とく さん プロフィール

  •  
とくさん: 愛されたかったおじさんが自分らしさを取り戻す話
ハンドル名とく さん
ブログタイトル愛されたかったおじさんが自分らしさを取り戻す話
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tokuchan8888/
サイト紹介文「愛されたい」という気持ちを解消したくて瞑想とフォーカシングをするうち、
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 225日(平均1.3回/週) - 参加 2018/01/01 02:11

とく さんのブログ記事

  • 息子ちゃんと二人で海水浴へ。
  • こんにちは。とくちゃんです。今日は、息子ちゃんと海水浴に行きました!息子ちゃんは、生まれて初めての海水浴。ぼくの生まれ故郷の神戸にきていますが、息子ちゃんは、海水浴にむちゃくちゃ興味津々で、「海水浴行きたい!」と、なんども言ってました。で、今日ようやく実現。浮き輪を持って、二人でビーチを歩きます。浜辺を裸足で歩きたがった息子ちゃん。「熱い!熱い!」を連発。そりゃ、気温が上がってるからねー。父ちゃん [続きを読む]
  • ブログを書くコツとは?
  • こんにちは。とくちゃんです。ブログを書くコツって、ほんと一つだと思っています。「書きたいことを書くこと。」人から批判されることを気にし始めると、書けなくなります。とは言え、ぼくも別に、誰かを批判することは、書きたくはありません。ただ、書きたいことを、書く。それが一番いいと思います。書きたいことを、「人から批判されるとまずい」「あの人が見たら、どう思うだろう?」と気にし始めると、書けなくなります。こ [続きを読む]
  • 自分の出来ることに集中する。
  • こんにちは。とくちゃんです。自分の出来ることに集中することって、大切なことだと、思います。ついつい、背伸びってしちゃいがち。人からの期待に応えたくて、つい、背伸びしちゃう。でも、ぼく自身は、自分の出来る範囲は、限界がある、と思っています。限界を伸ばすために頑張るのではなく、自分の限界を知って、その中で、出来ることをしっかりと集中してやっていく。その方が、ぼくには合っているように思います。ぼくは、フ [続きを読む]
  • 理不尽なことで見えた、ほんとうにやりたいこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。最近は、仕事がほんと、どんどん楽になり。正直、つまらなくなってきました。今まで、新しいことを企画したい、と思って、今の仕事をしていました。でも、新しい仕事は、企画しても企画しても、なかなか通らない。いいところまで行くのだけど、あともう少し、と言うところまで来ると、自分の力の及ばないところで話がダメになってしまう。なんか、その度に、「ああ、自分の責任で、もっとビジネスをや [続きを読む]
  • 「その子らしさを大切にする」ことが、その子の可能性を開くこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。息子ちゃんにお勉強を教えているときに、息子ちゃんが思うように動いてくれないことで、すごくイライラしていました。絶望感を感じていた。こんなに頑張っているのに、なんでわかってくれないんだろう、思ったように動いてくれないんだろう、と。で、一日お勉強は休んで、翌日、その気持ちにフォーカシングしてみました。結論としては、息子ちゃんの、ありのままを受け入れよう、と。つまり、今まで子 [続きを読む]
  • 空しさを感じて、やりたかったことに、気づいたこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。最近、仕事がどんどん楽になってきています。案件自体は、それなりにあるのですが、人にどんどん振ったりすると、自分でやる仕事は、減ってきます。以前のように、減ったら減ったで、無理に仕事を増やしに行かないので、時間はかなり余ってきました。ただ、自分の中で、なんだか心にぽっかり空しさを感じるようになりました。今までは、人に役立つことで、価値を見出していました。でも、別に、ぼく自 [続きを読む]
  • 自己肯定感が上がってくると、ストレスが一気に減ってくる。
  • こんにちは。とくちゃんです。自己肯定感が上がってくると、人間関係で感じるストレスも、減ってくるように感じます。先日、仕事場でインタビューを受けました。職場で働く一人一人の仕事内容や、どんな思いで仕事しているのか?を、その仕事にあまり関わりのない人にも知ってもらえるように、インタビューする、という企画でした。おもしろい企画だなあ、と思いながら、インタビューをお受けしていました。で、「仕事でストレスを [続きを読む]
  • 自己肯定感を「引き出す」こと。
  • こんにちは。とくちゃんです。先日も書いたように、自己肯定感を高めるためのサービスを立ち上げています。今は、心理系やら、ビジネス系やらで、いろんな形で自己肯定感を高めるためのサービスが、すでにあります。そうしたサービスと比較したとき、じゃあ、自分ならでは、の提供出来ることって、なんだろう?と思いました。一つには、自分自身が、自己肯定感の低さに苦しんでいた過去があって、それを乗り越えた経験。元から自己 [続きを読む]
  • 自分のことを許せるようになると、子どものことも、許せるようになってくる。
  • こんにちは。とくちゃんです。ぼくは、毎朝、息子ちゃんにお勉強を教えています。前は、ちょっとしたことでぼくがすぐ怒っていたように思いますが、最近は、あまり怒らなくなってきました。丁寧に教えていても、そのすぐあとに、同じ間違いをしたりすることが、あります。そうすると、すぐ怒鳴っちゃっていました(汗)。「今言ったばかりだろう!」「なんで分からないんだ!」みたいな感じ。一生懸命頑張って、分かりやすいように [続きを読む]
  • 「二兎を求め」たって、いい!
