yukikaze さん プロフィール

  •  
yukikazeさん: 幸せの風をあなたに
ハンドル名yukikaze さん
ブログタイトル幸せの風をあなたに
ブログURLhttp://yukikaze3mei.blog.fc2.com/
サイト紹介文算命学で幸せの風をあなたのお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 190日(平均2.0回/週) - 参加 2017/12/27 23:52

yukikaze さんのブログ記事

  • 大運とは人生の”あけくち”?!7月3日の大阪講習会
  • 昨日は、大阪講習会に参加してきました。この3か月にわたり、大運をさらに、さらに、具体的に詳しく読み取る講習が行われました。非常に有意義な(毎回有意義ですが)講習会でした。大運とは、人生の”あけくち”なんですよと先生。創喜先生、名言です!牛乳パックに右上にあけくち→となっている  アレ  です。(^-^)/人生のあけくちから、自分の人生の中身を知りたい方、創喜塾 or 幸風算命学教室にて学習してみませんか?幸 [続きを読む]
  • 互換中殺
  • 天中殺の解説シリーズをお届けしていましたが、本日は解説を少しお休みして、実際に鑑定していて感じたことを書いてみたい思います。天中殺には、自分の宿命自体に天中殺を持って生まれる人がいます。生まれ年と生まれた日が天中殺になる人を『互換中殺』と言います。※詳しくは後日また説明します。親との関係があまり良くない人に、互換中殺の人がよく見受けられます。いつも親の文句ばかり言い、親と仲が悪いというので、家を出 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第19回 『多産児占技 ④』
  • 今回は、『多産児占技』の最終回です。最終回の今回は五つ子の占技です。五つ子ではないですが…笑※とてもきれいで、かわいい五つ子を出産したオーストラリア人のキム・トゥッチさんを紹介した画像があります。よかったらみてみてください。とてもきれいで、不思議な五つ子ちゃんたちです。4、五つ子の占技五つ子のエネルギーの片寄りを見る場合には、占技を使わず、五行の分類だけを使ってみていきます。手順1まず五人の子供を [続きを読む]
  • 徒然算命学 第18回 『多産児占技 ③』
  • 今回は、四つ子の占技を解説します。3、四つ子の占技四つ子の占技には、四方向を使います。異常干支を見つけ、異常干支の十二支に着目するのは今までと同じですが、今度はその十二支の方向を見ます。① 十二支の方向分類十二支の方向分類は、方三位と同じです。北方:亥・子・丑 東方:寅・卯・辰 南方:巳・午・未 西方:申・酉・戌北方乙亥丁亥戊子己亥庚子辛亥南方丁巳辛巳癸巳壬午異常干支は東西方向にはほとんどありません。 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第17回 『多産児占技 ②』
  • 今回は、三つ子の占技について解説します。2、三つ子の占技三つ子の占技には、天地人三歳を使います。手順① 宿命中の異常干支を見つけます。三つ子の場合は、3人という人数を重要視し、男女の性別は考えません。異常干支が重複する場合は、双子と同じで年柱、日柱、月柱の順位で優先します。② 異常干支の12支に注目します。異常干支を四正(子・午)、四勢(巳・亥)、四土用(戌)の3種類に分類します。異常干支のパワーの順 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第16回 『多産児占技 ①』
  • 先日の名古屋の講習会では、異常干支について掘り下げて学習していきました。「『多産児』を出産するということは、ある意味異常性の一現象ですから、『多産児占技』をもう一度復習してみるといいですよ。」との先生が仰いましたので、今回から、多産児の宿命判定のポイントを4回に分けて解説し、異常干支の理解を深めて頂きたいと思います。多産児の宿命判定には、異常干支が重要な意味を持ちます。1、双生児(双子)の占技双生 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第15回 『算命学と歴史ミステリー ⑥』
  • 今回の算命学と歴史ミステリー ⑥では、候補4を検証し、結論まで導きます。★候補4−1) 1644年6月13日---丙申日月年丙庚甲申午申戊己戊龍高天胡鳳閣調舒鳳閣天胡禄存天将<命式の特徴>・全柱陽干支・推逆局・才能:北天運の龍高星・六十花甲子:純粋な精神を持ち、品性を保ちながら風流な心に富、文学、詩歌、絵画などに才能を発揮する。判定:この日に生まれた可能性あり。★候補4−2) 1644年6月23日---丙午日月年丙庚甲午 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第14回 『算命学と歴史ミステリー ⑤』
