おけあてば さん プロフィール

  •  
おけあてばさん: 曇りガラスの向こう側へ
ハンドル名おけあてば さん
ブログタイトル曇りガラスの向こう側へ
ブログURLhttps://kokoronokaihuku.muragon.com/
サイト紹介文正統派のフリーランス心理カウンセラーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 26日(平均7.0回/週) - 参加 2017/12/27 10:27

おけあてば さんのブログ記事

  • 問題を抱えているのは誰ですか? の続きです。
  • 少し前に書いていました下の記事。 お母さんの認知症の進み具合で相談をくださった相談者さんは、45歳の独身のお嬢さんでした。 もしや発達障害がお有りでないかしら?と思い、一度検査をしてもらってはと助言したら、年末に受けて来られ、結果表を持って私のカウンセリングを受けたいと申し込んでこられました。 場所は北九州。たまたま私がこの日北九州出張の時だったので、この地域に住んでいるこの方と駅近くの喫茶店でお [続きを読む]
  • 親切な【無関心】
  • 先日、ある友人夫婦から、 「みんなも知ってるMさんのことだけど、生き辛さを抱えてるみたいなのでなんとかしてあげたい」と相談を受けました。その時そこには私を含む数名の共通の知り合いがいました。「どこから手をつけてあげたらいいかわからない。」「協力し合わないか」という相談でした。 話題にのったその人の今の生活はどの角度から見ても破綻寸前なのに、なのにその人は他者を助けようと社会運動に参加するという矛盾 [続きを読む]
  • 抗って相手を責めたくなる気持ちは今はありません
  • 今はカウンセリングを生業として色々な立場の方達を応援していますが、人やモノ、環境や社会に抵抗してばかりの時期がありました。 若い頃は誰しも思い出がありますよね。 私もそうです。 私の抵抗の相手は、大抵が社会でした。 私、看護学校を卒業して入った病院が、社会派意識の高い、 " 人は誰でも平等に生きる権利がある " というポリシーのもとで運営している組織団体の病院だったので、看護学校を卒業したばかりの [続きを読む]
  • 乗り越えられる?「母子分離未完」と「母子分離不安」
  • 前回お伝えした「母子分離」。この母子分離が完結しないときは、子どもの心に母親と離れがたい気分がいつまでも続き、安心感を得られない不安定な気持ちで成長することになります…と書きました。 この不安定な気持ちが「母子分離不安(ぼしぶんりふあん)」といわれるものです。最近の情報では、母子分離不安の子どもをよく見ていくと、幾らかの発達障害がある子どもの中にこのような不安を抱える子どもが多いといっている専門家 [続きを読む]
  • 「母子分離」昨日からの続きです
  • さて、昨日からの続きになります。 母子分離についていくつかの要素と定義のようなものを昨日はお伝えしてみました。 子が自分の自我を獲得して母親の自我から自分の自我へと確立してゆるやかに自立していく時期があり、それが「母子分離」というものであるということを書いてみました。 そんな1人の人間として自立していく時期に、乳幼児が十分満足できるような世話を親や周囲から受けることができなかったら、どうなるでしょ [続きを読む]
  • 母子分離について
  • 数日福岡を離れていましたので4日ぶりの更新です。 前回の投稿で、親のエネルギーを生きるといった内容のお話を書きました。「母子分離」ということを伝えたかったのですが、カウンセリングに見える方で、案外このことに気づかず大人になった人は多いようです。精神科に勤めていた頃、カルテを見ると、驚くほどに多くの患者さんたちの乳幼児期の状況が似ているので、大きな動揺を感じたことを思い出します。母子分離が未完であっ [続きを読む]
  • 親のエネルギーをそのままに生きる人たち
  • 福岡は寒い1日でした。 朝の気温は-1℃から1℃になり、ベランダの窓を開けたら雪がかすかに積もっていました。 ボタン雪も昼間は降っていましたよ。 全国的に列車のダイアの乱れや線路立ち往生など色々と大変なことが起きていますね。 明日明後日と関西の方に出かけることになって、準備にバタバタしています。バスも考えていたのですが、やめて新幹線にしました。防寒対策は必須ですね。 朝駆けに寒くて目が冴えて、とあ [続きを読む]
  • ラポールをつなぐ作業に やり甲斐を感じます
  • こちらは住み家の中の小さなカウンセリングルームですが、色々なクライエントさんたちにお会いします。基本的に宣伝広告などの営業はしないので、口コミか紹介、またはFacebookかブログ閲覧などで問い合わせくださる人が多いです。ありがたいことです。 わたしの携えているケアの方法は、5-6種の心理学ケアのスキルからクライエントさんに合ったスキルを選択し提供する、オーダメイド的なケア法であることは既にお伝え [続きを読む]
