JHQ NET INDIA さん プロフィール

  •  
JHQ NET INDIAさん: 海外でHQ⭐️CHANNELを!
ハンドル名JHQ NET INDIA さん
ブログタイトル海外でHQ⭐️CHANNELを!
ブログURLhttps://ameblo.jp/futureprospect/
サイト紹介文海外で生活する日本人の為のブログ タイを拠点にアジアで働く皆様への情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 301日(平均2.2回/週) - 参加 2017/12/27 17:49

JHQ NET INDIA さんのブログ記事

  • インド。ダシェラ祭。
  • インドの3大祭りと言えば、ホーリー祭・ダシェラ祭・ディワリ。昨日は祝日、3大祭りの一つ、ダシェラ祭の日でした。ヒンズー教のお祭り日で、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」に出てくるお話しを基にしており、魔王である「ラーバン」を英雄「ラーマ」が退治し、シータ姫を救い出す事に由来しています。毎年(日にちは変わりますが)、その悪者である「ラーバン」を退治する事にげんを担いだお祭りです。とても、賑やか(うるさ [続きを読む]
  • インド。ひと休憩。
  • デリー・グルガオンも朝夕は涼しくなってきました。そうは言っても日中の日向では、熱い太陽の光が健在です。お客様との面会のお約束の時間調整を含め、涼しいコーヒーショップでひと休憩は必要です。スターバックスやBaristaなどコーヒーショップチェーンがありますが、私がよく立ち寄るのは、café coffee Day です。そしてよく注文するのが Filter Coffee です(140ルピー+税)。これは、インド南部のカルターナカ州のコー [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑰
  • 前回のアニメ番組特番に続き、アニメつながりで今回もアニメ番組を紹介します。現在、CSのファミリー劇場で放送中の『はいからさんが通る』を是非紹介したいと思います。まず最初に、私は決してアニメおたくでも少女アニメファンでもありませんことをまずはお断りさせていただきます。。。1975年に連載が始まった大和和紀原作の漫画。昨年、原作者の画業50周年の一環として劇場版アニメの公開など、これまでも実写版テレビ [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑮
  • 今や世界を魅了する日本のアニメ。世界に認知されている日本の文化・アニメ。シネフィルWOWOWが10月から『世界がふりむくアニメ術』と特別枠を開設。毎月一人の監督、演出家を取り上げ、代表的な劇場用作品を1~2作品ほどオンエアします。アニメ研究の第一人者である、h氷川竜介氏による「どこをどうるべきか」との解説や、制作に携わったスタッフのインタビューを絡め、その作品を「映画」の見方でアニメーションを鑑る事で新 [続きを読む]
  • インド。レッツクッキング③
  • 今回はチキンリゾット。さらなる料理趣味を極める為、今回は鳥がらスープからつくりました! (材料)鶏がらスープ鶏1羽(whole chicken)*お肉と骨(ガラ)部分をしっかりお肉屋さんで分けてもらいましょう。長ネギ(長ネギの青い部分を3本分)*インドでは日本のものより小さいので多めの青ネギを市場で仕入 れましょう・タマネギ (中型1玉)ニンジン (2本)生姜 (3片)水 (1.5ℓ)日本酒 (50?) *私は日本酒が仕入れらて [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ⑭
  • 間もなくです!賞金総額50億円以上と呼ばれるWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)のシーズン1が終わり、シーズン2が横浜アリーナで待望のスタートを迎えます。世界120か国以上で生中継されるほどの注目のイベントです。その第1回戦。いきなりの好カードで世界が注目。5月に3階級制覇を達成した“モンスター”井上尚弥選手が、バンタム級の頂上へ向けゴングです!その井上選手の初戦に立ちはだかるのは、 [続きを読む]
  • インド。ジャイプール1日旅行。
  • アグラ1日旅行に続き、ジャイプールへ行って来ました。ジャイプールは、ラジャスタン州の州都で、ピンクシティーと呼ばれる見どころ満載の街です。デリーからは車で5時間ほど(列車もあるようです)。 まずは、有名建築物の「風の宮殿」。ジャイプールの有名観光地として知られており、事前に絶対に訪れたい!と思っていた観光地ですが、想像だけが膨らんでいたからか、お持っていたより小さいかな?との印象。ただし、建物外観 [続きを読む]
  • インド。アグラ1日旅行。
  • 今更ながら、初めてアグラ1日旅行に週末に行って来ました。アグラには誰しもがインドをイメージするアイコンである世界遺産「タージマハル」や政界遺産「アグラ城」がありデリーからの日帰り旅行が出来るお薦めの地です。デリーからは、列車が早くて便利。特急列車で1時間50分程(車だと4時間位かかるらしい)。列車の中では軽食も付き、お得な気分。日本で列車の旅なら、車内からビールを飲むのが僕の旅の流儀なのですが、 [続きを読む]
  • インド。レッツクッキング!②
  • 早くも、レッツクッキング!の第二弾をアップします。今回は、ズバリ、チキンカレーです。ゲストハウスのインド人シェフにご協力頂いて(と言うか調理してもらい)レポートします。 材料(2~3人前):鶏1羽分 (お肉屋さんで、モモ肉・むね肉などの分けてぶつ切りにしてもらいましょう)         市場で170ルピーほどタマネギ 1玉 (みじん切りにしましょう)ニンニク  2片 (みじん切りにしましょう)生姜 [続きを読む]
  • インド。レッツクッキング!
