craftwoman さん プロフィール

  •  
craftwomanさん: 大人の輸入雑貨、動物雑貨
ハンドル名craftwoman さん
ブログタイトル大人の輸入雑貨、動物雑貨
ブログURLhttps://ameblo.jp/craft-woman-life/
サイト紹介文大人の猫雑貨、犬雑貨、小鳥雑貨、天使、先住民のイヌクシュク、そして元気をくれるアクセサリー。
自由文フランス、ベルギーで暮らしたり、仕事でカナダに行った経験を活かし、輸入雑貨・アクセサリーのお店をしています。ヨーロッパでの暮らしやアートの話も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 21日(平均3.3回/週) - 参加 2017/12/28 20:07

craftwoman さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 部屋に置くものを決める時の6つの法則 - 2 -
  • 前回の続きです。 5 片づけやすいものどんなに好きなものでも、お部屋の模様替えをするとき、ちょっと他のものと入れ替えるということがあるかもしれません。そんなとき、あまり場所を取るものだと不便ですね。6 調和が取れるものものをいくつか置くなら、そのもの同士、またはお部屋とものとの調和が取れないと、安らぐ空間にはなりません。たくさん置いてあっても、調和が取れていれば雑然としているという印象にはなりません [続きを読む]
  • 部屋に置くものを決める時の6つの法則 -1-
  • 前のブログで、断捨離がリバウンドしないためには、余計なものを少し部屋に置いた方がいいと書きました。では、どんなものを置いたらいいのでしょう。どんなものを置いたら、雑然としすぎず、安らぐ空間を作れるのでしょうか。何を置きたいかはっきりと決まっている人は、迷わずそれを置いたらいいと思います。絶対に譲れない好きなものがあったら、それを中心に空間づくりをしていくのも手です。でも、何を置いたらいいかわから [続きを読む]
  • 断捨離がリバウンドしないために適度な無駄を
  • 前回の記事で、断捨離がリバウンドしてしまう理由について書きました。ここではもう一つ進んで、リバウンドしないためにどうしたらいいかを考えます。リバウンドしないためには、気持ちのいいごちゃごちゃ感が必要です。それも、他の誰とも違う自分らしいごちゃごちゃ感を作れたら最高ですね。その部屋が本当に自分の場所となり、くつろぐことができます。ごちゃごちゃ過ぎたらただの汚い部屋。片付きすぎたら病室みたい。このバ [続きを読む]
  • 断捨離がリバウンドする2つの理由
  • ダイエットと同じで、断捨離もリバウンドしてしまう場合があります。 リバウンドしてしまう原因は色々でしょうが、大きく二つに分けられるのでは。一つは、衝動買いなど、考えないでモノを貯めこむ習慣が再発してしまうこと。これはわかりやすいですね。もう一つは、ムリな断捨離をしてしまった場合です。ムリなダイエットが体に悪いことはよく知られています。ムリな断捨離はどうでしょうか。何を棄て、何を取っておくかという [続きを読む]
  • 夏目漱石とペット
  • 夏目漱石と言うと、猫ですね。でも、夏目漱石には『文鳥』と言う短編小説もあります。ただこの小説、文鳥が好きな方には絶対にお勧めできません。夏目漱石が嫌いになってしまうと思います。ここには大変身勝手で、ひねくれた小説家の姿が描かれています。 しかし、この小説の中の「私」とは、本当に漱石自身のことなのでしょうか。小説家と言うものは書き始めたらフィクションの世界に入ってしまうものです。小説の中の「私」が [続きを読む]
  • ペットロスから癒されるために
  • フランスに住んでいた時、近所に猫を飼っている人がいました。 放し飼いにしていて、ある日交通事故に。 フランスでも、事故に遭ったり姿を消す放し飼いの猫は多いようです。その一部は毛皮になっているという恐ろしい記事を読んだこともあります。犬も、同じ目的のために盗まれることがあるといいます。 猫がいなくなってから一週間ほど経った頃でしょうか。隣人のアパルトマンに行くと、見知らぬ猫がいます。 「弟がくれたんだ [続きを読む]
  • 世界一のクリスマスツリーに思う
  • 世界一のクリスマスツリーを神戸にというプロジェクトを立案した西畠清順さんが今朝テレビで話していた。本物の木ではないクリスマスツリーが多い。生きた植物をツリーとすることで、植物と人間との関係や命についてメッセージを発信したかった、と。私も以前から、プラスチックのツリーに抵抗を感じていた。もみの木をクリスマスツリーとするのは、北欧で始まった習慣らしい。北欧だからもみの木なのだ。それが世界に広まる前は [続きを読む]
  • 過去の記事 …