さがみさん さん プロフィール

  •  
さがみさんさん: マスコミ入社への道 最短法を伝授します!!
ハンドル名さがみさん さん
ブログタイトルマスコミ入社への道 最短法を伝授します!!
ブログURLhttp://fanblogs.jp/sagamimuneo/
サイト紹介文マスコミ就活生を応援するブログです。 入社試験を作成していた元記者が必勝法を公開します!
自由文試験対策はもちろんですが、新聞業界の裏話、話題になっている記事の背景、著名人の実態といった元記者ならではの内容も取り上げています。
 ニュースに関心のある方であれば、誰でも楽しんでもらえるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供198回 / 309日(平均4.5回/週) - 参加 2017/12/26 19:52

さがみさん さんのブログ記事

  • なぜ複数の新聞を読まないといけないのか=日経独自と他紙の追随報道の違い
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  「複数の新聞を読みましょう」。 良く言われることですし、私も推奨しています。 これは「一紙だけだと見方が偏る」というからだけでなく、「一紙だけだと事実誤認が起きる」のです。 「見方が偏る」のは、自分の読んでいる新聞の思想に染まってしまうということですが、「事実誤認」は間違えたことを事実だと思い込んでしまうことで [続きを読む]
  • 朝鮮中央通信が朝日特ダネを否定
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  北朝鮮国営朝鮮中央通信が「拉致問題は解決済み」という立場を伝え、安倍政権を非難しました。 事実上、本日の朝日新聞の独自報道を否定したものです。 朝日報道が事実であったとしても、南北首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長が「拉致問題は解決済み」と言わなかったというだけであって、金正恩氏が「『拉致問題は解決済み』という立 [続きを読む]
  • 北朝鮮との融和に浮かれる各国
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  米朝首脳会談は6月12日にシンガポールで決まり、よほどのことがない限り開催される流れになっています。 この調子であれば、米朝が史上初の首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化」に合意したと華々しく発表されることでしょう。トランプ米大統領にとっては中間選挙に向けた宣伝になりますし、金正恩朝鮮労働党委員長は当面の体制維持 [続きを読む]
  • 日中韓首脳会談で新聞に書いていないこと
  •  日中韓首脳会談の共同宣言の「悠久の歴史と久遠の未来」が気になったので、中国語版を確認したところ、「?去的?史和?久的未来」になっています。日本語では「過去の歴史と長久の未来」。http://www.xinhuanet.com/2018-05/10/c_1122808988.htm 「悠久の歴史」と「過去の歴史」では印象が全く違いますね。「悠久の歴史」だと魏志倭人伝の時代を思わせますが、「過去の歴史」と言われると満州国の頃を想起します。 「あれ?日 [続きを読む]
  • 「北朝鮮」で同床異夢、「歴史」は日本が得点
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  日中韓首脳会談は合意文書の作成に手間取りました。「検証可能かつ不可逆的な非核化」を北朝鮮に求めることを日本政府は明記しようとしましたが、中韓の反対で見送られました。 共同宣言を見ると、中国が使うような表現が多いように思います。拉致問題についても「対話を通じて可能な限り早期に解決されることを希望する」という言い回 [続きを読む]
  • 北朝鮮をめぐる首脳会談記事の解読法
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  2国間会談のニュースを読み解くときは、必ず双方の言い分についてきちんと整理して理解するように心がけてください。 昨日、金正恩朝鮮労働党委員長が今年2回目の中国訪問を行い、習近平国家主席と会談したことが発表されました。この直後、習主席はトランプ米大統領と電話会談を行いました。米朝首脳会談に向けて、習氏は双方の意見 [続きを読む]
  • 中国首相の朝日新聞寄稿文の解読法
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  本日の朝日新聞には中国の李克強首相の寄稿が掲載されています。内容はともかくとして、かなり格の高い大きな特ダネです。 各国首脳は外国に訪問するときに、訪問先の国のメディアの取材に応じたり文書で所信を伝えます。安倍晋三首相も外国訪問に当たって、その国を代表するメディアの取材に応じるのが慣例です。 記者会見ではないの [続きを読む]
