尼健 さん プロフィール

  •  
尼健さん: 尼健~30代から始めたビルメンのブログ
ハンドル名尼健 さん
ブログタイトル尼健~30代から始めたビルメンのブログ
ブログURLhttp://amakensapure.kurofuku.com/
サイト紹介文主に電気設備をメインとした建物に関することと不動産に関することや資格のことを書いていきます。
自由文『居場所』を自分のテーマとしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 177日(平均1.6回/週) - 参加 2017/12/31 10:38

尼健 さんのブログ記事

  • 電界
  • 電界とは電気量Q[C]の電荷Aを置いたときに電荷の周りにできる。放射状のバリアのようなもの。電荷Aの近くに別の電気量q[C]の電荷Bを置くと、電荷の符号によって引力または反発力が働く。これは電荷Aの周りに電界が生じている。このとき電荷Bは電荷Aによってつくられた電気力を受けたことになる。電界の強さ=電気量[C]÷(球の面積×真空の誘電率[F/m])E[N/C]=Q÷(4πr?×ε?)電気力= [続きを読む]
  • 重力 静電気力
  • 重力は地球上にいると必ず加わる力。静電気力は2個の電荷が互いに及ぼし合う力。二つの電荷が同符号(プラス同士又はマイナス同士)なら反発、異符号(プラスとマイナス)なら引っ張りあう力。重力=質量[kg]×重力加速度[m/s?]F「N」=m×g静電気力=二つの電気量[C]の積÷(4π×真空の誘電率[F/m]×2つの距離²[m])F[N]=(1÷4πε?)×{(Q?×Q?)& [続きを読む]
  • 速度 加速度 重加速度
  • 速度は大きさと向きをもつので、ベクトル量とも呼ぶ。通常は1秒間当たりに進んだ距離を表す。速度=t秒間に進んだ距離m÷時間sV[m/s]=(X?−X?)÷t加速度は1秒間当たりの速度の変化量を表す。加速度は力が加わることにより発生する。その力が重力のとき、重力加速度という。重力加速度の記号はg(gravity)を用い、通常g=9.8[m/s²]として計算。これは重力により落下する場合、1秒間当たり9.8[m/ [続きを読む]
  • ハロゲン電球
  • ハロゲン電球では石英ガラスバルブ内に不活性ガスとともに微量のハロゲンガスを封入してある。点灯中に高温のフィラメントから蒸発したタングステンは、対流によって菅壁付近に移動するが、菅壁付近の低温部でハロゲン元素と化合してハロゲン化物となる。菅壁温度をある値以上に保っておくと、このハロゲン化物は菅壁に付着することなく、対流などによってフィラメント近傍の高音部に戻り、そこでハロゲンと解離してタングステ [続きを読む]
  • 誘導電気によって回転する送風機のシステムで消費される電力
  • 誘導電動機が商用交流電源で駆動されているときに送風機の風量を下げようとする場合、通風路にダンバなどを追加して流路抵抗を上げる方法が一般的である。ダンパの種類などによって消費電力の減少量は異なるが、流路抵抗を上げ風量を下げるに従って消費される電力は若干減少する。このとき、例えば風量を最初の50%に下げた場合に、誘導電動機の回転速度はトルク変動に相当する滑り周波数分だけ変動する。一方、商用交流電源で [続きを読む]
  • パワーエレクトロニクス回路で使われる部品
  • パワーエレクトロニクス回路で使われる部品としてのリアクトルとコンデンサ、あるいは回路成分としてのインダクタンス成分、キャパシタンス成分、バルブデバイスの働きについて。リアクトルは電流でエネルギーを蓄積し、コンデンサは電圧でエネルギーを蓄積する部品。交流電源の内部インピーダンスは、通常、インダクタンス成分を含むので、交流電源に流れている電流をバルブデバイスで遮断すると、遮断時に交流電源の端子電圧 [続きを読む]
  • 高圧負荷の力率改善
  • 高圧負荷の力率改善用として、その負荷が接続されている三相高圧母線回路に進相コンデンサが設置される。その進相コンデンサは、保護のためにリアクトルが直列に挿入されるが、その目的はコンデンサの電圧波形のひずみを軽減させ、かつ、進相コンデンサ投入時の突入電流を抑制するものである。したがって、進相コンデンサの定格設備容量は、コンデンサと直列リアクトルを組み合わせた設備の定格電圧及び定格周波数おける無効電 [続きを読む]
  • 電気車の電動機
