龍之介 さん プロフィール

  •  
龍之介さん: いつも心に太陽を 社労士・行政書士で活きる
ハンドル名龍之介 さん
ブログタイトルいつも心に太陽を 社労士・行政書士で活きる
ブログURLhttps://ameblo.jp/soleilroumu/
サイト紹介文社労士・行政書士・FP技能士に関すること他日々思ったことを綴ります。
自由文社労士・行政書士開業準備中。カネ・コネ・実務経験なしでの奮戦記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 172日(平均5.4回/週) - 参加 2018/01/02 21:01

龍之介 さんのブログ記事

  • 廃業される方が多いのも事実
  • 昨日の話の続きになりますが、士業登録の数が増えているのは統計上明らかで言い換えれば忙しい(稼げている)社労士・行政書士とそうでない方に分かれるような気がします。 毎月東京会から会報が送られますがそこには入会者の氏名とともに退会者の氏名も載っています。それを見るたび退会する人が多いのに驚きます、それぞれ何らかの事情はあるのでしょうが、(あくまで私の推定)稼げなくて退会せざるを得なくなった、稼げないか [続きを読む]
  • 移民政策進行中
  • 厚生労働省より『新たな技能実習生度について』のパンフレットが公開されている。平成30年4月2日一部改正詳しく知りたい方はこちらをどうぞ⇒http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/0000204970_1.pdf 大きな改正点は技能実習生の期間を3年から5年に変更内容は技能実習1号を1年、技能実習2号を2年(これが従来の制度)、3年の実習期間を終えた後1か月以上の母国帰国を [続きを読む]
  • 中年の徹夜は後でくる
  • ここ数日、何度か徹夜することがあった。適度に仮眠は取ってるが人間というもの基本的に昼に活動し夜は寝るように出来ている。勢いに任せて徹夜してると後でダメージがどっと出てくる、中年だと若い時のように直ぐに疲労回復は出来ない。ということで出来るだけ規則正しい生活をしようと改めて思った。 仕事の依頼はなくともやろうと思えばやることは沢山あって、例えばインターネット研修(その後で必要書類一覧や手数料一覧を作 [続きを読む]
  • 障害年金の認定基準御存知ですか?
  • 今日は東京社労士会の年金講座2回目。障害年金がテーマでした。労災にも障害(補償)年金がありますが簡潔にまとめる為、国年と厚年の障害年金に絞って今日の講義の一部を紹介します。 国民年金の障害認定基準は国年令別表(これが1級と2級の障害基準)、厚年令別表(これが3級と障害手当金の基準)、詳しい内容はこちら⇒http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12501000-Nenkinkyoku-Soumuka/0000096303.pdf#search=%27%E [続きを読む]
  • 懇親会や親睦会は飲み食いする場ではない
  • これはあくまで新人である私の話と断ったうえで。懇親会等があれば極力参加するようにしているが、目的は諸先輩方の指導(というか本音も含めたざっくばらんな話も)を聴くため、又会合では他人行儀だったのが親睦会参加をきっかけに親しくなることもある。 社労士会・行政書士会の研修会や勉強会にしても、またこれから参加するであろう東京商工会議所の交流会にしても名目はともかく飲み食いする機会は多い、できるだけ参加する [続きを読む]
  • 士業開業はRPGゲームに似ている
  • 少しづつですが同業者の知り合いも増え、実務の世界も少しづつ覚えている。報酬に結びついてないからまだ仕事をしていないともいえるが。 ふと社労士・行政書士で開業するということはRPG(ロールプレングゲーム)に似ているかもと感じた。 主人公は最初は戦闘力が弱いし強力なアイテムが無い、出来ることも限られる。行動していくうちに仲間が出来たり協力アイテム手に入れたりや戦闘力を上げたり、経験を積んで強くなってい [続きを読む]
  • 社労士の忙しい季節〜私は雌伏の時
  • 6月〜7月上旬までは社労士の忙しい季節ですね。今の私にはちょっと他人事ですが(笑)。言うまでもなく労働保険年度更新の手続き(6月1日から7月10日まで)。それと日本年金機構への算定基礎届(提出期限7月10日まで)。 やはり皆さん忙しそうで例えば支部の人に連絡するのも憚られます。私ももう少し早く登録していれば行政協力で労働保険年度更新に関われたかもしれませんが。初参加した人曰く、慌しくて訳分からない [続きを読む]
  • おきらく社労士平成30年版は出版なし?
