三笑会 さん プロフィール

  •  
三笑会さん: 三笑会
ハンドル名三笑会 さん
ブログタイトル三笑会
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sansyoukai
サイト紹介文美術愛好家が一念発起して古物商の登録を受けました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 205日(平均3.1回/週) - 参加 2017/12/26 20:45

三笑会 さんのブログ記事

  • 「徳島県公民館研究集会」
  • 「徳島県公民館研究集会」 猛暑が続くなか、本日、板野町にある徳島県立総合教育センターにおいて、本年度の標記の集会が催された。事例報告や研究協議などがあり、初めて参加する私としては色々と学ぶことが多かった。 社会教育の拠点施設として位置づけられている公民館のテーマは、「公民館が心豊かな地域を創る 〜つどい まなび つながる地域社会〜」というものである。しかし、この4月から公民館長を務めて感じることは [続きを読む]
  • 「我が村の夏祭り」
  • 「我が村の夏祭り」 私の村の氏神である瑜伽神社(ゆうがじんじゃ)の夏祭りが、この暑い中、昼から行われた。この神社は県南部運動公園のエリアの中にあるものの、広く知られている気配はない。 式典が終わると、境内にゴザを敷いて酒宴を催す。それから、15時を目途に御神輿が練りだして終わる。それだけでしかないが、私の一番好きな祭りである。 [続きを読む]
  • 「加茂宮ノ前遺跡現地説明会」
  • 「加茂宮ノ前遺跡現地説明会」 今月6日の徳島新聞で大きく取り上げられた阿南市加茂町にある加茂宮ノ前遺跡の現地説明会が、徳島県埋蔵文化センターによって開かれたので出かけてみた。 徳島新聞の記事を借りると、「徳島県阿南市加茂町の加茂宮ノ前遺跡で、弥生時代中期末〜後期初頭(約2000年前)の竪穴住居跡20軒が見つかり、このうち10軒では鉄器を製作した鍛冶炉や鉄器作りに用いた道具類などが出土した。鉄器の製 [続きを読む]
  • 「事務担当者の引継書」
  • 「事務担当者の引継書」 本日13日、厚生労働省と法務省に対し、以下のような情報公開請求をしました。国であれ地方であれ、人事異動に際して必ず存在するのが担当者の事務引継書です。事務担当者レベルで、それぞれの問題がどのように取り扱いされ、また引継ぎされているかを情報公開請求により確かめたいと思います。【厚生労働省】「北朝鮮における残留日本人」及び「昭和20年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地」 [続きを読む]
  • 「毎日新聞、夕刊とWEB版に載りました」
  • 「毎日新聞、夕刊とWEB版に載りました」 本日12日、毎日新聞夕刊とWEB版の「北朝鮮と日本人」コーナーに、「拉致問題1ミリでも進めるために」と題して、私と賀上文代さんへのインタビュー記事が載りました。 パソコンなりスマホで、「毎日新聞 北朝鮮と日本人」と入力してみてください。「下」が、私の記事となっています。北朝鮮において不幸な人生を余儀なくされている同胞を、公平な取組をもって、優先順位を付けない救済を [続きを読む]
  • 「12日の夕刊に掲載されます」
  • 「12日の夕刊に掲載されます」 7月1日に、毎日新聞東京本社学芸部編集委員・井上卓弥氏より自宅で取材を受けていた件について、明日の夕刊に記事が掲載されるとの連絡を受けた。 井上氏からゲラ刷りを送っていただき、1〜2箇所の小規模な修正をして送り返した。写真はゲラ刷り、朝刊に掲載されるのはもう少し後になるとのこと。 [続きを読む]
  • 「残留日本人問題、私の意見書」
  • 平成30年7月10日情報公開・個人情報保護審査会 殿徳島県阿南市*****陶久 敏郎意見書及び資料の提出について 諮問番号:平成30年(行情)諮問第262号、事件名:安否調査依頼日本人名簿等の一部開示決定に関する件に関する私の意見は次のとおりです。1.諮問庁:厚生労働大臣が提出した「理由説明書」の3理由(1)本件対象行政文書の中で、諮問庁は、「安否調査依頼日本人名簿第1回(140名分)」及び「安否調査依頼日本人 [続きを読む]
