ryomei さん プロフィール

  •  
ryomeiさん: テニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜
ハンドル名ryomei さん
ブログタイトルテニス上達奮闘記〜試合に勝ちたいぞ〜
ブログURLhttps://improving-tennis.com/
サイト紹介文アラフォーリーマンのテニス上達奮闘記。練習や試合で気づいた上達のヒントを中心に日々の出来事を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 349日(平均2.9回/週) - 参加 2018/01/01 18:56

ryomei さんのブログ記事

  • ドロップショットのコツと打った後のポジショニング
  • 先日の試合練習で嵌められたドロップショット地獄。ベースラインからの打ち合いならこちらに分があったのですが、ドロップを入れられることでかなり苦戦させられました。その経験から自分の戦術にドロップを組み込めれば、私よりもストローク力のある相手に対して一方的に主導権が握られるということがなくなるのでは!?と思い早速練習してきました。練習を通じて気付きと手応えがあったので、ドロップショットのコツドロップショ [続きを読む]
  • 【YONEX】REXIS(レクシス) 130 耐久性レポート
  • これまでポリガットを緩めに(40P位で)張っていたのですが、ボールが抑えきれないというかロングのアウトを多くしてしまう傾向があったので、テンションを上げて飛びを少し抑えてみることにしました。ポリでいきなり10P以上上げてしまうのは厳しいかもと思ったので、とりあえずナイロンの柔らかいマルチを選びました。選択したのは、大坂なおみ選手がハイブリッドのクロスに使用していることで有名になったREXISです。テンションは5 [続きを読む]
  • ドロップショットを打たれまくって感じた効果と戦術
  • 先日練習してもらった相手、これまで経験したことがない程に癖が強いプレースタイルで、単純明快なプレーしかできない私は翻弄されっぱなしでした・・・どう癖が強かったかというと、フォアもバックも全部スライスドロップショットが異様に上手いボレーのタッチが神という具合で、ボールのスピードは遅いのですが自分のタイミングでボールを打つことができませんでした。打たせてもらえなかったという方が正しい表現かもしれません [続きを読む]
  • 打球感の柔らかいポリエステルストリング おすすめ 6選
  • ここ最近、テニスメーカ各社がポリエステルストリングを次々と作り出していて、かなりの種類の「ポリガット」が販売されています。昔々ポリガットが出たての頃張ってみましたが、硬い(打球感が悪い)飛ばないとあまり好きではありませんでした。抜群の耐久性で全然切れないので、お財布には優しいんですけどね。現在は技術が発達し、課題だったポリガットの打球感がかなり良くなってきて、ナイロンガットと遜色ない打球感のも販売さ [続きを読む]
  • 【AVIOT】TE-D01a 完全ワイヤレスイヤホンをレビュー
  • 結構前から「欲しいなー」と密かに狙っていた完全ワイヤレスイヤホン。通勤中の電車を見ても多くの人が装着しています。観察していて装着率が高いと感じるのがこちら。APPLE:AirPodsSONY:WF-1000XBOSE:SoundSport 3種類全て試聴してそれぞれの特徴が理解できた中で「SONY」のイヤホンがいいかなぁと妄想をしていたのですが、結構なお値段がするのでなかなか購入に踏み切れませんでした。通勤中にちょっと聞くだけのために250 [続きを読む]
  • 遅い球を打ってくる相手と試合する時に大事な技術と戦略
  • 試合前のウォーミングアップや試合の序盤、相手のボールが速いということが分かるとミスしないように、コンパクトにスイングしてとにかく返そうという意識が生まれ、無駄な強打己の怠慢による準備不足というもったいないミスが出にくくなります。逆に遅いボールを打ってくる相手だと、しっかり構えて打てる機会が増えるので、フルスイングをしてミスとか強引にコースを狙ってミスと不用意なミスが増えてしまう傾向があります。先日 [続きを読む]
  • 【YONEX】REXIS(レクシス) インプレッション
  • 2018年大ブレークした日本の大坂なおみ選手が使用している噂の「「REXIS(レクシス)130」」を張ってみました。大坂選手はハイブリッドで、メイン:ポリツアープロ125クロス:レクシス130というセッティングで使っています。(2018/12/1時点)ミーハーなので真似しようかと思っていたんですが、まずはレクシス単品で感触を知ってから次どうするか考えようかなという結論になり、久々にナイロンで張り上げてみました。張りたてを練習で [続きを読む]
  • 【ボレー】グリップチェンジする?しない?悩んだ挙句に出した答え
  • 先日テニスオフで練習してもらった方にボレーのグリップチェンジについて質問をされました。主催者管理人さんはボレーでグリップチェンジしてますか?管理人あまり意識はしていませんがしてますね。主催者フォアとバックどう持ってますか?管理人基本はコンチより少しフォア寄りに厚く持っていますけど、状況に合わせて握り変えてると思います。主催者そうですか。ちょっとボレーが良くわかなくなっちゃって。主催者ありがとうござ [続きを読む]
  • 【パワーポジション】リターンの感触を変えたViPRトレーニング
  • 先日ジムで「ViPR(バイパー)」という器具を使用したトレーニングを紹介されノリで体験してきました。このトレーニングを通じ、今まで普通にできていると思っていたテニスの基本「パワーポジション」がいまいち(良く言えばさらに改善の余地がある)ということが体感できました。効率の良いスイングをしてショットの精度を上げるのはもちろん大事ですが、ショットのパワー源である下半身からのエネルギー伝達の効率化はスイングよりも [続きを読む]
  • 【Wilson】ULTRA TOUR 95CV インプレ 〜 錦織モデルの感想
  • 2019年から錦織圭選手が使用する「ウルトラツアー 95CV」を試打することができました。やった。借りれた。この後の練習で、じっくり打ち込んでみます!#Nishikori #wilson#ウルトラツアー pic.twitter.com/nVGip3A66d― ryomei (@MtRyomei) 2018年11月24日錦織 新ラケット手応え!スピン量と球速UPでさらなる飛躍へ(スポニチアネックス) ? Yahoo!ニュース https://t.co/FxnaKBgTtR @YahooNewsTopics― Kei Nishikori News (@ [続きを読む]
  • 【錦織選手2019年使用ラケット】ULTRA TOUR 95CV情報
  • 2018年怪我から復帰し目覚しい活躍をしてくれた錦織選手。From @ATPChallenger events to the #NittoATPFinals, it’s been quite the 2?0?1?8? for @keinishikori https://t.co/WSDAJkFIsV#ATP pic.twitter.com/2I8a65jki3― ATP World Tour (@ATPWorldTour) 2018年11月13日錦織選手モデルラケットといえば「バーン(BURN)」シリーズですが、2019年からは「ULTRA TOUR」シリーズを使うことになるようです。ULTRAといえば、「 [続きを読む]
  • 【ダブルフォルトをなくす】再現性の高いサービスの打ち方と練習方法
  • テニスの初心者はもちろん、ある程度試合経験を積んだ中級者くらいでも安定した再現性の高いセカンドサービスを打つのは難しいものだと思います。特にセカンドサービスを力加減で調整して入れるようだと、緊張した時に加減が狂ってダブルフォルトを量産してしまうという危険があります。再現性の高いセカンドサービスを打つには、適度な回転を掛けてネットの高いところを通しつつサービスライン内に落とす技術が必要です。回転をか [続きを読む]
  • フォアハンドだけが強い相手と戦う時のおすすめ戦略
  • 試合でサービスやボレーは大したことないけど、とにかくフォアハンドだけが尋常じゃなく強い相手と対戦したことありませんか?ボールは速いけどミスが多いというような相手なら苦労はしませんが、強いトップスピンがかかった質の高いボールをミスなく打ってくるタイプは非常に厄介です。経験上こういう相手に対しバック側に単純にボールを送るだけでは簡単に回り込まれてしまい、結局フォアハンド逆クロス対自分のバックハンドの展 [続きを読む]
  • テニスの試合に出るならあると役立つおすすめアイテム21選
  • 初心者Aさんテニスの試合に出る時、なにを準備していけば良いの?試合経験が浅いと何が必要か良く分からないものです。私自身試合中に、コケたり、ガットが切れたり、攣ったり、捻ったり、肉刺が潰れたり、ゲリラ豪雨にあったりと想定外の出来事にたくさん遭遇してきました。こんな時、管理人あー準備しておけば良かったと感じたアイテムや、周りが持っていて、管理人あると便利だなーと思ったアイテム21選をまとめてみたいと思 [続きを読む]
  • 【ダブルス戦術】ロブのメリットと効果的な打ち方
  • 最近ダブルスでロブを積極的に混ぜるように心がけています。理由として、気持ち良くポーチをさせない相手陣形を崩すスマッシュ苦手な人が多いローリスクで効果がある といったことが挙げられます。ダブルスの戦術を知らなかった頃は、頑張ってストロークをハードヒットしていたんですが、ポーチに捕まるし、ミスしちゃうしで全然駄目でした。どうすればもっと勝てるようになるか研究と実戦を重ねた結果でたひとつの答えが「ロブ」 [続きを読む]
  • 【DUNLOP】CX200 インプレッション
  • 〜DUNLOP POWERED BY SRIXONラケットの発表〜2009年に登場したスリクソンラケットは、来年度からダンロップと1つになり、#WEAREONE の精神で 新たな展開を開始し、その第1号モデルとなるダンロップ「CX」シリーズを12月に新発売します。#journeyforperfection #dunlop pic.twitter.com/Sgp0hQHtfz― Dunlop Tennis Japan (@dunloptennisjp) 2018年9月27日少し前から噂になっていた、「DUNLOP」ラケットの復活。昔「300G」を使っ [続きを読む]
  • 【筋トレ】試合に勝つ為のトレーニング方法を実体験からご紹介
  • 先日32ドローのダブルスワンデートーナメントに出場し5試合満喫してきました。6-0,7-5,7-6(4),6-0,4-6と結果はそこそこ満足できるもので、この前記事にしたようなサービスの配球に関する気付きもあり、収穫のあるトーナメントとなりました。テニス技術以外にも、5試合目の最後まで身体の痛み無くちゃんと動けたという収穫もありました。試合で勝ち残ってもだんだん足や肩が痛み出し満足に動けず負ける、という残念な経験が結構ある [続きを読む]
  • 【ダブルス】ライジングリターンの名手に効くサービスの配球とは?
  • ダブルスの試合でリターンのタイミングが早く、しかも確率良く返ってくるような相手に苦労することってありませんか?自分のサービスの威力を上手く利用されてコンパクトに良いコースに返されてしまうと、管理人やばい、この人うめーという心境になり、受ける精神的ダメージも大きくなってしまいます。高いレベルの試合に出るとリターンが上手い相手と対戦することが多く、サービスが全くキープできない日もありました。そういう試 [続きを読む]
  • 安定したボレーを打つために必要な3つの基本
  • 皆さんは試合でボレーをよく使いますか?私はストロークで打ち抜くパワーと技術がないので、シングルスでもボレーを使っていかないとなかなか勝つことができません。(もちろんダブルスも)私にとってボレーはポイントを締めくくる大事なショットなんですが、当たり損なってミス強く当たりすぎてミス角度を狙いすぎてミスとミスを量産してしまうことがあります。こうなってしまうと、ちょっと前までは試合中立て直すことができず敗戦 [続きを読む]
  • 【試合】流れが悪い時どうする?展開を変えたい時の考え方
  • 試合練習で、序盤リードされるも途中でプレーを変え、それが奏功し逆転して勝つという内容が続いています。(続いているといっても、まだ2試合ですが・・・)これまでは試合中に大きくプレーを変えることができなかった、、というかどう変えれば良いか分からなかったのですが、対戦相手と試合後のコミュニケーションを意識してから、相手にとって嫌なプレーどんなボールが打ちにくいかというような、「相手」を意識したプレーに思 [続きを読む]
  • テニス見るなら WOWOW? DAZN? 放送コンテンツを徹底比較
  • 近年のインターネット技術向上でトッププロの試合が身近に楽しめるようになりました。私がテニスを始めた頃、グランドスラム以外の大会結果はテニス雑誌のワンコーナーでしか確認することができなかったので、いい時代になりましたね。数ある動画配信サービの中でテニス中継コンテンツが充実しているものとして、WOWOWDAZNが挙げられます。本記事では、WOWOWとDAZNの特徴と、見たい試合に合わせたおすすめサービス等を紹介してみた [続きを読む]