川田省吾 さん プロフィール

  •  
川田省吾さん: B級映画館二本立て&一憂一鬱(復刻版)
ハンドル名川田省吾 さん
ブログタイトルB級映画館二本立て&一憂一鬱(復刻版)
ブログURLhttps://ameblo.jp/bird-home8823/
サイト紹介文B級映画って言うなと一憂一鬱が合体。古典B級映画の数々(ホラー)を元に割と新作もレビュー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 132日(平均2.2回/週) - 参加 2017/12/24 22:59

川田省吾 さんのブログ記事

  • 23年目なのですよ
  • 阪神・淡路大震災から、早いもので、もう23年。 経験した者として、一つ苦言を呈したい。 もう、いいんじゃないか? ルミナリエには、最初から反対だし、追悼集会も最初は行っていたけれど・・・。 いや、故人を偲ぶのが悪いんじゃなくて、TVやマスコミに特集されて、毎年のように傷口を開かされる現状が、どうにも我慢できない。 あの時の事は、心で偲べばよいことで、一々蝋燭を並べたり、集会を開く必要があるのだろうか? [続きを読む]
  • ゾンビって何?
  • ゾンビは、映画界に衝撃を与えた半面、B級映画界の安易なテーマとして用いられてきた。 とりあえずゾンビメイクは安価であり、エキストラさえ集めれば、それなりの絵が撮れるからだ。 では、ゾンビとは何なのか? 古くは、死者の復活、物言わぬ労働力、非生産性の象徴、物的社会への警鐘、共喰いなど。 ある意味、キリストもゾンビなのだが、そういう神聖なモチーフとは違い、一般人の復活は邪悪なものとして捉えられてきた。 人 [続きを読む]
  • ヘレナ(ネタバレ)
  • 監督: アスカニオ・マルガリーニ制作年:2012 怖い歯の妖精の話という触れ込みで視聴しましたが・・・ 再見では、どう印象が変わるのでしょう。 物語は・・・・・・ シングルマザーの母娘が越してきた建物。クローゼットが、ありました。娘ヘレナの部屋に配置しますが、のっけからフェッリィというオヤジが覗いているシーンが入ります。 ヘレナの歯が抜けそうだという朝、母親は娘を乗せた車で事故を起こします。落下する車 [続きを読む]
  • スリザー(ネタバレ)
  • 監督: ジェームズ・ガン制作年:2006 のっけから何ですが、この作品は余り好きじゃないんです。 初見の時、とにかく下品な言い回しや行動が鼻について、我慢できなかった印象があるから。 再見では、どうなりますやら・・・。 物語は・・・・・・何か宇宙から腐ったフルーツみたいなのが落下。”パカン!”と割れます。 町は、鹿狩り前夜祭ということで、中々の賑わい。 金で買った妻のスターラにお預けを喰わされた町の実 [続きを読む]
  • ZONE(ネタバレ)
  • 監督: マクシム・ダチュック製作年:2011 割と珍しいロシア産エイリアン映画。ノーチェックだったので、初見の記憶が薄いのだが、再見ではどうか。 物語は・・・・・・ 無限に広がる大宇宙・・・、的な感じで、地球に飛来する隕石。 どこぞの廃工場に落ち、元教授が襲われました。無駄に意味ありげなシーンの後だったんですが、教授の意味はあったのか? 一転して、今度は5人の若者、トニー、アレックス、彼女のヴィッキー [続きを読む]
  • 死霊のはらわた(2013) ネタバレ
  • 監督: フェデ・アルバレス 制作年:2013 脚本・製作にサム・ライム本人が参加して作られたリメイク作品。このスタイルだと文句が出なくてよいですね^^ 物語は・・・・・・ 森を逃げる少女。 捕まって括りつけられた丸太で、命乞いをしますが、パパは容赦なく・・・心情的には正体を表してくれた方が殺りやすいですね。 火刑に処して、散弾銃で頭をぶっ飛ばしました・・・。 なんでしょうね、何か実家に帰ってきたような感 [続きを読む]
  • 禁断の町(ネタバレ)
  • 監督:ローズ制作年:2013 「光る眼(旧作)」「トウモロコシ畑の子供たち」「ザ・チャイルド」と、子供が襲ってくる映画は、実は多い。 この作品は、上記の名作には遠く及ばないものの、チャイルドキラー大好きな私としては観ずにはいられなかった。 物語は・・・・・・ シングルマザーのアンナは、15歳で産んだ娘ジョーイを何者かに連れ去られる・・・・・・。その、何者かダメだろ、OPで出しちゃw一気に冷めたわww [続きを読む]
  • 寄生体X(ネタバレ)
  • 監督:ダヴィッド・ショレア制作年:2012 この制作年に疑問が残る本作。 とりあえず、ジョン(カーペンター)をバリバリ意識したタイトルに期待。 物語は・・・・・・ 夫婦喧嘩の末に父親が母親が殺してしまう。 それを見た暗闇恐怖症の少年クリスは、精神に障害を負い、薬なしでは生活が辛い状態。 とはいえ、10年経って、立派な引きこもりになりました。彗星の接近に伴い、街では暴力事件が増え、クリスも巻き込まれます [続きを読む]