  • 今回の算命学と歴史ミステリー ⑤では、候補3を検証してみます。★候補3−1) 1644年5月14日---丙寅日月年丙己甲寅巳申丙庚戊龍高天胡貫索禄存鳳閣天貴調?舒天禄<命式の特徴>・寅巳の害・申寅の冲 ・寅巳、申巳の刑 ・申巳の支合・地財局・曲財局・才能:北天運の龍高星。・六十花甲子:物事を一途に追求することが苦手。判定:この日生まれとは考えにくい。★候補3−2) 1644年5月24日---丙子日月年丙己甲子巳申癸丙庚龍高 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第13回 『算命学と歴史ミステリー ④』
  • 今回の算命学と歴史ミステリー ④では、候補2を検証してみます。★候補2−1) 1644年12月10日---丙申日月年丙丙甲申子申戊癸戊龍高天胡鳳閣牽牛鳳閣天胡貫索天報<命式の特徴>・丙申と丙子の大半会・申子(年支と月支)の半会・全柱陽干支・井乱局・生殺局・才能:北天運の牽牛星・六十花甲子:純粋な精神を持ち、品性を保ちながら風流な心に富、文学、詩歌、絵画などに才能を発揮する。判定:この日生まれの可能性あり。★候補 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第12回 『算命学と歴史ミステリー ③』
  • 算命学と歴史ミステリー②までで、松尾芭蕉の日干、年干支、4つの月干支候補がでました。最後に生まれた日、日干支を出す作業をしてみましょう。少し面倒くさいのですが、天干が丙の日を全て出して、十大主星に鳳閣星(自然体・自然に親しむ)、調舒星(芸術・孤独)の星が出る所をつぶさに検証してみます。●候補111月10日(丙寅) 11月20日(丙子) 11月30日(丙戌)●候補212月10日(丙申) 12月20日(丙午)●候補35月14日 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第11回 『算命学と歴史ミステリー ②』
  • 算命学と歴史ミステリー ①では、日干と年干支がでましたので、続きまして、月干支を出してみましょう。1944年の11月は、乙亥です。11月28日の前の15日は、11月13日。後の15日は、12月13日まで。12月の節入りは日7日ですから、12月7日から13日までは月干支は丙子となります。そして、6か月前の5月28日の15日前は、5月13日。15日後は、6月12日となります。この年の5月の干支は、己巳です。6月は6日が節入り日ですから、6月6日から [続きを読む]
  • 徒然算命学 第10回 『算命学と歴史ミステリー ①』
  • 算命学は、人の生年月日から宿命を出し、どのような環境で生きていくことが好ましいのかをみていきますが、今回は趣向を凝らし、亡くなった日からその方の生年月日を推測してみたいと思います。今回、生年月日を推測する人物は、江戸時代、「奥の細道」を表した松尾芭蕉です。彼は現在の三重県の伊賀で1644年に生まれましたが、生まれた月日は不詳とされています。亡くなったのは、1694年11月28日(西暦)と明らかで、関西方面への [続きを読む]
  • 天中殺概略図表
  • 天中殺の概略を図表を表すと以下のようになります。この概略図をみると、駅伝やマラソンを思い出します。駅伝の第一走者は、何と言っても子丑天中殺。第二走者や第三走者など、途中を繋いでいく走者は、寅卯天中殺や申酉天中殺です。そして最終走者は、午未天中殺。アンカーです。最後は綺麗に締めくくってくれます。間違っても途中走者に戌亥天中殺や辰巳天中殺を投入してはいけません!走っている最中に、はみだし、抜け出し、「 [続きを読む]
  • 4月3日 名古屋講習会にて
  • 今回の名古屋講習会は、13ヶある異常干支の詳しい説明と変剋律大運の扱い方をテーマにした『異常干支と変剋律大運』                            でした。   サンプル鑑定も5つこなし、大変中身の濃い講習会となりました。算命学は他の占いとは異なり、改善策があるのが特徴です。「あなたの宿命は、%’fkp¥”)・・・です。」と生年月日から宿命を出して、終わりではありません。鑑定依頼者 [続きを読む]
  • 天中殺を読む ⑥戌亥天中殺
  • ⑥戌亥天中殺 (中央天中殺)自ら家系の流れから飛び出す人です。運気としては初代運です。この初代運は自力運で、独立して運を掴みます。人生の厳しさや、現実の苦しさを回避しやすい人です。理想主義、空想主義で、大きな夢を持っている人です。干支番号 戌亥天中殺1甲子2 乙丑3 丙寅4 丁卯5 戊辰6 己巳7 庚午8 辛未9 壬申10 癸酉この天中殺の有名人長嶋茂雄(元プロ野球選手)安住紳一郎(アナウンサー)阿久悠( [続きを読む]
  • 天中殺を読む ⑤申酉天中殺
  • ⑤申酉天中殺 (西方天中殺)家系の流れの中で、二代目や三代目を受け継ぐ運で、家系から物心両面で恩恵を受け取りやすい人です。人生の安住の地を求めて迷うような、不安定な心を持っていますので、年中バタバタしているような、いつも落ち着きのない人です。干支番号 申酉天中殺11 甲戌12 乙亥13 丙子14 丁丑15 戊寅16 己卯17 庚辰18 辛巳19 壬午20 癸未この天中殺の有名人阿部晋三(政治家)中居正広(タレント) [続きを読む]