  • こんにちは。とくちゃんです。「二兎を追う者は一兎をも得ず」という言葉がありますね。これって、「真実」でしょうか?この言葉の影響なのか、わかりませんが、「一つのことをしっかりやってからでないと、他のものに手を出してはいけない。」と考える人が、多い気がします。ま、ぼくもそうしたところが、ありますけれど(汗)。で、ある、ドイツに住む日本人の方が、ツイッターで書かれていたのを読んだのですが、ドイツには、そ [続きを読む]
  • 「愛されたい」「認められたい」という気持ちが、変わったきっかけ。
  • こんにちは。とくちゃんです。ぼくは、もう何年も、ほぼ毎日、瞑想をしています。「瞑想を続けられない」という人も、よく聞くのですが、ぼくにとって、瞑想は、すっきりするから、なんか必要だから、やっているだけ。また、瞑想すること自体が、好きなことでもあります。だから、自然とやっているし、ずっと続いているのでしょう。瞑想をやっていくと、自分の内側に、静けさを感じるようになりました。また、自分だけでなく、歩い [続きを読む]
  • 「価値がない」と思っていたことが、いつのまにか、消えていたこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。ちょっと前まで、「自分が、価値がない」という思いを、ずっと感じていたように思います。でも、自己肯定感を持てるようになってから、そういう風には、感じなくなった。前は、「そのままの自分でいい、って思えるようになったら、自分にも価値がある、と思えるようになるに違いない。だから、そうなりたい。」と思っていた。でも、そういうことじゃ、なかった。そう思えない、ダサい自分、すぐいろい [続きを読む]
  • 自己肯定感があがったことによって感じる変化。
  • こんにちは。とくちゃんです。最近は、自己肯定感があがったな、と感じます。というか、自己肯定感について、悩むことがなくなりました。今でも、嫌な感情を感じることは、あります。先日、ぼくが進めている案件について、上司に当たる方に、承認を取りに行ったのですが、全く本質とかけ離れたところで、異議を唱えられました。こういう、くだらない揚げ足取りのようなことで、やりたいことが妨げられるのが、ぼくは大嫌い。で、今 [続きを読む]
  • 「自己肯定感」が急に上がったきっかけとは?
