ミィ さん プロフィール

  •  
ミィさん: 不倫の孔に堕ちました
ハンドル名ミィ さん
ブログタイトル不倫の孔に堕ちました
ブログURLhttps://ana-furin.muragon.com/
サイト紹介文ダブル不倫を続けるミィの心情を隠すことなく書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 172日(平均3.6回/週) - 参加 2017/12/30 11:30

ミィ さんのブログ記事

  • 我慢など絶対にしない
  • カシが私を邪険にするなんて、、、、とお怒りモードの私。 (いっそのこと別れてしまおうか、、、。) そんなことを考えながらいると、勘の鋭いカシは何か感じるものがあったのかもしれない、私にラインを送ってくる量が多くなった。 ーーーーー カシ「今帰ってきたー。」 カシ「ミィの声が聞きたいよ。」 ミィ「お仕事お疲れ様です。」 ミィ「今、ワールドカップ中だよ。」 カシ「観てるの?」 ミィ「観てるよ。」 カシ [続きを読む]
  • 逆転現象
  • 私は何か月前から原因不明の蕁麻疹に悩まされるようになった。 無理をするのが大好きでマグロのように止まると死んでしまうような性格の私。 ざるのようにお酒をのみ、睡眠時間を削り、身体を酷使してしまう。 広範囲に痒みがあるというのは結構なストレスであるが、皮膚科に通っているがなかなか治らず、自分の身体に優しくしてあげないといけないなぁと反省している。 ーーーーーーー こんな自業自得の私を心配してくれるの [続きを読む]
  • 嫁が天然でさ
  • カシと電話している時に、カシが気を許して奥様の話をしてしまうことがある。 ーーーーー カシ「嫁は3姉妹でお母さんとともにみんな天然なんだよね。」 ミィ「そう、、、、。」 ーーーーー カシ「親戚が集まると、嫁しか動かないんだよ。」 ミィ「まぁ、長男の嫁はそうするのが当たり前だと思うけどね、、、。」 ーーーーー 奥様の話は一言でも破壊力抜群。 カシの中の自分の価値が知りたくなって、カシの前から姿をくら [続きを読む]
  • コテージに誰と行くか
  • 海沿いに建つコテージ。 前に遮るものがない絶景のコテージで、お風呂から海が見える。さらに最近建ったばかりなのですごく綺麗かつ安いという知る人ぞ知る穴場コテージ。 子供達が合宿で家にいない日に偶然1棟だけ空きがあることを発見した私はすぐに予約した。 (カシと行こう!!!!) そう思ってテンションMAXでカシに言うと、「ご主人が単身赴任先から帰って来たらどうするの?」といういつも通り冷静なご回答。 う [続きを読む]
  • 倦怠期じゃないかとグズグズ言ってみる
  • カシと一緒に軽く飲みに行った。 そしてカシに倦怠期じゃないかと難癖をつけてみる。 ーーーーーーー ミィ「最近、カシが倦怠期なんじゃないかって心配してるの、、、。」 カシ「え?!?!なんで????そんな感じするの?」 ミィ「なんとなく、、、、昔はなんでもいいよいいよだったのに、最近はダメダメ言うし、、、。」 カシ「それはミィの取扱説明書が俺の中にできていて、ミィがそれをしたら失敗することわかってるか [続きを読む]
  • 駆け引きしたら最後ミィはいなくなってしまう
  • お部屋デートの時、カシはこう言った。 カシ「ミィって諦め早いよね。元カレに関してもすぐに諦めて別れてしまったよね。」 ミィ「そうなのかなぁ???」 カシ「そうだよ、引き際があっさりしすぎてて、みんな面食うんだよ。それで追いたくなるんだよ。その上、復縁は基本不可能だし、、、、。」 ミィ「引き際って、、、だって元カレだって別れることに了承してるんだし、逆にグズグズするのは迷惑だろうなぁって、、、それに [続きを読む]
  • 私に飽きたのかしら???
