猫牛 さん プロフィール

  •  
猫牛さん: 隣の猫牛さん
ハンドル名猫牛 さん
ブログタイトル隣の猫牛さん
ブログURLhttp://tonarino-nekoushisan.hatenadiary.com/
サイト紹介文湯船に浸かりながら文庫本を読むのが好きです。 好きな小説は何度も読み返します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 46日(平均2.6回/週) - 参加 2017/12/28 15:20

猫牛 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018年1月〜3月期ドラマ 視聴一覧
  • 月曜日 なし火曜日 なし水曜日 「anone」「幕末グルメ ブシメシ!2」木曜日 「隣の家族は青く見える」金曜日 「アンナチュラル」土曜日 なし日曜日 「西郷どん」水曜日 「anone」★★★広瀬すずちゃん、田中裕子さん、小林聡美さん、阿部サダヲさん、豪華なキャスト!そして坂元裕二さん脚本。「カルテット」以来、ファンになりました。録画して何度も観直して、伏線を回収したい病になる。水曜日 「幕末グルメ ブ [続きを読む]
  • [能町みね子]雑誌の人格 2冊目
  • 能町さんのファンです。「くぼみねヒャダ こじらせナイト」もずっと視聴していました。このシリーズの「1冊目」も購入済みです。能町さんの雑誌への愛が溢れています。ダダ漏れです。ゆるい雰囲気のイラストと、分析。最&高です。正直、この中で紹介されている雑誌をほとんど読んだことがありません。気が付くと、定期的に購入している雑誌なんて1冊もない!!!「まえがき」「あとがき」に書かれているように、最近の雑誌には元 [続きを読む]
  • [林真理子]正妻 慶喜と美賀子(上)(下)
  • 単行本として発売されていたときから気になっていた本です。理由は、徳川慶喜の正妻・15代将軍御台所のことを全く知らなかったからです。林真理子さんの作品はいくつか目を通したことはあるのですが、あんまり好きな文体ではなく、新作が出てもスルーしていましたが、これだけは、登場人物に興味がわいた次第です。美嘉子のこと上下巻、読了しました。江戸に下る前、京の都の今出川家の屋敷で過ごした少女時代の描写など、すごく [続きを読む]
  • [原田マハ] あなたは、誰かの大切な人
  • タイトルに惹かれて衝動買いしました。初めての原田作品なので、短編集というの手に取りやすかった。6編全て中年の女性が主人公。パートナーがいるいないの違いはあれど、独身でひとりで生きてきた、そして生きていくであろう女性たちの「孤独」をテーマにした物語。私も常日頃、「孤独」を感じ、それと上手く折り合いをつけて、付き合っていくことを覚えなければいけないと考えながら日々を過ごしているので、そういう人にはじ [続きを読む]
  • [西加奈子]白いしるし
  • はじめて西加奈子さんの作品で手に取ったのが「白いしるし」でした。他にもプッシュされている人気作品があるのは知っているけれど、なんとなく「読まず嫌い」になっていたところ、近所の書店のPOPに惹かれて購入。薄い短編だったのも気軽な気持ちにしてくれて背中を押してくれました。どっぷり恋愛ものの作品は久しぶりで、懐かしい感情を呼び起こしてくれました。初めての西作品を読んでみて。文体が好きです。とても気に入り [続きを読む]
  • [磯田道史]徳川がつくった先進国日本
  • 磯田先生、テレビで拝見していてお話し面白くて大好き。今の日本が形作られる基礎が長い江戸時代にあって、その時代の人たちも自然災害を乗り越えてきたんだと思うと、日本人の力強さを感じます。様々な受難に立ち向かい、犠牲を出しながらも、知恵と工夫を凝らす。今の日本にも通じる考え方がそこにあると思います。 [続きを読む]
  • [江國香織]ヤモリ、カエル、シジミチョウ
  • ここ数週間、お風呂のお供にしていた小説です。昨夜、寝る前に一気読みして読了。久しぶりの江國作品の文庫化にワクワクして発売日に購入。気になる作品は単行本で購入することも多いのですが、これは文庫化してからでいいかな、と後回しになっていたもの。経験上、江國作品の長編は途中で飽きてしまう場合が多い。登場人物も多くなるし、感情移入しづらい人物も多くて。この作品も私には長すぎたかなあ。これといってアッと驚く展 [続きを読む]
  • [ゲッターズ飯田]裏運気の超え方
