bigC さん プロフィール

  •  
bigCさん: チェンライの日々
ハンドル名bigC さん
ブログタイトルチェンライの日々
ブログURLhttps://rakuraku.muragon.com/
サイト紹介文タイ(チェンライ)に住んで10年が経ちました。日々の暮らしを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供439回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2017/12/24 01:32

bigC さんのブログ記事

  • 夕食を食う為のパターン
  • 風呂上りの扇風機の何と心地良い事か。 最近は日中天気が良く、 夜の9時でも戸外のベランダで24度を保って居る。 それでも窓の外に設置した扇風機で庭からの涼しい空気を送り込み、 ベッド横の扇風機に裸で当たって居ると、 この瞬間の為に1日が有る様な、 この瞬間の為に何時までも生きて居たい様な気がする。 昼寝の後は散歩でもしたらいいのだが、 その代わりバイクで夜の街を走る。 今の時期でも厚手のジャンパー [続きを読む]
  • ブランデーとウイスキーのミックス
  • 昼飯を喰う時にふと思った。 何んか凄い充実感と凄い空虚感が混ざり合って居る様な、 いや、交互にやって来る様な、 そんな繰り返しを毎日過ごして居る様な、 そんな日々が過ぎて往く様に思った。 老い先短い人生だから、何でもやってやろうと、 ウイスキーのソーダ割りにブランデーを試しに入れて見た。 予想も付かない味になった。 それがいいか悪いかは、後2-3回飲んで見なければ、結論が出ない様な味だ。 そんな贅 [続きを読む]
  • 友人と我が家で飲み会
  • ガムを噛んだまま寝てしまったら、口がおかしくなった。 歯を磨いてうがいをして、冷たいお茶をガブガブ飲んだら少しは直ったが、 まだ胃の中がもたれてる様な感じだ。 それと言うのも、夜中に目が覚めて、 あられを摘みにブランデーやらチューハイを飲んで、 歯を磨くのが面倒臭かったから、ガムを噛んだら、そのまま寝てしまったと言う訳だ。 それと言うのも、久し振りの友人達と我が家で飲み会をして、 まだ飲み足らなか [続きを読む]
  • また一人
  • また一人、在住の日本人が亡くなった。 彼とはもう5年ほど会って居なかった。 以前はパソコンを買う時に面倒を見てくれた。 それから後、時折デパートで会う事は有ったのだが、 何故かよそよそしい感じがしたので、深く会話を交わす事も無かった。 唯、奥さんは会えばいつもニコニコされて、 私の知る限り、タイ人妻の中では最も愛嬌の有る人だったと思う。 ああ言う人と暮らされて、さぞかし幸せだったろう。 恩有る人な [続きを読む]
  • この先何年?
  • 朝5時に目が開くと、部屋の温度は24度。 布団を蹴飛ばしても寒く無い。 早く朝ご飯を食べたいから、早く夜が明けないかなと思いながら腹を摩ると、 まだ食べるには少し早いと言ってる様な太鼓腹がそこには有った。 それにしてもこの暖かさは有難い。 真冬の5時でも24度。 このまま何歳まで生きられるのだろうか。 90歳まで生きられるとしたら、後20年。 後20年で死ぬ様な実感が無い。 この10年を振り返ると [続きを読む]
  • 私の原風景
  • タイに住んで居るせいか、 時々日本の事が懐かしく思い出される。 そして、私の原風景は何だろうと思い巡らす事も有る。 私の原風景と言えば、それは京都府船井郡和知町の母の実家の里。 小学生の頃は、毎年夏休みに訪れ、 都会っ子の私は、思いっ切り田舎を満喫して居ました。 私の原風景(和知の家から見える向かいの山) そんな事を思い浮かべさせてくれたのは、 とても素敵な絵を書かれる方のブログを拝見したからです [続きを読む]
  • 安息日
  • 日本からの友人も帰り、晩餐会も終わり、 少し寂しさも残るが、昨日は又いつもの穏やかな1日となり、 年老いた私の体には、ほっこりする安息の日となった。 そして、夕刻、隣県のパヤオから妻の友人達7-8人がやって来て、 我が家でパーティーの後、日が沈み掛けた頃、花博に出掛け、再び我が家へ。 夜もとっぷり暮れてからパヤオに帰って行った。 そして又いつもの静寂が訪れた。 今朝は残って居るHOT DOG RO [続きを読む]
  • 日本からの友人(其の5)
