ぴょんたまま さん プロフィール

  •  
ぴょんたままさん: ぴょんたままの出産日記
ハンドル名ぴょんたまま さん
ブログタイトルぴょんたままの出産日記
ブログURLhttp://pyontamama.xyz
サイト紹介文33週の検診で切迫早産のため入院に!そんな私の出産と育児日記です^ ^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 52日(平均7.9回/週) - 参加 2018/01/02 21:53

ぴょんたまま さんのブログ記事

  • 1ヶ月 その2 【オムツや粉ミルクの減り具合】
  • 産後1ヶ月で、オムツと粉ミルクをどれくらい使ったのかまとめてみようと思います^ ^【紙おむつ】産院では、パンパースはじめてのはだへのいちばんを使っていましたが、我が家ではとりあえず、パンパースさらさらケアを使うことにしました^ ^こっちのが安いからね・・・でも、パンパースじゃなきゃダメ!っていういうこだわりはないから、他のオムツが安かったらそっちを買うのだけれど、私が楽天市場を見た日は、パンパースが一番 [続きを読む]
  • 1ヶ月その1 【1ヶ月健診】
  • 1ヶ月健診に行ってきました!早いもので、赤ちゃんが産まれてからもう1ヶ月です^ ^1ヶ月健診は、赤ちゃんと私、二人の診察があります。退院時に、看護師さんに「お母さんの診察もあるので、できれば誰か付き添いの方と一緒に来てください」と言われていたので、私は実家の母と一緒に行って来ました。平日でしたが、旦那さんと一緒の人が多かったです。旦那さんもちゃんと子育てに参加してて素敵(≧∇≦)あ、私は実家にいたから母 [続きを読む]
  • 0ヶ月 その5【産後3週間の体調】
  • 傷の痛み退院のときは、その日のお医者さんが痛み止めをあまりくれなくて、これだけじゃ全然足りない(>_と思っていましたが、余裕で足りました(-_-;)ぴょんたのときは、退院後しばらくは傷が痛くて、薬の効果が切れると辛くて仕方なかったのに、今回は3個しか飲んでない(^_^;)なぜこんなに違うんだろう(-。-;まぁ、痛くないのは良いことです☆体重の変化産後3週間の現在、体重が少しずつだけど減って来ました(??????)私の場 [続きを読む]
  • 0ヶ月その4 【母乳外来】
  • 母乳外来に行ってきました昨日の2週間健診で体重の増え方が少し少ないと言われたので、母乳外来に行って、母乳をどれくらい飲んでるか見てもらうことになりました。そして、分かった事実!うちの子、20分くらい直接おっぱいを吸うだけで今の月齢に必要なおっぱいの量を飲めてた!いつも夜におっぱいを飲んだあとに「もっと飲ませろー」って泣くのに・・・そして、そのあと60mlくらいでのミルクを飲むのに・・・朝だったから、母乳 [続きを読む]
  • 0ヶ月その3 【2週間健診】
  • 2週間健診に行ってきました!退院して以来、久々の外(≧∇≦)寒かったけれど、お日様の光が眩しくて、気持ち良い!退院の日は曇っていたから、赤ちゃんは太陽の光を浴びたのは初めて!眩しそうに目を閉じていました^ ^2週間健診では、体重測定と先生の診察がありました。結果、足や首の発達は大丈夫そう。ただ、我が子は、体重の増えが少し少ないとのこと。まぁ、そんな気はしてたんですけどね(-_-;)なぜなら、よく吐くから(-。-; [続きを読む]
  • 0ヶ月その2
  • 退院して1週間が経ちました!授乳して搾乳してオムツを替えて沐浴をさせて泣いたら抱っこして、私自身がごはんを食べて、シャワーを浴びて、寝不足な分お昼寝をして・・・その繰り返しで、毎日があっという間に終わっていく(^_^;)まだ実家にいるため、家事は母がしてくれるので、とても助かっています。これで家事と保育園の送り迎えが加わったら苦しいだろうなぁ・・・ 湯たんぽ大活躍!退院して最初の夜は全然寝てくれなくて、私 [続きを読む]
  • 0ヶ月 その1
  • 退院後、初めての夜昼間に引き続き、少しでも寒いところに行くと震えが止まらなくなる状態で、実家での初めての夜を迎えました。夜10時の授乳が終わった後、2階のお部屋へ。でも、手をつきながらしか階段を上れない状況なので、赤ちゃんは母親に抱っこして連れて行ってもらいました(^_^;)階段を上るときに足がガクガクするなんて、足の筋肉落ちすぎ(笑)部屋に暖房を入れてぽかぽかにして、私の布団には湯たんぽを入れて、準備完 [続きを読む]
  • 退院☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