  • もうすぐ特定社労士になるための特別研修の申し込み期間です。受験を考えてる最近登録した社労士の方、お互い頑張って特定付記しましょう。詳しくはこちらhttps://www.shakaihokenroumushi.jp/LinkClick.aspx?fileticket=68xJeEdaxHw%3d&tabid=332 期間は9月から11月にかけて、土日はほとんど研修期間になります。 この特定社労士試験、登録している社労士でなければ受験できないこともあってマイナー資格というかプレミア資格 [続きを読む]
  • 世間の労働問題の関心は高い
  • 現在労働大学校の労働法講座を受講しているが(全15回)、何でも今年は受講者が例年以上に多くいつもの倍の人数が受講しているそうです。 また各企業や労働局のセミナー等(特に就業規則セミナーなど)も直ぐに満席になる状態で世間の労働法に関する関心の高さを実感している。 ここ最近の話題でも労働契約法を巡る正規雇用と期間雇用の待遇差や、国会で働き方改革法案審議中でもあるし、長時間労働や過重労働に厳しい(今労基 [続きを読む]
  • 流れに乗って電子申請も導入する
  • 何でもパソコン1台で済んでしまう時代ですが、社労士業務も他人事では無いようで、厚生労働省は社会保険関係の手続きは原則電子申請で行う方向でいます(概ね3年以内に)。社労士会も当然それに合わせるよう電子化を推進しています。 丁度東京社労士会では現在電子化に関する窓口相談(というか電話相談ですが)を5月から7月にかけて設け、電子化に関して分からないことがあれば担当者が丁寧に教えてくれます。 もはや、良い [続きを読む]
  • 今日は年金講座受講
  • いつもブログご愛読ありがとうございます。特に社労士のみょうみょうさん、聖教新聞読むだけでも忙しいかと思いますが私のつたないブログまで読んでいただきありがとうございます。しかし他人のブログを丸ごと無断転載はやめましょう。 今日は東京社労士会で年金中級講座を受講。初級は私が登録前の4月に終わったらしい。年金の事は正直かなり忘れている。国民誰もが係わりと関心があるのだが、では誰に相談するかといえば年金事 [続きを読む]
  • 行政協力に全力を尽くす
  • 社労士・行政書士の登録は済んだが、当分仕事はないだろうと思って手あたり次第各種研修会や勉強会に申し込んだ。今は自分に出来ることに全力を尽くす、つまり仕事が出来るよう(分かるよう)学んでいる日々。 そんな日々を約1ヶ月位していたが、社労士会の方から行政協力の話も入ってきた。有難いです、単に収入の問題だけでなく実務をできることが。 社労士ブログ書いてる人の中には行政協力を役所の下働きと見下している超優 [続きを読む]
  • 腹が立ってどうしようもない
  • 士業とは関係ない話ですが・・・全国ニュースで流れていたのでご存知でしょうが5歳の女の子が両親に虐待されて死亡しました。以下朝日新聞デジタルからの引用によると 東京都目黒区で虐待を受けたとされる船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)が3月に死亡した事件で、警視庁は6日、すでに傷害罪で起訴されている父親の無職船戸雄大容疑者(33)を、保護責任者遺棄致死の疑いで再逮捕し、母親の優里容疑者(25)も同容疑で新たに [続きを読む]
  • 社労士実務修習〜今月は社会保険適用関係
  • 今日は東京社労士会で行われている実務修習講座、今年度3回目(私は2回目の受講)。 今月のテーマは社会保険適用関係。例えば社会保険の資格所得届や喪失届、新規適用届などの書き方を実務家の立場から丁寧に教えてもらいました。慣れてる人には簡単なんでしょうが私のように実務経験がない人間にはこのような講座は重宝します。なんせ経験豊富な先生が実際の注意点も踏まえて教えてくれますので。 授業の中では例えば・健康保 [続きを読む]
  • 講義の上手な先生
  • 今日は東京都行政書士会のインターネット研修で建設業の講義を視聴した。説明が上手で要点を絞って分かりやすい講義だった。何となく建設業許可申請って難しそうだと思ったが、この講義聞いてちょっと建設業関係も興味が湧いた。何というか許認可のデパートのような、しかも更新もあるので1回で終わりとも限らないし。講義する先生によって受ける影響はありますね。 夕方からは労働大学校の労働法講義2回目。労働法に関して一流 [続きを読む]
  • 社労士試験の監督者?