  • 共同通信の日中首相会談特ダネ風記事の解読法
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  先日、日本経済新聞が特ダネのような風情でロイターの追い掛けをしていましたが、本日は共同通信が昨年12月に報じられていたことを独自のように書いています。 その記事とは「日中、『尖閣』明示せず合意へ」https://this.kiji.is/366013016204264545?c=39546741839462401 リードは以下の通りです。 安倍晋三首相は、日中韓首脳会 [続きを読む]
  • あさっての日中韓首脳会談の注目点
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  4日に行われた日中首脳による電話会談の日本メディアの報道ぶりを見ていると、9日の日中韓首脳会談は北朝鮮問題が最重要議題であるかのように伝えられることになりそうです。 安倍晋三首相は対話と圧力の重要性を訴え、「北朝鮮の非核化に向けて連携することで中国と韓国と共通の認識を共有できた」と強調することでしょう。国際会議 [続きを読む]
  • 日中電話首脳会談の解読法
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  本日の新聞各紙は日本の首相が初めて中国の国家主席と電話会談をしたことを大きく報じています。過去、日本の首相は中国の首相と電話で会談したことがありましたが、格が上である国家主席との電話会談は行われていませんでした。 これは日中関係が史上最高の水準に戻ったということではなく、①北朝鮮情勢で最低限の意思疎通をしなけれ [続きを読む]
  • 後追いなのに特ダネのような日経記事
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  本日の日本経済新聞の一面には「次期戦闘機 F22主体」という大きな見出しが出ています。 「少し前にどこかで見たような気がするけれど、ちょっと違うなあ」と思いながらリードを読むと「米ロッキードマーチンが世界最強と称されるF22とF35の混合型の開発を日本政府に打診したことが分かった」と書いています。 何のことはない。この [続きを読む]
  • ドミニカ共和国の新聞表記
  •  昨日の続きです。各紙の見出しや初出は「ドミニカ共和国」で、2回目以降は「ドミニカ」と省略していますね。 最初に「共和国の話です」と断っておけば、2回目以降は問題なしということになります。 もちろん中国と台湾の外交問題ですから、これで問題なしですが、仮にドミニカ共和国とドミニカ国に関する記事の場合は「共和国」を省略することはできなくなります。 [続きを読む]
  • 今日台湾と断交したのは「ドミニカ国」ではない
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  本日、中米のドミニカ共和国が中国と国交を結び、台湾と断交すると発表しました。 このことが何を意味するかについては新聞各紙をお読みください。一時は、次に台湾と断交する国はバチカンだという見方もありましたが、なかなかそちらの方は進んでいないようです。 私が皆さんに注目してもらいたいのは、日本語では「ドミニカ共和国」 [続きを読む]
  • 既視感
  • 北朝鮮が5月に核実験場を閉鎖するという速報を見て、「またか」という思いを禁じ得ません。今の流れは2005年から07年の動きとよく似ています。あのときも、使い物にならなくなった核施設を爆破するという政治ショーが行われました。興味のある方は当時の新聞記事をお読みください。将来を先読みできますよ。 [続きを読む]
  • 南北首脳会談と日本の官僚不祥事
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  第3回南北首脳会談は、私にとってはサプライズがないことがサプライズでした。 融和ムードを盛り上げる結果に終わるだろうとは思っていたので、そういう意味では想定内ですが……。 文在寅大統領と金正恩委員長が最初に顔合わせしたときに、いったん金委員長が南側に行った後、金委員長が主導して一緒に北側に移動したことがすべてを [続きを読む]
  • 独裁体制で「指導者の若さ」はマイナスではない
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  個人独裁体制では、一人の指導者の意向で内政外交の方針が決まります。 言論統制を厳しく行っており、現在の日本人の感覚で捉えることは不可能です。 北朝鮮では急に外交方針を変更しても、限られたエリート層の中での「世論」対策だけ行っていれば批判が出ることはありません。 日本のような国では高官のセクハラや差別発言が問題視 [続きを読む]
