超残菊 さん プロフィール

  •  
超残菊さん: やっぱりカープがナンバーワン❗
ハンドル名超残菊 さん
ブログタイトルやっぱりカープがナンバーワン❗
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/popeyecocoa/
サイト紹介文カープを応援するブログ
自由文関西在住のカープファンで眼科医です。
現役時代のポジションはセカンド。
甲子園によく出没し、たまにズムスタにも。
山本浩二・衣笠祥雄の時代からカープファンで、高橋慶彦が大好きでした。
歴代投手では大野豊。
前田智徳の引退は本当に辛かったです。
今は菊池涼介推しです。
よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 295日(平均3.0回/週) - 参加 2017/12/30 15:58

超残菊 さんのブログ記事

  • 2年前の忘れ物を取りに行け??
  • CSファイナル第三戦??先発はV9の胴上げ投手九里亜蓮??九里はすっかり頼もしい男になりました。ここ一番の大舞台??リーグ優勝がかかるゲームでの快投に続いて、CS優勝がかかる今日のゲームでの素晴らしいピッチング??『緊張しなかった』というこの男が、祐輔を抑えて、第三戦に抜擢されるのも納得ですね。新井が言うところの、『家族』のようなカープには、チーム内での競争がしっかりあります。そんなチームは強い??カー [続きを読む]
  • 広島カープは家族一丸??
  • CSファイナル第二戦??流石大舞台??クリス・ジョンソンと田口麗斗の投げ合いは、両投手一歩も譲らぬ息詰まる投手戦??クリスが打順二回り目までノーヒットで抑えると、田口は初回の丸のヒット1本のみで、二塁さえ踏ませないピッチングで応じました。両チーム無得点で迎えた6回表??坂本がジャイアンツの初ヒットとなるセンター前ヒットで出塁??続く田中俊太の当たりは高いバウンドのショートゴロ??兄の広輔が自らベースを [続きを読む]
  • 帰ってきたカープが見せたのは、らしさ満載のカープ野球??
  • CSファイナル第一戦??9日振りに帰ってきたカープは、カープらしさそのまま??ファンの心配や、自分たちの調整への不安も一蹴してくれました??そのゲームの中心にいたのは、我らが大?良大地??そして、その好投に応えた若き4番、鈴木誠也でした??これが長期で闘うレギュラーシーズンと、短期決戦のポストシーズンの違いなのでしょう。初回、大地は明らかに全力で入っていました。1回表、ジャイアンツの先頭は1番坂本。その [続きを読む]
  • 143分の143の日??
  • カープ、143分の143の日??カープとDeNAにはスタメンオーダーにくっきりと色の違いが出ていました。カープは今日の勝利を目指しながらもCSを睨んで、いつも通り??CSのためには3戦全勝が必要なDeNAが、いつもとは全く違う、1番筒香、2番ソト・・・あからさまなタイトル狙いのこのオーダーはちょっと疑問。DeNAはこのゲームを除いて後2試合・・・やるなら、次のゲームからにして欲しかった。カープ、今シーズン最終戦のプレイボー [続きを読む]
  • 誠也が見せた4番の風格??
  • 決めたのは心優しき若き4番??『最高で〜す??』といつもの調子で始めたヒーローインタビューで、誠也はこう言いました。『今日はライトスタンドに少年野球の子供達がいたので、その子達の前で打ててよかったです。』やはり、選手は、ファンを見ています。苦しいゲームでも、いい展開のゲームでも、スタンドのファンの後押しはいつもいつも感じてくれている。そう思いました。メッセンジャーをそう苦手としないカープですが、今 [続きを読む]
  • それぞれの10月??
  • この話題に触れないわけにはいきません。赤松真人??現役続行です??早朝に飛び込んできたこのニュースは本当に嬉しかった。『自分のためだったらとっくに辞めている』そう語った赤松は、誰よりも早く4連覇への思いを口にしました。みんな、赤松の一軍復帰を待ち望んでいます。競争の激しいカープにおいて、一軍の28人の枠に入るのが相当厳しいのはもちろん、支配下登録の70人の枠に入るのも大変なことですね。そう、10月は別れ [続きを読む]
  • 敗戦から学ぶこと??
  • 台風で、セ・リーグの2試合が早々と中止になる中、東京ドームではゲームを開催??現地ファンの帰り道が心配ですが、やるなら、絶対か〜つ??大地のピッチングを全力応援です。対ジャイアンツ24回戦 @ 東京ドームの試合開始です。1回表のカープの攻撃。ジャイアンツの先発はメルセデス。先頭は1番田中広輔、初球を打ってファーストゴロ、ワンアウト。2番菊池涼介、2-2からの5球目を打ってサードゴロ、ツーアウト。3番丸佳浩、三 [続きを読む]
  • カープが誇る得点力??
