かたつむり舎 さん プロフィール

  •  
かたつむり舎さん: 日々のすてき手帖
ハンドル名かたつむり舎 さん
ブログタイトル日々のすてき手帖
ブログURLhttp://christmas.everyday.jp/
サイト紹介文扱うのは、 古いもの、華美でないもの、想像をかきたてるもの、そんなふうなものになると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 149日(平均1.3回/週) - 参加 2018/01/02 15:34

かたつむり舎 さんのブログ記事

  • 好きな器で自分リセットのひととき・・・
  • 梅雨どきを思い起こさせる気候になってきました。梅雨は日本らしいしっとりした時季でもあります。お香の香りなども味わいやすい季節です。とはいえ、蒸し暑いことも事実・・・フードカッターで簡単にアイスクリームを作るようになってさっそく黄桃アイスを作りました。今回は黄桃缶詰 + 生クリーム + はちみつ。ナッツ類やヨーグルトやジャム、なんでも、そのときあるものでおいしくなりそうなものを入れて作りましょう。い [続きを読む]
  • コウノトリ育むお米で お互いがんばって生きよう
  • 毎日のそのときそのときをだいじに暮らそう。な〜んて言うと、時間もお金も余裕のある人の言い草、って感じでしょうか。時間はまあまあの余裕度?お金はまったく余裕ない。それでも、そんな状態だからこそ、先のことばかりでなく、今このときを楽しく生活しよう!と思います。ってことで・・・・?!つきたてお米生活、無理なく続いてます。4月はじめに使い始めた精米機。無料レンタルです。毎月、特別栽培米を買うことでレンタル [続きを読む]
  • つきたてお米生活
  • お米はほんとうはつきたてのほうがよりおいしいのでつきたてお米生活、実践したいな〜と思っていました。いなかでは、こんな精米所が道路沿いにあったりしてあたりまえに利用していました。けど、東京のこのあたりではさすがに見かけず、つきたてお米生活をするには、「ミニ精米機」を手に入れる必要があるな〜〜。と、ここまでで思考も行動もストップしてはや何年・・・今度、やっと実践に踏み切りました。(そんなおおげさなこと [続きを読む]
  • お茶はすっきりすんなりのどの奥へすーーっと
  • 朝食後のお茶に、新しく買ったほうじ茶を飲んでます。在来種無農薬、っていう特別なお茶でありながらなんか、「お茶はすっきりすんなりと、のどの奥へとすーっと流れていくのがいちばんだな」なんてみょうに原点に帰りたくさせるお茶です。ひっかかるところがないからなのか飲む回数を重ねるといっそう馴染んできて。けどそれは、味と香りがいいから思えることで飲んだ満足感を意識せずに満足しているからなのでしょう。人間ってぜ [続きを読む]
  • 在来種の茶葉100% お茶農家の人の努力に感謝
  • 毎日お茶を飲みます。お茶好きな人はもちろんのこと、お茶がとくべつ好きというわけでない人も毎日1〜2杯は飲むんじゃないでしょうか。コーヒー、紅茶、ココア、煎茶、ほうじ茶・・いろんなお茶類があって、それぞれ楽しめるんだからお茶っていいな。今回はその中の、ほうじ茶で、在来種100%自然栽培の茶葉に縁があったのでまだご存知じゃない方にも知ってもらいたく、ご紹介したいと思います。お茶の木に在来種と改良種があ [続きを読む]
  • 手作り0%歴30年、編み物スタート5か月・・
  • 手作り0パーセント歴、30年?正確に数えたくない数字であります。5か月前から始めて、楽しく続けているかぎ針モチーフ編み。ほらっ!編み図だけでは初心者はまったくわからないのではじめは編み図の横についている文章だけをよく読んでやっていました。今でも文は読みますが、そのあとで編み図を見て「なるほど」と思えるようになってきました!なんてことだ!すごい!(笑)説明書と毛糸がいっしょに届くのも、手芸売り場に買 [続きを読む]
  • 3杯おいしく飲めるティーバッグ、助かります
  • ティーバッグはだいたい一人のときに利用しますよね。時間をおいて2杯目、3杯目を飲むことも多いです。もったいながりやだから、ティーバッグを1回で捨てちゃうなんてことはないです・・普通の人は2杯目までで捨てるんだろうな〜とは思いつつ・・でも、このティーバッグは3煎目まで出さないとむしろもったいない感じです。自然栽培、農薬不使用、在来種と揃っているお茶ですし・・ほうじ茶はどんなときでも飲めるしなんにでも [続きを読む]
  • 小さな活版印刷機、真映社さんの動画で見違えるほど上手に印刷できました
  • 学研の小さな活版印刷機を購入して、何度か印刷してみましたが、なんかまだ、うまくいきませんでした。そんなとき、真映社さんのウェブサイトにじょうずに印刷するための動画が出ていることを知ってさっそく行ってみました。プロがこの小さな活版印刷機を使って印刷している手元を見せてもらうのがとーーーーっても役にたちました。特に、吸い取り紙の貼り方、インクののばしかたのところが。「あ〜〜〜、そうなんだ〜〜〜!!」と [続きを読む]