  • 南北首脳会談の生中継
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  共同通信によると、財務省が福田淳一前事務次官のセクハラを認定し退職金が減額されることになりました。一体、麻生太郎財務相や財務省の当初の対応は何だったのかと思わせます。しかし、大した減額でなければ反感が広がるでしょう。この問題はずるずると安倍政権の体力を消耗させています。 ところで、本日最も重大なニュースは南北首 [続きを読む]
  • 独裁国家の特徴
  •  北朝鮮の国営メディアによると、金正恩朝鮮労働党委員長は中国人観光客が事故に遭ったことについて「責任を痛切に感じている」と述べたそうです。 ついこの前まで中国に対する批判を行っていたことを考えると、「北朝鮮の変わり身の早さは理解できない」とテレビでコメントする「識者」も多いかと思います。 民主主義国家の考え方に基づけば「理解できない」のは当然ですが、彼らは「独裁国家」なのだということを忘れてはいけ [続きを読む]
  • 林文科相のヨガ通い
  •  林芳正文部科学相の週刊誌報道について、本人が本日記者会見をするそうです。 公務時間中に私用で公用車を使ったということが問題点でしょう。 週刊誌が使う名称をいったん留保して判断するとしても、あの広告を見ると昼間に閣僚が行くべきところではないですね。 ただ、このぐらいの不祥事は少し前の安倍内閣なら無視することができましたが、今の状況ではまた女性の支持を失うことになります。 林氏と言えば、頭の良さが取 [続きを読む]
  • 日経が伝えたG7外相会合の舞台裏
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  午前中に更新した記事で、主要7カ国(G7)外相会合で北朝鮮問題はそれほど注目されていなかったと指摘しました。 日本の新聞は常に「日本人向けに記事を書いているのだから日本人が関心を持っていることを大きく扱う」という論理です。ですから、今回のG7外相会合に関する日本の新聞記事を見ると北朝鮮問題が見出しになっているも [続きを読む]
  • 世界中が朝鮮半島を注視しているわけではない
  •  最近、体調が悪く、更新が途絶えてしまいました。 本当は北朝鮮の核実験場閉鎖宣言や福田淳一事務次官の問題など指摘したいことがあったのですが、致し方ありません。 北朝鮮の核実験場についてはすでに使えなくなっているものであって、おそらく新たに別の実験場を確保しているのではないかと思います。すでに北朝鮮は相当なデータを蓄積しており、それを活用すれば物理的な爆発なしでも核兵器の開発を継続することは可能かも [続きを読む]
  • 「更迭(こうてつ)」という言葉の本当の意味
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  本日は新聞で使われている「更迭(こうてつ)」という言葉について。 辞書を見れば分かるように、意味は「ある地位に就いている者を他の者にかえること。ある役職の人を替え改めること」(大辞林)です。 「更迭」自体には、「責任を取らせる」「引責辞任で交代する」という意味はありません。しかし、現代の新聞記事では不祥事を起こ [続きを読む]
  • 女性記者がセクハラを自社で報道できない理由
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  女性記者が自社媒体で福田淳一事務次官の行為について報じていないことについて疑問や批判が出ています。 これについて、明日の週刊新潮の記事でも説明されています。 マスコミ各社の事情を知っていれば、女性記者が自社で報じることができない理由は分かります。 情報を取り伝えることが記者の仕事です。 新聞社やテレビ局としては [続きを読む]
  • 福田次官辞任と新潮最新号
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  福田淳一財務事務次官が辞任を表明しました。 事実関係については週刊新潮の報道を否定していますが、「記憶にない」という趣旨の言い回しをしており、多くの人の心証はクロでしょう。 後味が悪い展開で、政権への打撃は避けられません。 ところで、すでに明日発売の週刊新潮最新号のゲラが出回っており、私も入手しました。 産経新 [続きを読む]
  • 判断ミスに対しておわびします
  • 下を していただけると励みになります。にほんブログ村就職・アルバイトランキング  財務省の福田淳一事務次官の発言問題は、私にとって予想外の展開となりました。 福田次官が事実無根として名誉棄損で報道した新潮社を提訴する方針を明らかにしました。女性記者に調査への協力を求めています。野党は「女性記者が名乗りを上げることはないことを分かった上でやっている」と主張しています。 新潮社は次号で見解を表明 [続きを読む]