  • テイキング・オブ・デボラ・ローガン(ネタバレ)
  • 監督: アダム・ロビテル 制作年:2014テイキング・オブ・デボラ・ローガンテイキング・オブ・デボラ・ローガンテイキング・オブ・デボラ・ローガンこの映画、実は余り気乗りしなかったんですが、ジャケットのインパクトに惹かれて視聴。 物語は・・・・・・ 「これは別世界への旅です。目や耳や心だけの別世界ではなく、想像を絶した素晴らしい世界への旅・・・あなたは今 ババァゾーンに入ろうとしているのです。」 大学の [続きを読む]
  • 戦慄病棟(ネタバレ)
  • 監督:マーカス・ニスペル制作年:2015 Exeter 666が原題だと思うのですが、戦慄病棟って邦題は無いわー *今作品は謎解き要素が強めですので、ネタバレ記事を読むかよく考えてご覧下さい。 エクセター児童院では、障害のある子供を治療し教育するという目的があったが、患者数の増大に伴い虐待や放置が蔓延。 1970年に閉鎖されたが、コンウェイ神父がユース施設として改築することに・・・。 パトリックは、悪友のノウル [続きを読む]
  • キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ(ネタバレ)
  • 監督:カーレ・アンドリュース制作年:2013 第一作のイーライ・ロスは、それなりに気持ち悪いし、展開もギリでOKでしたが・・・。 正直、二作目はコメディーとしか思えない不出来さでした。 で、今回の三作目が、実質”1”になるそうですが・・・。 物語は・・・・・・ ドミニカ共和国が舞台で、どこぞの島でウイルス感染が発生、一家が全滅したようです。 唯一の生き残りであるポーターさんは、強引な組織に拉致られました [続きを読む]
  • ゾンビマックスー怒りのデスゾンビー (ネタバレ)
  • 監督: キア・ターナー&ローチ・ターナー制作年:2014 原題のWYRMWOODは、聖書に出てくる滅びを予兆する星です。  マッドマックスなんでしょうなぁ、パクリというかイメージは・・・。 B級映画の定番が、なぜにゾンビなのか、というのは前サイトで書いたんですが、もう一つ、何にでも迎合できるという特徴があるのです。 ビーバーのような動物ものとか、クライムとか、SFとか、伝記ものまで、何でもOK、それがゾン [続きを読む]
  • ゾンビーバー(ネタバレ)
  • 監督↓ こいつです制作年:2015 産業廃棄物がトラックから落下して川へ。ビーバーの作ったダムに引っかかって洩れました。 傷心の友達のために、女3人で山奥の小屋へバカンス。メアリー、ジェン、口が悪いゾーイところで、汚染されたビーバーのダムは、この家の隣の湖にありOPで消えた少年の帽子も流れてきたので、全て真隣でした。 そうとは知らない三人は、さっそく湖で一泳ぎ!この映画、オッパイ出ます、観る人増え [続きを読む]
  • シャークネード②(ネタバレ)
  • 移動手段2、とてもパワフルですね、運転はバズ。カーチェイスが始まりましたが、ニトロボタンで振り切り、空港に到着。空では、トルネード&サメが誕生。 整備場でマットと合流し、先生が破れた窓から天井に消え、一本目はやり過ごしました。ちょうど目の前に工具店があったので(さっきはレンタカー屋が)サメの降下に備え武器を調達。 ここでノヴァの過去があり、6人が犠牲になって自分をサメから守ってくれた、と。 で、マッ [続きを読む]
  • シャークネード(ネタバレ)
  • 監督:アンソニー・C・フェランテ制作年:2013 ある意味、アルバトロスの牙城を崩す勢いのアサイラム社。 購入リストにもよく見る会社ですが、実は一見した時は、余り記憶ないんですよね。 そこで、最大の拳ヒット作である本作を引っ張り出して、再見することにしました。 物語は・・・・・・ 密漁でしょうか、フカヒレの取引をしていた漁船が嵐に遭遇。 日本人じゃないと思いたいですが、戦うサラリーマンと船長が一騎打ち [続きを読む]
  • ラスト・シフトー最期の夜勤―(ネタバレ)
  • 監督:アンソニー・ディブラシ制作年:2014 また、お前かって感じですが、ディブラシさんお元気そうで何よりです(今日も書いた)。 これからのB級ホラー界を背負うのは無理でも、押し上げる方だと思っております。 物語は・・・・・・ 初勤務で庁舎を訪れたジェシカは、今夜で旧庁舎は閉鎖になると聞き驚く。 しかも、夜勤は彼女一人で、ほぼ留守番のような仕事なのだった。 用事と言えるのは、証拠品を回収に来る廃棄物業 [続きを読む]
  • マン・イーター②(ネタバレ)