  • シアバターはみんなの味方、手軽でナチュラル
  • ハンドクリームとして前から使っていたシアバター。化粧水が切れたので顔にもちょっと使っていたことを書きました。(化粧水を切らしたのでシアバターを使っています)そして、シアバターは髪にもいいんですって。地肌や髪全体につけるとベチャっとした感じになりますが毛先につけると髪が落ち着いていい感じ。美容院でも使っているそうです。(ちゃんとした製品ですが) 最近、ハンドクリームがなくなったので作りました。簡単に作れ [続きを読む]
  • お茶好きを惹きつける在来種の茶葉
  • お茶の木に在来種とそうでないのとがあることもよく知りませんでしたが、品種改良していない木が3%ぐらいあるそうで、「その木の茶葉から作ったほうじ茶」と聞いて、飲みたくなりました。在来種で、農薬を使っていない、となると、値段が高そうに思いましたが、ティーバッグが20個入りで1296円、とのことでお金がふんだんにあるわけでない私も、安心して申し込めました・・・(笑)で、おいしくて安心なほうじ茶なら、と母 [続きを読む]
  • おとなの買い物はストーリーのあるものを選ぶ
  • 新しい物を購入に踏み切る(あえて「決心」っぽく言うと)とき、何かストーリーがあって共感したりする心が惹かれるところがある物を買うようになりました。アクセサリーはとくに、そういう選択をする人が多いのでは?わたしも、街へ出てもお店でアクセサリー売り場には気恥ずかしくてあまり立ち寄りません。その足でむしろ本屋さんに向かってしまう、というわけです。ですがこの度、これを買いました。フェリシモ サニークラウズ [続きを読む]
  • 好みのトーンのものが集まってくる・・活版印刷など
  • 活版印刷への興味が高まっていることを感じる私ですが、そういう好み自体は、以前からあったわけで、同じトーンのものが身の回りにありました。九ポ堂さんのはがきは、お店で見ると自然と目にはいってきて神保町の文房堂で何枚か買っていました。九ポ堂さんは「大人の科学」活版印刷の号にも登場していらっしゃいました。>>九ポ堂「活版印刷と「少し不思議な」紙雑貨」というキャッチフレーズが、いいです。急がないかんじが出てい [続きを読む]
  • いっしょうけんめい取り組む時間に価値がある
  • 手作りがへたなお話。へたな人も、やってみたいと思う気持ちはあるんです。そのきっかけを提供してくれたこれらのセットに心からの感謝の気持ちを持っています。フェリシモ 「はじめてさんのきほんのき」 くさり編みからきちんとレッスン♪ かぎ針モチーフ編みの会器用な人は笑うでしょう。キットで作ったものをプレゼントされたと言って怒っている人さえいました。そういう人とはたぶんつきあうことはないでしょう・・・(笑)わ [続きを読む]
  • 活版印刷あそび、むずかしいけど楽しい
  • 大人の科学のふろく、活版印刷機で印刷してみました。「なかなかむずかしいけど楽しい。楽しいけどむずかしい。むずかしいけど楽しい・・・」っていう感じです。かたつむりなので、じょうずにできるまで普通の人の3倍(以上)はかかるかも。で、活版印刷機を愛用したいから活字の入れ物も作りました。ほら!とらやの羊羹の箱がじょうぶそうなので利用してみました。まだアルファベット活字を切っていないので、そちらはどうしよう [続きを読む]
  • はたきの布を取り替えてすっきりお掃除
  • はたきの布は新しくできるって、当然といえば当然ですけど、なかなか億劫でやりません。ついていた布もよく見れば何かの端っこを利用したものなんですよね。買ったときの記憶によれば「絹」と書いてありました。だからこの度、しまいこんでいた風呂敷を細く切ってはたきの布にしました。柄のところに小さな釘を打って布がはずれないようになっています。柄の竹はけっこう丈夫なものなので、この先もずっともちそうな感じです。大き [続きを読む]
  • 「吉村順三からの宿題」という葉書が来た
  • きのうこのブログで「たためる椅子」のことを書きました。そうしてきょう帰宅したらこの葉書が届いていた!「あれ〜〜!?すごい偶然の一致!!」と、ちょっと自分の中で感動しました。ご縁を感じたので、ギャラリー吉永さんというところへうかがってみようかな。行かれるかな? 2/17〜2/25まで。28年たった今も注文が絶えない、と書いてある。 うちでは最初に買ったのが2006年ごろ。使い続けてかれこれ・・・11年 [続きを読む]
  • ひとつの部屋を何通りにも使う
