corona5496 さん プロフィール

  •  
corona5496さん: 外食ログ@山形
ハンドル名corona5496 さん
ブログタイトル外食ログ@山形
ブログURLhttp://gailog.blog.fc2.com/
サイト紹介文山形を中心とした外食の記録。できるだけちがった店で。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 60日(平均4.7回/週) - 参加 2017/12/23 18:38

corona5496 さんのブログ記事

  • ロイヤルインドレストラン天童店のシングルカレーセット(天童市)
  •  テレビでやっていたカレー番組を見てナンが食べたくなり、天童市芳賀に2017年5月にできた「ロイヤルインドレストラン天童店」を初訪問。土・日・祝日のランチセットの設定があったことが選定のポイントでした。 シングルカレーセット980円。 カレー5種類(チキン、ポーク、マトン、ベジタブル、サグポテト)からひとつ選び、辛さをチョイス。今回はチキンの「普通」で。これにナンまたはライスと、サラダ、炭焼きチキ [続きを読む]
  • 台湾料理美香居の台湾風豆腐定食(山形市)
  •  5度目となる「台湾料理美香居」。4年3カ月ぶりで、これまでに台湾ラーメンと麻婆飯、カニ玉子定食、酢豚定食、麻婆豆腐定食を食べています。 たくさんある定食類の中から、どのようなものだろうと思って「台湾風豆腐定食」880円を選んでみました。 揚げた豆腐にピリ辛のあんをかけてみましたというようなつくり。豆腐の量が多く、居酒屋の揚げ出し豆腐の4人分ぐらいはあります。 過去に食べたもののうち豆腐で最も圧巻 [続きを読む]
  • そば処いとうのもりそば(寒河江市)
  •  寒河江市白岩地内、R112沿いの「そば処いとう」。目立たない小さな食堂ですが、蕎麦主体で、うどん、ラーメン、丼物も供するようです。 前を通過する機会は多かったけれども、入店は初めてとなります。 何にするか迷って、ここは「そば処」なのだからと、もりそばの大盛り、500+100円を。 高々とした立派な盛り。「そばのまるごまるご」の並盛りぐらいの量はあり、これが600円ならかなり格安です。 これから想 [続きを読む]
  • 麺場くうが?の野菜みそラーメン(寒河江市)
  •  寒河江市新山の「麺場くうが?」を3年4カ月ぶりに再訪し、今回は野菜みそラーメン(太麺)750円にしてみました。 お品書きの写真を見て注文しましたが、野菜は写真よりもずっと多く、ちょっとしたサプライズ。てんこ盛りになっているので、写真撮影はハイアングルからにならざるを得ません。 まずはその野菜をある程度ぱくぱくと食べ進めて、その後おもむろに麺へと向かいました。 ごっつい太麺が美味。でっかいチャーシ [続きを読む]
  • そば処つる福のげそ天もりそば(山形市)
  •  南栄町の「そば処つる福」を7年9カ月ぶりに訪問しました。 げそ天もりそば750円。 これはいいセットです。流行るわけです。 黒々として食べ応えのある蕎麦、それに風味の優れたそばつゆ。 天ぷらは、げそ天3、かぼちゃ1、ししとう1。揚げたてで、げそが柔らかい。このぐらいしっかり天ぷらがついて750円は白眉と言えるでしょう。 さらに、漬物、天かす、揚げそばなどがテイクフリーとくれば、リピーターが多いの [続きを読む]
  • 吉野家山形南店の明太子牛小鉢定食(山形市)