  • 電気車を駆動する電動機として、直流電動機が広く使われてきた。近年、パワーエレクトロにクス技術の発展によって、電気車用駆動電動機の電源として、可変周波数・可変電圧の交流を発生することができるインバータを搭載する電気車が多くなった。そのシステムでは、構造が簡単で保守が容易なかご形三相誘導電動機をインバータで駆動し、誘導電動機の制御方法として滑り周波数制御が広く採用されていた。電気車の速度を目標の速 [続きを読む]
  • 同期発電機
  • 同期発電機を商用電源に遮断器を介して接続するためには、同期発電機の電圧の大きさ、周波数及び位相が商用電源のそれらと一致していなければならない。その他に相回転が一致、電発の波形が等しいといった条件も必要。同期発電機の商用電源への接続に際しては、これらの条件が一つでも満足されていなければ遮断器を投入したときに過大な電流が流れることがあり、場合によっては同期発電機が損傷する。仮に電圧の大きさ、周波数 [続きを読む]
  • 直巻発電機
  • 直巻発電機では界磁巻線と電機子回路が直列に繋がっているので負荷電流と界磁電流が等しくなる。負荷がない場合、負荷電流ゼロ。その状態では電圧が確立できない。複巻発電機は、直巻・分巻界磁を組み合わせたもの。複巻発電機の中で無負荷電圧と全負荷電圧を等しくなるようにしたものを平複巻発電機。他励発電機の界磁巻線が逆になると、界磁のNとSが逆になり、フレミングの右手の法則により、電圧の正負が逆になりフレミング [続きを読む]
  • 記憶装置 ROM RAM
  • 記憶装置には読み取り専用として作られたROM(read only memory)と読み書きできるRAM(random access memory)がある。ROMの種類マスクROM製造過程においてデータを書き込んでしまう。記憶内容変えられない。EPROM紫外線を照射するなどして、書き込まれた内容を消去し、再びほかのデーターを書き込める、EEPROM電気信号でデーターをデーターを消去再度データー書き込み可。PROM一度だけ必要な書き込みができるROM。それ以降、 [続きを読む]
  • 二次電池(鉛電池)
  • 二次電池は電気エネルギーを化学エネルギーに変えて電池内に蓄え(充電)貯蔵した化学エネルギーを必要に応じて電気エネルギーに変えて外部負荷に供給(放電)できる電池である。この電池は充放電を反復して使用できる。基本化学反応式。Pb(陽極 鉛)+2H?SO?²?(電解液 硫酸)+PbO?(二酸化鉛)放電→←充電PbSO?(陽極 硫酸鉛)+2H?O(電解液 水)+PbSO?(陰極 硫酸鉛)放電時、負極では鉛( [続きを読む]
  • ヒートポンプ
  • ヒートポンプは冷媒を使って熱を低いところから高いところへ移動させることで、水を汲み上げるポンプに似ている。外部から機械的な仕事W〔J〕を与え、低温熱源より熱量Q?〔J〕を吸収して、高温部へ熱量Q?〔J〕を放出する機関のことである。この場合(定常状態では)熱量Q?〔J〕と熱量Q〔J〕の間にはQ?=Q?+Wの関係が成り立ち、ヒートポンプの効率ηは加熱サイクルの場合Q?÷Wとなり1よりくなる。この効 [続きを読む]
  • 交流電動機(誘導電動機)の回転速度制御
  • 交流電動機を駆動するとき、電動機の鉄心の磁気飽和を防ぎトルクを有効に発生させるために、駆動する交流基本波の電圧と周波数の比がほぼ一定になるようにする方法が一般的に使われている。※磁気飽和…磁性体を磁界中に置き、いくら磁界を強めてもそれ以上磁性体の磁化が変化しなくなった状態。また、このときの磁化の強さを飽和磁化という。この方法を実現する整流器とインバータによる回路とその制御の組合わせは2つ [続きを読む]
  • 油入変圧器 保護・監視装置
  • 変圧器の異常を検出し、油入変圧器を保護・監視する装置としては大別して電気的、機械的及び熱的な3種類の継電器(リレー)が使用される。これらは、遮断器の引き外し回路や警報回路と連動される。電気的保護装置としては、比率作動継電器を用いるのが一般的である。この継電器の動作コイルは、変圧器の一次巻線側と二次巻線側に設置されたそれぞれの変流器の二次側の差電流で動作するように接続される。機械的保護装置として [続きを読む]
  • 三相同期発電機の特性曲線