  • 長屋で暮らした人たちは、家が狭いのをあたりまえとしてじょうずに使っていたのでしょう。もっとも、昔は家財道具とてごく少なかったらしいです。火鉢と布団と茶箪笥と、あと膳椀ぐらい?今は持ち物を少なくと言ってもテーブルやらソファーやらオーディオ機器やらなんだかんだと便利グッズみたいなものが家じゅう所狭しと置いてあるっていうのがまあ標準的な家の中の光景ですよね。うちもご多分にもれず・・・で、何が言いたいかっ [続きを読む]
  • 活版印刷機がふろくにつくってすごい
  • レトロ印刷の本とか、活版印刷とデザインの本とかガリガリ絵はんこ帖とかそういう本がなぜか好きで眺めていました。レトロ印刷の本 わら半紙、蛍光インク、ミシン製本…かわいくてアジがある印刷の楽しみposted with ヨメレバ手紙社 グラフィック社 2012-09-07Amazon楽天ブックスすると、ツイッター上で、活版印刷のことが書かれているらしい「大人の科学」学研プラスが出ていることに行き当たりよくよく読んでみると活版印刷機が [続きを読む]
  • 味見用スプーンがムーミンに昇格しました
  • 味見や、鍋にいろんな調味料を入れるのに使うスプーン。何本も用意して置いておくと便利ですよね。これまではこんなふうにプリンについてきたプラスチックのスプーンを使っていました。それが、この間、ふと見つけたムーミンのスプーンに昇格しました!↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓例えば豆板醤をビンからすくって鍋に入れ、ちょっとかき混ぜるのにも使ったりするから、キズになったり欠けた [続きを読む]
  • 手作り3%生活のお話
  • 手作りは、とにかく器用な人がするものってことで、そのグループ外にいたわたくし。最近、とにかくなんにも分からない人向けの解説をたよりにかぎ針モチーフを作成中です。スローでいいから、不細工でいいから、こつこつと時間をかけて作ったものを使って暮らすという充足感を味わおうかと思います。生きているかぎり、自分として時間をどんなふうに使うか人によってさまざま。忙しくして、やりがいのある仕事をしてっていうのも生 [続きを読む]
  • 化粧水を切らしたのでシアバターを使っています
  • 化粧水を切らして、何か買おうと思いつつ買わないまま、ひと月近くがたちました。おしゃれ心少なすぎ・・その間、シアバターをつけています。シアバターは、「シアバター+グリセリン+ハッカ油」で、前からハンドクリームとして使っていました。なんとなく悪くないので1か月間これできました。それで、ネット上で少し調べてみるとシアバターを顔につけるのはじゅうぶん「あり」みたいです。化粧水と併用がより良いようではありま [続きを読む]
  • ヤクに再会、おはなしの中でも
  • ヤクの恵み、っていうことを書いて、毎日のように遠い日本であったかく暮らさせてもらっていると・・・偶然、ヤクが出てくるお話に再会しました。大むかし、チベットのある地方で人びとはヤクと羊の恵みで暮していたんですね。『犬になった王子』犬になった王子――チベットの民話posted with ヨメレバ君島 久子 岩波書店 2013-11-16 Amazon楽天ブックスチベットの民話で、いいお話です。人の役に立ちたいというひとすじな気持 [続きを読む]
  • 暖かくて質素なスカートを
  • モンゴルのヤクたちの恵みで冬のお家ファッションをフェミニンに!というお話のつづきです。冬のお家ファッションは暖かさ第一になってもともとおしゃれごころの足りないわたしはあったかい「ズボン」になってしまいがちです。そこへ今年はヤクの毛のレッグウォーマーが到来したのでスカートで過ごせます、というお話を書きました。>>ヤクの恵みでフェミニンな冬を!(靴下 レディース 冷え性 足冷え 【2点まで ポスト送料25 [続きを読む]
  • かぎ針編み 編み図の見方がわからなくても
  • クロシェの風合いが好きで自分で編んでみたいとは思えども・・・編み図の見方わからないし段の変わり目のところでどうしたらいいかまったくわからん!ってことで、手芸の本を見ても踏み出せませんでした。ほんとに編み物の経験がなく、手芸の常識がゼロなので、わからない人の「わからなさ」を理解してわかるように説明してくれるものがないとだめなんですよね(泣)著作権があることなのでちょこっとだけ披露しますと、↑こんな感 [続きを読む]
  • 手作り生活0%から3%くらいへの変化
  • 手作りって聞いただけで自分とは無関係、と思っていた人間です。でも、心のどこかで、ちょっとでもできたらな、とは思っていたんですね。ミス・マープルもいつも編み物をしているし石井桃子さんもハンカチに自分でレースの縁取りをしたものを使っていらっしゃったと聞くし、暮しの手帖最新号に、松岡享子さんの刺繍のことも紹介されていますし。手を使って身近なものを作って使うことは、心を満たしてくれる、っていう気がします。 [続きを読む]