  • 昨日は日本からの友人との再会5日目。 そして、いよいよ帰国の日となってしまった。 朝は市場の見学。 市場内では蒸し菓子を作って居た。 彼は米菓子を土産に買った。 その後は川沿いのレストランへ。 未だ腹が減って無かったので、私はケーキを食べた。 バラードのジャズの生演奏をして居た。 この店は何時行っても満員。 店員もテキパキと忙しく働いて居た。 洋風の洒落た店だ。 午後4時20分の便で、彼はバンコク [続きを読む]
  • 日本からの友人(其の4)
  • 日本からの友人との再会4日目。 昨日は「おちゃさま」と言う日本茶や和食などを提供して居て、 造りも日本風のお店に行って来た。 食べたのは京都のみたらし団子を模した茶菓子と緑茶。 蜜は黒砂糖風味で、京都のみたらし団子の蜜とは少し違ったが、 団子はもちもちして居た。 お茶もそれなりに日本のお茶だった。 中には「水信玄」なる物も有った。 私は食べた事が無いが、ネットで見ると、山梨県の寒天餅となって居る。 [続きを読む]
  • 日本からの友人(其の3)
  • 日本からの友人との再会3日目。 昨日は大変な失敗をしてしまった。 以前、日本の鳥居とか色んな建物が有る、日本のテーマパークの様なものが、 チェンライとチェンマイの間に新しく出来たと何かで見た記憶が有った。 そしてそれはGOOGLE MAPでチェンライ県のメースーアイと言う町で見たと言う記憶が有った。 それで、メースーアイに行って、地元の人に聞けば分かるだろうと思って、 車で40分くらい掛けて地元の [続きを読む]
  • 日本からの友人(其の2)
  • 久し振りの日本からの友人との再会2日目。 昨日は車で20分のバンドゥー温泉に行って来た。 温泉の前にマッサージをやって貰った。 2時間300バーツ(約千円)。 10人くらいのマッサージ嬢、と言ってもオバさんだが、 全員マッサージ中で、10分くらい待つ事になった。 温泉併設のマッサージ場なので、流石に上手かった。 マッサージが終わり、さあ入ろうと思ったら、雨が土砂降りに降って来た。 温泉場までは駐車 [続きを読む]
  • 日本からの友人
  • 日本から友人がやって来た。 彼は職場の同僚と言うか、私の後任の様なものだった。 つまり、職場の歓送迎会で出会ったのが最初だった。 その後は特に会う事も無く、時は過ぎて行ったのだが、 或る時、チェンライからバンコクに帰る飛行機の中で、 ちらっと後の席を見たら、「地球の歩き方」を読んでる人が居た。 あっ、日本人だっ!と思って顔を見たら、何と、彼だった。 それが彼と親しくなるきっかけだった。 彼もタイフ [続きを読む]
  • 飲み比べ
  • 今年の乾季は乾季と言えないほど雨が降る。 去年の10月末に乾季に入ってから、もう13回も雨の日が有った。 今日も朝から雨が降り出した。 通常、乾季には雨は殆ど降らない。 まあ、私は元々雨が好きだし、雨季が好きだから嬉しいのだが…。 多少湿り気が有る方がお肌にもいいし、 それに、冬の雨は蒸し暑くならないし、 却って暖かくなるくらいだ。 ところで、正月料理に金を掛け無い代わりに、思い切ってブランデーを [続きを読む]
  • 最近の食事事情(其の13)
  • 妻が毎朝ベランダで美味しそうにコーヒーを飲んで居るのを見て、 私も朝はコーヒーとパンにしたくなった。 清々しい朝にコーヒーはピッタリなのだ。 彼女は朝はコーヒーだけだが、 私は規則正しくちゃんと朝食を食べて居るので、 コーヒーだけでは収まらない。 タイに旅行で来て居た頃、 プーケットで美味しいコーヒーとトーストを食べた時、 いつかはタイで、そう言うのんびりした暮らしをしたいと夢見て居た。 それがど [続きを読む]
  • ヘルストロン
  • 皆さんはヘルストロンと言う健康器具をご存知だろうか。 白寿社から出て居る電位治療器で、 私のは、6,000ボルトと3,000ボルトの切り替え式で、 値段は確か40万円だったと思う。 今から40年ほど前、母が或るパンフレットを持って帰った。 それは高圧電気の椅子に20分ほど毎日座って居ると、 肩こりや膝の関節痛が治ると言う。 母が買いたそうにして居るので、 私はインチキ商法だろうと思い、この目で見て [続きを読む]
  • 今年初めての日曜ホコテン
  • 昨日は一週間の里帰りからお手伝いさんが帰って来た。 これで安心して出掛けられる。 愛犬が淋しがるからだ。 番犬は出来るが、独りぽっちは淋しがる。 一週間振りのお手伝いさんに吠えた。 馬鹿犬だが、番犬には成る。 昨夜のホコテンは結構暑かった。 半袖一枚で最後には汗が出て来た。 尤も汗を掻いてるのは私くらいのものだが…。 今朝の6時半も24.5度だった。 [続きを読む]
  • 最近の食事事情(其の12)