  •  3泊4日の旅に出る朝に、朝定食を食べていこうと入店。 明太子牛小鉢定食530円。 朝はこういう感じがしっくりきます。 明太子はけっこう量があります。これをごはんに乗せ、味付海苔でくるりと巻いて口に運べば、ぴりっとした辛さがじんわりときておいしい。 牛小鉢が全体にパンチ力を添えています。 ごはんもおいしく炊けているし、けっこう満足できます。 [続きを読む]
  • そば茶屋&そば居酒屋扇やのおすすめランチ(山形市)
  •  南二番町にあるこの店は、ずいぶん前に一度蕎麦を食べたことをうっすらと記憶しており、おそらくそれ以来の入店。平日のランチがいいと聞いていたので。 訪問時のおすすめランチは、次の3種。 A 牛肉そば 小ライス付 820円 B マーボー豆腐定食 小そば付 850円 C 白身魚フライタルタルソース定食 小そば付 850円 ごはんものを想定しての訪問だったし、麻婆豆腐は近いうちに食べる予感があるので、Cを [続きを読む]
  • 優勝軒山形北店の特製もりそば+チャーシュー丼(山形市)
  •  山形市北町の「優勝軒山形北店」に初入店しました。 埼玉県熊谷市を発祥としてらーめん・つけ麺の店を全国に展開している優勝軒。山形県内には山形市に鳥居ケ丘、山形北、天童、新庄の4店があります。 特製もりそば(並)+チャーシュー丼(小)、780+210円。 美しい姿の太麺は食べ応え満点。熱々で絶妙のとろみにわずかな酸味を湛えたつけ汁が美味です。 もりそばだけでも十分ですが、「優勝軒」に来たならチャーシ [続きを読む]
  • 栄屋分店のワンタンメン(山形市)
  •  北山形の「栄屋分店」を6年ぶりに再訪。店舗が新しくなったような気がします。 ワンタンメン720円。 6年前の価格からわずか20円高くなっている以外は、見た目も味も不変なのがいいです。 山形市内に見受けられる牛骨ダシの店。チャーシューも牛。 澄んだスープがあっさりしていて極上。 山形のラーメンらしい中太ストレートの麺。 いい味のメンマ、板かまぼこ、小さめの海苔、そしてネギのトッピング勢が美しい。  [続きを読む]
  • あみもとのランチにぎり(寒河江市)
  •  昼の時間帯に、寒河江市中央の寿司店「あみもと」を初訪。 ランチメニューの中から「にぎり」の800円をいただくことにしました。 木の葉の形をした大きな皿に付けられたにぎり8貫はいずれも立派なネタばかり。 添えられたガリも回転寿司と違ってとても鮮度が高いし、おでん風煮付けと烏賊焼きの小鉢2品も上等。 厚い油揚げとワカメが入った味噌汁もおいしい。 途中、大将がもう一丁と、鮪のたたきの太巻き1個をサービ [続きを読む]
  • やぶ長そば屋の板そば(山形市)
  •  若葉町の「やぶ長そば屋」でそばを。 板そば1,000円。ここでこれを食べるのは2度目。 細打ちの、きりりと冷たい手打ちそば。二人前以上はあり、配膳時には全部食べられるかと緊張が走るものの、おいしいので難なくいけました。 長めの打ち方のため、かなり上まで持ち上げて猪口へ。わさびもネギもふんだんに添えられています。 ゲソ天3と舞茸の天ぷら。揚げたてで柔らかで、このぐらいのちょい付けが自分にはピッタリ [続きを読む]
  • 油そばつばさ山形駅前店の油そば(山形市)
  •  小性町で軽く飲んだ夜、駅前の飲み屋街にある「油そばつばさ山形駅前店」で腹ごしらえ。 2015年5月の開店で、初めての訪問となります。 油そば大盛り。並盛りと同額の690円。 ぱっと見は端正過ぎて、ん?!という感じです。 卓上の食べ方ガイドを参考に、特製のラー油を少々、さらに酢を一定量回しかけてまぜまぜ。すると油と底のほうにあって見えなかった焦がし風味豊かな黒い醤油タレが全体に行きわたり、おいしそ [続きを読む]
