スポーツ系行政書士 さん プロフィール

  •  
スポーツ系行政書士さん: あるスポーツ系行政書士の独り言
ハンドル名スポーツ系行政書士 さん
ブログタイトルあるスポーツ系行政書士の独り言
ブログURLhttps://ameblo.jp/grass-roots2004/
サイト紹介文スポーツ分野の法務・契約、各種手続き、運営サポート、会社設立、各種許認可申請がメイン業務です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 29日(平均6.5回/週) - 参加 2017/12/23 19:12

スポーツ系行政書士 さんのブログ記事

  • スポーツ選手ビジネス
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 今回はスポーツ選手ビジネスについてです。 スポーツ選手のビジネスとしてはその肖像や名前などを利用して行うことが中心となります。いわゆるパブリシティ権(肖像権)を使用したビジネスということです。 いわゆるアーティストや芸能人などのビジネスとそんなに大きくは変わりません。 但しひとつ異なる点があるとすればその権利の所在です。 芸能人は専 [続きを読む]
  • スポーツと知的財産
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 スポーツと知的財産についての関係についてです。 スポーツそのものについては「自然法則を利用した技術的思想」ではなく特許や実用新案のような工業所有権の対象になるものではありません。 また、「思想または感情を創作的に表現した」ものでもなく著作権の対象になるものでもありません。 よってスポーツ自体は知的財産権で保護されるものではありませ [続きを読む]
  • プロスポーツ選手は労働者か?
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務書の田口です。 プロスポーツ選手は労働者か? 確かにプロスポーツ選手は、スポーツを通じた労働を通じた対価として報酬を得ているので労働者、ですよね。 でもプロスポーツ選手をめぐる法律の適用についてそれぞれの法律で異なります。 ・労働基準法では、プロスポーツ選手は労働者でないと解される。 ・労働組合法との関係では、労働者に該当する ⇒労働組合として選手 [続きを読む]
  • スポーツ仲裁制度
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 スポーツ界において、例えば代表選手選考過程における紛争や懲戒処分などをめぐるトラブルなどざまざまな紛争が発生します。 こうした紛争は法律上の紛争でないことが多く、裁判所で解決できないケースが出てきます。 そうした場合の解決手段として「スポーツ仲裁制度」が設けられています。 そのようなスポーツ紛争を解決する機関として ・スポーツ仲裁国際 [続きを読む]
  • ファジアーノ岡山キックオフセレモニー
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 先日、岡山のJリーグクラブであるファジアーノ岡山の2018シーズン最初のイベントであるキックオフセレモニーがありました。 場所は岡山駅前にあるイオンモール岡山の「未来スクエア」。大きなショッピンセンターによくある施設の中央にある吹き抜けの大きなイベントスペースです。 このような一般の方も見ることができるところでこのようなイベントは初めて [続きを読む]
  • プロスポーツのビジネスの収益源とは?
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 今回はプロスポーツビジネスの収益源についてです。 メジャーなプロスポーツとして日本では、大相撲・プロ野球・Jリーグ・Bリーグといったものがあります。 観る側としてどういった収入があるのか、あまり具体的に考えたことがないかもしれませんが、プロスポーツビジネスの収益源はシンプルで大まかに4つに分かれます。 1.入場料収入 2.放送権収入 3 [続きを読む]
  • スポーツ団体の構造
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 世の中にはさまざまなスポーツ団体がありますが、その基本的な構造をみてみたいと思います。 その多くはピラミッド構造になっています。 A競技団体の IOC国際競技団体                  ↑ ↑             JOC      ↑      ↑  日本体育協会 [続きを読む]
  • スポーツ法とは? その2
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 その1で一般的法律がスポーツにどのように適用されているかを書きましたが、スポーツという名がつく法律もいくつかあります。 ○スポーツ基本法 1961年に制定された「スポーツ振興法」を改正し、2011年に制定されたものです。全部で35条の法律となります。 主に日本の国際的な競技力向上とスポーツの振興に関する国と地方公共団体の施策を定めたものであり [続きを読む]
  • 全国大学ラグビーフットボール選手権 観戦
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 年末年始のスポーツ観戦紀行の最後は、全国ラグビーフットボール選手権の観戦です。 今までラグビーを生で見たことはなかったので楽しみにしてました。 またその会場も秩父宮ラグビー場というラグビーの専用スタジアムというのもそうです。 東京都心の街中のビル街の横にそのスタジアムがあります。神宮外苑のイチョウ並木のすぐ横です。 さすがに建物は古か [続きを読む]
  • 箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)観戦
