y さん プロフィール

  •  
yさん: スカッ晴れ♪
ハンドル名y さん
ブログタイトルスカッ晴れ♪
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bourbon1021
サイト紹介文60代ジジイの命尽きるまで#
自由文今更足掻いても手遅れだけど生きた証の独り言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供536回 / 292日(平均12.8回/週) - 参加 2017/12/30 10:41

y さんのブログ記事

  • きょうは此れで日が暮れた。
  • 緑の茂みの中に*+きょうは通院日で、当日検査の採血をしてその結果が出るまでと診察を待つ迄の時間約三時間ほど、周辺を歩き回りました。二軒の住まいが隣り合わせで住所名や番地が変わるところがありました。三時間ほど待って、いよいよ診察の順番が来て5分ほどで診察終了〜〜〜ぉぉ。PM2時過ぎ、ちとぶらつこうかとウロウロプリンセストヨトミに出て来た空堀商店街を抜け高津神社近くになって墓参りでもするかと辿り着いたの [続きを読む]
  • 只今公開中 映画
  •   判決、ふたつの希望 映画 公式サイト ??レバノンとフランス合作の作品らしいですが時間が合ったので観て来ました。客席には30人弱ほど居られたでしょうか。他に上映されている娯楽系の軽めの内容の中で、これほど入るとは思いませんでしたが嬉しかったです。レバノン人であり、難民のパレスチナ人を快く思わない短気なトニーと違法就労でありながら工事現場の有能な管理監督であるヤ―セル。日常の中で起こった、この二人 [続きを読む]
  • カネ出せと脅迫された?
  • あんたの秘密を知っていると脅迫メールが届きました。翻訳ソフトの日本語訳にした文章ですね。そりゃ叩けば幾つかの埃が出て来る私ですがカネを払って口止めを願うほどのものじゃない。皆さま、御用心!!===================こんにちは!私のニックネームはlewesXXです。私は半年以上前にこのメールボックスをハッキングしました (あなたはこの手紙をあなたから受け取った),私が作成したウイルス(トロイの木 [続きを読む]
  • ここは人情釜ヶ崎?
  • 先日、ふらふらと町の様子を眺めながらチャリで走っていると西成区の旧釜ヶ崎地域に入り、あいりん労働福祉センターの前を通り抜けた。この辺りの労働者の様子は昔と変わらない。真昼間に路上で寝入る者、座り込んで酒を呑んでいたり様々な光景が今も続いている。西成警察も暴動に備えてか、要塞のような造りで立っている。そういえば、ジョン・カーペンターに要塞警察なる映画があったな。店主がドラマーでもある立ち飲みの難波屋 [続きを読む]
  • その手には乗らない
  • こちらのPCでは最近に出だしたけれど、既に広くブログに書かれているのかな?を知らずに書きますが。Googleの名を語り、ご当選おめでとうございます。そんなタイトルで誘い込む内容がいきなり画面に飛び出す。なにひとつ応募したこともないのにあちらさんから当選だなんて世知辛い此の世の中に来るわけが無い。相手になどせずに直ぐに消すのだが、其の後も度々と「お誘い」ページが開くのが続いている。まさか、こんなのに [続きを読む]
  • ウイスキーがお好きデス〜?
  • 新婚時代、サントリーローヤルが封も切らずに一年放置していた。現役時代の若手の頃は、オールド全盛時代が続きやがて、リザーブに変わった。キリンのロバートブラウンを揃えた店もあった。貰ったローヤルを呑まずに放置となったのは、現役の頃に呑み回るウイスキーが中々身体に馴染まずにいたから帰宅して迄、呑みたいと思わなかったからだ。オールドを呑んではモドスモドシテハ呑む、こんな贅沢な繰り返しで先輩達に酒を覚えさせ [続きを読む]
  • モネにサクラに
  • 午前は幼稚園の祖父母参観日でした。孫との学級別対抗おはじきを使っての玉入れとかボールリレーとかで過ごす催しでした。NHKの朝ドラを毎日観るなんて事はないのですが前回の、「半分、青い」の最終回に至る何回かはドラマの間を全く知らなくても感動的なものでした。中村雅俊が今は亡き人として描かれる流れに他人事ではありません。きょうの参観日も、やはり祖母さんが多く祖父さんが少ないのですが、この祖父さん達も奥さん [続きを読む]
  • 孫娘の運動会
  • きょう、スポーツアリーナを借り切っての幼稚園の運動会がありました。二階観客席から、それでなくても小さな年少組で、はしゃぎまわる子達を望遠カメラで追っていました。私の幼稚園の記憶は親の事情で途中からの入園だったのか、正門から帰ってゆく母を呼んで泣いているときの自分の様子です。かなり真剣に親が離れてゆくことに(ただ、預けて数時間後に迎えに来るんですけどね)親に棄てられ永遠の別れのように思えたのでしょうか [続きを読む]