  • ボイジャータロットに後押しされて
  • お正月明けたら、ボイジャータロットでリーディングしてくださいと、知り合いが言うので、松明けの昨日来ていただきました。 カードリーディングは自分の潜在意識が選ぶカードをリーディングするので、占いではないです。 最近は手相も占いとは言わず、手相を見る。手相を読む。と言いますね。 自分の潜在意識が選ぶカードとして、読み取りをしていきます。だから、人が教えてくれるんじゃない。自分で自分に聞くんです。私のル [続きを読む]
  • 生き辛さにとどまる… 脳幹のお話
  • カウンセリングの場面で「原始脳」について話すことの多い日々です。 「トカゲ脳」「爬虫類脳」ともいいますし、医学的に使う専門的な言葉としては、「脳幹」の部分を指します。もっと専門的にいうと、大脳辺縁系とも呼ばれています。もっともっと深く突っ込むと、さらに細かく説明しないといけないですが、話の筋から遠のいてしまうので、部位の説明はこの程度にします。 脳幹は、「感情」の中枢ともいわれていますが、「トカゲ [続きを読む]
  • この世に生きる役割のようなもの
  • 波動の法則の足立育朗さんに2010年にお会いして講座を受けて、それ以来はっきりと自分についてわかったことがあります。 足立さんによると、この世界に起きることの何一つとして偶然や例外はなく、すべてが必要として起きているということ、自然のしくみにかなって調和がとれて素直に謙虚に決心すれば誰にでも直観は得られ、その直感が潜在意識と連動し、素晴らしい体験ができるということ、とあります。 それによると、素晴 [続きを読む]
  • 協会認定や所属を選ばない生き方
  • とはいえ、わたし自身は、認定証をいくつか持ってはいます。 開業するにあたっては必要なものですからね。 私の所属は、全日本セラピスト協会と、日本TFT協会。 資格認定証は、交流分析士、TFTセラピスト(アルゴリズムレベル)、うつ病支援セラピスト、ミルトンエリクソン催眠療法認定証、意外なところで?小林正観見方道アドバイザーもあります。 ただ、年会費を払わないといけないとか、スキルアップのためにさらなる [続きを読む]
  • 問題を抱えているのは誰ですか?
  • ご本人がというよりも、ご家族のことで相談を受けることもありまして、ある時、出向いてご相談のお話を聞く機会がありました。 お話を聴くうちに、確かにその「ご家族の問題点」も見えたのですが、相談者自身が「自分の状態」に気づかずに、家族(母親)の方に問題ありと思っていて、実は訴えているご自身こそがかなり重大な問題を持っておられるのではないかということに気がつきました。 こういうことって意外とあるんです。 [続きを読む]
  • 切り裂く絆 繕うきずな
  • 年末年始って家族が集まって楽しいこともあるけれど、つい長居をしてしまうとそれが親子ゲンカや兄妹ゲンカになることって多いですよね。 相手のエネルギーが弱っていたり、逆に強過ぎたりして、交換やバランスがうまく取れず、対話に不調和が訪れると爆発に移行してしまいやすいです。 こういう場合は、早く気づいた方が引き下がるに限ります。 1年前のエピソードです。 長いこと心が不調で、今は専門医で投薬治療をしている [続きを読む]
  • 「傾聴」の 培い
  • お見え下さるクライエントさんによっては、話が長くて(一生懸命なので)なかなかカウンセリングが進まない事もあります。やはり上手な聴き方というのがあって、お金を頂戴するわけですから、クライエントさんの不利益にならないような有効な聴き方をしなければなりません。 カウンセラーによっては、部屋に入ったその時間からきっちりカウントする人もいますが(いるんですよぅこれがまた)、そうすると、一時間で終わらず、90 [続きを読む]
  • 書いてスッキリ! 自分でできるセルフカウンセリング
  • まだ自分がカウンセラーになる前の話です。 ノートに自分の気持ちを書き綴り、そして気持ちが落ち着いて、もう要らないなって思えたときに、破るか燃やすかして消してしまう… そんなことをよくしていました。 当時はなかなか書いてすぐに破ることができずに、書いては残し書いては残ししたものです。 忘れた頃にそのノートの存在を思い出して、ある日見直したことがありました。 当時を思い出して懐かしく、プッと吹き出した [続きを読む]
  • お問い合わせをいただきましたので再掲載します
