バイブルランドin高島 さん プロフィール

  •  
バイブルランドin高島さん: バイブルランドin高島
ハンドル名バイブルランドin高島 さん
ブログタイトルバイブルランドin高島
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/biblelandtakasima
サイト紹介文ようこそ高島へ。ここは日本のガリラヤです。みなさまをバイブルの世界に案内します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 206日(平均7.3回/週) - 参加 2017/12/27 06:21

バイブルランドin高島 さんのブログ記事

  • オウム・サリン事件のもたらしもの  13 
  • 週刊サンデー毎日に「オウム真理教の狂気はまだ終わっていない」が連載されています。まさにサンデー毎日がいうように終わっていないどころか生きているし、そのヨガの姿、ヨガから来るグル思想は、オウムだけではなく、ヨガを愛好している者たちの上にも相通じるものを見ます。日本人は、第二の麻原やオウム真理教を出したくないのであれば、まずヨガを遠ざけるべきでしょう。別にオウムでもなく、熱心なヒンズー教徒でもなければ [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  12
  • 麻原死刑以後、マスコミは彼の遺骨をどうするかということを報道していますが、おそらく遺骨などどうでもいいのではないでしょうか。マスコミはもっと真実を報道すべきです。すでに麻原の教えは今も脈々と生きているからです。オウム真理教は「アレフ」に改称し、また「山田らの集団」、「ひかりの輪」などに分派していますが、公安調査庁の立ち入り検査で、麻原に帰依して、麻原の写真を祭壇に掲げ(公安調査庁のサイトに写真が記 [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  11 
  • 麻原は強烈な境界性人格障害者(ボーダレス)であったことは間違いありません。このような類の精神病者が、霊的な指導者となると麻原やヒトラーを生み出します。麻原もヒトラーの悲劇は、単に身近な者だけを巻き込んだのではなく、優秀な人材を巻き込み、そして悲劇的な事件を巻き起こし、ヒトラーに関しては、歴史で明らかなように彼の命令でユダヤ人せん滅計画が発令され、数百万のユダヤ人が殺されました。このように相手と周囲 [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  10
  • オウム・サリン事件の残した爪痕はかなり大きいものです。そして宗教のマインドコントロールは、大きな悲劇を生み出します。サリン事件で亡くなられた方、後遺障害で苦しむ方を考えると胸が痛く、その悲劇の永続性は計り知れません。その悲劇は特に霊的な分野だけに死刑にして終結ではなく、とくにマインドコントロールで麻原の片棒を担いだ死刑確定の弟子たちの精神分析を学問的にも明確にすべきで、このように死刑を急ぐ必要はな [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  09 
  • 週刊新潮(7/19)が「劇画宗教、30年の総括」第3弾の感想です。今回、死刑確定13人、6日に執行された幹部信徒(指導者)たちの塀の中での44400日の記録です。麻原の命令で数々の殺人を率先した井上嘉弘は、無期懲役から死刑になり、2010年確定しましたが、彼は唯一、自分の犯した罪の重さを自覚じていたという。また、すべての殺人(28人)に関わったという新実智光。彼は監獄でいつ死刑が執行されるか分からない [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  08
  • 週刊新潮(7/19)が「劇画宗教、30年の総括」第2弾の感想です。この記事で明らかになったのは、警察も把握していない麻原の女性信者殺害が隠されたままだということです。週刊新潮の記事では殺されたのは、女性信者、吉田英子さん(27歳・大阪出身)です。麻原の罪状は、殺人・逮捕監禁致死罪8件で死者の数は28人。そのなかに吉田さんはもちろん含まれていないのですが、横領の疑いで幹部に取り調べられ、麻原が「ポアせよ [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  07
  • 週刊新潮(7/19)が「劇画宗教、30年の総括」と題して、サリン事件を起こし死刑になったオウム真理教教祖や信徒について特集を組んでいます。この中で超俗物教祖が、エリート青年たちを心服させた洗脳技巧を書いていました。この中で死刑になった信徒への取材をしてきたジャーナリストは、ヨガ行法、瞑想を毎日20時間続け、4時間の睡眠という修行。しかも、断食をしながらであり、そこで神秘体験をしているというのです。そし [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  06 
