてみてほしい話好きなあの鳥はきっところころと玉のころがるような声色でわたしの話をするだろうから翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • ステンドグラス
  • 穴があくいつかと同じ穴貫通の痛みは古傷を呼び醒まし吹き抜ける風が寂しく泣く頼みがあるひと穴ひと穴に色ガラスをはめてほしい腕のいい君のことさうまくやる風の通り道は光のそれとなり赦したいこと赦されたいこと柔かな光の中で祈らせてほしい翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • 芝生と空と
  • 芝生に寝転がり晴天を独り占めにする若葉をなでる風は虫の羽音を運び真下の地中ではみみずが息をする空の青に芝の緑に意識は溶け出し身体の境界さえも揺らぎ始める頃消えぬものの重さを感じ見えない手でそっとすくい上げた降り注ぐ光の中にただあるこの生命(わたし)と向き合う翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • めぐりあい
  • 満開のマグノリアの下白亜に閉ざされた珊瑚の歌は解き放たれ太古の調べは海へと還るめぐりめぐりめぐりめぐるシダの記憶をたよりに幾千ものともしびが重なり合い導かれ私たちはめぐり逢う咲き誇るマグノリアのまばゆい光の中で翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。マグノリアは恐竜の時代からあると初めて知りました。 [続きを読む]
  • 「向」
  • 向かい合っているのに向き合っていない向こう側の君は誰よりも遠い翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。ツイッターアトリエ部展覧会 「向」昨日お知らせした通り、5月は旅に出ます。13日から31日までは更新ができないと思うのでおやすみします。12日までの約2週間のブログの更新は不定期になる予定です。その間、ツイッターでは詩のほかに庭の花や詩の勉強のことなどのいつものつぶやきは続けていくのでご興味があればぜひ!い [続きを読む]
  • 知ること
  • 君とのおしゃべりは楽しいけれどなんだかもどかしい子どものころに遊んだ砂場を思い出す大きな砂山にトンネルを掘る慎重に慎重に期待は募るばかりでまだまだ遠いあとどのくらい進めば反対側の君の手をつかむことができるかな湿った砂のざらざらの中に柔らかくて生温かい君の手が隠れてる翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。みなさまへいつも気にかけて読みに来てくださりありがとうございます。5月は旅に出ます。13日から31日ま [続きを読む]
  • 何度も読み返した本はたった一行を読みたいがためだった何度も君のもとに通うのはたまに見せる笑った顔を見たいから君へと続く道は草を踏み分け枝をくぐり進むものだと思っていたけれどいつしか人ひとり通れるほどの立派な道になっていたこの道が再び草に覆われてしまわぬよう石を敷きつめて両脇に花でも植えようかいつか君がこの道を辿ってここまで来てくれるその日のために翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • ブルーモーメント
  • 群青色が溶け出す空に誘われてライラックの香りが一角獣に姿を変えるさあ影絵が始まる君を連れ出す時間だ地上は黒いインクを流され遠くの教会の尖塔も静かに深い空を縁取り黒い木々の間を音もなく一角獣が歩いてゆくやがて訪れる夜の闇にふたりがのまれる前に長い口づけを交そう翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • トリコロール
  • ロザリオを手繰る老女の祈りは深紅の花びらとなりひとひらひとひら足元に散り花嫁の白薔薇は交わした約束に気高さを添え時の流れを追わず祝福を刻む欲望の水路を辿った青い薔薇はいびつな愛を結晶化し寄り添うことよりも讃えられることで孤独を打ち消す翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。 [続きを読む]
  • こども読書詩 赤毛のアンより
  • アン あなたの言う通りねわたしたちはお金持ちよずいぶん大袈裟だけど女王のように幸せって嫌いな表現じゃないわあなたには負けるけど多少の想像力にも救われてるでもね 昔も今も変わらず眩しくて仕方ないないのよ 自分のほか だれにもなりたくないわそう言い切れる16歳のあなたが翆 ゜。°。°。°。°。°。°。°。ツイッター My Dear 詩の仲間たち お題 #こども読書詩「わたしたちはお金持ちよ。」「だって、…女王のよ [続きを読む]