slow-life さん プロフィール

  •  
slow-lifeさん: slow-lifeのブログ
ハンドル名slow-life さん
ブログタイトルslow-lifeのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/slow-lifewithfire/
サイト紹介文2018年司法書士試験合格を目指しています! 日々の勉強を通して感じたことを書き留めていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 29日(平均9.2回/週) - 参加 2017/12/24 23:24

slow-life さんのブログ記事

  • 4月からの伊藤塾の講座をどうしよう?
  • 今年は年明けからの科目別答練は受講していません。去年まで受けていたLECの答練もとらず、模試や、リバイバル答練を軸にして計画を立てています。 ただ、記述の講座だけは、昨年秋から蛭町先生の一連の講座(リバイバル版)を受講しています。このテキストやワークブック、Case&Form設例集等々の量が半端なくて、家の中が全然片付きませんが。。。 蛭町先生の講座は基本、テキスト通りの解説なのですが、時折、本試験への予想という [続きを読む]
  • 無敵の司法書士 予想論点表♪
  • 届きました。無敵の司法書士。 コメントの指示通り復習していたら、3年前は途方に暮れました 今は、あくまでも、どの分野が弱いのか、穴を見つけるためのチェックリストのような感覚で使っています。2017年の試験を振り返り、反省して今年の本試験に備えるには最適な本だと思います。 でも、コレはちょっと。。。 役員の登記が出題予想です、と言われてもねえ。 確かに毎年出てますけど、もう少し予想してよーと思うのは私だけ? [続きを読む]
  • 主要4科目の仕上がり具合
  • 年明け1回目のテキストぐるぐるは昨日で主要4科目終了しました。 ここら辺で、今現在の仕上がり具合を把握しておこうと思います。 まずは民法。総則、債権が弱い感触。親族の細かい知識も抜けているところあり。真ん中模試、LEC実力診断の出来はまあボチボチですが、辰巳の模試は、何年か答練を取っていて表現に慣れていることもあり、当てになりません。本試験での出来の振れ幅も大きいので条文中心に基礎をやり直していく予定。 [続きを読む]
  • 家事負債
  • 睡眠負債という言葉が話題になったことがありますが、勉強に夢中になると、家事負債が膨らみます 睡眠負債とは、「日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼす状態」のことを言うようですが、 ここで言う家事負債とは、「日々の家事労働不足が借金のように積み重なり、家庭生活に悪影響を及ぼす状態」のコトです。ぶっちゃけ、勉強のために家事にかける時間が減り、家の中が少しずつ汚くなっていく、ということ [続きを読む]
  • 不動産登記記録の把握の仕方
  • 記述問題に取り組み始めた初学者の頃、不動産登記記録を眺めながらページをめくりつつ、横の空欄に直接情報を書き込みながら問題を解いていました。 でも、本試験に近い形式の問題だといくつも不動産が出て来るし、そのやり方では上手く行かなくなりました。 その後、伊藤塾の山村先生の答案構成の講義をちょっとだけかじり、実践してみましたが、登記記録のおこしかただけが何となくしっくりこない。 そんな時、辰巳の松本先生の [続きを読む]
  • ベテラン受験生になってしまった今の過去問の回し方
  • 不本意ながら、ベテラン受験生になってしまった今、過去問のやり方で少々悩んでいます。 3年前までは、辰巳の過去問集を繰り返し解いていました。でも、縛って捨てちゃったし。 今のところ、テキストぐるぐるをしながら、抜けているなあと感じたら3300選を眺め、該当箇所をやり、知識を再確認しています。週末には年度別過去問をやり、とりあえず全科目に触れた後は、オートマ過去問を解いています。 不動産登記法はテキストに過 [続きを読む]
  • 勉強は趣味じゃない
  • 司法書士試験の勉強を始めた頃、末っ子はまだ小学生。まだまだ母親にかまって欲しい年頃でした。 私が夕食後、机に向かっていると、「もう〜お母さん勉強ばっかりして〜少しは遊んでよ!」とせがんできました。 それが今ではもう見上げるように大きくなり、そんな可愛いコトは言ってくれなくなりました。代わりにこの前、こんな事を。。 「お母さん、勉強が趣味だもんねー」 いいえ、決して趣味ではありません!一日も早く合格し [続きを読む]
  • 平成29年度午後択一の時間配分
  • 昨日は午前中、平成29年度の午後択一を解いてみました。今の時期に落ち着いて解いてみれば引っかからない問題でも、本番では緊張してミスしたなあ。。。 松本先生が、「午後択一は1問につき2分。ただし、第11問目までは15分くらいのペースで!」とおっしゃっていたので、本試験ではそのペースで頑張りました。 でも、不動産登記法でちょっとでも悩んでフリーズしてしまうと、1.2分は吹っ飛びます。本試験では確か、目標を5分ほど [続きを読む]
  • LEC主要4科目実力診断模試の結果とミスの分析(記述編)
  • LECの実力診断模試の結果が出ました。 択一はマークミスなしで28問。記述は、不登法が29.5点、商登法が23点でした。 以下、備忘録としてのミスの分析と対策です。 まず、不登法。 第1欄の巻き戻し更正で1件目の申請人の把握ミス。正しい登記記録を再現してから考えるときに、いつも権利者をミス。ミスに気づいたのは終了間際で時間切れ。。。 2件目は何とかクリア。でも、なぜか更正後の事項に登記の目的まで書いちゃってる。。1 [続きを読む]
  • 計画の進捗状況♪
  • 1月2日から始めたテキストの読み込みは、なんとか不動産登記法まで終わり、今日から会社法、商業登記法に入りました。12月のLEC主要4科目実力診断模試で商業登記法の細かい部分が抜けているのを感じたので、そのあたりを意識しながら1日200ページのペースで5日間で終わらせる予定です。 テキストのグルグル回しは一応予定通りなのですが、雪のせいで水曜日にやった伊藤塾の記述問題の復習が全部終わっていません。ちょっとボリュ [続きを読む]
  • 雪の日のトラブル
  • 昨日から降り続いた雪が、今朝は氷点下まで気温が下がり、道路はガチガチに凍りついていました。 公共の交通機関が今ひとつの地方都市在住のため、コドモ3号は自転車通学です。でも、こんな日は自転車はムリ。 いつもはクルマ通学のコドモ2号も、若葉マークなので送って欲しいと言いました。 混雑を予測して朝7時半にクルマに乗り込みエンジンをかけたら、ものすごい異音と振動!!これはヤバイ、と、とりあえず2号のクルマに乗り [続きを読む]
  • 脳と手が疲れました。。
  • 今日は予定通り、朝から伊藤塾の中上級講座「出題の手口から本試験を知る講座」に取りかかりました。リバイバル版です。 制限時間は1科目で55分。2科目続けて書ききる根性をつけなきゃと思い、110分で一気にやったのですが、、。 結果は、不動産登記法の後半3分の1が時間切れ。 頭の中に、書くべき登記は浮かんでいたのですが、最後までたどり着けませんでした。。焦ると余計に欄を間違えたり、悲惨です。。 本試験ではここ数年、 [続きを読む]
  • 辰巳 真ん中模試の結果と反省
  • 先月受けた辰巳真ん中模試の結果が郵送されてきました。 真ん中模試の自宅受験日からこのブログを始めたのですが、あっという間ですね。 結果は、択一は自己採点通り。午前は民法で2問ミス、午後は民訴で1問、不登法で2問ミスでした。評価は共にAでした。 問題は記述です。判定はB。 真ん中模試から、商業登記法から先に解くことにしたのですが、株式の無償割当ての決議機関を何故か勘違いしていて、取締役会で決議するには定款 [続きを読む]
  • 択一と書式のバランス
  • 私は、お恥ずかしながら、まだ一度も午前の基準点を超えたことがありません。 午後択一は、比較的安定して、基準点プラスαの点数が取れるようになってきましたが、午前足切りを食らってしまっては、記述の採点もしてもらえませんから、お話になりません でも、自分的には午前の方が仕上がっているつもり、なのです。模試の点数も安定して取れていたし、理解も深まっていた、はず。。。 なのに、本試験ではいつも、やらかしてしま [続きを読む]
  • どうしても捨てられなかった
  • 昨年の本試験の自己採点後、午前足切りが濃厚になり、放心状態に陥りました。 なぜあんなミス??とアタマの中はグルグル回り、何も手に付かず。 試験後も数日間は、本当に悔しくて、情けなくて、夜もあまり眠れませんでした。 その後も、いつまでたっても、やらなきゃ!という意欲は湧いてこないまま1ヶ月近くダラダラと過ごしました。 そして7月の終わり頃、「もう、こんな事やめてやる!」と思い立ち、答練、模試の問題や、こ [続きを読む]
  • 過去問に始まり、過去問に戻る
  • 司法書士の試験勉強を始めたとき、まず、基本テキストを読み、その単元を理解したら、該当する過去問を解いてみる、というオーソドックスな方法をとっていました。 その頃は、いわゆる過去問至上主義、みたいな風潮があって、合格のためには、とにかく過去問!!みたいなカンジがあったので、漠然と、そっかー過去問が解けるようになったら合格できるのねーなんて、お気楽に構えていました。 でも、ここに1つの盲点が。過去問を解 [続きを読む]
  • 松本先生基礎講座グルグル回し18日間コース♪
  • 1月3日から3月2日までの間に、辰巳の松本先生の基礎講座テキスト、恐怖のグルグル回しを3回するぞ!と計画を立てました。 この講座のテキストは、私が受講した年度で、全部で10冊、ページの総数は、なんと、3344頁!でも、これで普通くらいの量なんでしょうか。 年明け1回目のグルグルは、18日間コースにしてみました 民法は748頁を5日間で、不動産登記法は648頁を3日間、会社法&商業登記法は1004頁を5日間、民訴、民執、民 [続きを読む]
  • 逆算の発想
  • 3年前、真剣に合格を目指していた直前期、試験日が近づくにつれて、あれもやってない、ココも不十分、でも、答練だけでなく模試も次々と受けなきゃいけない、あー時間がない!!と、イライラしてきて、自分に課したノルマである、テキストの読み込みが不十分なまま、本試験に臨んでしまいました。結果、テキストの知識で取れる問題を落としてしまうというサイアクな事態に 次の年は、模試等で結構取れているから大丈夫!と油断して [続きを読む]
  • メンタル面のコントロール
  • 人間ですから当たり前ですが、たまーに気分が落ち込むことがあります 昨日、今日と、家族が1人、また1人とそれぞれの場所へ帰って行き、またいつもの日常が戻ってくる。そんな時が要注意です。 忙しいけれど賑やかで、幸せな時間を過ごした後は、ホッとすると同時に、やる気も戻ってくるといいのですが、切り替えが上手くいかないこともあります。 そんな時は、出来るだけ、決めた時間に決まったコトをして、いつもの気分を取り戻 [続きを読む]
  • 専業主婦の可処分時間
  • 私の専業主婦歴は、早いもので24年になります。 社会に出たのはバブル全盛期、男女雇用機会均等法世代です。就職先は某金融機関。人間関係は悪くありませんでしたが、とにかく忙しい日々。終電に間に合わずタクシーで帰ったり、たまに早く終わっても、ストレスで呑んだくれたり。。身体を壊す寸前まで頑張ったけど、燃え尽きちゃったという典型的なパターンです。 その後結婚、出産。夫も転勤族だったので、子どもたちが小さい頃、 [続きを読む]
  • これからの計画を立ててみました(模擬試験の受験をペースメーカーにして)
  • 皆さま、明けましておめでとうございます。 お昼に脂ののったカンパチの半身と格闘し、美味しいお刺身を出したら、息子たちもやっと満足したようで、今一息ついています 元日は、まとまった勉強時間が取れないので、今後の計画を立ててみました。 まずは、全体の計画です。 いつも、4月から直前期!と思ってなんとなーく3月末まで過ごしてしまう悪いクセがあるので、今年は自分に厳しくしてみました! 伊藤塾のプレ模試を申し込 [続きを読む]
  • 勉強できる幸せ
  • あっという間に大みそかがやって来ました。 我が家は毎年、年賀状に家族写真を載せているのですが、今年はなかなか全員が揃う機会がなくて、やっと今日の午後、撮影することになりました。今年は紅白を見ながら、年賀状のコメントを書くことになりそうです 大みそかは、ひょっとしたら専業主婦が一番忙しい一日かもしれません。朝からおせち料理の仕上げや大掃除の残り、合間に普段の家族の食事の準備。。 今、料理の待ち時間がち [続きを読む]
  • 更年期あるある♪
  • 私はただ今、更年期真っただ中のアラフィフです。 おかげさまで、日常生活に支障が出るほどひどい症状は、今のところ感じていませんが、さすがにそういうお年頃、ちょっとした変化はいくつかあります。 1つ目は、細かい文字が見にくくなったこと。。まあ、いわゆる老眼ってヤツですね。元々は近眼で、運転もするため、バッチリ度を合わせていたのですが、六法とかの小さな文字を見るのが辛くなったので、メガネのレンズの下側は [続きを読む]
  • 記述式を解くとき必要なコト
  • 択一式の問題を解くときには、問題文のアタマに、「〇〇に関する次のアからオまでの〜」と書いてあるので、ふんふん、あの辺ねーとアタマの中を探すことができます。 中には横断式問題とかいう、イヤなタイプもありますが、比較的アウトプットは楽にできます。 でも、記述式だとそうはいきません。 私は特に、不動産登記法の、司法書士が依頼人から次のような話を聞きました。。。うんぬんかんぬんの、ダラダラ書いてある問題が嫌 [続きを読む]
  • 確実に判断できる、コアの知識を増やしたい!!
  • 択一を解くとき、これは絶対にマル!と確実に判断できたときは、まず、問題文の左側の余白に大きくマル印をつけています。ちょっと自信がない時は普通の大きさで、かなり自信がないときは、うすーく小さくなっていきます。 大きなマル印を軸にして判断して、2択まできちんと絞り込み、最後まで自信を持って理由付けの箇所に下線を付けて答にたどり着けた時は、当たり前ですがかなりの確率で正解です。 でも、この流れの途中で少し [続きを読む]