  • さあ、単身駐在の皆様!家で簡単に出来るお酒の肴として、または、ご飯のお供をクッキングしましょう!料理というほど大袈裟なものでは無いですが、簡単に調理出来る日本料理として、「鳥そぼろ」を作ってみましたのでご案内申し上げます。とは言っても、かなり我流のテイストです。インド料理に飽きた方、是非参考にして下さい! 材料(3~4人前):鶏のミンチ肉 300g (市場で100ルピーほどでした)茄子  3〜4本ニ [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑬
  • 是非お勧めしたいのが、シネフィルWOWOWの映画特集『男が惚れる男』の3作品。シネフィルWOWOWさん、やってくれました!最高に渋い男の映画が特集されます!渋い、渋すぎる! ザ・ヤクザ(1974年アメリカ映画) 解説:高倉健がロバート・ミッチャムら豪華布陣と共演し、日本でもロケをしたアウトローアクション映画のン名作。旧友の娘を救うべく来日した米国人がヤクザたちとの戦いへ。監督は、名匠シドニー・ポラック。出 [続きを読む]
  • インド。お薦めの行楽スポット。
  • 前々から気になっていた、グルガオンにあるウォーターパーク「Appu Ghar Oyseters Water Park」。メトロYellow線のHuda City Centre駅のすぐ脇にあり、Huda City Centreの駅を通る度に無茶苦茶気になっていた。大型スライダーや波の出るプールなど結構本格的なアミューズメントパークで、インドで生活始めたこの4月にはまだオープンしていないのか誰もプールにおらず、5月に入ってやっと多くのインド人若者グループや家族連れが [続きを読む]
  • 私のお薦めテレビ番組⑫
  • 1990年代初め、日本はバブル絶頂期を迎えており、いわゆるテレビでは「トレンディードラマ」が流行っていた時代の名作!柴門ふみ原作の『東京ラブストーリー』がドラマ化放送されたのは1991年。現在、フジテレビで14年ぶりの再放送中ですよ!主題歌も人気になりましたね!小田和正の「ラブストーリは突然に」♪あの日~あの時~あの場所で、君に会えなかったら~~~♪ うーん懐かしい!数えたらもう20年以上も前の話なん [続きを読む]
  • タイ/インド。ドナルドなるほど
  • こんにちは!今日の昼はMG RoadにあるMGF Metropolisモール内のマクドナルドでクイックランチをとりました。メニューは世界共通(?)のビッグマック以外は各国のローカル色が出ているなと今更思う。世界中のマクドナルドでローカルメニューを食べ尽くす!ってのは面白いかも知れない。そろそろ日本だったら月見バーガーや更にはグラコロバーガーが出るんだろうなと懐かしくなりますね。インドの一番ゴージャスなバーガーは、Maha [続きを読む]
  • 私のお薦めテレビ番組⑪
  • 今回は、お薦めと言うよりは、是非とも鑑たい映画を紹介したいと思います。それは、2016年公開の「沈黙 -サイレンス-」です。 これは、遠藤周作の「沈黙」を巨匠マーティン・スコティッシュ監督が長年映画化をやっと実現した映画です。実は、私はこの映画そのものは見た事が無いのですが原作を読んだ時のショックがあまりにも強烈で、キリスト教を題材にしたかなり観念的な小説なので映像化は無理だと思っていたので是非鑑た [続きを読む]
  • HQ☆CHANNELからのお知らせ!
