拍子木( ひょうし木 )の声 さん プロフィール

  •  
拍子木( ひょうし木 )の声さん: 聖書が言う「教会」についてークリスチャン集会所から
ハンドル名拍子木( ひょうし木 )の声 さん
ブログタイトル聖書が言う「教会」についてークリスチャン集会所から
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/kazuko746
サイト紹介文神が人を創造されたご目的とは何か?教会とはキリストの 有機的なからだであり、贖いはスタートライン。
自由文教会とは、主がかしらであり、私達が からだであるとこです。「教会」の真理を順次語って行きたい。何故なら悪魔サタンが最も恐れるのは 教会だから。教会の仕事はサタンに不法占拠されているこの「地」を奪還する事。また、創世記1章1節と同2節の間には 実は膨大な時間が存在した。創1:2の頭に接続詞があり「すると地は形がなく何も無くなった」と訳すべき。その原因は神の燃える怒りによる( エレミヤ4:23-26 )
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 347日(平均0.9回/週) - 参加 2017/12/29 22:26

拍子木( ひょうし木 )の声 さんのブログ記事

  • クリスチャン集会所から… NO.96
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ ガラテヤ2:20について ー 前編ガラテヤ2:20は、2つの点で有名である。1つは クリスチャンには周知のみ言葉で、暗記までして よく覚えているという点。しかし、2つ目、中味については何も解らない、つまり経験的には何も知らないという点で 有名な聖句である。しかし、この聖句は 絶対理解しなければならないだけでなく、実際に経験しなければ、勝利のク [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.95
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 誰も皆 自分自身の事を求めるだけで、キリスト・イエスの事を求めてはいません ー ピリピ2:21エペソ人への手紙は、永遠から永遠に渡る期間の事柄を 取り扱っている。永遠の過去において、神はあらかじめ、計画を立て、み心を持たれた。永遠の過去と永遠の未来の間において、またその時間の中で、神さまは いったい何をしようとしておられるのだろう? 神が永遠 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.94
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 主に告げる ー 後編ヨハネの弟子たちが駆け付けて来て 主に事を告げるや、彼らの問題は みな吹き飛んでしまった。例えどんな事であろうと 主に告げるなら 主はどんな事でも聞いてくださる。わたしたちの主は 天にあって どのような人に対しても同情を寄せてくださる。わたしたちのどんな困難にも 主は必ず同情を表わしてくださる。わたしたちの問題で 主の [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.93
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 主に告げる ー 前編聖書は 主が人に話しかけている処をたくさん記録している。しかし、人が主に話しかけている箇所は それほど多くはない。聖書に人が主に話しかけている箇所が2つ有る。1つは ヨハネの弟子たちが主に話している。( マタイ14:1-12 ) もう1つは 主イエスご自身の弟子たちが主に話している。( ルカ10:17 ) この2箇所は異なった絵を私たちに [続きを読む]
  • クリスチャン集会所 … NO.92
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ キリストのからだ( 教会 )は この地上で表現されるパウロは コリント人に言った。「 体が1つであっても 多くの肢体があり、体のすべての肢体が多くあっても 1つの体であるように、キリストも同様だからです 」( 第1コリント12:12 ) パウロは「 キリストも同様だからです 」と言った。言い換えると、かしらはキリストであり、からだもキリストであり、肢体 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.91
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ クリスチャンの死あるクリスチャンが亡くなった。その葬儀に出席したクリスチャンが 遺族の人にこう聞いた。「 この人のご遺体はどうしますか?」遺族の人は答えた、「 これから埋葬します。」そのクリスチャンは言った、「 その言葉は間違っています。」「 どういうことですか?」、「 この人は植えられた、と言うべきです。」 ー キリストは 神のみ前で わたし [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.90
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ エデンの園はどこにあるのか?              ー あるクリスチャンの質問姉妹たちが時々マンションの郵便ポストへ教会集会案内のビラを配っている。先日、そのビラを持って、半ば白髪で70歳代と見える男性が訪ねて来た。その日は水曜日の集会で、集会開始時間の午前10時きっかりであった。彼は かばんから小型の聖書を取り出し、「 55年版 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.89
