寒遊 さん プロフィール

  •  
寒遊さん: 札幌市内の書道教室、寒遊会書道
ハンドル名寒遊 さん
ブログタイトル札幌市内の書道教室、寒遊会書道
ブログURLhttps://ameblo.jp/kanyukai-shodo/
サイト紹介文札幌市にある加藤正叙主宰の大人向けの書道教室です。書道の日々をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 289日(平均3.0回/週) - 参加 2018/01/01 02:53

寒遊 さんのブログ記事

  • 会員さんの作品
  • 今月も会員さんの素敵な作品が仕上がりました。調和体書、古典臨書、かな、実用書道、ペン習字、毎月すべての課題に挑戦される方もいます。来年は、半切の課題も取り入れる予定です。会員さんと共に楽しく、学んでいきます。 札幌は一段と寒さが増してきました。そろそろ、暖房が必要です。 今週18日(木)は平岡公園教室、19日(金)・20日(土)は東雁来教室が開校します。 寒遊会書道は、書初め宿題対策や読売新聞北海道主催の [続きを読む]
  • 今こそ書道
  • 来週の新規開校に向けて本日、地域限定で新聞折り込みチラシが入ります。 各担当の先生が、学校前でチラシを配布したり、ポスティングしたり、宣伝活動を行っています。 「今こそ書道」欲しいものは、すぐに手に入り、必要な情報も検索で即座に得られる便利な今の時代。 何でも手に入りやすいことは、果たして良いことなのでしょうか?「書道なんて今の時代に必要ない」と思っている人こそ、ぜひ、書道を始めてください。 一本の [続きを読む]
  • 北海道読売書法会
  • 本日から、北広島市で北海道読売書法会の書家と北広島の書友による作品展が北広島市芸術文化ホールで開催されています。13日(土)17時までです。北海道役員展は北海道の地域を回り、地域の絆を深める活動をしています。北広島市は二度目の開催になります。ご来場をお待ちしています。 11月21日(水)〜25(日)は、第35回読売書法展 北海道展が札幌市民ギャラリーで開催されます。今年は、席上揮毫会に読売書法会の樽本樹 [続きを読む]
  • 苫小牧で釣り
  • 先日、小樽での釣りが楽しかったので今日も朝から釣りに行きました。苫小牧で、小鯖、マイワシが大漁です。一度に4匹釣れることもあり、休む暇なく約2時間、楽しみました。夕食は、釣った魚をいただきました。 明日から「北海道読売書法会役員展in北広島」が始まります。9日は、午前中に搬入し、12時開場です。10月9日(火)〜13日(土)北広島市芸術文化ホール是非、ご来場ください。 [続きを読む]
  • 子供の習字教室
  • 寒遊会書道の学童教室は幼児から中学生まで、えんぴつ書き方とふで習字を学びます。 幼児は、えんぴつ書き方、水書き習字、ふで習字、筆ペンなどお子様に合わせた指導を月4回、60分行います。 小中学生は90分授業で、月4回、えんぴつ書き方とふで習字を毎回練習します。 現在、開校しているバスセンター教室、大通文化教室は、書道歴40年以上の女性講師が担当していますが、私も時々、指導に加わります。 特に、書展出品する新 [続きを読む]
  • いよいよスタート、学童習字教室
  • 10月から新規教室の先生たち〜指導員養成コースの半数が新しい習字教室を担当します。指導員養成コースでは基本的な筆の持ち方、傾きの確認から始まり、書体の生まれた背景や特徴など広い視野で書道について学びます。今後も月3回、書写教育に必要な知識を学び、教室運営についての相談機能も果たします。 教室担当者は書道歴30年平均で、子供好きで一生懸命な方ばかりです。お気軽に無料体験にご参加ください。寒遊会書道では、 [続きを読む]
  • 10月 新規開校教室
  • 自然災害が続きます。被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。 学童教室は、先週まで札幌市児童席書大会の課題を中心に練習してきました。札幌市席書大会は昭和30年から行われ、私も昔「銀河」と書き、校長先生から表彰された記憶があります。書道に対して、自信を持つきっかけとなり、現在に至ります。 展覧会に出品することは力試しになりますし、作品を客観的に見てもらうチャンスです。来年1月は、北海道読売書法会主 [続きを読む]
