活筆 さん プロフィール

  •  
活筆さん: 福岡筆文書家木原龍峰の日々是好日
ハンドル名活筆 さん
ブログタイトル福岡筆文書家木原龍峰の日々是好日
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ryuhou70
サイト紹介文〇九州書道教育学会教室と通信教育〇福岡龍盛堂各種筆耕卒業証書表彰状宛名命名書きその他筆文字承ります
自由文満員御礼 当書道教室はお陰様で盛況につき御礼申し上げます。しかしいつでも受け入れ可能ですので是非お試し教室にお越し下さいますようご案内申し上げます。遠方からお越しの生徒様も多く、当方としましてもその受け入れ策は万全を期してご期待に添えますよう心からお待ち申し上げます。

筆耕の各種毛筆は認定書書きから卒業証書、宛名書き、命名書、敬老会お席書,品書き、過去帳、その他毛筆書き全般承ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1022回 / 222日(平均32.2回/週) - 参加 2017/12/27 06:30

活筆 さんのブログ記事

  • 今朝の東雲 30.8.5 神
  • やや顔出しおー早い早い この簡1分程度まさに地球というか 宇宙は生き物   動いているなに故に地球は自転する?どうして太陽の光源はなくならない?なぜ月と地球の距離は一定?なぜ?なぜ?なぜ?何年生きていても 謎は謎のまま科学? そんなものはただの理屈  現象を言うだけ科学万能? なら問う。  何のために何の力で地球は動く? どうだ!?答えられないだろ?科学では何にもわからないんだよそこには結局神しか存 [続きを読む]
  • 今日の漢字  峠
  • やや顔出しおー早い早い この簡1分程度まさに地球というか 宇宙は生き物   動いているなに故に地球は自転する?どうして太陽の光源はなくならない?なぜ月と地球の距離は一定?なぜ?なぜ?なぜ?何年生きていても 謎は謎のまま科学? そんなものはただの理屈  現象を言うだけ科学万能? なら問う。  何のために何の力で地球は動く? どうだ!?答えられないだろ?科学では何にもわからないんだよそこには結局神しか存 [続きを読む]
  • 随想 8.4
  • 大きな水車である 昔はこんなもので米などの精米していた水車のある場所は そう多くはない   これは以前訪れたところ水車で仕上げた米は どの精米よりもおいしい と聞く夏の風物詩今年の夏は異常に暑い  都会のヒートアイランド現象が国家的に広がったのだろうか都会はアスファルトやビルで固められて熱の逃げる場所がまるでない木がある所はいくらか温度も低い  もっと緑を増やすべきなのだろうしかし、緑は虫なども呼 [続きを読む]
  • けさのしののめ 8.4
  • 遅く成った夜明け  もう6時近くにならないと陽が昇らないしののめとは篠 即ち竹の葉の間から見た登る朝日のこと  と聞いた木漏れ日にロマンを感じる   昔はなんと多感な人が多かったことだろうかこんな雄大なながめを この我が家から拝見できる幸せ普通は 近所の建物とか電柱諸々の施設が邪魔してこんなに広々とした景色は見られない今まで住んだどの家からも  こんな景色は見たことないいやあ幸せ  恵まれすぎ [続きを読む]
  • 今朝のしののめ 30.8.3 待てば海路の日和あり
  • 人生悲喜こもごも  どんなに嬉しかろうが悲しかろうが 明けない夜はない悲しい場合が多い人生は、じ〜っと耐えれば必ず陽はまた昇る どんな人のところへも。つらい厳しい冬だって 必ず春は巡ってくる。春が巡らずに一生を終えたという人がいるなら、それは時間が短か過ぎたのだろう明るい春を手にするには 忍耐の時間が必要  長生きせねばならないだろう短気は損気   辛坊しよう  辛い時間だろうけれど雨だって三日も [続きを読む]
  • 邪馬台国  大いなる疑問
  • 実に久方ぶりに邪馬台国に関する私見を書きたい新聞ではないから結論を書くのは早計すぎるので、控えるとして、巷間賑わいを見せた纏向遺跡あれは邪馬台国ではないのは明白 纏向は大和王朝の時代であり 邪馬台国よりずっと後の遺跡であるといえる。 そもそも邪馬台国とは何なのか日本の正史に寸分も登場しないのは何故か魏志倭人伝東夷の条に登場する「当時の倭」について中国人が伝聞形式で書いた文書が、日本の歴史を揺るがすほ [続きを読む]
  • 今朝の東雲 30.8.2
  • 今朝も晴れ 太陽が南進した  夏至はやや左の山頂からだったのに 右斜面寄り即ち南ということは、もう寒冷化に向かう筈なのに 気温は右肩上がりまだまだこれから暑くなるらしいまあいいや なるようにしかならない下の写真は この前の豪雨で斜面がえぐられているところ 幸い被害はないようだ自然の猛威を感じる と友に 人間は自然には無力自然即ち神 その意志が何を表わすかを読み取る必要がないか [続きを読む]
  • 今朝のしののめ 30.8.1 スペシャル
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • 吉井勇
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • あいうえお歌世評  ね
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • 漢文を書く 30.7.31
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • 芭蕉の俳句二題 7.31
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • 富貴在天を書く
  • こんなにも広い大地と都会隣接の福岡市は日本一発展しているとのデータ若者の数か はんぱない それに赤ちゃんたぴたびどころではない 街では相当数見かける それに妊婦もだから 人口減少だとか 信じられない昼間うろうろしているのは高齢者 彼らは何を求めてさまようのか 単なる徘徊だろうか現代の縮図がそこには見られる [続きを読む]
  • 今朝の東雲 30.7.31 七月ともお別れ
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • 麟鳳呈?
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • 芭蕉の俳句二題 7.30
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • 漢文を書く 30.7.30
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • 万葉集 1668
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • 田子の浦
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]
  • あいうえお歌世評   な
  • 早くも七月とはお別れ豪雨とか台風とか何かと騒々しい七月ではあったが 過ぎればあっという間歳月人を待たず   である振り返れば 我が身は何か進歩があったろうか ?な〜んにもない  まんべんなく大過なく過しただけのような気がするただ毎日夢中で仕事したりしたというだけで精神的進歩? なしあ〜ぁ  つまらんのう  という声がどこからか聞こえてきそうなきかしてまあ いいではないか なあ ご同輩そんなもんだよ [続きを読む]