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 賛美ほど 神のみ手を動かすものは無い ー NO.79 賛美の生贄( いけにえ ) 補サタンの最も恐れるのは 神の子たちの祈りであり、いつであれ神の子たちが 膝まずいて祈る時に、サタンは逃げ去る。だからサタンは いつも神の子たちを攻撃して祈れないようにする。これは通常の攻撃に過ぎない。実は、サタンが最も攻撃するものは 祈りではなく、賛美である。これ [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.88
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 世全体は 悪い者(サタン) の支配下にある ( 第1ヨハネ5:19 )ユダヤ人がイエスさまを殺そうとしていた時、彼らは「 イエスの血は、我々と我々の子孫の上に‼ 」と叫んだ。( マタイ27:25 ) 今日、私は イエスさまを殺した人ではないが、私の先祖がイエスさまを殺した。今日、私個人は イエスさまを殺せとは言わなかったし、イエスさまに手をかけなかった。私は2 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.87
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 愛とは長い忍耐である借りた2階の広間で 最後の晩餐は行われた。当時のユダヤ人の習慣では、例えば 人が外から家の中へ入って食卓に着く場合、門へ入るとすぐ、女の人が桶に水を入れて 玄関まで出て来て その人の足を洗い、拭き取り、その人が気持ちよく食卓に着くようにしてやる。なぜなら、当時ユダヤ人が履いていたはき物は、今日 私たちが履くような靴ではな [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から …NO.86
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 血の力フェニー博士は デトロイト市内のある礼拝堂で、数日間 説教をすることになっていた。ある晩、彼がその礼拝堂へ入る時、入口で 40代に見える いかつい顔をした男が声を掛けて来た。「 フェニー博士ですか? 」「 そうです。」、「 会が終わった後 家へ来ていただけませんか? 霊魂の事について お話したいのです。」「 よろこんで うかがいましょう。」集会 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.85
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 旧約の人々は どのようにして救われるのか?ー あるクリスチャンの質問旧約の人々は 無垢(むく)の動物を 生贄(いけにえ)として献げることによって、自分たちの身代わりとした。しかし、ヘブル10:4に「 雄牛とやぎの血は、罪を除くことができません。」とある。とすれば、旧約の人たちは、どのようにして救われたのか? コロサイ2:17に「 これらは 来たるべき [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.84
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 旧約と新約の違い詩篇18:11に「 主は闇を隠れ家とし 」とある。旧約では、神は闇の中に、即ち、至聖所の中に住んでおられた。当時 神は奥義的な神であり、人に知られたり、理解され得る神ではなかった。例えば、夜 この部屋の電気を消すなら、私たちは 誰がこの部屋にいるのか分からないように、旧約では、人々は 神について推測ができただけだった。旧約時代の人 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.83
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ クリスチャンも裁かれる ー 前々81号の続き救われること( つまり永遠の命を持つこと )と 王国での褒賞を受けることとは 別の事である。永遠の命とは賜物である。それは無代価、ただで与えられる。信ずる者には 永遠の命はただで与えられる。ロマ6:23に 「 神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠の命です 」と有る。神の賜物は永遠の命で [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.82
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 4人の女 ー 聖書はある意味で女の書である創世記の最初 1章 〜 2章は 黙示録の最後 21 〜 22章と全く一致している。それらは、時の延長の両端で 互いに向かい合っている。聖書の底には 実は一貫(いっかん)して4人の女が流れている。創世記2章ではエバ、エペソ5章では妻( 即ち教会 )、黙示録12章ではまぼろしの女、黙示録21章では小羊の妻。この4人の女は 実 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.81
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ クリスチャンが必ずしも「皆」天のみ国へ入るのではない。ー マタイ 7: 21これは 重大なみ言葉の一つである。「 わたしに向かって、主よ、主よ、と言う者がみな 天のみ国に入るのではなく、天におられる わたしの父のみ心を行う者が入るのです。」ー マタイ7:21ここで主は、主よ、主よ、と言う者、即ちキリスト者は、基本的に天の王国に入るが 「みな」では無い [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.80