  • 尾畠さんの延期
  • 行方不明の児童を見つけ出し全国各地へとボランティアで駆け回る尾畠さんの著とする出版物が発売延期らしい。その理由について我々が云々と発言することではない。彼へのインタビューを文に起こす方が居て編集されたものだろうし、実際にペンを持っての著作では無いと思う。印税なども一切不要だと言われているようで、その辺りの考えの相違だろうか。来たる東京オリンピックでもポランティアに対して組織側の都合の良さが露見して [続きを読む]
  • こっそりと・・・
  • また、お見苦しい面体顔出し、致します。休止宣言から、ぷっつりとアクセスが切れたら止めれるのに、其の後毎日に100を超えるアクセスがあり有難いことです。中には、もう止めただろうなと確認に来ている方が99人かもしれませんが・・・今日の大阪、青空ながら陽射しが暑い一日で暮れました。東方面に私用があり流れました。5〜6歳が乗るようなチャリですがちびっこライダーがイッチョ前に路上駐輪し鍵迄掛けております。来 [続きを読む]
  • 司馬遼太郎記念館
  • しばらく、ヤメタと言いながら気楽な更新をさせて下さい。先日、通りかかったところです。安藤忠雄氏設計。近郊にあるレトロ外観な床屋さん。以前は前を通っても気付かないような地味な日本家屋でした。歴史を書き続けた司馬さんが大阪城が眺望できる国立病院で亡くなられてから周囲一角を買い取り、安藤忠雄氏設計の記念館を残されました。大阪に執着された大作家に敬意を感じます。 [続きを読む]
  • 有難うございました。
  • 更新する気が失せて来て、しばらく休止します。充電出来たら、また舞い戻ろうかな。本も読まなきゃ、映画も観なきゃ音楽も聴かなきゃ、旅もしなければ、知らない町を歩かなきゃ、自然の中を通り抜けなきゃネオンの町も偶には覗いてカラオケだって行かなきゃなにより元気に走り回らなければ充電させる為に興味を失わず関心を持ち続けて、なにごとにも挑戦して意欲深く生きたいですね^^そんな合い間に生きている証に更新します。 [続きを読む]
  • 名画座「ペンタゴン・ペイバーズ」
  • 映画「ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書公式サイト??第二次大戦以前のベトナムはフランス領でありインドシナ連邦の一角として存在したのですが、仏が降伏し日本が進駐するようになりました。そして日本が降伏し1945年9月にホーチミンを軸としたベトナム民主共和国が樹立されます。ところが即座にドイツに降伏したのに運よく戦勝国に名を連ねられたフランスは南部を支配しようと画策します。そして欲を出して北部まで制圧しよ [続きを読む]
  • 秋に流されて
  • また台風が週末に来るかもしれないとニュースで予報している。そして合間のCMでは認知症保険なるものがPRされている。身内に認知症が居られて我が身が心配で加入される方たちが居られるのかな?それにしても人の心理の弱みに入り込む経営戦略は虎視眈々と裾野を広げている。きょうは時おりにニュース速報が入っていたが、誰それが、なんとか大臣になったとかだった。速報するほどの政治家がいるのか??昔感じた内閣の重みを全 [続きを読む]
  • 話題映画「まともな男」
  • すっかりと秋してきましたね。今夏が酷暑となったぶん、深秋の紅葉が見事になるらしく、旅の案内も賑やかな様相です。暑さに気をとられたぶん時が早く過ぎた感じですが、今度は短い間の紅葉に気をとられて雪が降る頃になるのでしょう。 映画「まともな男」公式サイト??家族そろってスキー場に行こうと始まるスイスの映画があります。妻と中学生の娘と三人、友人の住まいを借りて数日過ごす、娘はスノーボードに妻は小説を書く環 [続きを読む]
  • 貴部屋が消えて無くなった(´;ω;`)ウゥゥ
  • 先代の貴乃花が生きていれば、今年で68だから現在生きていても話題にもならない年齢だけに何かにつけ、生きていてくれたらなぁ〜と残念でならない。いつでも来てくれたら会う用意はある。日曜にも出ているとか、自分たちの正当性を露骨に主張して、話し合いに来ないアイツが悪いとでも受け取れる会見を協会側がしているが相変わらず能の無い協会の対応だなと感じる。部屋の消滅、居なくなったんだな・・私は貴乃花を支持するけれ [続きを読む]
  • 沖縄選挙に思うこと
  • 十月になってしまいましたね。暑い暑いに気を取られている間に時は刻まれ続けて今年も終盤に向かっています。池井戸の原作をドラマ化して話題になった「下町ロケット」も新しい章が始まるそうで、あのいつもの演出が繰り返されるのかと思ってしまいます。あのドラマのように、いい製品を生み出しても受け入れてくれる相手が居ないと、無用の長物でしかありません。そういう意味では、戦後復旧の為に米国が我が国に与えてくれた購買 [続きを読む]
  • 紅燃ゆる寮歌が似合わなくなるぞ!