  • これだけバクバク喰われると、さすがのケイト船長も絶望したのか、ピートの前で涙を見せます・・・。何とか落ち着いたケイトさんを待っていたのは・・・ あいつ釣るからエサはお前の犬な(へらへら/言い回しは嘘)か〜なしそ〜な ひとみで みているよ〜ここで、私が代わりに、とか言い出したらケイトさんの株は急上昇だったのですがね。 まぁ、結局は鴨2羽がエサになったんですけどねヌシが掛かっただー ピートと犬が残ったま [続きを読む]
  • マンイーター(ネタバレ)
  • 監督:グレッグ・マクリーン制作年:2007 さてさて、新春B級映画再見祭も動物パニックに入りました(今、思いついた)。 蜘蛛・サメ・蛇と来たら、当然ワニですよね!(断言) 最初、タイトルを観た時は、新種のモンスターか妖怪だと思ったんですが、デカいワニかよ〜、と思ったら・・・。 物語は・・・・・・ 米国人の旅行記者ピーターは、僻地に偏見があるが、仕事でオーストラリアの自然公園へ。 嫌なコーヒーを頂いた後 [続きを読む]
  • ゴール・オブ・ザ・デッド②(ネタバレ)
  • 異様に長いエンドロールの後で、更に前半のおさらいが入り、そろそろイラッとしてきた頃に、ようやく・・・ 後半戦/地獄の感染ドリブル編 開始! あっという間に戦場と化した町で、それなりに生き残った方々が、それなりに脱出方法を考えてたり、なかったり(おい)。①ロリ・娘・レポーター他②フーリガン③オーナー・監督・イドリス他と、いうチーム分けになりましたが、途中でメンバーはチェンジされたり、ゾンビ化したり、と [続きを読む]
  • ゴール・オブ・ザ・デッド
  • 監督:バンジャマン・ロシェ  ティエリー・ポワロー制作年:2014 サッカーとゾンビの異種格闘技戦。 年始に相応しい催しものですね^^ 物語は・・・・・・ 前半戦/死霊のキックオフ大乱闘編 開始! 故郷で汚名を被っている元スター選手のサム・ロリは、現スターで移籍間近のイドリス・ディアゴたちと試合に向かっていた。 その頃、地元の選手ジャノは、配達間違いの薬をドーピングしたため、闘志というか狂気が暴走して、 [続きを読む]
  • スナッチャーズ・フィーバー(ネタバレ)
  • 監督: ジェイ・ダール 制作年:2014 モキュメンタリー風というか、FFというか、手振れしすぎのPOVなんですが・・・。 侵略物、スナッチ系は大好物なので、再見しますよ。 物語は・・・・・・ 不安感を煽るニュースやインタビューがOP。 大学の卒業生からインタビューを撮るために、 ジェフと幼なじみのべス、ダン、テリー の4人が出発。 ①最初の小学校で、服が裏返しの受付嬢、妙に少ない生徒、生肉の弁当など。 立ち寄っ [続きを読む]
  • 操り人間②(ネタバレ)
  • 例の霊能者宅を訪れた2人は、なんとか霊能者スーザンにアフターケアしてもらえることに・・・。要は、怨霊に意思は無く、恨みを晴らすまで離れない、と。翌日、同僚マイクはホール巡査から捜査資料を、リリーはイメージを絵に。奨学生ジェニファーの足取りは掴めないまま、トーマスも放免になった、と。アンダーソン家が留守の隙に、意外な才能で鍵を開け調査するリリー。所詮、素人なのでトラブルはありましたが、とっさの機転 [続きを読む]
  • 操り人間(ネタバレ)
  • 監督:アンソニー・ディブラシ制作年:2011 タイトルで想像がつきますが、まぁ、色々とやるんだろうなぁ、という感じで観たら・・・。 色々の方向性が違いました。 物語は・・・・・・ 女装壁なのか、性同一障害なのか、ママに激しく注意されて、イチモツを切り落とす男の子・・・。 なかなか、パンチのあるスタートです。 主人公のリリーは、聾者なのですが、妹ミシェルを事故で失います。 たった一人の家族だったようで [続きを読む]
  • 2017年 大晦日
  • 早いもので、今年も終わろうとしている・・・。 なんて、真面目に書いても、つまらないので、適当に書きますが。 近所のダイエーが閉店するらしい。 私のメインだったので、かなり痛い。 徒歩圏内に後2件ほどあるのだが、余り品ぞ揃えが好みじゃないのだ。 今夜は、いつでも食べれるように、自己流シチューを作った。 ジャイアンほどの独創性は無いが、それなりに変わった味かもしれない。 チョコと蜂蜜は、万能です! 例年通 [続きを読む]
  • 帰ってきたヒトラー Er ist wieder da
  • 監督:デヴィット・ベント制作年:2015 この映画は、原作のメタ視点ともいえる部分を持ち、過去のヒトラー映画のオマージュも含まれる秀作。 私は、ヒトラーの成功した面を高く評価する者なので、この作品はかなり壺に入った。 物語は・・・・・・ 1945年に総統地下壕で自殺したヒトラーだったが、何故か2011年のベルリンに現れる。 それなりにショックは受けたヒトラーだったが、すぐにこれは神の意志と信じ、キオ [続きを読む]