  • カシと花菖蒲を見に行って、お部屋デートへ。 カシはガルガルモード。 でも、、、、、会った当初に比べて、お部屋デート中のエッチ回数がね(笑)少なくなりまして。 回数が少ないと、 (あれ?もしや私の身体に飽きちゃった?) と不安になって。 不安になってもこんなナイーブな話、絶対にカシには言えません。 でも回数が多くなくても、カシがバックハグしてくれてお笑い番組を見たり映画を観たり。 私が振り向くと必ず [続きを読む]
  • どうか私を忘れてください
  • 元カレには10ヶ月前私から別れを切り出した。 私は元カレのことが本当に好きだったため、何度も自問自答し、それでももう彼と付き合っていくのは難しいという気持ちが変わらなかったため別れた。 自分の中で別れた理由が整理できていたため、別れた後に元カレを思うことがあっても (いやいや、あれ以上付き合うの無理だったわ、どう考えても、、、。) と感じ、別れたことに全く後悔がなかった。 元カレの未練のあるメール [続きを読む]
  • ひん剥きたい衝動
  • カシが最近私に言った。 カシ「俺さ、最近、今までで一番性欲があるんだよね。若い頃よりも今が一番あるの。」 ミィ「へぇ、そうなの?」 カシ「うん、だからミィに会うと毎回ひん剥きたい衝動にかられるの。」 ミィ「えぇぇぇ、、、。」 カシ「いつもひん剥きたい右手を抑えてるのが左手で。ミィの胸をサワサワして落ち着かせてる。」 ミィ「(笑)」 ーーーーーー 私の親友からはこんな話を。 親友「カシ君さ、さわやか [続きを読む]
  • 親友の警告
  • カシと私、お互いの親友を紹介することになった。 私達の思い出のバーで。 私の親友は、私と同じ歳だが美魔女の中の美魔女。ただし性格は、男よりも男っぽく本当に魅力的な人だ。 カシの親友は、すごく優しい感じの人で、「いい人」が顔に表れている今時珍しいタイプだった。 そんな中でバーのカウンターに4人並び、カウンターから見える川を眺めてリラックスしながら私達は談笑した。 私の親友は、カシが私をからかうと、す [続きを読む]
  • 元カレからのメールと上書き保存
  • 研究者の元カレとは8月に別れた。 その後、荷物の受け渡しで連絡はしたものの、会うことはせずに10ヶ月ほどの期間が過ぎた。 その研究者から突然のメールがきた。 私のことをまだ変わらず好きであること。 そして、私に連絡をする大義名分を探していたこと。 大義名分として、私に仕事の依頼をしたいとのこと、、、、が書かれていた。 なんとなく元カレから連絡が来る気がしてた私。 もし元カレから連絡が来たらあんなに [続きを読む]
  • 涙がポロポロ
  • いつもの電話の時間になった。 (そろそろカシがまた電話してきてしまう、、、。) そう思った私は、カシとはもう電話はできないこと、そして元カノを忘れさせてあげられない私はカシに相応しくない人間であることをラインで伝えた。 とにかく全く気持ちが整理できていない状態でカシと電話はできない。 しかし、そう伝えたのにカシから電話がかかってくる。 私はカシからの電話に驚いて、思わず拒否ボタンを押して切ってしま [続きを読む]
  • 元カノの動画
  • 今週末はお祭りが開催された。 カシは同僚多数とお祭りのお手伝い。 カシの同僚はお揃いの浴衣を着て行列を作り踊りながら大通りを練り歩く。 カシはその行列の写真を撮る係だったらしい。 カシは私に携帯で撮った行列の動画を送ってくれた。 ーーーーーーー カシ「今日はお祭りだったよ。動画見てごらん。みんな踊ってるよ。」 ミィ「うん、ありがとう、見てみるね。」 カシ「・・・今日は元カノも来ててさ。」 ミィ「え [続きを読む]
  • 墓穴を掘る質問
  • 最近お互いの配偶者に触れたかという話になった。 ーーーーーーーー カシ「俺は、息子をおびき出すために嫁に触ったかも。」 ミィ「?????。」 カシ「小学生の息子が嫁を大好きで、俺が嫁に触ると怒ってやってくるんだよ(笑)。だから息子をおびき出すためにわざと嫁に触るの。」 ミィ「・・・・。」 ミィ「・・・・。」 カシ「ミィは???ミィはいつ触られた???」 ミィ「うーん、、、主人が欲求不満みたいで、、 [続きを読む]
  • この歳でも水族館は楽しい
  • カシと水族館デートに出かけた。 私はこの歳で水族館なんて楽しいのかしら、、、と内心思いながらカシについていく。 水族館に入り、最初に遭遇したのがペンギンのお散歩。 5匹のペンギンが飼育員さんに連れられて歩いているのをみて、少しテンションが上がる。 (ペンギン、歩き方可愛い、、、。) 次は水槽の中で優雅に泳いで私の近くに顔をおしつけてくる大きな大きな亀を見つける。 そんな亀を見た瞬間に、テンションが [続きを読む]
  • 木の妖精?