  • もしも麻原彰晃が境界性人格障害者や他の人格障害を抱えた人物であるならば、今、日本にもこのようにオウム真理教のような人格障害を抱えた者によって、マインドコントロールされている夫婦、さまざまな宗教団体、ヨガなどのグループに所属する方々に多いはずです。私が取り扱った方のケースをご紹介しましょう。これはある教会の指導者で霊的な力を付与されたという女性Bさんのケースです。問題は麻原と同じで、Bさんは、自分は [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  05 
  • オウム事件の主犯、麻原彰晃はどう考えても境界性人格障害者だといえます。麻原こと松本智津夫を詳しく精神分析した記録がないので分かりませんが、彼の生涯を見ますとそう考えるべきではないでしょうか。松本は熊本県八代市高植本町に生まれ、4男(6男3女の9人兄弟の第7子)として生まれました。生まれた時から左目が見えなかった障害者(ある方が水俣病の影響ではなかったかという説もある)でした。このハンディを取り戻すよう [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  04
  • 週刊朝日(7/20)に「オウムはまた現れる」という特集を組んでいました。形を変えたオウム現象が出現しているというのは私の意見と同じです。朝日は東京オリンピックしか目標がない日本が危ない。その後にオウム以上のテロ集団が起こってもおかしくないと指摘していますが、私は先回、すでに日本の政治がその状態になっていると書きましたが、安倍首相のような人物が登場したこと自体、オウムの再来であるといえましょう。朝日は [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  03
  • オウム・サリン事件で明らかになってきたのは、スピリチュアルな世界に日本人がいかに弱いかということです。この世界に初めて出会うといとも簡単に日本人は騙されてしまい、信じ切ってしまうかということで、その怖さを知らないで走ってしまうのです。明治政府が、日本国民を戦争に駆り立てるためにとった手段は欧州の近代国家ではありえない、天皇を神とする現人神にする(麻原を神としたように)国民をコントロールする方法を編 [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  02
  • 先回に書きましたようにヨガの教室を母体にしたオウム真理教が、世界中を震撼させたテロを起しました。ヨガがウィキで明確に書かれていますように「古代インド発祥の伝統的な宗教的行法で、心身を鍛錬によって制御し、精神を統一して古代インドの人生究極の目標である輪廻転生からの解脱に至るもの」なのです。ですからヨガを取り入れることはすなわち宗教行為なのです。単なる美容とかダイエット体操ではありません。これで明らか [続きを読む]
  • オウム・サリン事件のもたらしもの  01
  • オウム・サリン事件の影響をもっとも思い知らされたのは私自身でした。とにかくオウム真理教の信徒が警察に追われて、近くの「いこいの村」(愛知県の施設)に一度、立ち寄ったというだけで、そこから5kmも離れているにも関わらず、公安の調査対象にされる始末で、今度は断食施設ということでオウム真理教と同じ断食するからというだけで同じ宗教とみなされ、23年後、私はここを出て、高島市に行く寸前まで、そのように固く信じ [続きを読む]
  • オウム真理教がもたらした宗教恐怖を煽る日本教
  • 6日の朝からオウム真理教サリン事件の首謀者たちの死刑が執行された臨時ニュースで流され、一日中、そのニュースで覆われました。昨日からの西日本で大雨の被害が相次いでいるにもかかわらず、このニュースが常にトップでした。この死刑で23年前の事件に大きな区切りがついたことは事実でしょう。この事件のあった1995年に私は豊田市五反田町に断食祈祷院をオープンしました。しかし、事件から6ヶ月経過していたのですが、 [続きを読む]
  • この男が目の前にいても 
  • 3:1 ペトロとヨハネが、午後三時の祈りの時に神殿に上って行った。 :2 すると、生まれながら足の不自由な男が運ばれて来た。神殿の境内に入る人に施しを乞うため、毎日「美しい門」という神殿の門のそばに置いてもらっていたのである。3:3 彼はペトロとヨハネが境内に入ろうとするのを見て、施しを乞うた。私は韓国最大、いや世界最大のプロテスタント・キリスト教会であります「ヨイド純福音教会」の礼拝に参加したことがあります [続きを読む]
  • 終わりから今を見る 
  • ローマ人への手紙1:17 福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。「初めから終わりまで」について考えてみましょう。最近、もう一度毎日、少しづつNHK連続ドラマ「あさが来た」を見ました。最後は多くの人の死を描いています。生涯の終わりを見ながら、今を見るというのはなかなかできるものではありません。頭で [続きを読む]