  • 「市人協羽ノ浦支部研修会」
  • 「市人協羽ノ浦支部研修会」 本日の午後に開かれた標記の研修会で、拉致問題について話をして欲しいとの依頼を受け、「拉致問題を1ミリでも動かしたい」との演題で約1時間話をしてきた。 演題の内容は、同月2日の『FMびざん』でのラジオ収録と同じだが、今後展開されるであろう北朝鮮との国交正常化や経済支援の議論において、1965年に大韓民国政府と結んだ「日韓基本条約」や「日韓請求権並びに経済協力協定」の取り扱いをどう [続きを読む]
  • 「市人協羽ノ浦支部研修会」
  • 「市人協羽ノ浦支部研修会」 本日の午後に開かれた標記の研修会で、拉致問題について話をして欲しいとの依頼を受け、「拉致問題を1ミリでも動かしたい」との演題で約1時間話をしてきた。 演題の内容は、同月2日の『FMびざん』でのラジオ収録と同じだが、今後展開されるであろう北朝鮮との国交正常化や経済支援の議論において、1965年に大韓民国政府と結んだ「日韓基本条約」や「日韓請求権並びに経済協力協定」の取り扱いをどう [続きを読む]
  • 「日吉神社の夏祭り」
  • 「日吉神社の夏祭り」 我が村の氏神である日吉神社の夏祭りが今日の午後に行われ、氏子各位が酒の肴を持ち寄って酒宴を開いた。 今年からは7月の第2日曜日に式典を開くと申し合わせているので今日の開催となったが、平安時代から続いているこの日吉神社としては淋しい気がするがものの仕方ないと思うしかない。 写真は、玉ぐしを奉納する氏子総代長。 [続きを読む]
  • 「大作一直線」
  • 「大作一直線」 陶芸教室に通い始めてまだひと月半程度、回数にして4回を数えるが、中村園太夫座女性陣の創作意欲を燃え上がるばかり。 そういうことで、挑戦する作品も段々とサイズが大きくなっており、あれもしたい、これもしたいと願望は膨らんでいる。失敗はつきもの、思った通りにどーんといってみよう! [続きを読む]
  • 「帰還事業、行政文書開示決定」
  • 「帰還事業、行政文書開示決定」 平成30年6月29日付け法務省管情第979号により、「北朝鮮への帰還事業に関して、その事業の制度的内容が記載されている行政文書」(全51枚分)の開示決定を法務大臣より受けた。 ただし、不開示とした部分とその理由について、「上記1の行政文書には、帰還事業の枠組みに関する情報が記録されており、これらは政策的判断により定めた特定国に対する取扱いに関する情報であって、公にすることによ [続きを読む]
  • 「日本人妻問題」
  • 「日本人妻問題」 木曜日の13:05から、NHK教育テレビ(Eテレ)のハートネットTVという番組で、「北朝鮮 忘れられた 日本人妻」という番組が再放送された。 この日本人妻問題は、いわゆるストックホルム合意文書にも解決すべき問題として明記されている。何人かの日本人妻に、日本人フォトジャーナリストの女性が居宅を訪れてインタビューするという内容で、90歳になるこの女性はインタビューの後に亡くなったと伝えられた。  [続きを読む]
  • 「川口ダム放流中」
  • 「川口ダム放流中」 台風7号の影響でここ数日雨が降り続き、那賀川水系の川口ダムも放流中となっている。私の家から30分程度国道195号線を高知県に向かって奥へ進むと、旧相生町に徳島県企業局の川口ダムと川口発電所がある。 油断大敵、勢いのある水が放流中なので、下流の皆さんは十分にご注意いただきたい。長男と次男がまだ小さい頃に、家族で放流中のこのダムを見学によく来たものだ。その次男も、今日で33回目の誕生日を迎 [続きを読む]
  • 「1人からでも救出を」
  • 「1人からでも救出を」 特定失踪者家族会と調査会は先月29日記者会見し、「1人からでも、一刻も早く被害者を救出する」活動方針を明らかにした。大沢会長は、政府認定のない失踪者の家族は「切り捨て」が一番の心配で救出が実現可能な被害者から救い出し、最終的に全員を帰国させていただきたいと訴えている。 政府の認定・未認定に関わらず、また日本人妻やどの人権人道問題あれ、当事者や家族の高齢化は否応なしに進行しており [続きを読む]