  • 小樽港で釣り
  • 人生後半戦、人生を語るにはまだ早いですが、周りの人の温かさ助けられ、生かされています。屈せずに、挑戦し続けます。 札幌は秋晴れの一日。今年、初の釣りに朝から出掛けました。小樽港の岸壁でチカ釣りです。チカ、タナゴ、ソイが釣れました。青空の中、青い海を見渡し、潮風の吹かれて、リフレッシュ出来た一日でした。明日から頑張ります! [続きを読む]
  • 誕生会
  • 今週は誕生日でした。思いがけず、生徒さんがサプライズの誕生会をしてくれました。いくつになっても誕生会は嬉しいです。美女に囲まれ、にやけてますね。お祝いしてくれたメンバー6人は10月から寒遊会グループとして市内7カ所で新しく書道教室を開校します。夜の会もさることながら、日頃から書道の研鑽を積み未来に書道を繋ぐよう共に勉強しています。今週から、担当教室近郊の小学校前でチラシ配布が始まりました。無料体験を [続きを読む]
  • 中国文字文化の旅 まとめ
  • 今回8月27日から5泊6日の中国の旅は、跡見学園女子大学の横田教授が、計画立案してくださり、東京の弟の誘いで参加させて頂きました。 横田教授は中国の方々と連絡調整され、博物館の見学や交流を兼ねた食事会など貴重な時間を作って下さいました。大変、有意義な時を過ごし、感謝しています。 西安では温彦博碑、皇甫誕碑、玄秘塔碑、房玄齢碑、興福寺断碑、三蔵聖教序碑、孔子廟堂碑、顔氏家廟碑、草書千字文、曹全碑など本 [続きを読む]
  • 中国文字文化の旅③
  • 西安の碑林博物館は、1087年に孔子廟跡に建てられ博物館です。中国の古代石碑が最も多く、中国最大の石造の書庫でもあります。古典臨書でお馴染みの石碑が沢山ありました。 「曹全碑」 礼器碑と共に漢隷の双璧とされ、素晴らしいものです。この時代にスマートで洒落た美しい文字を書いた人は、どのような人だったのだろうと思いを馳せます。 「孔子廟堂碑」反射してしまい、上手く写すことが出来ませんでした。唐の太宗皇帝が孔 [続きを読む]
  • 中国文字文化の旅②
  • 八月末、中国旅行についての報告が遅くなりましたが続きです。 「九成宮醴泉銘」632年、唐の太宗が避暑地「九成宮」で醴泉が湧き出したのを記念し、勅令により魏徴が撰文し、欧陽詢が書いたものです。全24行で各行50字の碑銘で、「楷法の極則」とされています。 西安から西へ車で三時間半、麟游県の山奥に九成宮醴泉銘があります。道路は舗装され、九成宮の街は高層ビルが建ち並んでいました。九成宮のある廟はしっかり管理さ [続きを読む]
  • 会員さんの作品
  • 蕪村の俳句かすれによって、遠近感が生まれました。全体のまとまりも良いです。 蘭亭序自然な運筆で蘭亭序の伸びやかさが上手く表現されています。 創作素敵な文章を選びました。創作は文章選びから始まります。言葉の思いが伝わるよう試行錯誤する作業も楽しい時間です。 [続きを読む]
  • 停電の影響
  • 8日(土曜日)は、午前中「水書用等を活用した書写指導研修会」が、札幌開催予定でしたが地震により中止になりました。8日午後は、早稲田大学の学生18名と教授がゼミ合宿で来道し、「寒遊会書道」で書道ワークショップ予定でしたが、こちらも開催が中止になりました。 北海道全域が長時間の停電によって様々な影響を受け、元の生活に戻るのは暫くかかりそうです。ガソリンスタンドは長蛇の列、スーパーは品薄で、普段口にする [続きを読む]
  • 胆振東部地震について
  • ご心配おかけしています。6日午前3時過ぎ、寝ている最中にかなり激しい横揺れを感じ飛び起きました。札幌市の我が家の中は、棚の上から物が落ちたり、壁にかけている額がずれる程度でしたが、地震後停電が続き、復旧まで15時間ほどかかりました。市内まだまだ停電や断水が続いているようです。また、携帯が通じない方もいて教室の休講連絡が届きません。教室は今日、明日と休講を決めました。 早朝から実家二軒に車で向かいました [続きを読む]
  • 中国文字文化の旅?