  • 7失点よりも8得点??菊池と誠也が戻ったスタメン、そして、対左で試したサード小窪、ジョンソンではないですがキャッチャーには石原。ピッチャーをしっかり試しながら、最後はこのルーズベルトゲームを制しました??5回表、1点ビハインドでもしっかり盗塁を決めた広輔??3回に通算250犠打を決めた菊池が、ここはフォアボールで繋ぐと、3番丸は今日2つ目の四球を選んで、シーズン125四球で歴代7位の王貞治に並びました。これで、 [続きを読む]
  • 海星 & 翼??
  • リーグ優勝決定から2日??逆転のカープは健在でした??昨日に引き続き、菊池と誠也を欠くスタメン、そして、今日も龍馬をファーストで起用しました。先発の高橋樹也は、前回同様、立ち上がりの初回に失点??来季に向けての課題は明確です。追い込んでいても、ラストボールが甘くいくと、それを許してはくれません。プロ初勝利はお預けとなりましたが、逆転してもらっての勝利にならなくてむしろよかったと思います。樹也には、 [続きを読む]
  • V9を決めた九里の熱投??
  • やはり、野球の神様はいました??そんな気持ちになった初回の攻防??しかし、導かれるように、その力を存分に発揮したのは、カープ選手全員??明確な対戦相手をマツダスタジアムに迎え、選手の集中力は初回から全開でした??監督が『目の覚めるような』と表現した、ファースト松山のファインプレー?? そして、これに刺激されるように、粘る2番青木に全く負けなかった先発の九里亜蓮??この魂の15球に、『あー、今日優勝する [続きを読む]
  • ヤクルトに勝て??
  • その瞬間、ネット回線がおかしくなりました。そして、自分の心も反省??所はナゴヤドーム??9回ツーアウト??後一人抑えてくれれば、カープ優勝??完全に他力本願です。これで、決まれば、カープも勝つ??そんな風に思ってる自分がいました。すると、ナゴヤドーム同点??そして、誕生日だったフランスアが被弾??ヤクルトは、好調時のカープのような粘りを見せて、最後の最後まで諦めず、ビジターでのゲームをひっくり返し [続きを読む]
  • 緊張から歓喜へ??
  • 球場全体がため息に包まれたヤクルトの勝利??しかし、今日は負ける訳にはいきません。最強ドラゴンズの敗戦と、ガルシアの敗戦は、カープと大瀬良には朗報??だとすれば、防御率では叶わなくても、最多勝を決めマジック1にする勝利は譲れない??小さな背番号14の始球式の後、大きな背番号14がマウンドに登ります。1回表、大瀬良大地の立ち上がり。先頭は1番大和、初球、2球目と力をセーブしたような半速球。そして、3球目は浮 [続きを読む]
  • ずぶ濡れのヒーロー??
  • 野球は9回表裏??終わってみなければ分かりません。5回表までのムードはどん底だったカープ?? 反撃の糸口すら見えない3点ビハインド、雨の中で守る野手達の姿もどこかもの悲しげでした。今日の前半戦は、昨日のゲームの延長戦かと思うような雰囲気。無理矢理感満載の昨日の試合に対し、勝てばまだ文句も言いやすかったですが、負けてしまっては何とも・・・ただ、怪我人が出なかっただけが救いでした。今日も昨日の二の舞なのか [続きを読む]
  • 神宮最終戦は明丈の夜??
  • ストレスの溜まる敗戦から一夜??CSファイナルの相手に全チームが候補となる事態となり、苦手のドラゴンズまであり得る状態です。しかし、CSファイナルの本命はやはり、このヤクルトスワローズ??敵地神宮とは言え、今日は、今日だけは勝たねばなりません。試合前に、今シーズン限りで引退の新井貴浩に花束贈呈がありました。宮本ヘッド、石井琢朗コーチ、河田雄祐コーチと並んでの写真撮影。ビジターなのに、こんなことをしてく [続きを読む]
  • ファーストストライクを打て??
  • カープの野球は、打高投低??逆転勝ちも多く、相手に打ち勝つ野球が目立ちます。でも、そんな、カープだからこそ、目指しているのはピッチャーを中心とした守り勝つ野球なんでしょうね。1点も取られなかったゲーム??6月10日以来というのも、驚きますが・・・126試合闘ってきて、たったの4試合目というのも、ビックリ??そして、これはリーグ最少の数字です。さらに言うと、カープには今シーズン、完封リレーはあっても、先発投 [続きを読む]
  • 表のヒーローと裏のヒーロー??
  • 止まない雨はない??今はこの言葉しか思いつきません。まだ雨が降っている最中のマツダスタジアムで、ついに雨は止みました。その立役者は、記録上勝ち星はつかなくても、紛れもなく九里亜蓮??そして、ヒーローインタビューには呼ばれなかった菊池涼介でした。6連敗中のカープにとって、たった1点先制されたことがどれだけ重かったか。菊池がいなければ、DeNA先発の東を降ろすことは出来なかったでしょう。5回80球での降板は、5 [続きを読む]
  • 最後は新井と共に??