  • カウンセリングだけですか?とお問い合わせをいただきましたので、時々告知を加えることも必要かなと思いましたので再掲載をしてみます。 心理カウンセラーで、TFT思考場療法のセラピストをしているわけですが、これら以外にも生活面での色んなご相談を多岐にわたって承ることが多いのは、これまで看護師をしていてかなりの科目の診療経験があって、それらが自然に活かされていることが、ご相談下さる方々の質問等にお答えでき [続きを読む]
  • 共感しないでものを言うと
  • 色々なSNSがあるので、たまに立ち寄ってみてはその発言や やりとりの行方を見守っています。私にはこういう時にどんな人がどういうことを発言するのかが非常に興味深いです。 色んな人がいるのが当然の世の中なので、回答や応答をする人に色んな考え方があっても良いと思いますが、惜しい! と思う場面によく出会います。 どういう時かというと、専門的な立場から見た場合とは程遠い回答がある時です。 さらに惜しい点は、 [続きを読む]
  • 前を向いて 明るい方へ
  • どの様なお正月を過ごしていらっしゃいますか? 2018年1月1日、あけましておめでとうございます。 私は特に変わりなく、普通に大晦日を過ごし、いつも通りに就寝し、いつも通りに起床して、変わらぬ朝を迎えました。 7時過ぎに覚醒し、ベランダから朝日を拝もうと思ったら、曇り空でした。 気温は7℃。 外はとても静かです。 例年、元旦はいつも1人です。 2日に実家のある嘉麻市に次女夫婦と一緒に正月の挨拶に行 [続きを読む]
  • 危機介入する…愛着障害に思うこと
  • 2017年12月31日… 一年の終わりに、今日は大切な私の経験を述べてみようと思います。 カウンセラーとしての道を選んで約10年ですが、これまでに、2度ほど「危機介入」をした事があります。 しかもつい最近。 1度目は一年前と、2度目は今年のつい最近(数ヶ月前から最近まで)です。 この頻度は多いのか少ないのか解りません。 心理学を少し勉強した方はお分かりですよね。 危機介入は、きわめて慎重を要する介 [続きを読む]
  • 自分にとって正しいと思うことが言えますか?
  • 色々とカウンセリングやセラピーをしているわけですが、おいでになる方は、行き詰まりを感じて来る人が多く、そういった意味では、自分を見つめようと懸命になさっているのだろうと思います。 この物価が高く自分の生活もままならないことが多い時代に、自分の時間を使い自分のお金を使い、自分と向き合うクライエントさんの姿勢に感銘を受けることもあります。 だからこそ、おいでくださったクライエントさんにはできるだけ的確 [続きを読む]
  • 主力はメンタルヘルスです。
  • 何か勘違いをしたらしくて、ブログ村の登録を、「癒し・ヒーリング」としてしまったようです。本来は「メンタルヘルス」とするのが正しかったのですが、「癒し・ヒーリングのカテゴリー」でお見えになった方には申し訳ありません。様子を見てカテゴリーを変更しますので少しお待ちくださいね。 癒し・ヒーリングといえば、私もヒプノやアロマタッチ、カードリーディング(ボイジャータロット)などしますが、主力はメンタルに直接 [続きを読む]
  • カウンセリングとセラピーの違いをご存知ですか?
  • 私自身は、カウンセリングもやりますし、セラピーも行います。あるいはヒーリングといったことも時にはやります。そのためのスキルは身につけました。 主体はカウンセリングが多いのかもしれませんが、結果的に治療的ケアはセラピーという手法で行います。 それはなぜかといいますと、精神科で培った傾聴力には自信がありますし、一方でまた、交流分析士でもあります。交流分析は人間同士の交流の仕方を学ぶ方法ですが、それを培 [続きを読む]
  • おけあてばの意味
  • 本当は本名を漢字名で公開したいのですが、ブログを始めたばかりで、鳴り物入りの宣伝をしたくないというのが本音です。 ですが、おけあてばをローマ字で綴ると、そこには本名が透けて見えます。 アナグラムは「声あたへ」です。 つまり私にはメッセンジャーや説得者の役割があるようです。 数秘は7で、こちらも分析力・精神性・哲学的・内省と独り・と出ます。 分析し探求するのが好きなようです。 交流分析士ですものね。 [続きを読む]
  • 私のケアのスキルについて
  • ☆もちろん、精神科のケアについては専門知識がありますからご安心ください。無用な或いは無神経な言い回しは極力避けてお話しいたします。どんなことに反応が起こるかもだいたい理解できますので、安心してお話しください。 ☆複雑性PTSDや、境界性パーソナリティーをお持ちの方でも、最初の対応は特に誠意をもっていたしますし、ある程度の段階ケアテクニックで、街角カウンセラーとしての力量はハッキリお伝えします。そう [続きを読む]