  • 天中殺を読む ④午未天中殺
  • ④午未天中殺 (南方天中殺)家系の流れの最後を受け持つ人です。つまり、自分の代で、それまでの家系の流れが止まってしまい、次の代(子供の代)からは、異質な流れとなります。例えば、先祖代々暮らした土地を離れたり、家業を全く別のものに変えたり、一家で海外に移住したりという具合です。子どもでは苦労しそうですが、物事を論理的に考え、理性的で冷静な行動をとる人です。しかし、人生そのものにスカッとした明るさは望 [続きを読む]
  • 天中殺を読む ③辰巳天中殺
  • ③辰巳天中殺 (天頂天中殺)家系からはみ出してしまい、運気としては初代運と同じようになります。人生を現実的に捉え、逞しく生きていきます。どんなに苦しくても、人生から決して逃げ出しません。自力で運を切り開いて行く人で、他家に入って運を伸ばします。干支番号 辰巳天中殺31 甲午32 乙未33 丙申34 丁酉35 戊戌36 己亥37 庚子38 辛丑39 壬寅40 癸卯この天中殺の有名人蓮舫(政治家)石原慎太郎(元政治家)三 [続きを読む]
  • 天中殺を読む ②寅卯天中殺
  • ②『寅卯』天中殺 (東方天中殺)家系の二代目、三代目として家系の流れを受け継ぐ人です。従って財産など、物心両面で家系の恩恵を受ける人生を送ります。人生がどれほど多忙であっても、静かな生活に憧れています。特徴は、落ち着きがあり、かつ家庭的な人です。干支番号?寅卯天中殺?41甲辰42乙巳43丙午44丁未45戊申46己酉47庚戌48辛亥49壬子50癸丑この天中殺の有名人若狭勝(元政治家)桜井翔(歌手/タレント)藤井フミヤ( [続きを読む]
  • 天中殺を読む ①子丑天中殺
  • 天中殺は、その人の人生全体を包むムードのようなもので、決して悪いことが起こるという暗示ではありません。天中殺の合理的な理論は既に説明しましたので、ここからは、天中殺を活用した占いの技術について説明します。日柱からみた天中殺の意味日柱からみた天中殺は、命式表でいいますと、陰占に向かって、左側のタテの二つの欄に書くのが一般的です。全部で6種類の天中殺がありますが、それぞれに持っている人の人生の生き方の [続きを読む]
  • 徒然算命学 第9回 『後天運干合No.2』
  • さて、前回に引き続きまして、今日も後天運干合についてです。日干に対して、干合する干が回ってくると、自分の中の価値観の変化が起き、例えば身近にいた異性を、今まで気にならなかったはずなのに急にな目で見てしまい、恋に落ちてしまうこともあると説明しました。ポイントは今までとは違った価値観に変わるということです。単なる異性との出会いではありません。今日は、また少し違った『後天運干合法』について説明します。年 [続きを読む]
  • 徒然算命学 第8回 『後天運干合No.1』
  • 天中殺について説明した際に、行っても良いこととしまして、結婚の話題が出ましたので、今回は算命学的に、結婚にまつわる『干合法』ついてから、更に発展的なお話をしたいと思います。算命学には『干合法』というのがありまして、『干合法』と言いますのは、陰陽の十干同士が引き合って合体し、気が一つにまとまり、別の質に変化することを言います。日干に対して、干合の関係はパートナー(配偶者)になります。(男女)干合の関 [続きを読む]
  • 天中殺時期に行っても良いこと ②
  • 天中殺の時期とは・・・・ここで、再確認します。天中殺時間範囲は、空間が欠落し、時間だけが流れている時期ですから、ちょうど宇宙を漂う飛行船のように、ちょっとした力を加えただけで、とんでもない遠方へ吹き飛ばされてしまいます。ですから、本人はちょっと動いただけと思ったのに、本来の自身の運勢枠から外れてしまい、期待もしてない大成功を収めたり(上限枠から外れる)、想像も出来ないほどの奈落の底に突き落とされて [続きを読む]
  • 天中殺時期に行っても良いこと ①
  • 天中殺時期は、自分自身の進む人生航路の器が不完全な状態にも関わらず、ジッとしていることができないため、ついつい色々と能動的なことをしてしまいます。基本的な過ごし方は、受動的な姿勢を貫くことですが、行っても良いこと、行ってはよくないことの基本的なことを下記にまとめましたので、参考にしてください。行っても良いこと1.墓参り、先祖供養、墓地の購入、墓石改修、仏壇や位牌の購入2.無償のボランティア活動、無償の [続きを読む]
  • 天中殺の立体構造
  • 天中殺の立体イメージ図上の図でも分かるように、天中殺の時間範囲には、時間だけが流れ、空間の枠が消えてしまうので、運の上限下限が無くなってしまいます。そのため、自分の器からはみ出さないように、あなたの潜在意識は無意識ながら、注意深く進んでいます。しかし、内外のちょっとした力で、普通では考えられないほどの結果が出てしまいます。そんな時には、天中殺期間の枠が外れている間に、元の枠内に戻らなければ、重大な [続きを読む]