  • 今年のお節料理は雑煮と巻き寿司だけとなってしまった。 その巻き寿司も、最後の1本をカビさせてしまったが、 妻は懲りずに、今度は鰻巻きを作ってくれた。 まあ、煮しめは普段から食べて居るし、 黒豆やごまめ、きんぴらも常備されて居るので、 余り代わり映えしないかも知れないが、 日本の時の様な豪華なお節料理は、ここでは材料が揃わない。 数の子や鯛、ぼうだらなど。 しかし、金を掛ければそれなりの物は揃えられ [続きを読む]
  • 今年の初昼食会
  • 昨日は近所の在住の友人が夫婦で来てくれた。 タイ人の奥さんが来てくれたのは初めてだった。 最初は借りてきたネコ見たいに大人しかったが、 次第に調子を取り戻して来てくれた様だった。 食べ慣れない巻き寿司や蛤の吸い物には、手が届き難くかった。 ハンバーグの肉詰めと天ぷらは好物の様だった。 彼はコロッケが美味しい、美味しいと。 私は昼食に備えて、朝食の代わりにBig-Cでソフトクリームを食べた。 彼らは [続きを読む]
  • 静かな正月
  • とうとう4日目の朝を迎えてしまった。 正月に入って、一段と冬らしい清々しい朝が続いて居る。 今年の正月は静かだ。 去年は隣県のパヤオに住んで居る妻の友人一家が、大晦日から泊まり掛けでやって来て、 賑やかな正月だった。 今年はお手伝いさんも大晦日から一週間の里帰りで、 夫婦二人の静かな正月を過ごして居る。 昨日は、妻の実家が在るチェンライの田舎から、 彼女の姪が子連れで表敬訪問にやって来た。 うっと [続きを読む]
  • 巻き寿司をカビさせてしまった。
  • 人は誰でも失敗をする。 中には滅多に失敗しない人も居るだろう。 でも私はよく失敗をする人間だ。 そして、失敗から学ぶ。 よく失敗をする人間は、そうするしかない。 動物だって、失敗から学ぶ。 失敗から最もよく学ぶのが人間だ。 そう言って自分を慰める。 妻が折角作ってくれた巻き寿司をカビさせてしまった。 テーブルの上に置いておいたら、二日と持たなかったのだ。 冬だからと安心して居た。 でも今年は何時に [続きを読む]
  • 高野豆腐考
  • 妻は大晦日に巻き寿司を作ってくれたのだが、 そこに入れるはずの高野豆腐が硬かった。 賞味期限は17年となって居た。 1年位平気だろうと思って居たが、 水で戻しても柔らかくならないと言う。 1時間位やったのかと言うと、 半日位浸けたが柔らかくならないと言う。 仕方が無いので、圧力鍋で炊いてくれと言った。 以前、人参などと一緒に炊いたので、 どうして他の物と一緒に炊いたのだと叱責した事が有る。 高野豆 [続きを読む]
  • 正月はやっぱり巻き寿司
  • 巻き寿司は面倒だから、頼もうかどうしようか迷って居た。 他の物にしようかな、何て言って居たら、 妻は作ってくれた。 代わりに千切り大根とニンジンの酢の物を頼もうかと思って居たが、 やっぱり巻き寿司とは大違い。 今年の冬は寒くなると言われて居たが、 何と昨夜も急に土砂降りになって、 直ぐ上がったが、今朝はそのせいか、 とても暖かい。 8時半頃で21度。 今9時半で22度も有る。 今まで曇って居たが、 [続きを読む]
  • 豚カツの作成
  • 今年の年末の妻の料理を振り返って見ると、 14日の天ぷらから始まって、すき焼き(18日)、豆腐煮(19 日)、 コロッケ(20日)、ハンバーグ(21日)、そして昨日の豚カツ。 その上まだ正月料理を所望して居る。 巻き寿司、酢レンコン、高野豆腐、ゴマメなど。 まあ、全てが欲しい私の性格は、来年からは少し改めないと…。 と言う事で、高野豆腐とゴマメは所望したが、 酢レンコンは辞退しよう。 妻はレンコン [続きを読む]
  • 久し振りのバンドゥー温泉
  • 昨日は妻が飲み会に行ったので、 仕方が無いので、車で20分のところに有るバンドゥー温泉に、お手伝いさんと行って来た。 一部屋につき50バーツ(約200円)。 行くと、「もう、お湯が出ないのでお終い。」とか言われて、 帰ろうとすると、「ちょっと待て。」と。 一つの部屋を覗きに行って、「一つは入れる。」とか言われて、 まさか、一つの部屋に入る事は出来ないので、 暫く待って居ると、 何の事は無い。 直ぐ [続きを読む]
  • 年末の雨
  • 京都の最低気温は遂に零度となった。 こちらは乾季に雨が降っても珍しく無い位ちょくちょく雨が降る今年の気候。 今日も雨が降った。 お陰で今日は1日中暖かく、22度から23度を推移して居る。 適当な湿り気も有って、とても過ごし易い。 妻に昨日食べたいと話してたら、ポテサラを作ってくれた。 そして、昨夜食べようと思ったが無かった豚の串焼きも、今朝作ってくれた。 お陰で今朝はポテサラと串豚の満載。 腹を壊 [続きを読む]