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 年末年始のスポーツ観戦紀行の3つ目は、箱根駅伝です。 出身大学が中央大学なので、どうしてもこの箱根駅伝は気になってしまいます。 今回は第1区の区間になる大森海岸付近で場所を確保しました。 8時に大手町スタートなので、大森海岸付近はおよそ8:35頃に通過予定。 通過30分前に陣取りました。 まだその頃は観客はまばらでしたが、10分15分前くらいに [続きを読む]
  • サッカー天皇杯決勝
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 年末年始のスポーツ観戦紀行の2つ目は、サッカー天皇杯決勝です。 サッカー天皇杯決勝は通常、国立競技場で行われていましたが、オリンピックによる工事で使えない間はいろんな場所で行われています。 今回は埼玉スタジアムです。 浦和レッズや日本代表の試合では使われるものの、全く関係ないチームの試合が行われることはめったにないと思います。 貴重な [続きを読む]
  • Bリーグ初観戦!
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 事務所を開設して初めて迎えた年末年始。 スポーツイベントを体験しに東京へ行ってきました。 2泊3日のほとんどをスポーツ観戦に費やすという結構ハードなスケジュールでしたが、簡単にレポートしたいと思います。 まず最初は、プロバスケットボールBリーグの試合です。 何年か前に香川県でbjリーグの試合を見たことあったのですが、Bリーグは初めてです [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます!
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政諸姉事務所のタグチです。 新年あけましておめでとうございます! 事務所開設してはじめての新年を迎えることができました。 昨年はあっという間の1年でした。やろうとしたこともあまりできずに終わった感があります。 今年はギアをいれて少しスピードを上げつつも、ひとつひとつを確実にやって 一歩一歩前に向かって進んでいきたいと思います。 どうぞ宜しくお願い申し上げま [続きを読む]
  • スポーツ法とは? その1
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 「スポーツ法」という言葉があります。 しかし「スポーツ法」という法律は存在しません。 「スポーツ法」と何なんでしょうか? スポーツに関わる法律という意味であれば、どのような場面でスポーツに関係するのか? ○憲法 スポーツをすることについては ・個人の幸福追求権(憲法13条) ・結社の自由(21条) ・職業選択の自由(22条) などが関係してくる [続きを読む]
  • スポーツと体育の定義の違い
  • 岡山の行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 「スポーツ」と「体育」。 日本ではスポーツ=体育と理解されているように思いますが、実は大きな意味の違いがあるように思えます。 日本では文部科学省がスポーツ統括団体を管轄しています。 ということは教育の一環でスポーツを管理していることになりますよね。 我が国では「スポーツ=教育」という認識がかなり強いものと思います。 「Sports(スポーツ)」の語源 [続きを読む]
  • スポーツ少年団が誕生した背景
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 今や全国各地にあるスポーツ少年団。 この記事をご覧になっている方も子どもの頃に参加されていた方も多かったのではないでしょうか? スポーツ少年団の組織体「日本スポーツ少年団」は、日本体育協会が創立(1911年)50周年の記念事業として「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを!」「スポーツを通じて青少年のこころとからだを育てる組織を地域社会の [続きを読む]
  • 総合型スポーツクラブの設立とその運営について
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 総合型スポーツクラブを設立して運営していくためにはいくつかポイントがあります。 ○地域住民の対話作り(共同性)  総合型クラブの設立には、日常的にスポーツをしている人とスポーツを通して地域作りや地域の活性化を目指そうとしている人の対話の場が必要とされています。スポーツ関係者だけでなく、各種地域団体や各種競技団体、自治体を含めた地域住 [続きを読む]
  • 総合型クラブのスポーツライフとクラブライフ
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 今回のテーマは総合型スポーツクラブのスポーツライフとクラブライフについてです。 総合型クラブにおけるスポーツライフとクラブライフを実現するためには、その拠点となる運動・スポーツができる環境と交流の拠点となるクラブハウスが重要な要素となるのはいうまでありません。 その拠点と通して以下の役割を機能させていくことが重要です。 ○個人の目的 [続きを読む]
  • エンブレム・ロゴマーク変更
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 地元岡山のJリーグクラブ・ファジアーノ岡山がクラブエンブレム・ロゴマークの変更をするという発表がありました。 <ファジアーノ岡山公式ホームページ>http://www.fagiano-okayama.com/news/p1473053511.html J2リーグ昇格して10年目にして初めての変更となります。 長年見慣れたものが変わるというのは寂しいのと違和感もある方も多いのではないかと思 [続きを読む]
  • 総合型クラブの必要性とは?