  • 愛庵の十割板そば(山形市)
  •  13号バイパス沿い、伊達城地内にある「愛庵(めごあん)」を再訪。 休日のブランチとして蕎麦が食べたくなり、早い時間帯ならばここだよねと。 10時オープンで、11時までに入店すれば板そば類が100円引きで食べられます。 さらにサラダ&漬物バーが無料。 十割板そばの大盛、750円のところ650円。 山形県産と北海道産の玄そばを石臼で挽いた、十割のそば粉。香り高くコシの強い蕎麦になっています。 量は1 [続きを読む]
  • 樓蘭の暁汁麺(上山市)
  •  上山市石崎の中華料理店「樓蘭(オウラン)」を3年10カ月ぶりに再訪しました。 前回は秀逸な古老肉白飯(スブタ定食)を食べたので、今回は麺を食べてみようと思って。 29番まである「麺の部」メニューの中から暁汁麺850円をセレクト。「チャオジミエヌ」のルビと、「塩味の野菜あんかけチャンポン」とのカッコ書きが添えられていました。 店のおばさんは「ちゃんぽん〜!」と厨房につないでいました。 絶妙なとろみ [続きを読む]
  • お食事処恵比寿の酢豚定食(山形市)
  •  蔵王成沢地内、R13沿いの、惣菜屋〜定食屋の「がっつ亭」〜蕎麦屋の「蔵味庵(ザミアン)」と変遷を続けてきた建物にできた「お食事処恵比寿」に行ってきました。 ラーメン類と中華定食がメインでしょうか。ヒレカツ定食もあります。 酢豚定食850円。 注文をとりに来た女性の日本語は中国人風。でもここは台湾人の中華料理店ではなく、「お食事処」です。 なかなかゴージャス。 酢豚は、具のほとんどが肉。これは鶏胸 [続きを読む]
  • 中華料理翔竜亭の五目チャーハン(山形市)
  •  夜に、清住町の「中華料理翔竜亭」を6年8カ月ぶりに再訪しました。 五目チャーハン680円。 刻んだチャーシュー、ネギ、そして卵の定番3種のほかに細切りにしたタケノコとシイタケが入っています。これが「五目」というわけでしょうか。カニ風味の蒲鉾(?)がトッピングされています。 シイタケの下味かもしれませんが、どこかにほのかな発酵香が感じられるのがユニークです。 塩味は薄め。少し足りないかなぁと思い、 [続きを読む]
  • 美どり亭の味噌味・納豆ラーメン(西川町)
  •  西川町間沢の「美どり亭」を2年2カ月ぶりに再訪。 ラーメン類の味噌味から納豆ラーメン770円をチョイスしました。 煮出し法をとっていない味噌ラーメンで、あとがけのブシ粉が効いたつくり。オーソドックスとは言えないかもしれないけれども、この店なりの味ということなのでしょう。 納豆は挽き割りの後乗せタイプで、けっこうな量が投入されています。それがふつうの味噌ラーメンプラスわずか20円。 チャーシューが [続きを読む]
  • そば処双葉の板そば(寒河江市)
  •  日曜出勤の外仕事。昼過ぎに終わり、蕎麦でも手繰ろうかと、寒河江市高屋の寒河江街道から少し東に入ったところにある「そば処双葉」に入ってみました。 店の大将と相談して、2人前分の板そば1,030円を注文。 想定以上にいい蕎麦にめぐりあえました。 手打ちの荒挽きの二八で、細切り。心持ちざらりとした喉越しが絶妙で、追いかけてくる蕎麦の香りも良好。 間口の広いそば猪口なので、そばつゆをたっぷり注いだところ [続きを読む]
  • 玉子そば屋のかつ丼(山形市)