  • こんにちは。とくちゃんです。「自己肯定感」という言葉があります。どんな自分でもOK、と思えること。と言い換えることが出来るかと思います。ぼくは、この自己肯定感が高くなく、自分にけっこうダメ出しをしていました。いつも自分に対して要求が高く、「こうでないとダメ」と、要求しているところがありました。また、ことあるごとに、「愛されたい」という気持ちが強かった。とくに、女性に対して、愛されたい、という気持ちが [続きを読む]
  • 新しいサービスの作り方。
  • こんにちは。とくちゃんです。サービスを作るには、まずは、お客さんがフィードバックをくれる最小限のサービスを作ればいい。今日は、この本を読んでいました。はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術 [単行本]マイケル・E. ガーバー世界文化社2003-05-01だいぶ前に買った本でしたが、本棚の中で、眠らせていました(汗)。でも、今になって読みたくなって、読み始めています。この本には、事業をパッケージ化しよう、 [続きを読む]
  • 仕事場の上司の方から言われたことで、サインを感じたこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。ぼくは、業務委託でとある企業さんの中でお仕事をしています。もともと、WEBのサービスを企画する仕事をやりたくてたまらなくて、でも、自社サービスを自分で立ち上げるのは、まだイメージできなかった。そんな中で、こういう企業で、WEBのサービスの企画の仕事をしたい!と思っていたら、まさにその会社の企画に関われるお仕事が、あったのですよね!これは!と思い、そちらの面接を受けさせていただ [続きを読む]
  • 頑張りすぎないで、委ねてみる。
  • こんにちは。とくちゃんです。最近、がんばりすぎているなー、と、ふと感じました。前は、もっと委ねている感じだったのに、今は、自分でなんとかしようとしている。結果、とてもしんどくなってきている。それで、「委ねよう!」と決めました。無理しない範囲でやって、あとは委ねる。すると、ちょっとずつですが、いろんなことが回り始めたように感じます。ちょっと、この感じで、しばらくやってみよう、と思います。ブログランキ [続きを読む]
  • 読まれやすい記事を書くコツって、どんなこと??
  • こんにちは。とくちゃんです。先日、この本を読みました。一生仕事で困らない企画のメモ技(テク) [単行本(ソフトカバー)]高橋晋平あさ出版2018-02-24 ぼくは、新しい企画を、いろいろと考えて、サービスとして立ち上げたい。でも、企画を立てること自体、なんか苦手(汗)。という、苦手意識を持っていました。で、読んでいて、すごく勉強になりました!まず、一番目からウロコ状態だったのが、「自分がお金を出して欲しいものを [続きを読む]
  • 「自分を見ること」が、好きなこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。私はなにが好きなのか?と、改めて振り返ってみると、「自分を見ること」が、好きなんだなあ、と感じます。数年前から、瞑想をしていたり。去年の年末も、「フォーカシング」という、心理療法について学んだり。いずれにしても、なにかを解決する、ということよりも、自分を見たい。そこに、私の好きなことが、あるんだなあ、と、感じます。まあ、好きなことをしている時が、一番楽しいですよね。ブロ [続きを読む]
  • わたしは、女だった!
  • こんにちは。とくちゃんです。今朝、家族が起きる前に一人で瞑想していました。瞑想していると、「いろいろと無理しているなー」と、気がつきました。急いでやらなきゃ、と、自分をいじめている。でも、ほんとうは、ラクしたい。ゆっくりしたい。だったら、ラクしていい。そのまんまの自分でいい。そう感じました。そして、そのまんまの自分を感じていると、自分の、性的な認識について意識が向きました。で、「ぼくって、女だな」 [続きを読む]
  • 新しいサービスを短い時間で立ち上げるには?
  • こんにちは。徳永正太です。新しいサービスを立ち上げるには、まず、「人にフィードバックをもらえる最低限の製品を作ること」。先日、「リーン・スタートアップ」という本を読みました。リーン・スタートアップ [単行本]エリック・リース日経BP社2012-04-12そこに、MVPという考え方が出てきて、最低限の製品を作って、まずは市場に出して、フィードバックを受けよう、と書かれています。で、早速やってみました!最近、依頼を受け [続きを読む]
  • 売れる企画って、どんな企画?
  • こんにちは。 徳永正太です。今日は、この本を読みました。一生仕事で困らない企画のメモ技(テク) [単行本(ソフトカバー)]高橋晋平あさ出版2018-02-24ぼくは、Webサイトのディレクターをやっていて、自分でもいろいろと企画を立てます。でも、自分ではいいアイデア!と思っても、なかなかお客さんに企画が通らなかったり(汗)。また、お客さんから委託されているWebサイトとは別に、自分自身でサービスを立ち上げたい!と思って [続きを読む]
  • やりたいことと罪悪感とに向き合う。
  • こんにちは。徳永正太です。今日は、大好きな鹿島アントラーズの試合を見に行く日!今年は、年始からお金が厳しく、妻にもお金を借りていたので、そんな中で試合を見に行く、と言いづらく、しばらく自粛していました(汗)。でも、お金は、この間も書いたように、少しずつ流れが良くなって来て。妻にも、少しずつ返せて来て。(でも、全額じゃないけど。)まあ、鹿島の試合を見に行けるくらいの状況には、なってきました。今年は、 [続きを読む]