  • 新井の引退発表から、次の1勝が遠いです??阪神にこれでもかという大量失点の連敗の後・・・苦手のドラゴンズ、そして、苦手のナゴヤドームでは、ミスも絡んだ、完封負けに逆転負け??この球場では特に、守りのミスをした方が負けます。あらゆる負けを喫して臨んだ今日のブルペンデー??樹也は、苦しみながらも粘りました。今シーズン初先発ならば、5回79球、自責2の3失点なら、まずまずよかったんじゃないでしょうか。5回裏、 [続きを読む]
  • チーム全員で掴んだサヨナラゲーム??
  • これがホームの力でしょうか??明らかにカープは押されていました。それでも、22人対21人、時間にして4時間23分の総力戦を制したのは、ホームアドバンテージを持つカープでした??先制され、逆転し、逆転され、追いつき・・・またリードされても三たび追いついたカープ。エースジョンソンの調子がもうひとつなら、こうなったら全員で勝つ??ジョンソンは、序盤からヒットを多く許しピリッとはしませんんでしたが、それでも、松 [続きを読む]
  • プランBでの6連勝??
  • 先週ホームで3勝3敗だったカープ??しかし、それこそ、3勝3敗を目指した今週の東京シリーズでは5連勝??こうなったら、誰を先発に立てようが、6連勝を目指します。カープの先発は今日登録の戸田隆矢??2016年7月の輝きを取りもどせ??対ヤクルト 21回戦 @明治神宮野球場のプレイボールです。 1回表のカープの攻撃。先頭は1番野間、1-2からの4球目、引っかけたような簡単なファーストゴロでワンアウト。2番菊池、2-2からの5球 [続きを読む]
  • マジック15の15勝??
  • 痺れるような投手戦??片やパーフェクト、片やノーノー??4回までを見ただけでは、最終スコアは予想出来ません。この張り詰めたゲームの中で、緊張の糸が切れた瞬間を目撃しました。その糸を一振りで切った男??それは、カープの4番、鈴木誠也??12者凡退の後、ヤクルト先発カラシティーの57球目??5回表のその初球??その打球音で分かる、完璧なホームラン??その一振りでパーフェクトピッチを打ち砕きました。 ここまでで [続きを読む]
  • ゲームセットの声を聞くまで??
  • 使い古された言葉ですが、勝負は最後の最後まで分からない。敵地神宮で、カープは、『いつも通り』最後まで諦めていませんでした。それこそ、カープベンチが諦めるのは、ゲームセットの声を聞いたとき。7回表にやっとの事で同点に追いつき、しかし、その裏に4失点。残す攻撃はたったの後2回・・・現地のカープファンも、『あちゃー』とはなったでしょうけど、きっと誰一人諦めてはいない。それは、カープが諦めないのが分かってい [続きを読む]
  • 勝負を決めたショートゴロ??
  • 約1か月の間、この日を待っていました。5対1の3回で降板となった甲子園。あの日以来、この日をどれだけ待ったことか・・・でも、今日のヒーローは、粘って粘って7月1日以来の7勝目を手にして、ヒーローインタビューに呼ばれたその岡田明丈ではなく・・・好守に大活躍した背番号33??Ryousuke Kikuchi??今日の菊池はまさにヒーロー??このゲームを勝利に導いた男です。野間を1塁から長躯ホームインさせた、初回の先制タイムリー [続きを読む]
  • 九里に新井にフランスア??
  • 今日は負けても嬉しかったでしょう??そんな日でした??それでも、勝つなら、九里に勝たせたかった??そんな日でした??そして、最後はこれでよく勝てたな??そんな日でした??・・・・・7月24日以来となるスタメン起用となった新井貴浩??このスタメンにまず驚きました。でも、嬉しかった。初回のダブルエラーには苦笑・・・しかし、新井らしいと言えば新井らしい。全てのプレーに必死さがにじみ出ています。そして、最初 [続きを読む]
  • ダブルトップと復活の超残菊??
  • 3回までで11安打??カープは内海に負けません。初回のマルセイヤに続いて、3回は圧巻??石原のイ○○キから始まって、1番から4番までの4連続タイムリー??誠也は、内海KOの後、ピッチャーが野上に代わってもしっかり打ち返しました。序盤3回表で8対1??でも、緩めてはいけません。カープは、ホームで1対11で負けていますからね。今日はとにかくジョンソンのピッチングが大事でした。3回裏、先頭の野上にフォアボールを出した時 [続きを読む]
  • 満月の夜の大敗??
  • 今日のゲームの注目は、高橋昂也(19歳) vs 藤嶋健人(20歳)高卒2年目対決??これまでを見ても完全に藤嶋の方が勝っていますが、昂也に頑張って欲しいこのゲーム。対ドラゴンズ 21回戦 @マツダスタジアムの試合開始です。 1回表、昂也の立ち上がり。先頭は1番平田、せっかく2球で追い込みましたが、ラストボールが高かったですね。ホームランにならなくてよかったですが、野間もグラブに当てたのなら、捕って欲しい。きっと、赤 [続きを読む]