tokospiano さん プロフィール

  •  
tokospianoさん: 気まぐれピアノ弾きTOKOのブログ
ハンドル名tokospiano さん
ブログタイトル気まぐれピアノ弾きTOKOのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tokospiano/
サイト紹介文アメリカ生活13年、イーストマンで博士号を取得した関西在住ピアニストです。
自由文米国イーストマン音楽学校で音楽芸術博士号を取得、2006年夏に帰国して以来、関西を中心に演奏活動及び「ぴあのレッスンくらぶ」というグループピアノレッスンセミナーや個人レッスン、演奏コーチンングを行っています。Skypeを使って同様のセミナーやレッスンも。「分かりやすく、楽しく、そして教養の身につくピアノレッスン!」をモットーに西洋文化としてのクラシック音楽を伝える伝道師として奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 175日(平均4.0回/週) - 参加 2017/12/28 00:58

tokospiano さんのブログ記事

  • リラックス出来る音楽を探してみました。
  • 昨日の大阪で起こった地震。うちもまともにくらいました、、、被害は幸い大したこと無かったですが、災害免疫が非常に低い私、夜もまともに眠れませんでした、、、なんだか気がそわそわしていて、朝の4時前に起こった震度1の余震の前に、既に目が覚めてしまいました。お陰で、FIFAの試合が観れましたが、やっぱり睡眠不足でシンドイです。。こういう時こそ、交感神経の高ぶりを抑えてくれる音楽が必要ですね、、、やっぱりクラシ [続きを読む]
  • 調律師さんで思い出す「羊と鋼の森」
  • 朝から修復作業、昼までに終了。これが残がいです。。切れた弦でブレスレットが出来そう。。?今週20日(水曜日)にはSkypeピアノセミナーなので、直ぐに直せて頂けて良かったです。弦が切れたままで弾いていると、隣、その隣と、相次いで切れていくそうで、「直ぐに電話してください!」と調律師さんからお達しが出ております。が、今日はたまたま空いていたらしく(「父の日」ですから)良かったです。その調律師さんは、人生の大、 [続きを読む]
  • 朝から切れた弦の張替えです、、
  • 私の父は趣味でピアノを弾いています。が、私よりもかなりピアノが好きで、いわゆるピアノオタクではないかと思われます。多分、1日中ピアノを弾いていられる人ではないかと思われるのですが、私が追い込み練習しないといけない時は負けじと練習するので、無意識だとは思いますが、どうも対抗意識を燃やされているようで、なかなか疲れます。(苦笑)昨日、練習を始めた父。「ちょっとピアノ見てー。なんか弦が切れたみたい。」ホン [続きを読む]
  • こんな作曲家も即興曲を書いているんだ!
  • Impromptu,,, アンプロンプチュ。 …おもにピアノ独奏用の抒情的な小曲の一種。フランス語のアンプロンプチュimpromptuの訳。原義は〈即席〉〈準備なし〉であり,18世紀以前には即興詩あるいは劇の幕間の出し物を意味した。…コトバンク「impromptuとは」より 即興曲と聞けば思いつくのが、シューベルト、ショパン、フォーレでした。他にもあるのかな、、、気になって調べてみました。あります、あります。 リスト(1811 - 1886)。 [続きを読む]
  • ピアノアカデミー受講のお知らせ
  • ショパンをメインに勉強している、日曜日のクラス、ピアノアカデミーからのお知らせです。今月は6月24日(日曜日)なのですが、受講者、聴講者共に募集中です。時間は10:30-12:30、場所はいつも私がセミナーを開講しております、御堂筋線沿い、新大阪ー東三国駅間にあるB-Tech Japan, Osakaです。(新大阪駅からも歩けます。) ベーゼンドルファーのフルコン、インペリアルでのゴージャスなレッスンです。実践課題はショパンの即興曲 [続きを読む]
  • モーツァルトをどう弾くの?
  • 鹿児島市鴨池にある1997年創業の英語・音楽(ピアノ・ヴォーカル)・カルチャー教室Cozy Space エバーグリーンと毎月1回、Skypeピアノセミナーを行なっています。最近のトピックはバロック時代と古典派時代の何人かの作曲家によって書かれたメヌエットについて勉強しています。(写真はご参加下さっている先生方が撮って下さったものです。大抵、Keynoteのプレゼン等でレクチャーしてから実践演習に入ります。)バロック時代や古典 [続きを読む]
  • ルネサンス音楽の響きに癒されて、、、
  • 最近、凄惨な事件などが続いて、ほんと疲れます。なのがどうなっているんだか、、、、気持ちがささくれ立つ時、妙に古楽器や古い宗教音楽の響きに慰められることがあります。 今朝、たまたま検索に上がってきたのが、現フランス、ブルゴーニュ公国出身のアントワーヌ・ピュノワ(Antoine Busnois/ @1435-1492)の世俗シャンソン。ウィキペディアによると、モテットなど多くの宗教音楽の作曲家として有名ですが、当時は最も著名な世 [続きを読む]
  • 18世紀の楽器を弾くからくり人形!?