  • カシの野球の試合に行ってきた。 私の想像では、グラウンドの周りに観客席がありポツポツと人が座っているイメージだったが、当日行ってみると観客席はなく、観客もおらず、私が観戦すると目立つというすごく居づらい状態だった(笑) グラウンドのバックネットの端にそっと立っていると、カシがグラウンドから私に電話をかけてきた。 ーーーーーー カシ「そこにいるのはミィでしょ?」 ミィ「そだよ。すごく居づらいよぉぉ。 [続きを読む]
  • 可愛い格好をして
  • 身体を動かすのが好きなカシは、草野球チームに入っている。 5月に入って、草野球のシーズンがやってきた。 カシは毎週のように早朝野球をしている。 今週の日曜日は、草野球チームが集まってトーナメント戦が行われるらしい。 ーーーーー カシ「ミィ、今週末は野球の試合なんだよ。」 ミィ「そうなの?カシはどこを守るの?」 カシ「ピッチャーか外野かなぁ。」 ミィ「へぇ、、、カシが野球してるところ観てみたい??」 [続きを読む]
  • 夜の主導権と昼間の主導権
  • 私はカシと付き合って驚いたことのひとつにカシはセックス時の奉仕精神がありすぎることが挙げられる。 外でも中でもいったことがないという私の全身を丁寧に丁寧に舐め回し、私を気持ちよくさせてしまう。 そんな丁寧に焦らされたら、もう白旗あげますという感じで、私は完全降伏してしまう。 そう、、、夜の主導権は10割カシが持っている。 この夜の主導権は、必ず昼間の主導権に影響を及ぼす。 付き合った当初は、私が主 [続きを読む]
  • 帰ってくるのを喜ぶとはありがたい
  • 主人と私の関係、一時期は険悪な状態にあった。 でも主人が単身赴任となりカシと付き合うようになってから、私は主人に寛容になった。 ただそれは表面的に主人に優しくなっただけで、私の中で主人への興味が失せてなくなってしまい、興味がないから喧嘩する必要もない、そんな感じに変わっていった。 こんな私の内面の変化に主人は薄々気がついているようだった。 主人への気持ちの熱量が下がっていること、それは私がどんなに [続きを読む]
  • サイト否定派と不倫否定派の親友
  • カシと私、2週間後にお互いの親友に会うことになった。 カシ、カシの親友、私の親友、私の4人で。 会う理由は紆余曲折あるため、後日整理して書きたいと思うが、簡単に書くとあるイベントにカシと私と私の親友が参加することになり、それじゃあカシの親友も参加したらどうかという話になった。 カシが親友にイベントに参加するかしないかを確認した時、親友は私と私の親友を不審者のように発言し、自分の名前を私達に明かさな [続きを読む]
  • 二重人格
  • 不倫をされた夫や妻のブログを読むことがある。 サレ夫はシタ妻を非情に切り捨てて離婚。 サレ妻はシタ夫に寛容に対応して再構築、、、が多い。 サレ妻のブログを読むと、 (こんな男となんてさっさと離婚すればいいのに、、、、奥さんがいて若い子に手を出す夫なんて本当にひどい、、、) と考えて、はたと気がつく。 あー、私も同じことしてるんだった、、、。 私は全く現実味がない、不倫していることに。 夢見ているよ [続きを読む]
  • カシ V S ストーカー
  • 私は紳士的なストーカーに不思議な感情を抱くようになった。 紳士的なストーカーから長い間、無償の愛を受けた結果、もしも紳士的なストーカーがいなくなると考えると、好きとは違う、見守ってくれている人がいなくなるようなそんな複雑な気持ちになって、不安定になった。 ・・・私は構ってちゃんなの? ・・・カシがいても他の誰かに愛されないと満足できない足るを知らない人間? ・・・私、、、疲れてるのかな? 断っても [続きを読む]
  • 動画は一石二鳥
  • ビデオをよく撮る私。 旅行中の動画はもちろんのこと、カシの食べてる姿や寝ている姿、笑っている姿もちょこちょこ撮った結果、たくさんの動画が思い出として残っている。 その中で一番大好きな動画は、カシがアップで映っていて笑いながら私に突っ込みを入れているもの。 景色を動画で撮りながらたどたどしく景色の説明をしてる私と、私の説明のたどたどしさに思わず笑って突っ込むカシ。 この動画を観ると本当に幸せな気持ち [続きを読む]
  • ミィの中に
  • 久しぶりにちょっといやらしい話を。 カシと抱き合うと、カシが私に言う。 「ミィの中に出したい。」 私達の関係でそんなこと絶対に無理でしょう、、、とその言葉を聞いて私は目を丸くし、基本的に真面目なカシがそんなこと言うなんてすごく意外、、、、と思ったが、その後カシはアナルセックスを楽しむようになり、カシの希望は叶えられるようになった。 私は、排泄物を出すところに何か入れるなんて絶対身体に悪いとわかって [続きを読む]
  • ポリアモリーとの違い
  • ポリアモリー、これは同時に複数の人を愛する恋愛の形で、当事者全員が合意のうえ複数の人と関係をもつ恋愛の形。 私は時々ポリアモリーの記事を読む。 そして、どうしてポリアモリーの恋愛の形は許されて、不倫という恋愛の形は叩かれるのだろう、、、と考える。 不倫は、訴えられれば法律上は民法709条の損害賠償を負う。 それは、妻または夫としての権利を不倫という行為により侵害したから、その損害を賠償しなさいよ、 [続きを読む]