  • 今日事務所に行ったら東京都社労士会の会報が届いてました。会報と一緒に平成30年度社労士試験の本部員・監督主任者・監督者の募集の用紙がありましたので早速監督者への応募をしました。選考があるのでなれるかは分かりませんが。 一度やってみたかったんですよね〜試験監督。受験者が緊張してたり悩んでいたりしてる姿見ながら心の中で『頑張れ〜』と応援したいところです。 もちろん日当もあります、謝金として23000円 [続きを読む]
  • 最高裁重要判例2つで我思う
  • 昨日から始まった労働法講座、東大の赤門をくぐりキャンパスを歩いていると学生時代に戻った様な気分です(別に東大出身者ではありませんが)。あの頃は貧乏だけど夢と希望はあったな〜などと思いつつ、まぁ今でも貧乏で夢と希望はありますが体の衰えは隠せない自分です。 昨日は以前から注目していた労働契約法20条に関する最高裁判決が2つ立て続けに出ました。ハマキョウレックス事件と長澤運輸事件。 内容は既に御存知の通 [続きを読む]
  • 業務体制を整えないと
  • 昨日は東京都行政書士会の新規登録者説明会でどっさり資料を渡されたので今日じっくりと読んでいる。 横には社労士と行政書士の徽章と証票、開業したんだということを実感する。 仕事をできる体制を早く整えないといけない。例えば職務上請求書、行政書士会では倫理研修を受講してからでないと購入できない。その倫理研修が6月12日、それから購入。申請取次事務研修(新規)は9月、後見研修は来年、行政書士会は万事やること [続きを読む]
  • 行政書士の登録証交付式に行ってきました
  • 東京都行政書士会のホームページによると6月は法務省の「不法就労外国人対策キャンペーン月間」と定め,外国人を雇用する事業主等を対象に不法就労の防止について理解と協力を求めるためのキャンペーンを行うそうです。 これから行政書士になろうとしてる人は私も含め、今後増え続ける高齢者と外国人に対しては需要はあると見込んでますが皆さん割と同じことを考えてるみたいで。ただ入管業は諸刃の刃で十分注意しないと自分も [続きを読む]
  • 6月は忙しい予感
  • 6月のスケジュール、ほぼびっしり埋まってます。仕事ではなく研修で。 とにかく分からないことだらけなんです、『実務をこなしながら覚えていくんだ』という意見はもっともですが、とりあえず仕事はないし今は少しでも自分のレベルを上げたい。 ということで6月1日からスタートの労働大学校の労働法講義が始まるし、社労士会の年金講座が土曜日の6月〜7月にかけてあるのでこちらも受講するし、東京社労士会での実務修習研修 [続きを読む]
  • ただの資格保持者と登録開業者には雲泥の差がある
  • 私はまだ5月に登録したばかりですがタイトルに書いたことを実感しています。 今日初めて社労士会の会員ページにログインしました。パスワードが送られるのが遅いな〜と思い全国社会保険労務士会連合会に電話してログイン方法教えてもらいました、登録番号が分かっていればログインできたのを今日になって知った(ログイン方法は秘密)。 社労士会の会員ページにも業務マニュアルや講義の動画が沢山あります、ので今日から早速必 [続きを読む]
  • 行政書士会の研修も充実している
  • 社労士登録した時、その研修の充実ぶりに感動したことを以前ブログに書きましたが、行政書士会の方も負けてはいません。研修は充実しています。 行政書士会に登録してからパスワードが送られ会員専用サイトにアクセス出来るようになった。 東京都行政書士会のサイトから会員専用に入るとインターネット研修というのがあってこれ全部見たら行政書士業務は大体理解できるのではないか(というぐらい豊富にいろんな講義があります) [続きを読む]
  • 引き籠りさんとご縁があるようで
  • どうでもいい話ですが、昨日はず〜ぅっと寝ていた。朝に一度目が覚めて朝食にカロリーメイトのドリンク(私の朝食は大体これ)飲んでしばらく本を読んでいたら眠くなって昼間も寝て、夕方に起きて少しテレビ見てまた寝て今日の朝になっていた。さすがに寝すぎだろう、最近の疲労がたまっていたのかな。 おじさんになるとやはり若い人のようにはいかず徹夜は後になって効いてくるようだ。 できるだけ規則正しい生活+体にいい食事 [続きを読む]
  • 最初の一社が超大事〜いつの日か顧問契約
  • 昨日は会計ソフトで苦労したが、経理について学習のし直ししたら案外すんなりと理解できた。簿記の資格も無駄ではなかったようだ。当分手作業だが青色申告も大丈夫、自分でやります。 暫く社労士の業務用ソフトをいろいろ調べた結果『ネットDe社労夢Liteクラウド版』が一番いいみたいとの結論に達しました(別に業者の回し者ではありません笑)、値段的にも手頃だし(とはいえ今の自分には痛い出費だが)使い勝手も良さそう [続きを読む]
  • フリー会計ソフトで悪戦苦闘する
  • 会計については4月の準備以降ほったらかしになっている。何でも自分でやらなければいけないのが個人事業主のつらいところ。 私一応簿記2級とFP技能士2級の資格は持っているが仕事で会計の仕事などしたことないし簿記の知識もすっかり忘れている。資格だけあっても実際の経験がないと(資格というものは)使い物にならない見本です。 とりあえず支払ったものをきちんと帳簿に付けとかないと訳分からなくなる、と思いフリー(無 [続きを読む]