  • 子どもの頃、大好きで集めていたもの。それはオルゴールでした。 オルゴールも色々あります。子どもの時、色んな仕掛けのあるオルゴールが存在することを知って、欲しいと思った。からくり人形みたいなのとか、鳥がさえずるのとか。どれだけ見ていても、飽きなかったなあ〜。Singing bird box, Wikipediaより この写真のなどは博物館にあるような凄もの。でも、動きが凄かった。私は昭和育ちだから、子どもの頃はパソコンがある訳 [続きを読む]
  • 1843年製のエラールとプレイエル!
  • ショパンがまだ存命だった1843年製作のピアノのようです。一台はエラール、そしてもう一台が彼のお気に入りだったプレイエル。 『弟子から見たショパン』という本の中でショパンの言葉として載っている一文。 "気分の優れない時は、エラールのピアノを弾きます。これだとすぐに完成された音が出せますからね。でも、元気が良くて、自分だけの音を出してみたいなとと思うときは、プレイエルが必要なのです。” ショパンは柔らかく [続きを読む]
  • ピアノで弾むのは難しい。。
  • 今日のぴあのレッスンくらぶ2では、前回からの課題、チャイコフスキー「子どもの為のアルバム」から「カマリンスカヤ(民謡)」の復習からスタートしました。Wikipedia からの絵です。「カマリンスカヤ」についての前回の記事は、こちらのリンクから。どんな曲かというと、、、そのリンク先でもご紹介しましたが、こんな曲です。課題は躍動感ある「弾み」をどのように作るか、です。音が下に下がるというか、抑え込むのではなく、ト [続きを読む]
  • クルーズ船にはピアノがいっぱい!
  • ひょんなきっかけで、神戸に停泊中だった、クルーズ船、ダイアモンド・プリンセスを見学説明会に参加しました。「え!弾くの??」いえいえ、ご縁があって誘われたので、どんなもんだろうと単なる好奇心で。。まず驚いたのはその大きさ。ポートターミナル駅に着いたら、、窓の外は全面クルーズ船でした。ぎょえ、このど迫力!まるで高層マンションが横倒しになった感じ。圧巻です。このクルーズ船は日本で造られたようですが、外 [続きを読む]
  • トマトの成長を見て思う。。
  • 今年、プチトマトでプランター農園(?)デビューした私。実はコストコで見つけた苗。(笑)ダメ元で購入。最初に殆ど赤くなりかけたトマトの実がいっぱい付いた苗を買ったので、第1陣はうまく収穫出来ました。完熟、取り立てのトマトは衝撃の美味しさで、プチサイズのくせに、大きなトマトよりも濃厚なトマトらしい甘さと酸味、大満足でした。さあ、ここからが勝負。。少し大きめの鉢に植え替えたので、機嫌よく伸びてくれています。 [続きを読む]
  • 公開レッスンのお知らせ
  • 毎年恒例の「すいたティーンズクラシックフェスティバル審査員による公開レッスン」が今年も開催されます!対象者は「吹田市に縁があるティーンズから大学、短大、専門学校生」ですが、、聴講は誰でも誰でも可能!ピアノ、声楽、弦楽器、室内楽で、日にちは色々。募集期間も少しずつ違うので、ご確認の上、お早めにお申し込みください。 [続きを読む]
  • スリルを味わう(?)鳥が面白い!
  • たまたま見つけた動画です。人間でもスリルを味わうのが好きな人は沢山いますが、鳥にもいるらしい。このcockatooという鳥の行動、驚きです!何度見ても飽きませんが、この鳥が自分の体重と重力の原理(?)をうまく利用して、車輪をくるっと1回転してくる様子を眺めていて、おや?これはもしや、、、?最近のセミナーで、何人かの作曲家の「メヌエット」を取り上げている私。明日のSkypeピアノセミナーもメヌエットの勉強の続きです [続きを読む]
  • スナイダー先生の公開レッスンのお知らせ!
  • 今年も昨年と同じく、スナイダー先生のスーパーレッスンを東京と大阪で開催しますが、加えてもう1つ、私が審査員を務めています、すいたティーンズクラシックフェスティバル関連事業として、メイシアター大ホールにて、小学生から大学院生のための公開レッスンを開催出来ることになりました!日時は8月23日!冒頭にレクチャーもあります!内容は、「大ホールで演奏する時、何を意識する?どうやって準備する?」「海外のコンクー [続きを読む]
  • ソナチネ、全楽章の通し弾きにチャレンジ!
  • 先週はゴールデンウィーク明け、ぴあのレッスンくらぶの3つのクラス、ぴあのレッスンくらぶ1、ぴあのレッスンくらぶ2、ぴあのレッスンくらぶ・あるふぁがありました。ぴあのレッスンくらぶは、昔ちょっとピアノをかじっていた人から、がっつり練習していた人、また子どもたちにピアノを教える先生まで混ざった、いわば大人のピアノ好きさんの為のピアノのグループレッスン。色んなレベルのピアノ好きさんが集まっています。どのク [続きを読む]
  • しなやかな筋肉を作る、、
  • 先日、コストコで鉢植えプチトマトを見つけて、テンションマックス!家でプチトマトを育てられたら!美味しくて、栄養価の高いプチトマトが食べれる!?!? あまり日の当たる場所がない自宅、ダメになる可能性もあるけれど、トライしてみることにしました。何を食べるか!? 野菜が美味しいこの季節、疲労回復を促す食べ物、アスリートのようにもっと勉強しないと、と思う今日この頃。。黒酢が良いと聞いたから始めたのが、レー [続きを読む]
  • ツユクサ、、?
  • 近所の街路樹の植え込みに、これまで見たことが無い花が出没しました。すっとシャープな葉に花がちょこんと乗っているみたいな。。ツユクサ?と思ったけれど、それより大きい。Facebookで尋ねてみたら、「ムラサキツユクサだと思います」というコメントが返ってきた。調べてみたら、ほんと、ムラサキツユクサ属という名が出てきた!ツユクサって、、、ウィキペディアから拝借子どもの頃によく見たツユクサは、この写真のように青 [続きを読む]
  • ハノンの練習、、、(°▽°)
  • コンクールで入賞する子やら、音楽高校を受験する子たちは、高校へさしかかる前に既に指が出来上がっている子が多いです。響く、綺麗で立体的な音で、尚且つ粒が揃っている。。。音抜けもほぼ無しという子も多く、凄いトレーニングだなといつも感心します。小学校高学年から中学校の間に歴然と差が出てくる時期ですが、私自身、チェルニーやモシュコフスキーや他にも練習曲は弾いていたけれど、やらないといけないという義務感で [続きを読む]
  • 今年もやります!スナイダー先生のスーパーレッスン!
  • 今年もやります! Barru Snyder氏のセミナーと公開レッスン! 今年のチラシには、あの小曽根真さんのお言葉も掲載させて頂きました!(ちゃんと許可は頂きました。) "僕がクラシックの世界に迷い込んだ時、彼のところに無理やり押しかけて教えてもらいました。 こんなに温かくて深い音色で、音楽の物語を紡ぐ人はいないです。” さすが表現者。まるで売れっ子コピーライターのようにはうまいことおっしゃる。。。非常に気に入っ [続きを読む]
  • シューマンの「おねだり」で新しい学び!
  • 今日は月1の定例で開催しているピアノレッスンセミナーの「ぴあのレッスンくらぶ2」と「ぴあのレッスンくらぶ・あるふぁ」でした。どちらのクラスも段々とグループの個性が出てきて、楽しいです。(写真は以前に撮ったものです。)どちらのクラスもレクチャーとプチレッスンの組み合わせです。基本的にレッスンは最初に受講生皆さんに練習してきたままを一通り演奏して頂き、みんなでお互い聴き合ってから、どう感じたかだったり、 [続きを読む]
  • 大阪造幣局の桜の通り抜け
  • 「そうだ、八重桜を観に行こう。」人が多いから、いつもは避けるのだけれど、今年は桜の時期が短かったから、大阪造幣局の桜の通り抜けに行きたくなり、今日、決行しました!駅から迷うかな、、、と思ったけれど、見えますか?この人の波。。。平日だったけど、やっぱり凄い人!でした。以前は日本人のお客さんばかりだったのに、外国人観光客の多さに驚き!そうですよね〜、無料ですもん。ドレスでメークもバッチリ、プロマイド [続きを読む]