  • 「はじける笑顔」
  • 「はじける笑顔」 お昼にFMびざんの番組収録に出演した私は、家に帰って午後3時半から陶芸工房に4人の生徒さんをお迎えした。 最初に作ったのは小さな湯呑程度の作品であったが、今日はいきなりお花を生ける水盤を作ってみたいと言い出して、早速に制作に取り掛かった。水盤は、湯呑よりはサイズが大きくなり、しかも横に羽根を広げるようになるので2時間程度で作り上げるのは難しい。 しかし、そんなことは苦にもならず、完成 [続きを読む]
  • 「B-STEP TALKING」
  • 「B-STEP TALKING」 FMびざんの人気番組であるB-STEP TALKINGに、救う会徳島代表としてゲスト出演した。毎年、今頃と年末の2回、ドレミファ曾谷氏のご厚意により出演させてもらっており、今日は録音であったものの「拉致問題を1ミリでも動かしたい」との演題で1時間話をした。①日朝平壌宣言と日朝ストックホルム合意、②拉致被害者と特定失踪者、③これまでの問題点、④南北首脳会談→日米首脳会談→米朝首脳会談→日朝首脳会 [続きを読む]
  • 「ロングインタビュー」
  • 「ロングインタビュー」 7月に入った今日、我が家の工房に毎日新聞東京本社学芸部編集委員・井上卓弥氏がお見えになった。目的は、北朝鮮による人権人道問題への対応、救う会徳島の諸活動、北朝鮮人権人道ネットワークの成立過程とあゆみ、我が国と北東アジアの安全保障問題、及び情報公開請求と国民の知る権利等について、私の見解を聴くことにある。 3時間に及ぶインタビューとなったものの、井上氏とは彼の著書「満州難民」が [続きを読む]
  • 「夕涼み会」
  • 「夕涼み会」 山口保育所の夕涼み会が今夕行われ、地元民生委員として参加した。保育園児をはじめ、その兄弟姉妹、父母、祖父母などが雨模様のなか多数集まり、にぎやかで楽しいひと時を過ごした。 お父さんお母さんの献身的な努力の甲斐あって、やきそば200円、フランクフルト100円などのメニューが並び、家族が思い思いの楽しい時間を過ごしていた。綿菓子の無料コーナーもあり、子どもたちの行列ができたが、その綿菓子のお世 [続きを読む]
  • 「上々の滑り出し」
  • 「上々の滑り出し」 本日の午後に開講した桑野古事記研究会は、講師に三村隆範阿波古事記研究会副会長をお迎えし、私を含め5人の受講生でスタートした。 講話の概要としては、阿波に生まれたことに誇りを持ち、阿波に暮らすことに歓びを感じ、楽しい人生を送るために古事記を勉強しようということであろうか。 少人数ではあったが、それ故に色々な話題について深く議論することが出来たと思う。私は、源平合戦のうち壇ノ浦の合 [続きを読む]
  • 「明日は桑野古事記研究会」
  • 「明日は桑野古事記研究会」 いよいよ、明日27日は桑野古事記研究会の初会合である。午後1時から4時まで、私の家の納屋にオープンした「三笑庵」で行う運びだ。 ドリンク付きで会費は千円、継続した講座の開催を念頭に入れ、議論の花が咲き乱れることを期待している。 [続きを読む]
  • 「提案書、出してきました」
  • 「提案書、出してきました」 本日、「徳島県熊本地震被災地との交流等支援事業」の提案書なるものを、県庁県民環境政策課に提出してきた。7月末までには、採択の可否が決定するという。 思い返せば、平成24年7月に、「漁業のまち気仙沼を私たちの恵比寿舞で励ましたい」と題して、中村園太夫座が阿波人形浄瑠璃芝居により慰問公演をしてから6年になる。 座員とも協議し、私たちの人形浄瑠璃芝居で被災地の皆さんが喜んでくれる [続きを読む]
  • 「これが本番だ!」
  • 「これが本番だ!」 今日のお昼に、阿南市楠根町にある料亭「そがい」において、新郎新婦と両家ご両親、それから新郎側の講組や親戚筋みんなで30名弱を前に恵比寿舞を披露した。 新婦は愛知県の人だと聞いているので、恵比寿舞を観るのは初めてだったと思う。幾久しい幸福が、お二人並びにご両家に訪れることを願っている。写真は、新郎新婦を前にして新郎新婦を釣り上げる恵比寿様、おめでたい限りだ。 [続きを読む]