  • 岡山のスポーツ系行政書士、グラスルーツ行政書士事務所・田口です。 総合型クラブは、運動・スポーツ活動を日常的・継続的に実践できる生活習慣を獲得していくために欠かせない、地域に密着したスポーツ環境として構想されえたものです。 特に、青少年期の運動・スポーツ離れや運動能力・体力低下・地域教育力の衰退や地域住民のコミュニケーション不足を解消するために期待される意義は大きいと思われます。 青少年期の運動 [続きを読む]
  • スポーツ立国戦略と総合型地域スポーツクラブ
  • 岡山のスポーツ系行政書士・グラスルーツ行政書士事務所の田口です。 文部科学省は平成22年8月に「スポーツ立国戦略〜スポーツコミュニティ・日本〜」を発表しました。 これは昭和36年制定の「スポーツ振興法」から50年、立国戦略は新たな「スポーツ基本法」(平成23年制定)の制定を目指した基本的な考え方が記されたものになります。 その目指す姿とは 「新たなスポーツ文化の確立〜すべての人々にスポーツを!スポーツの楽し [続きを読む]
  • スポーツ基本計画について
  • 「スポーツ基本計画」とは、「スポーツ基本法」にもとづいて平成24年3月に策定されたものになります。 スポーツ基本法に示された理念実現に向けて、平成24年度から10年間のスポーツ推進の基本方針と、5年間に総合的かつ計画的に取り組むべき施策が示されています。 ○1章  スポーツをめぐる現状と今後の課題 ○2章  今後10年間を見通したスポーツ推進の7つの基本方針 ○3章  7つの課題ごとに施策目標を設定し、策定後5 [続きを読む]
  • スポーツ振興の根拠法「スポーツ基本法」
  • スポーツ振興の根拠法となるのは「スポーツ基本法」になります。 スポーツ振興法(昭和36年6月16日法律第141号)を改正し、2011年6月24日に公布、同年8月24日に施行された法律です。 スポーツ基本法は大まかに ・前文・総則・スポーツ基本計画等・基本的施策・スポーツ推進体制に関わる体制の整備・国の補助など から構成されています。 それぞれ中から主なポイントをまとめてみました。 ○前文  スポーツの意義・効果などに [続きを読む]
  • はじめての確定申告
  • 今年開業したので、確定申告をはじめてなることになります。 どうやっていいものか、実際にやったことないのでドキドキものです。 開業の時に税務署に青色申告でということで届出を出していたので先日税務署から、青色申告のための決算のやり方の説明会実施の案内がきたので参加してきました。 青色申告は、複式簿記の手法に基づいて帳簿を記載して、その記帳から正しい所得や所得税、法人税を計算して申告することです。 昔そ [続きを読む]
  • スポーツ振興にかかわる法令など
  • スポーツ振興にかかわる法令をいくつかご紹介したいと思います。 国・地方公共団体のスポーツに関連する活動は、関連する法律、政令その他の法律(省令・条例)が規制する範囲によって行われます。 ○スポーツ基本法   元々あった「スポーツ振興法」という我が国のスポーツ振興の根拠法が50年ぶりに全面改正され、平成23年に「スポーツ基本法」が制定されました。   <目的>    スポーツに関する基本理念を定め、な [続きを読む]