告訴状・内容証明 さん プロフィール

  •  
告訴状・内容証明さん: 告訴状・内容証明は武蔵行政書士事務所
ハンドル名告訴状・内容証明 さん
ブログタイトル告訴状・内容証明は武蔵行政書士事務所
ブログURLhttps://musashi-gyosei.com/
サイト紹介文告訴状・告発状・内容証明に関する様々な情報発信や、無料相談をしています。
自由文金銭トラブル・詐欺・クーリングオフ・強姦・痴漢・窃盗・傷害・セクハラのハラスメントには告訴状・告発状・内容証明が解決へ有効な手段の一つです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 160日(平均2.8回/週) - 参加 2017/12/28 15:24

告訴状・内容証明 さんのブログ記事

  • 再度の告訴・告発は可能か
  • 告訴・告発を一度取り下げたあと、告訴・告発をした事件が不起訴となったとき、付審判請求が棄却されたときなどに、再び告訴・告発をしたいと考える場合もあります。 このような場合に、再度の告訴・告発が可能かどうかについてまとめて […] [続きを読む]
  • 告訴状に添付書類は必要?
  • 陳述書・証拠は必要か 告訴状を提出するにあたって、証拠書類等の添付・提出は、告訴の有効要件ではありません。また、捜査機関は告訴があった場合には、捜査を実行して証拠を収集すべき法的義務がありますので、法的に証拠を用意する必 […] [続きを読む]
  • セクハラで告訴する方法
  • セクハラとは セクハラとは、セクシュアル・ハラスメントの略で、一般的には、相手が嫌がるような性的な言動のことを指します。 セクハラという言葉が広まるきっかけになったのが、平成元年、セクハラを理由とした国内初の民事裁判が起 […] [続きを読む]
  • 行政書士徽章(コスモスバッジ)の意味
  • 弁護士や行政書士、税理士、弁理士など士業にはそれぞれ徽章(バッジ)があります。例えば、有名なところで弁護士は、外側にひまわり、その中央に天秤がデザインされています。ひまわりは自由と正義を、天秤は公正と平等を追い求めることを表しています。では、行政書士の徽章はどのようなデザインで、どのような意味が込められているのでしょうか。行政書士徽章のマーク行政書士徽章にデザインされているマークは下の画像のような [続きを読む]
  • 悪意の遺棄とは|別居で離婚できる?
  • 離婚を考えるときに、今の自分の状況で法的に離婚ができるのかどうや、慰謝料がどれくらいになるのか、気になる方も多いと思います。今回の記事では、法的な離婚原因の一つである「悪意の遺棄」とは何かや、慰謝料が高額になるポイントについてまとめました。「悪意の遺棄」とは民法では「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と定められており、夫婦には同居をして、お互いに協力し扶助し合わなければならないとい [続きを読む]
  • ADR(裁判外紛争解決手続)とは?
  • 近年トラブルも多様化する中で裁判によらないADRによる解決が注目を集めています。今回はADRの概要についてまとめています。自身がトラブルに巻き込まれたときに有効な選択肢になりますので、是非ADRがどのようなものか皆さんに知っていただければと思います。ADRとは日々の生活の中で起きるトラブルは様々な種類のものがあるのでその中には、裁判で拘束力のある決着をしっかりつけるべきものもあれば、お互いの話し合いによって解 [続きを読む]
  • 別居中の浮気でも慰謝料請求できる3パターン
  • 別居中の浮気は不貞行為にならず、慰謝料請求できないことがあります。では、別居しているパートナーに浮気されたとき、どのようなときに慰謝料を請求請求できるのでしょうか?今回の記事では別居中でも慰謝料が請求できる3パターンを紹介します。 参考 悪意の遺棄とは|別居で離婚できる?-武蔵行政書士事務所 別居と慰謝料の関係別居をしていると通常の夫婦関係ではないと判断されてしまいます。すると、同居 [続きを読む]
  • 離婚や慰謝料請求するための浮気の証拠写真の集め方
  • 浮気をしている証拠を頑張ってつかんでも、その証拠の価値が低いものだったり、法的に無効なものだったとしたら、意味がなくなってしまいます。今回の記事では、浮気を証明し、離婚や慰謝料の請求ができるようにするためには、どのような証拠がベストであるかをまとめています。浮気の証拠についての基本知識浮気と不貞行為は違う浮気をされたときに、法的に慰謝料請求をしたり、離婚の請求をするためには「不貞行為」を証明する必 [続きを読む]
  • 任意売却とは?|通常の売却や、競売との違い
  • この記事では「任意売却とは何か」について、通常の不動産売却と、競売との違いに触れながらコンパクトにまとめます。詳細な任意売却のメリット・デメリットについては、また別の記事でまとめたいと思います。任意売却とはローンが残っている不動産を売却するにはローンを全額返済する必要がありますが、不動産を売却したとしても住宅ローンを全額返済することは出来ず、住宅ローンが残ってしまう場合もあります。この住宅ローンの [続きを読む]