よっそ さん プロフィール

  •  
よっそさん: アジアで働くUSCPA(米国公認会計士)
ハンドル名よっそ さん
ブログタイトルアジアで働くUSCPA(米国公認会計士)
ブログURLhttp://yosso-cpa.hatenablog.com/
サイト紹介文アジアで働くUSCPA(米国公認会計士)が、USCPA受験体験/英語学習/IT/会計等の情報をお届け
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 182日(平均1.0回/週) - 参加 2017/12/31 10:10

よっそ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • USCPA未経験が海外就職に失敗した話【タイ/バンコク】
  • 2018年1月、タイ(バンコク)に渡り、海外就職に挑戦して、失敗した話を記事にします。2016年12月シンガポールでの海外就職の挫折に続き、これが2度目の海外就職の失敗となりました(泣)個人的な備忘録として、海外就職に関しての経験を書き綴りたいと思いますので、海外就職に興味がある方(海外就職の失敗談に興味のある方)は是非ご一読ください。 はじめに 海外就職を志した理由 経緯 [続きを読む]
  • 【保存版】TOEIC480点→TOEIC870点までの学習の軌跡を一挙公開するよ!
  • 僕のこれまでの英語学習について、一気に振り返ってみたいと思います。過去のTOEIC受験歴を見返したところ、これまで通算20回受験をしておりました。まあそれなりにTOEICマニア(TOEICer)のビギナーレベルと自称できるくらいは、TOEICのことは知っているつもりです。でも、僕の初めてのTOEICの点数は、わずか480点!実は英語は昔から大の苦手で、少しずつ長年にわたり英語の勉強(≒TOEIC)を積み重ねてきました。今回、退職して7 [続きを読む]
  • 学習の習熟度について把握するための指標
  • 学習の習熟度について、自分がどのくらい理解できているのかそういった指標について、客観的に分析するための考え方をご紹介致します。個人により独自の考え方がありますので、ここでは、こういう考え方もあるのだなぁという参考程度でご覧頂ければと思います。 はじめに 学習の習熟度について把握するための指標 復習の間隔・回数 参考 エビングハウスの忘却曲線 適切な復習間隔 [続きを読む]
  • 本当におすすめできる最強の英語学習アプリ【日常会話・TOEIC等】
  • 英語学習用アプリで本当にオススメできるものだけを本記事で紹介します。これまで色々なアプリを試してきた中で、良いと思っているアプリ以外は紹介しません。紹介しているアプリは必然的に有料アプリが多くなっていますが、学習に費やす時間(Time is money)を考慮すると、無料の微妙なアプリを使うよりかは遙かに英語学習にメリットがあるはずです。各アプリについて、メリットだけではなく、デメリットについても感じたことを [続きを読む]
  • USCPAを徹底解明!簿記などの他資格との難易度を比較検証!
  • 近年、会計系の資格で注目を集めている米国公認会計士(USCPA)ですが、受験を検討されている方に向けに、この資格の難易度について、本記事で徹底的に解説したいと思います。注意:一部、途中の表がスマホからだとほぼ見えないところがあります。表の詳細が見たい方は、パソコンもしくはタブレットでご覧ください。 USCPA(米国公認会計士)とは 試験制度 試験科目 出題形式と配点 [続きを読む]
  • USCPA REG(Regulation)の概要と特徴
  • USCPAの科目であるREGの概要、特徴、注意しておきたいポイント等をまとめました。 REG(Regulation)とは 予備校が開示している試験範囲 AICPAの公表している試験範囲(概要) 特徴①:FARに次ぐボリューム 特徴②:ビジネス法は浅く広く、税法は深い理解が必要 特徴③:AreaⅠの倫理関連の問題は得点源 特徴④:ビジネス法では意外と英語力が求められる 特徴⑤:2019年1月から試験範囲が大幅変更 特徴 [続きを読む]
  • USCPA FAR(Financial Accounting & Reporting)の概要と特徴
  • USCPAの科目であるFARの概要、特徴、注意しておきたいポイント等をまとめました。 FAR(Financial Accounting & Reporting)とは 試験範囲 予備校が開示している試験範囲 AICPA の公表している試験範囲(概要) AreaⅠ: Conceptual Framework, Standard-Setting and Financial Reporting AreaⅡ: Select Financial Statement Accounts AreaⅢ: Select transactions Are [続きを読む]