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 信仰が賛美を生む詩篇106:12にこう有る。「 そこで、彼らは みことばを信じ、主への賛美を歌った。」これはイスラエル人が、荒野にいた時の情景である。彼らは 信じたので歌った。また彼らは信じたので賛美した。賛美には、信じるという基本的な内容が有る。口から出まかせに賛美することはできないし、気ままに「 主に感謝します! 主を賛美します!」と言う [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.79
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 賛美の生贄( いけにえ ) ー ヘブル13:15ー 前号の続編人に裏切られたり、逆に人を傷つけてしまったり、欺されたり、理不尽にされたり、根拠もなく非難されたり、吊し上げられたり、内側で我慢できないとか、どうしても赦せないような事がある。事実ではない事が 尾びれまで付いて人の噂になったり … 教会の中と雖(いえど) も、否 むしろ聖書の「 教会 」を [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.78
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 賛美ほど 主のみ手を動かすものは無い ー 第ニ歴代志20章20-22「 こうして、彼らは翌朝早く、テコアの荒野へ出陣した。出陣の時、ヨシャパテは立ち上がって言った。ユダおよびエルサレムの住民よ。私の言うことを聞きなさい。あなたがたの神、主を信じ、忠誠を示しなさい。その預言者を信じ、勝利を得なさい。それから、彼は民と [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.77
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 神はなぜ あなたやわたしをクリスチャンとしたか。たとえ「 教会 」が 一軒の家に集まっている一握りの単純な町の聖徒たちに過ぎないとしても、彼らが 自分自身をキリストのからだの現れとして キリストの中に見るなら、そして主のみ前に 自分たちの弱さを告白し、主の知恵と力を要求するなら、主はその側(そば)におられるのである。「 二人でも三人でも、わ [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.76
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 天の主は罪人を歓迎される主イエスは言われた。「 わたしが来たのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである 」( マタイ9:13 ) 主イエスはまた言われた、「 人の子が来たのは、失われた者を尋ね出して救うためである 」( ルカ19:10 ) もしあなたが 自分は罪人であり、失われていることを認めるなら、主は あなたを救われるであろう。あなた自身を罪人の [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.75
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ(文字を )◎ 神の力使徒2:24に、「 また神の力強い大能の活動に従って、神は、その力強い大能をキリストの内に働かせて、彼を死人の中から復活させ … 」とある。この一つの力は、キリストを 死人の中から復活させることができた。復活は、死がイエス・キリストを拘束することができず、死が彼を止どめることができなかった。今まで 誰一人死んで新しく生き返った人はいない [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から… NO.74
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 神に近づくことができる唯一の根拠ヘブル10:19に「 兄弟たち。私たちは、イエスの血によって、大胆にまことの聖所にはいることができるのです 」とある。このみ言葉は、私たちが神の前に来る唯一の根拠とは、イエスの血であると言っている。うまく出来ることや、熱心や、霊的経験などによって 神の前に来る資格を持つとか、神に近付くにふさわしくなるとか、 [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から … NO.73
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字を )◎ 謙遜最も高い方だけが、最も遜(へりくだ)ることができる。4つの福音書を読む時、主イエスの全生涯の謙遜の生活を見る。彼のへりくだりの最も美しい面は、彼が被造物と共に働かれる事と、被造物を彼のみ業(わざ)の道具として 用いられることだ。主イエスは創造主である。彼は 無から有を創造する事ができる。彼が何かを語るや否や、それは成る。彼の言葉は 完全で [続きを読む]
  • クリスチャン集会所から …NO.72
  • にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ(文字を )◎ 主に触れる第ニコリント5:16に、「 ですから 私たちは、今から後、誰をも 肉に従って知ろうとはしません。たとえ キリストを肉に従って知っていたとしても、今はもはや、彼をそのように知ろうとはしません。」とある。パウロは 肉によってキリストを知っていた時、ことさらに ナザレ人イエスの名を攻撃し、主の弟子たちを苦しめた。しかし、神が御子を パウロ [続きを読む]