  • 占いが好きです。スピリチュアルも好きです。占い師に見てもらうのも好きだし、占い本を読むのも好きです。気づいたのは、感情的なものに訴えるようなものではなく、ゲッターズ飯田さんのように占いを「統計学」として捉えて、論理的にあっさりしているものが好みのようです。ゲッターズ飯田さんの本は数冊読んでいるのですが、初めて読んだのは「ゲッターズ飯田の運命の変え方」で、過去の自分を照らし合わせて、全てが合致してい [続きを読む]
  • [いくえみ綾]あなたのことはそれほど 6巻
  • 原作を読みながら、ドラマを鑑賞していたのですが、原作が完結する前にドラマが最終回を迎えてしまったので、ドラマの結末と原作の結末は違う、ということになりました。ネタバレ有りです。結論から言うと、私はドラマのラストの方がしっくりきました。涼ちゃんが美都に対して「あなたのことはそれほど(大事じゃなくなった。好きじゃなくなった)」という着地点に落ち着き、涼ちゃんの気持ちの整理がついた模様。勧善懲悪というか [続きを読む]
  • 小林製薬 女性薬 命の母ホワイト
  • ずっと、生理前のイライラや落ち込みに悩んでいました。でもこんなものなのかな?ただの性格の問題なのかな、とあきらめの気持ちでずっと過ごしてきました。人間だもの。イライラしたり、落ち込んだりすることもある。これを飲んでみようと思ったきっかけは、親しい友人が私と同じような症状に悩んでいたけど、心療内科で安定剤を処方してもらったら、嘘のようにピタッと症状がなくなり、毎日穏やかに過ごせるようになったと嬉しそ [続きを読む]
  • UNITED BEES 2017年 10月始まり B6 デイリー
  • 仕事用手帳:「ほぼ日手帳 オリジナル」4年前から「ほぼ日手帳 オリジナル」を仕事用に愛用しています。自宅で仕事をしているので、ほぼ、家に置きっぱなし。たまーに外での打ち合わせに持ち出すのですが、文庫本サイズなのでそこまで嵩張らず気に入っています。スケジュールに関しては、iCloudカレンダーを利用していて、PC・タブレット・スマホで同期。これで充分。なので、手帳はアイデアの書き出し、雑記、覚書、ToDoリスト、 [続きを読む]
  • [いくえみ綾]おやすみカラスまた来てね。 2巻
  • とにかく「善ちゃん、しっかり!!!」と何度も叫んだ。でもいくえみ作品の男性陣はどこかぼんやりしていて抜けているのが常だからなあ。そこが良いんだしなあ。高校生の頃、初めて読んだ「I LOVE HER」思い出すなあ。美温。女の表の顔、裏の顔。ある意味ホラーだわ。あそこまで自分勝手を貫き通せるってすごいわ。いくえみ先生すごいわ。焼鳥屋のご夫婦の話、じん…ときました。お酒飲めないけどBarっていいなあ。今月「あなた [続きを読む]
  • [石井ゆかり]3年の星占い 牡牛座 2018-2020
  • たぶん、一生に一度だけ。 約7年をかけた「変身」の時間へ。(牡牛座)知人たちが続々と購入していて、すごく気になっていたので、先日本屋へ。一番目立つところにコーナーが設けられていて、私以外に立ち読みしている女性が2人も。よく見ると売り切れている星座もあり、棚がスカスカでした。なんとか「牡牛座」ゲット。占い本は大好物で、ここ数年はゲッターズ飯田さんの本を愛読しているのですが、石井ゆかりさんの本は初めて [続きを読む]
  • 2017年10月〜12月期ドラマ 視聴一覧
  • 月曜日 「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」火曜日 「監獄のお姫さま」水曜日 「奥様は、取り扱い注意」「ラブホの上野さん Season2」木曜日 「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜(5期)」金曜日 なし土曜日 「アシガール」日曜日 「陸王」「おんな城主直虎」月曜日 「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」ずばり、高橋一生さん目当てで観ています。あと石田ゆり子さん。大好き。初回観て気づいたこと [続きを読む]
  • 私のSNSとの付き合い方…の結論
  • 久々に、7-8年ぶりに、ブログに戻ってきました。この間、様々なSNSの隆興と衰退があり、一通り潜り抜けてはきたものの、プライベートで使いたいものは、「リアルな友達つながっているLINEとFacebook」と「誰ともつながっていないTwitterとブログ」だけでいいな、というのが私の結論です。自分の気持ちや考えを書き留める場所が、手書きの手帳と日記。そして、ここがあれば、心の澱を上手く浄化するのに役立つ気がします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …