いづみ さん プロフィール

  •  
いづみさん: 小腸がん、5年7ヶ月の闘い
ハンドル名いづみ さん
ブログタイトル小腸がん、5年7ヶ月の闘い
ブログURLhttps://ameblo.jp/8221chan/
サイト紹介文がんと判明するまでの8年間の体調不良、そして5年7ヶ月の闘病。頑張り続けて夫は逝ってしまいました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供715回 / 317日(平均15.8回/週) - 参加 2018/01/02 09:39

いづみ さんのブログ記事

  • 孫の成長
  • 初孫が生まれた時、夫はもう新聞配達をしていました。丁度夕刊の配達時間だったので私だけ休んで次女と見に行きました。これは少し大きくなった時の写真です生まれてすぐからぱっちりと大きな目をあいていました。看護師さんたちも、みんな集まって見に来てくれたほど可愛かっです.夫は残念ながら生まれた後すぐには見られなかったのですがその後1ヶ月はうちに末娘と初孫のななちゃんはいてくれました。久しぶりの赤ちゃん、可愛 [続きを読む]
  • 今日は一汁三菜の日
  • 毎日三菜作ってる?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう毎日は無理です。その気になった時だけです。おかずが多かったり、少なかったりどうなるか分かりません。誰も何も言わんのって?文句があるなら自分で作れ〜て言ってやりたい!!随分横着になってしまいました。去年迄はこんな事無かったのですよ。夫は同じ物をたくさん食べるよりいろんな物を少しづつ食べるのが好きでしたから。いつも、夫の好みに合わ [続きを読む]
  • 過去一の修羅場を教えて!
  • 過去一の修羅場を教えて!みんなの回答を見るキャンペーン詳細たった一度だけあります夫とは普通の精神状態で喧嘩するなんてそんな事は在りえません。いつも私達は仲良しでした。それでも一度だけ夫が入院していた時ありました、哀しい出来事でした何度も手術してもう金輪際痛い事はゴメンだと言う夫に退院する為にはどうしても処置が必要だと私が説得したのですがとんでもない事になりました辛い話ですが興味がある方はこちらから [続きを読む]
  • 闘病記 130 ”廃液処理の為の胃ろう”
  • いずれは小腸が殆ど使えなくなる日が来るのは分かっていました。腸閉塞を起こしその度にイレウス管を入れたのですが最初は2m以上入ったのがもう1mより手前の所で詰まっていたのですからそして水も通らなくなってしまい在宅療養ができるかどうかは胃ろうに望みをかけていました。医療知識など全く持ち合わせていない私は胃ろうなんて実物を見た事もないしまして取り扱いなど知る筈もありませんでした。胃ろうと言うのはご飯を食べ [続きを読む]
  • 闘病記 129 ”胃ろう手術”
  • 病室でしかも大部屋でポートをはずして貰いました。局所麻酔の簡単な手術でしたがあちこちに血が付いていた夫を見た時はこんなに簡単そうな手術でもやはり危険なものだと再認識しました。内科の先生はそれまでの先生とは違ってとてもハキハキとしゃべる先生で説明を聞いているだけで信頼出来そうだと思いました。不安そうにしている私達を安心させるように検査なんて1度すれば十分ですよM先生は大袈裟なんだから心配しなくても大 [続きを読む]
  • こんなとこ、配ってます③
  • また書きかけて放っていた記事の続きです。気まぐれに付き合って頂いて申し訳ありません。いよいよ最後の所を配ります。こんな所も有ります。先日の台風で屋根瓦が落ちかけてそのままになって道にコーンを置いてます、ジャマなんですけど右側の路地の奥にも家が有ります路地裏に家がありました路地の突き当りにある家には干し柿にする為に、柿を吊るしています。販売店の近くのタワーマンションが見えますポスト見えませんよ〜夫 [続きを読む]
  • 何故、今日も涙??
  • 今日は休刊日で朝はゆっくり寝ていました。と言っても5時半くらいには目が覚めましたけどね。流石に夕べは早く寝すぎたので途中で目が覚めてしまいブログを書いてみたりコメントのお返事を書いたりしているうちにまた寝てしまいました。今日は配達が無いから泣かなくて済むわとほっとしたような気になっていたのですがやはり駄目なんですね、1日1回はとんでもなく悲しくなるみたいで、どうにもなりません。何もしていないし、何も [続きを読む]
  • 闘病記 128 ”ポート感染”
  • 入院すればすぐに熱が下がり胃ろうの手術が出来るものと思っていたのですがなかなか熱が下がらない上にやっと原因が分かったら分かったでまたいろいろ処置しなければならない事が増え退院の目処など付きそうもありませんでした。どうにか、高熱の原因が分かり何とか処置も終わりましたが長く続いた高熱のせいですっかり体力が落ちて弱ってしまいました。その上腕からの点滴では高カロリー輸液は出来ないので夫はますます体重が減 [続きを読む]
  • 闘病記 127 ”高熱が続く”
  • 1日に3~4回の嘔吐があっても頑張っていた夫でしたが流石に高熱が出て座薬を使っても熱はその時だけしか下がらす不安になって在宅医のS先生に診てもらいました。思った通り入院になりましたが用意もしていたので慌てる事はありませんでした。とうとう胃ろうにしなければいけないとM先生に言われましたが夫はそれで家に帰れるならどんな事でも受け入れる覚悟でした。何より病院では制限が多いのでそれを嫌い、在宅を望んでいたの [続きを読む]
  • してもらって嬉しかったことって何?
  • してもらって嬉しかったことって何?みんなの回答を見るキャンペーン詳細いろいろ有りますよ重い荷物は必ず持ってくれたし人混みではしっかり手を繋いでくれたし買い物もついてきてくれ頼んだ事は何でも嫌とは言わない人でした中でも一番嬉しかったのは寝る前にしてくれたマッサージでしたこのマッサージの事はブログに載せましたがコチラからhttps://ameblo.jp/8221chan/entry-12363847279.html夫は研究好きと言うのか何でも調べ [続きを読む]
  • 闘病記 126 ”嘔吐が続いても頑張った夫”
  • 昨年6月中はまだ少しは食べられ散歩や体操、自転車にも普通に乗れたのですがとうとう嘔吐ばかりで無く高熱が出てしまいました。続きはこちらから3月、5月、7月と夫の好きな相撲が始まる頃にはいつも具合が悪くなりました。この時も7月に入ってから嘔吐が酷くなり、どうにもなりませんでした。一度に吐く量は大きなボールにいっぱい、私は背中をさすったりトントンと叩いたりしましたが怖いくらいたくさんの液体が出て来ました。も [続きを読む]
  • 闘病記 125 ”徐々に腸閉塞が進んでいる ②”
  • 末娘が夫の大好物のニジマスをたくさん釣ったのを持って来てくれ夫も喜んで食べたまでは良かったのですがやはり焼き魚は無理だったみたいです。でも煮魚をミキサーにかけて食べるような人では有りませんからね夫は、無理と分かっていても大丈夫やと言って食べていました。その結果、こんな事になったのですその後はまだ小康状態が続いたのですが…続きはこちらです昨年の夏の事なんですが、まだ散歩が出来、体操までしていました [続きを読む]
  • 夫が言ったこと
  • 何もしていない時夫の事を思い出す時夫が言ったことが蘇って来ます。俺はがんになって良かったと思う。前にも何度か、書いたと思いますがこの言葉がしょっちゅう頭に浮かんで来るのです。こんな事言う人なんてがん患者、本人としてそんなにいないなと思います、それも末期がんで余命ももう1~2ヶ月かも知れないと言われてからしみじみと言うのですから。夫が身体を壊して13年間お互い、労り合いながら過ごして来て夫婦の有り難みが [続きを読む]
  • どんなところに惹かれた?
  • どんなところに惹かれた?みんなの回答を見るキャンペーン詳細第一印象はおとなしい、地味、陰気なんかロクな事無いですねそれくらい、気にならない何処に居るのか存在感の無い人でした。そんな居るのかどうかすら分からない人は真面目で仕事熱心でした、惹かれたのは真面目さと優しさ、人への思いやりそれでしたねそれと大事な事私、背が低くてあまり太ってない人が好きなんですOL時代片思いで終わった人も背が低かっただから [続きを読む]
  • 闘病記 124 ”徐々に腸閉塞が進んでいる ① ”
  • 高カロリー点滴も、看護師さんに教えて貰いながら何とか私も取り扱いに慣れてきました。流動食だけなら食べても良いですよと言われて退院してした筈の夫でしたが嘔吐が無かったのをいい事に結構好きな物を食べていましたからねぇ。しかし、少し食べ過ぎでした。案の定腸閉塞になりかけているだなんて!でもまだ柔らかいもので詰まった訳ではなかったので夫はまたジュースや柔らかいものだけにすればいいと割と気楽に考えていたみ [続きを読む]
  • 闘病記 123 ”高カロリー点滴の続きです”
  • 1つ前の記事には続けて投稿しました高カロリー点滴は、私が覚える事ができ次第好きな時間に始められるので出来るだけ早く覚えたいと思っていました夫は夫で、栄養が取れるようになればまたは元気になって散歩したり、筋トレしたり出来るようになると期待していました。まだまだ元気なこの時は期待のほうが大きく点滴は夕方から朝にかけてすれば昼間にはまた競馬場へも行きたいと言ってました。 [続きを読む]
  • 新聞配達より疲れるわ〜
  • 母が姉の所へ泊まっているのですが行く前に言われました。冬物出して来て、ここにある薄い秋物片付けといて!とにかく服が多いので夏服は先月片付けたのですが今度は秋物です。夫が屋根裏部屋にハンガーパイプをいっぱい取り付け、季節が過ぎた衣類を掛けておける様にしているのです。ケッコウ大変なんです。2階から屋根裏まで薄い秋物を運び冬物と掛けかえました。夏服だけでも何十枚もあります。毎日着替えても夏中違う服着れそ [続きを読む]
  • 今日は鍋の日
  • 何鍋が好き?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう最近ハマってるのが塩ちゃんこ鍋や鶏塩鍋など塩系です。具材は何でもありです。鶏塩鍋スープでも中には魚を入れたり,、餃子を入れたり鳥だんごを入れたりうどんは大好きなので必ず入れます。娘はキノコが好きなのでシメジやえのきはハンパない量です(お腹壊しても知らんから)夫が居た頃は味のついたスープはキムチ鍋しかしませんでした。だから水炊きでぽん酢 [続きを読む]
  • 闘病記 119 ”高カロリー点滴は、もう少し後で”
  • 在宅医のS先生の事は前の記事に書いた通りです.その時S先生はまだ流動食が食べられるなら高カロリー点滴は後にしましょうと言ってましたが…夫にと思ってメイバランスを買ったのですがやはり駄目でした、飲んで見ましたが確かに甘過ぎたり、味が濃くて飲み辛かったりしました。カロリーの高い飲料て何故あんなに飲みにくいのでしょうね食欲もあまりない人達が必要とするのに、あれでは飲み辛くて困ります。この時あいちゃんに [続きを読む]
  • 闘病記 118 ”S医院について”
  • 退院の為の準備に時間がかかったので夫はまた早く退院させろと催促ばかりしていました。やっと在宅医も決まり受け入れの準備も整い、退院する事になりました   S医院とウチとは永年の付き合いがあります。私の祖父もかかっていましたからもう40年以上前からです。家から一番近くて、歩いて5分もかかりません。S医院との関わりは、この通りですが実はS先生の亡くなったお父さんの大先生はあまり評判はよく有りませんでした。 [続きを読む]
  • 雨の日は辛いです
  • 今朝は配達の時、ずっと雨が降っていました。しとしと止むこともなく、強く降ることもありませんでした。夫を思い、ずっと泣いている私の心を写すような雨でした。この季節雨が降ると体温調節が難しいです。雨降りの日は夜中に気温が下がりません、配達のはじめはトレーナー1枚にカッパだけでも汗をかくくらいです。ところが汗を書いた服が雨に冷やされ段々と冷えてきます、そして明け方近くになると一気に気温が下がります。今は [続きを読む]
  • 11回目の月命日
  • もう11回も月命日が来てしまったんですね。もうそんなに日にちが過ぎてしまったのです。元気になったなと自分で思う時もあります。でもやっぱり、心の中は元気じゃない夫と一緒に在宅で過ごした日々元気に孫と遊んでいたあの日楽しかった日、辛かった日思い出ばかりがたくさん私の心から溢れてきます。それが一杯になったら涙になって流れてくるのかな?いっぱい泣いて、涙と一緒に流れてしまったら少し元気になるのかな?ずっと [続きを読む]
  • 痒い!! ムカムカ… 調子悪いです
  • 昨日から母が姉の所に泊まりに言ってます。明後日、朝早くから日帰り旅行に行くので世話が出来ないと言ったら姉の家に行くと言いました。姉は昨日しか迎えに来られないからと言って夕方に来てくれました。次女と二人だしと言う事で海鮮の美味しいお店で外食しました。カキフライ、あん肝お寿司、天ぷら、などなどお腹がいっぱいになり過ぎて苦しかったです。あまり食べられなくて貧血、低血圧、栄養不良で困っている次女も珍しく [続きを読む]
  • 闘病記 117  ”退院後の準備”
  • 余命の事を主治医のM先生に言われ余命よりも、がんの進行によって何も出来なくなり、生きがいまで失う事への恐怖が夫を不安にさせたようでしたがM先生が言われた社会福祉士さんが来る頃には夫も落ち着いていました。少しは落ち込んだ様子もあった夫でしたが退院へ向けての準備が進むに連れなんだかまた様子が変わって来ました。こんな所はO型の末娘と本当によく似ています(笑)私はいつもそんな夫に救われていた様に思います [続きを読む]