  • 九重に 花ぞ匂へる千年の 京に在りて・・・と歌われる京大学歌は一般には知られないが紅もゆる岡の花さ緑匂ふ岸の色都の花にうそぶけば月こそかかれ吉田山と歌われた寮歌は広く知られている逍遙の歌 紅もゆるを歌いたいがために三高を目指した学生も多いことでしょう。百年を越える建造物である吉田寮の耐震問題を盾に学校側から出された退去命令が今日の9月30日となっています。ニュースを見ていませんが、この台風が迫り来る [続きを読む]
  • 名画座「ベロニカとの記憶」
  • 男の身勝手な映画の一つと言えるでしょうか。 「ベロニカとの記憶」公式サイト??唯一無二なタイプとなるでしょうかジャケットに女優シャーロット・ランプリングが出ているのに気付き映画の内容は全く知らずに観ました。シャーロットが好きだということもないんだけれど何故か気になる女優さん。かと言って彼女の話題作となるサスペンダーの上半身裸体になった「愛の嵐」は観ていない。ハダカでオイラは呼べないぞ。衣装で呼んで [続きを読む]
  • ナイスガイ!村田修一
  • プロ野球界で今年も多くが籍を失くし居なくなる。球界に入れない選手が山ほど居る現実の中で一度でもユニフォームを着れたのは幸せな事だけど、我々一般は関心のある選手が居なくなることが寂しい。年々と名と背番号を知らない選手が増えてゆく現実の中で消える選手、私にとって、その代表は引退を宣言した村田修一となる。何度も思い返す場面では西武からヤクルトに移籍した好打者、鈴木健の最後の打席の際に三塁側に打ったファー [続きを読む]
  • また台風だ〜=3
  • かなり強い勢力の台風が来るとの予報、備えるのに雨の小休止の間に、ビール純米酒にナッツ類とか仕入れて来た。tubeのカラオケでも使って宴会気分で対処やり過ごしをしようじゃないか。(被災の恐れのある方には不謹慎を詫びます)先の台風ではゴミ箱のフタが行方知れず上海帰りでは無いけれど、どこに消えたかフ〜タ♪と呼び掛けているが帰って来ない。昨日書いた「坂道のアポロン」の余韻が残っている。清々しいドラマだった。(き [続きを読む]
  • 名画座「坂道のアポロン」
  • 原作は評価の高かった人気コミックですが、映画では実写版となっています。主な登場人物である若い世代の3人に泣かされるドラマでした。3人を繋ぐものは、Jazz。 坂道のアポロン 公式サイト??若き医師が数人の子供たちに囲まれてピアノを弾いてとせがまれる。医師は幾つかの音を弾き始める。モーニン/アート・ブレーキ―&ジャズメッセンジャーズ??あの急な坂道を上がって、あいつと出会った。物語は一気に1966年にさ [続きを読む]
  • 貴乃花は侠だ。
  • 痛くも痒くも自ら背負って今後を生きるそう言って身を退くのだから事の真実を知らない半端な我々一般が四の五のとかとやかく言えるものでは無い。まして批判などできるものではない。弟子に対して無責任なる指摘は事の本質ではない。それは信頼できる方に任せられる。明るく温和で義理堅い親方の下で、現実には現在よりも良くなる。弟子が可哀そうだとの指摘は、ただ貴乃花を無責任と批判する思考回路からの発信でしかない。ロクで [続きを読む]
  • なんだかなぁ・・・
  • 昼のニュースとTVを点けるとフジテレビでは相撲協会付ガイドの横野が出ていて気持ちが悪くなり〈アベノハルカス、あら映画観放題な??ホテル〉かと言っても貴乃花の話題は棄てられ無いから恵にチャンネルを変えた。弁護士が法の解釈で作り上げた理屈でひとりの親方を追い込んでいる様子やそれをシメシメと眺めている相撲協会の面々が思い出されて嫌気が差す。(落合上渡船場、久しぶりに乗船)なんだかんだと、嫌気が差してきた。 [続きを読む]
  • 嗚呼、貴乃・・・華
  • >7月の協会理事会で、全ての親方は>5つある一門(出羽海、二所ノ関、>高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれ>かに所属することを確認。こんな規約を新しく作って締め付けるらしい相撲協会。組織維持に数人が雁首揃えてアレコレと考えたんだろうな・・・当然、貴乃花は居難くなる。退職の意向を感じると報道にある。なんだかんだと言ったところで「決まり事」で押し通される。幸いなことに貴乃花は人気があるから食いハズレは無い [続きを読む]