おやすみ さん プロフィール

  •  
おやすみさん: 毒親脱出〜毒親・母の精神的ネグレクト〜
ハンドル名おやすみ さん
ブログタイトル毒親脱出〜毒親・母の精神的ネグレクト〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/aruhahatomusume/
サイト紹介文毒親の精神的ネグレクトに気づいた20代女性のブログ。これが精神的ネグレクトかと知るきっかけになれば。
自由文母親からの長年の精神的ネグレクトとジェンダー差別に気づいた20代後半女性のブログです。主に母との過去の記憶を書いています。「こういうのが精神的ネグレクト、ジェンダーなのか」と知るきっかけになればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 8日(平均4.4回/週) - 参加 2018/01/02 20:19

おやすみ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 父との電話での失敗、母との電話での成功 その2
  • その1の続きです。 父と電話して、また鬱に戻りかけましたが、しばらくぼんやりしょんぼりしたあと、「自分で家族との関係にアプローチできた」と自分を励ましてなんとか持ち直しました。どんよりしている私を一言も責めずに一緒にいてくれた彼氏に感謝です。 その後、『母と子という病』を最後まで読み切って、どうしても母に連絡したくなりました。 ここ1か月は意図的に連絡を絶っていました。 緊張しながらラインをしてみま [続きを読む]
  • 父との電話での失敗、母との電話での成功 その1
  • ※今までの家族との関係を先に書いていこうと思っていましたが、リアルタイムで毒親脱出が進みつつあるので、忘れないうちに記録しておきます。 「こうやって話を聞くしかできないから」と前回の電話で話を聞いてくれた父に、『母と子という病』を読んだ感想を伝えるため電話しました。 結果的にいうと失敗。 まず私がなかなか本題を話しだせず、その間父は自分の話をしていました。やっと本題に入ったものの、 「私、お母さんに [続きを読む]
  • 岡田尊司『愛着障害』
  •  「全ての人は生後6か月〜1歳6か月までの間に特定の大人と形成した「愛着」によって、その後の生き方すべてに影響を与える」という主張の本です。 表紙に「大反響!大増版!」と書いてあったのでやや疑いつつ読んだのですが、非常に良い本だったと思います。 多くの偉人(特に文豪)に愛着障害を抱えている人が多いとし、そのたくさんの事例をもとに論が進みます。オバマ、川端康成、ミヒャエル・エンデ、ルソー、ヘミングウェイ [続きを読む]
  • アダルトチルドレンに気づいたきっかけ
  • アダルトチルドレンという言葉を目にしたのは1年以上前でした。 私は2015年秋から上司のパワハラが原因で鬱になり、1年半の休職期間に入りました。 その期間に情報収集と仲間探しを兼ねてtwitterを始めると、フォロワーさんのプロフィールでちらちら見かける「AC」の文字。「AC」とはなんぞや?と思い始めて目にしたのが「アダルトチルドレン」という言葉でした。 でも当時は「ふーん、ACはアダルトチルドレンの略なんだ」程度で [続きを読む]
  • はじめに
  • 私は今までずっと、「良い娘であろう」と努力してきました。でも、それはもう、辞めようと思います。このブログを書くことは親を「責める」ことであり、親が「悲しむ」ことであり、私は「ひどい娘」「親の気持ちを考えられない娘」と言われるのだろうと思います。 でも、「良い娘」になるために、自分自身の「怖い」「寂しい」「認められたかった」「自信が持てない」といった気持ちを抑えていることは、自分をより苦しめる結果に [続きを読む]
  • 過去の記事 …