  • BEC(Business Environment & Concepts)の概要・特徴
  • USCPAの科目であるAUDの概要、特徴、注意しておきたいポイントをまとめました。 BEC(Business Environment & Concepts)とは 幅広い試験範囲 FARと関連性の高い科目 AUDと関連性の高い科目 新試験制度(CBT3)からTBS問題が新規追加 唯一、Written Communication(WC)がある DRS/Research問題 BECは日本人が苦手とする科目(AUDと同様) 最後にBEC(Business Environment & Concepts)とはBECは企業 [続きを読む]
  • 【BEC】新試験制度(CBT3)から新規追加されたTBSへの対策(試験範囲の考察)
  • 2017年4月導入された新試験制度(CBT3)から新規に追加されたBECのTBS問題について、本記事で対策をまとめてみたいと思います。現状、新試験制度(CBT3)が始まって間もないため、予備校各社はBECのTBSに完全に対応できていない状況だと思いますので、TBS対策どうしようという方はご参考までにご一読ください。 はじめに BEC試験範囲 Skill Levelについて Skill Levelに応じた配点 TBS出題範囲の考察 【BEC】TBS [続きを読む]
  • AUD(Auditing and Attestation)の概要・特徴
  • USCPAの科目であるAUDの概要、特徴、注意しておきたいポイントをまとめました。AUD(Auditing and Attestation)とはAUDとは、公認会計士が行う監査業務に関する科目です。アビタス社HPでは、以下のように説明がされています。監査及び証明業務では、企業の経営者が作成した財務諸表を監査する監査人の立場で学習します。監査計画や監査手続、監査報告等の監査プロセスについて、米国の監査基準で理解すると同時に、国際監査基準 [続きを読む]
  • USCPAの理想的受験順番について
  • USCPA(米国公認会計士)の学習を始める際に、一番気になるのは学習する科目の順番です!バックグラウンド・学習可能時間など人により、前提が異なるため、一概にこれがベストというのは難しいですが、ご参考としてご一読ください。 王道パターン(短期合格型) 堅実パターン(長期合格型) 天才パターン 変則型パターン ※ブログ主おすすめ AUDとBECの受験順番について 2科目同時受験 最後に王道パターン( [続きを読む]
  • 2018年4月1日からUSCPAの試験環境が大幅変化!
  • 2018年にUSCPA(米国公認会計士)を受験される予定の方必見!AICPAから2018年4月1日から試験環境が変化するとのアナウンスが出ているので、今回はその変更点について、まとめてみたいと思います。 変更点その1:モニターが23インチHDに変更 変更点その2:Microsoft Excelが使用可能に 変更点その3:Exhbitの表示がよりユーザーフレンドリーに 変更点その4:ハイライト機能 その他:マイナーなレイアウト変更 最 [続きを読む]
  • USCPA学習に必要な学習時間
  • USCPA取得に必要な学習時間について、様々なサイトにて学習時間の試算がされていますが、僕の実体験を元に目安となる時間を試算してみたいと思います。尚、今回の学習時間はあくまでも試算値です。これからUSCPAを受験される方への参考として、僕の実体験を元に試算していますので、人により多少学習時間が前後することはご承知おきください。 予備校が公表している学習時間について 前提条件 USCPA全科目合格に必要な [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 明けましておめでとうございます。本ブログを訪問くださりありがとうございます。よっそ(Yosso)と申します。2018年の僕の一つの目標として、ブログを通して、USCPA(米国公認会計士)の受験体験、英語学習方法、IT、会計などの役に立つ情報や個人的に気になったトピックを発信していきたいと思います。2017年12月にUSCPAを全科目合格したところですので、当面の間は、USCPAの受験体験について、まとめを書いて行けたらと思いま [続きを読む]
  • 過去の記事 …