  •  五十鈴にある「まんぷく亭」を目指したところ、体調不良につき臨時休業とのことなので、近くの「玉子そば屋(そば処玉子屋)」に入りました。ほぼ6年ぶり、2回目です。 この値段ならば期待できるのではないかと、かつ丼900円をセレクト。 ほほぉ、いいですねぇ。豆腐となめこの味噌汁、葉野菜の胡麻和え、存在感豊かな2種の漬物が添えられ、立派です。 陶器の蓋をかぱりと取り去れば、湯気とともにどんとしたカツ煮の雄 [続きを読む]
  • 熱烈中華○武の酸辣湯麺(上山市)
  •  上山市金生東、R13沿いの「熱烈中華○武」をほぼ3年ぶりに再訪しました。 初訪時は五目餡かけ焼きそばを食べ、かなりハイレベルの五目焼きそばで、値段設定が高めかなという先入観はすぐさま吹っ飛んだ記憶があります。 今回は、酸辣湯麺890+税=961円を。 ふくらみをもったどんぶりになみなみと注がれたスープ。爽やかな酸味があり、美味。濃厚というかけっこうなとろみがあり、もやし、ニラのほかに短冊形にカッ [続きを読む]
  • きむらの鴨なんばん(山形市)
  •  蔵王駅方面の片谷地、旧羽州街道沿いにある蕎麦店「きむら」へ初めて行きました。 「きむら」の「き」は「七」を3つ重ねた旧漢字を当てるのが本当のようです。 ここにはかつて「らうめん専科 けん」という店がありました。そこには、長男が生まれたての頃だからかなり前に一度入った記憶があり、この建物に入るのはそれ以来となります。内装がすっかりリノベートされているので、まるっきり別の店のように感じます。 温かい [続きを読む]
  • そば処ふくらの五目ラーメン(山形市)
  •  およそ4年ぶりに「そば処ふくら」へ。 ここのラーメンは熱々なので有名で、これまでに中華そばとみそラーメンを食べています。 それらは極めておいしく再度食べたいのだけど、別のものはどうだろうと思い、今回は五目ラーメン800円にしてみました。 塩仕立てのやさしい味。 白菜がたっぷり入っていてうれしい。そのあたりにヘルシー志向も見て取られ、女性の好みによく合うかもしれません。今の季節こそ白菜は豊富なのだ [続きを読む]
  • スシロー山形北店のマイセレクション(山形市)
  •  新年の仕事が始まってしばらくたったある日の夕刻、嶋北の「スシロー山形北店」で寿司をつまんできました。 寿司屋というところは正月が明けると少しは一段落するのではないかと踏んでの訪問です。 回転寿司には頻繁に行くというわけではないので、平常時がどの程度の混み具合なのかはよくわかりませんが、目論見どおりカウンター席には余裕があり、ゆったりとした気分で食べることができました。 本鮪・かに・うに豪華7貫盛 [続きを読む]
  • 黒毛和牛雌牛専門店正福のメンチ定(河北町)
  •  ランチタイムがいいと聞き、河北町谷地の焼肉店「正福(まさふく)」に行ってきました。 正午頃の入店でしたが、すでに千日和牛の焼肉丼と同ハンバーグは売り切れで、残るはビーフシチューとメンチカツのみ。人気があるのですね。 メンチ定、800円。 立派です。 揚げ立てで肉汁が染み出るような俵状のメンチカツが2つ。下に敷かれたソースはオリジナルのようで、甘さ辛さを抑えた味わい深いもの。揚げ物に普段使っている [続きを読む]
  • 自家製麺鶏冠(トサカ)の醤油鶏そば(山形市)
  •  山形市松波の「自家製麺鶏冠(トサカ)」に初めて行ってみました。 ここはかつて「大丸屋」という蕎麦屋だったところで、太い蕎麦とゲソ天が楽しめた店でした。その店とは直接関係があるのかどうか。 醤油鶏そば750円。 この店のイチオシメニューだろうと考えての注文です。 逆三角錐の器にて登場。この段階でだいたい店のコンセプトが理解できます。 山形ではほとんど見かけない細麺ストレート。こういう麺で記憶にある [続きを読む]