  • HQ☆CHANNELご利用の皆様へのお知らせ!! HQはお客様への更なるサービス向上を念頭にシステムのグレードアップを目指しておりますが、この度、iPhoneでもHQ☆CHANNELがより快適にご視聴が可能となりましたのでご案内申し上げます。お手数ではございますが、下記の手順でお手続きをお願い申し上げます。 ステップ1Appストアで「JViewer」のアプリをダウンロードお願いします。 ステップ2ダウンロードして起動いたしますと2つ [続きを読む]
  • インド。私の食生活②「ひょえ〜!」
  • 私の食生活の第2弾となります今回はハウスのバーモントカレー。私は趣味でクッキングをするのですが、以前にも当ブログで公開しております。タイでもインドでも日本の家庭の味のカレーを作ってきましたが、改めて「ひょえ〜!」に気づいたのでその驚きの事実をお伝えします。何気なく、日本食材店でカレーのルーを購入してカレーを作ってましたが、そのカレーのルーの小売価格があまりにもひょえ〜なのを改めて気づきました。タ [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑩
  • 今日ご紹介させていただきますのは、「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」です。2017年から、テレビ東京の不定期スペシャル番組として企画された番組です。今晩間もなくその第12弾が放送です!手付かずに放置された池に対して掻い掘りを行って綺麗にするとともに、そこにはどんな生物が住み着いているのかを検証していくと言う番組コンセプトで始まった当企画。本日の第12弾は、「~高知城お掘りから幻の巨大魚&お宝発見~ [続きを読む]
  • インド。私の食生活
  • 何度も触れていますが、インドでの生活での不自由なものの一つは皆様同じだと思いますが、「食事」だと思います。本格的にインドでの生活を始めて3か月目に突入なのですが、私はとても幸運なのだと思います。生活しているサービスアパートメントには食事が付きます。専門のシェフが振舞う食事は非常に美味しいのです。日替わりメニューで、VEGとNON-VEGを順番に料理してくれます。基本的には、カレー2種類と付け合わせのオカズ [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑨
  • 時代劇専門チャンネルから8月の特別企画「土曜特別席タイムスリップ時代劇」を紹介させて頂きます。SFジャンルでは定番のタイムスリプものですが、実は時代劇の中にもタイムスリップものは多く制作されています。誰もが知っている歴史もの時代劇には無い、自由な発想でストーリーが作られかつエンターティメント性が魅力です。時代劇専門チャンネルがこの8月の特別企画として、3つのタイムスリップ時代劇を放送します。 『戦国 [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑧
  • 好みや賛否はあるかと思いますが、私は日本の夏の風物詩的な感覚でこの時期お薦めしたいのは、日テレ「24時間テレビ 愛は地球を救う」です。1978年から始まったこの番組は、年末年始は緊急時などを除いて通常の放送を休止し特別番組を終夜放送する事は当時としては画期的な企画として話題になり、今年でなんと41回目を迎えます。視聴者からの寄付を国内外の福祉、環境保全、災害復興の支援などに役立てる事を目的として [続きを読む]
  • インド。日本人コミュニティー
  • 日本人の多く住むデリー・グルガオン地区には、世代・職場を越えた幅広い日本人コミュニティーがいくつも活動をしています。県人会を始め、スポーツ系サークル、文化系サークルなど大小100を超える団体があります。インドで生活を始めるには、何かとわからなく、また寂しい思いをするものです。有難いのは、このコミュニティーが、インド生活の情報共有や休日の時間を有効に使う有意義なものである事。そこで、今回、以前に報告さ [続きを読む]
  • 私のお薦めテレビ番組⑦。夏の甲子園
  • 本日、第100回夏の甲子園開幕!地元の球児を応援しましょう!そこで、今回おお/お薦めするのはテレビ朝日系列の「熱闘甲子園」!です。日本時間で明日8/5の11:10から熱闘の高校球児の試合を決勝戦まで放送!ダイジェスト版なのでコンパクトの当日の試合結果が得られます。また、8/4に放送の「号泣甲子園」では高校野球100回を迎えた記念に過去の感動のシーンを見る事が出来ます。スペシャル対談として、番組のメインキャス [続きを読む]
  • 私のお薦めのテレビ番組⑥
  • 今回ご紹介するのは、スターチャンネル2の『スピルバーグ!スピルバーグ!!スピルバーグ!!!』です。アメリカのHBOを制作したスティーブン・スピルバーグの映画人生を同世代の映画監督y映画関係者の証言を交えたドキュメンタリー「スピルバーグ」。またこの放送記念として、スピルバーグ監督代表作8作をこの8月に放送!この暑い夏はクーラーを効かせた自宅でじっくりと、懐かしくもいまだ色褪せる事の無い作品を味わいまし [続きを読む]
  • インド。三宝節・入安居
  • 先週末は、タイの祝日で7/27は三宝節(アサラハ・ブーチャ)、7/28は入安居(カオ・パンサー)でタイ仏教でとても重要な日なのです。ここ、インドでもこのタイ仏教の式典が開かれましたのでレポートします。ちなみに、7/28はタイの現国王(ワチラロンコン国王)の誕生日でもあります。デリーでは、以前にも紹介したBhogal Buddha Vihar Templeで実施されました。こんなにタイ人がいたんだ!って思えるほどの人たちで溢れていまし [続きを読む]