  • 一週間ほど書家9名の方々と中国、西安と北京に行って来ました。 初日は西安郊外の見学です。午前中は高宗、則天武后の墓、乾陵と乾陵博物館へ行きました。広大な規模の乾陵は、唐の繁栄ぶりをうかがい知ることが出来ます。 次は、太宗が眠る昭陵と昭陵博物館です。太宗は王羲之の蘭亭序を愛し、陵墓に副葬されたとされ、蘭亭序は盗掘されたとも言われているようですが、真相はわかりません。 昭陵碑林にある欧陽詢の温彦博碑(お [続きを読む]
  • 筆のバネの使い方、動画編
  • 寒遊会書道では大人の会員様限定で動画配信サービスを行っています。筆法は繰り返し練習し、習得するものです。復習しやすいように動画配信を始めました。数ヶ月前から不定期で初心者、上級者に向けて配信していますが、好評ですので継続予定です。先日、配信した動画です。動画を見て疑問点がありましたらお気軽にお尋ねください。 [続きを読む]
  • 幼児の月謝
  • 幼児(年中・年長)の月謝は月4回60分授業で、えんぴつ書き方とふで習字の両方指導し、3,500円(税込)でスタートします。小・中学生は90分4,500円(税込)です。 2020年から小学校では1・2年生において、運筆能力の向上目的に水書用筆等が使用される予定です。 全国4か所で主に小学校教諭を対象に説明会が始まり、札幌は9月開催予定です。一足早く、説明会の資料と水書用筆を手に入れました。説明会参加者から、水書用筆の導 [続きを読む]
  • 小学生用ふで習字手本
  • 小学生用ふで習字手本は主に半紙2文字を学年ごとに基本点画の目標を決め、課題設定しました。筆使いを習得するため月3〜4回、同じ課題に取り組みます。 今後、習熟度別学習の必要性から4年生以降は2文字の課題の他に多字の課題も用意しました。字配り(文字の大きさ、中心、調和など)を学びます。 小筆についても習熟度に合わせて学習を進めます。えんぴつ書き方は、課題量が多いと書く事に追われてしまうので、お子さまに合わ [続きを読む]
  • 赤れんが庁舎
  • 北海道庁に行った帰り、道庁横の赤れんが庁舎を見学してきました。赤れんが庁舎は、名前通り赤れんがの建物で明治21年完成し、その後火災で内部焼失しましたが、赤れんがの壁は損傷がなかったようです。昭和43年創建当時の姿に復元され、国の重要文化財に指定されています。庁舎内は建物も魅力的ですが絵画や貴重な資料が展示されています。道内出身の岩橋英遠の絵画は松浦武四郎が描かれ作品です。 今回、展示品の中に日露講和条 [続きを読む]
  • 「北海道之書」
  • 北海道書道連盟会報部の取材で渡辺翠波先生と北海道書道連盟理事長、本間 孤峯正啓先生のお宅にお伺いしました。 次回の北海道書道連盟会報は「北海道之書」についての記事を特集します。 「北海道之書」は北海道ゆかりの書家たち、北海道を命名した松浦武四郎の話など盛り沢山の内容です。北海道にある石碑は、誰の揮毫によるかなど北海道書道の魅力を再発見するきっかけの本になりそうです。 本間理事長より、古い資料収集の難 [続きを読む]
  • 宛名書き
  • 会員さんに挑戦したい課題を尋ねると「手紙を上手に書きたい」という声がありました。手書きの手紙は活字の文字より、気持ちや思いが強く伝わります。 手紙文は縦書きで自然な連綿が書けるよう、ペン、小筆のテキストを工夫しています。 手紙文も大切ですが、先ずは宛名を上手に書く練習から始めましょう。宛名は文字の大きさ、文字の配置など一定のきまりを覚えます。 10月号の課題は宛名書きのコツを学びます。是非、年賀状の宛 [続きを読む]
  • 読売書法展の結果
  • 暑い日が続いています。昨日までは連日、クーラー稼働でしたが、今日の札幌はクーラー、扇風機なしでも過ごせる暑さです。 さて、読売書法展の審査結果ですが、寒遊会会員の読売奨励賞、特選、秀逸、入選が決まりました。奨励賞、特選の受賞者は日頃の努力が身を結び、指導する側としては嬉しい結果です。 皆様へ寒遊会書道では、このような季節に合わせた実用書も小誌「寒遊会書道」に掲載し、学んでいます。 [続きを読む]
  • 読売書法展審査会in東京
  • 7月末から8月初め東京で読売書法展審査会に参加しました。寒遊会書道は小さな団体ですが一つの会派として、書き込んだ良い作品を多く出品しました。 これから各賞が発表になりますが、落選された方で惜しい作品もいくつかありました。来年に向け、また作品作りを一緒に頑張りましょう。 寒遊会書道は8月3日まで夏休みです。お盆期間もお休みになりますのでお間違えないように。大雨、大荒れの東京で審査は粛々と進められまし [続きを読む]
  • 会員さん作品②
  • 小倉百人一首かな風の調和体でかなの流れと連綿を意識した美しい作品です。 季白仙詩巻気迫のこもった書で潤渇が生きた作品です。 蘭亭序しなやかな線でのびやかに堂々と仕上がっています。 調和体、古典臨書、かな実用書等、大筆、小筆、ペン習字をご希望に合わせ学ぶことが出来ます。 寒遊会書道の会員さんは、様々な課題に積極的に挑戦される方が多く、広い視野で、楽しく書を学んでいます。 基本を学んだあとは手本をまねる習 [続きを読む]