  • 無負荷飽和曲線は、同期発電機を定格速度で無負荷運転し、界磁電流を零から徐々に増加させたときの端子電圧と界磁電流との関係を示したもの。端子電圧は、界磁電流が小さい範囲では界磁電流にほぼ比例するが、界磁電流がさらに増加すると、飽和特性を示す。※飽和…最大限まで満たされた状態であること。※界磁電流…電磁石にするための電流短絡曲線は、同期発電機の電機子巻線の三相の出力端子を短絡し、定格速度 [続きを読む]
  • 温度検出器の種類と特徴
  • 電気的に温度を測定する方法には、熱電温度計、抵抗温度計など接触式のものと、放射温度計(全放射温度計、赤外線温度計)や光高温計など放射を利用した非接触式のものがある。熱電温度計は熱電対の熱起電力が熱接点と冷接点間の温度差に応じて生じるというゼーベック効果を利用したものである。普通、温度差と熱起電力が直線的関係にある範囲で使用される。抵抗温度計は白金や銅、ニッケルなどの純粋な金属の電気抵抗が温度に [続きを読む]
  • 無停電電源装置(UPS)
  • 無停電電源装置(UPS)はCVCF装置と呼ばれる。商用電源の瞬停、電圧降下時等にコンピュータシステムへの影響をさけるために不可欠な装置。近年は照明負荷、放送、通信用機器、医療機器など停電できない多くの部門で適用されている。常時は、交流電源から整流回路を通して得た直流電力をインバータと呼ばれる回路で交流に変換して負荷に供給するが、交流電源が停電あるいは電圧低下した場合には、二次電池の回路から半導体スイッ [続きを読む]
  • 遮断器 種類と特徴
  • 遮断器とは送電線や変電所母線等の短絡故障時にその回路を遮断するための開閉器。平常時は顔路の開閉操作にも用いられる。目的としては事故電流を迅速に遮断して被害の拡大を防ぐものである。電路を開閉する装置として他に断路器があり、単に充電された電路を開閉するためのみ用いられる。つまり負荷電流の開閉はできない。目的としては点検時等に正常な系統からの切り離し作業で、作業の安全確保をすることである。遮断器で22 [続きを読む]
  • 三相巻線形誘導電動機
  • 三相巻線形誘導電動機は回転磁界を作る固定子と回転する部分の巻線形回転子で構成される。固定子はけい素鋼板を円形又は扇形にスロットとともに打ち抜いて、必要な枚数積み重ねて積層鉄心を構成し、その内側に設けられたスロットに巻線を収め、結線して三相巻線とすることにより作られる。巻線形回転子は積層鉄心を構成し、その外側に設けられたスロットに絶縁電線を挿入し、結線して三相巻線とすることにより作られる。絶縁電 [続きを読む]
  • 直流直巻電動機
  • 直流直巻電動機は供給電圧が一定の場合、無負荷や非常に小さい負荷では使用することができない。その理由は…界磁磁束が小さくなって回転速度が非常に上昇するので、電機子巻線を破損する危険性がある。※界磁磁束…界磁によって生じる磁界の磁束※界磁…磁界を発生させる固定子または回転子。永久磁石や電磁石が使用される。※磁界…磁力の働いている空間。磁石や電流の周りに生じる。※電機子&helli [続きを読む]
  • 交流電動機
  • 同期機と誘導機はどちらも三相電源に接続された固定子巻線(同期機の場合は電機子巻線、誘導機の場合は一次巻線)が同期速度の回転磁界を発生している。発生するトルクが回転磁界と回転子との相対位置の関数であれば同期電動機(回転磁界と同じ速度で回転し、その相対位置の関数でトルクの大きさが決まる)。回転磁界と回転子との相対速度の関数であれば誘導電動機である。(回転子は同期速度より1−sだけ遅れて回転する。Sが [続きを読む]
  • 誘導電動機の始動
  • 三相巻線形誘導電動機は、二次回路を調整して始動する。トルクの比例推移特性を利用して、トルクが最大値となる滑りを1付近になるようにする。具体的には二次回路をスリッピングとブラシで引き出して二次可変抵抗器に接続し、二次抵抗値を定格運転時よりもおおきな地に調整する。それにより始動特性の改善、速度制御を行っている。三相かご形誘導電動機は、一次回路を調整して始動する。具体的には、始動時はY(スター)結線 [続きを読む]
  • 直流発電機の電機子反作用と影響
  • 直流発電機の電機子反作用とは、発電機に負荷を接続したとき電機子巻線に流れる電流によって作れらる磁束が界磁巻線による磁束に影響を与える作用のこと。電機子反作用はギャップの主磁束を減少させて発電機の端子電圧を低下させたり、ギャップの磁束分布に偏りを生じさせてブラシの位置と電気的中世軸とのずれを生じさせる。このずれがブラシがある位置の導体に起電力を発生させ、ブラシによる短絡等の障害の要因となる。ブラ [続きを読む]