  • 石ころからでも
  • マタイによる福音書3:8 悔い改めにふさわしい実を結べ。 3:9 『我々の父はアブラハムだ』などと思ってもみるな。言っておくが、神はこんな石からでも、アブラハムの子たちを造り出すことがおできになる。3:10 斧は既に木の根元に置かれている。良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる。3:11 わたしは、悔い改めに導くために、あなたたちに水で洗礼を授けているが、わたしの後から来る方は、わたしよりも優れてお [続きを読む]
  • 棄てられたイスラエルよ
  • イザヤ書3:25 シオンの男らは剣に倒れ/勇士は戦いに倒れる。3:26 シオンの城門は嘆き悲しみ/奪い尽くされて、彼女は地に座る。4:1 その日には、七人の女が/一人の男をとらえて言う。「自分のパンを食べ、自分の着物を着ますから/どうか、あなたの名を名乗ることを許し/わたしたちの恥を取り去ってください」と。シオンはエルサレムの街です。神殿があり、神の名が帰せられる永遠の都であるエルサレムが、戦いに破れて、音を立 [続きを読む]
  • 立つべきとことに立つ信仰 
  • 安息日の厳守を徹底したのは、バビロニア捕囚からだといいます。それが捕囚時代に編集された申命記に色濃く出ています。元の申命記はユダ王国滅亡の末期に起こった霊的復興を担った申命記の発見でしたが、その申命記の中核は、安息日でした。安息日は、神から与えられる恵みの日であり、恵みの日であれば、ほんとうに安息しなければならいのです。安息ということばどうもピンと来ないかもしれませんが、ヘブル人への手紙でこのよう [続きを読む]
  • ほんとうの助け手とは
  • 創世記2:18 主なる神は言われた。「人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者を造ろう。」2:19 主なる神は、野のあらゆる獣、空のあらゆる鳥を土で形づくり、人のところへ持って来て、人がそれぞれをどう呼ぶか見ておられた。人が呼ぶと、それはすべて、生き物の名となった。2:20 人はあらゆる家畜、空の鳥、野のあらゆる獣に名を付けたが、自分に合う助ける者は見つけることができなかった。2:21 主なる神はそこで、人を深い [続きを読む]
  • バビロニア捕囚前夜の大預言者エレミヤの登場  04
  • エレミヤの時代に酷似する現代日本の惨憺たる有様は昨日の大前さんの指摘の通りです。日本が世界の地図から消えようとする最大の原因は、偶像礼拝です。エレミヤはメソポタミアの天体礼拝に染まって、マインドコントロールされていく南ユダの指導者に向けて語りました。エレミヤ記10:1 イスラエルの家よ、主があなたたちに語られた言葉を聞け。10:2 主はこう言われる。異国の民の道に倣うな。天に現れるしるしを恐れるな。それらを [続きを読む]
  • 日本が世界から完全に消える日
  • 昨日、発行された「週刊ポスト」で大前健一さんが、連載621回目を迎える「ビジネス新大陸の歩き方」で「安倍世独裁政権の空転でいよいよ日本は世界地図から完全に消える」と警鐘を鳴らしておられます。大前さんは国会を延長してじつにバカバカしい法案を審議しているが、そのような空転する国会で日本が今、直面する課題はことごとく放置されていると指摘。それは世界の視点からあらゆる面で日本の存在感が極度に薄くなっている [続きを読む]
  • 日本のテレビ局がなくなる日 
  • 元NTTドコモの執行役員であり、現在、複数のネット企業の役員をしておられる夏野剛さんが書かれた「誰がテレビを殺すのか」が発行されました。この本の論点は明確で、テレビが視聴者をネットに奪われていて、大苦戦を強いられているにもかかわらず、そのネットを取り込まず、コンテンツの発表をテレビに限定したままで、ネットの強大な力、破壊力、潜む大きな力をまったく理解できていない。まったく危機感すらないという問題提 [続きを読む]
  • 戦艦大和の最期の道をいくニッポン丸
  • 週刊新潮を「食べてはいけないシリーズ」連載なのでコンビニで購入しましたので、パラパラ読んでいましたら、またもや拉致問題解決が、北朝鮮との対話の始まりというお決まりの論壇が記載されていました。しかし、6月16、17日にこのブログで書きましたように水面下でかなり以前から展開されてきた韓国主導でロシア、中国、アメリカが一致して、北朝鮮の経済復興をしていくというシナリオが遂に公になってきたことを昨日のyahoo [続きを読む]
  • 食べるな、危険食品  05 
  • 昨日、発売された週刊新潮では、「食べてはいけないシリーズ」第5弾が組まれています。今回、取り上げられたのは「リン酸塩」です。味覚破壊トリオは何度も取り上げてきましたが1・タンパク加水分解質2・酵母エキス3・化学調味料カップラーメンはすべて上記が含まれていますので、カップラーメンを食べてばかりでは、多くの問題をからだに引き起こします。それに加え、今回、取り上げられたのが「リン酸塩」です。さらに人工甘 [続きを読む]