  • 約1ヶ月ぶりに病院の外へ!12月28日に入院して、ついに1月28日の今日、退院することができました(≧∀≦)10時の授乳が終わったら、11時半ごろに退院です。でも、退院する前に最後の試練が(><)抜糸9時ごろ、いつものようにおしもの洗浄をしてもらい、その後ついに抜糸の時間がやってきました・・・今までに見たことない若い先生で、いろいろなやり方を看護師さんに聞いていて、すごく心配になりました(^_^;)(あとで、お掃除の [続きを読む]
  • 帝王切開後5日目 【入院費と出産費について】
  • 入院費のお支払い私は日曜日に退院するのですが、その日は事務がお休みとのことで、前日の今日にお支払いをすることになりました。切迫早産での入院費&帝王切開の費用だったので、いくらになるのかドキドキしていましたが、お支払い金額の合計は、688,090円でした!でも、そこから420,000円は出産育児一時金の直接支払い制度を利用したので、それを引いた268,090円を現金で支払うことになりました。ぴょんたのときは帝王切開だけ [続きを読む]
  • 帝王切開後4日目
  • 傷と子宮収縮の痛みについて座っているときの傷の痛みはほぼなくなりました^^長い間立ったり歩いたりしていたとき、ベッドから起き上がるとき、赤ちゃんを抱っこするために少しかがんむときは痛いけれど、痛くなっても座って一息つけばすぐに良くなるようになりました。かかさず痛み止めを飲んでるおかげかな?そういえば、トイレのときも少し痛い・・・小さい方のときもだけれど、特に大きい方をするときは、力を入れるのが怖い [続きを読む]
  • 帝王切開後3日目
  • 授乳開始ぴょんたが卒乳してから、約3年。昨日は久しぶりの授乳を楽しみにしていましたが、今日の1回目の授乳で思い出しました。授乳って、軌道にのるまですごく大変なんだった・・・.°(?д?。)°.おっぱいって、ママになればすぐに出るってわけじゃないし、おっぱいが出ても乳首の長さや乳輪の硬さによってはなかなか飲んでくれないし、赤ちゃんが小さいとおっぱいをなかなか上手に吸えないし、おっぱいが張るとすごく痛いんだ [続きを読む]
  • 帝王切開後2日目
  • 傷と子宮収縮の痛みが少し落ち着きました!昨日はお昼過ぎから夜に座薬を入れて1時間くらいするまでずっと続いた痛みですが、あれ以来、6時間経ったら痛くなくても必ず痛み止め(カロナール)を飲む!ということに気をつけて過ごしたところ、それほど酷い痛みはなく過ごすことができました(≧∀≦)もちろん、寝返りをうったり、立ち上がるために踏ん張ったりすると痛いけれど、継続的な痛みじゃないので、耐えられる痛みです。入院 [続きを読む]
  • 帝王切開後1日目
  • どんどん機械が外れて、身軽に(≧∀≦)朝6時半今日もまた検温のアナウンスが流れ、目が覚めました。3週間も入院してますから、もう習慣です。違うことは、動けないから自分で体温が計れない事(^_^;)7時すぎ看護師さんが来てくれて、体温等を測り、状態が安定しているからということで、脈を測る機械と血圧計を外してくれて、少しスッキリ!残すは、導尿と血栓予防のマッサージ機と背中の麻酔チューブと点滴のみ!いつもなら8時に朝 [続きを読む]
  • 帝王切開当日その3
  • 帝王切開後の状態ストレッチャーで病室に運ばれてからは、ぼーっとした状態が続きました。手には点滴と血圧計と脈を測る機械、足には血栓予防のマッサージ機、そして、導尿。麻酔が効いてきて、下半身は動きませんし、痛みもなかったです。帝王切開前から、旦那さん、母、義父母、ぴょんたが来てくれていました。私がお腹を閉じてもらってる間、大人は検査が終わった赤ちゃんと会うことができたのですが、子どもはガラス越しでしか [続きを読む]
  • 帝王切開当日その2
  • ついに手術室へ!1時20分に看護師さんがお迎えに来てくれたので、お部屋でパンツを脱いで歩いて手術室へ行きました。ちなみに、服は前にボタンがついたワンピース型の病院のものを着ています。手術台へ乗って仰向けになったら、上へタオルをかけて、服を脱がせてもらい、脈を測る機械や血圧計や導尿などいろいろな機械をつけられました。そして、点滴から抗生剤を入れたら、次は麻酔です。麻酔は背中をできる限り丸くして、まずは [続きを読む]
  • 帝王切開当日その1
  • 帝王切開が始まるまで結局、あまり眠れないまま朝を迎えました(^_^;)7時ごろウテメリンをやめて、帝王切開前用の点滴に変更(ただの水分補給用の点滴らしい)8時ごろ最後の水分補給。いつもなら朝ごはんの時間だからお腹すいた(笑)9時ごろ下痢のときのような腹痛が5分おきにきて、その度にトイレに行くんだけれど、出ないので、「陣痛かも⁈」と心配になりナースコールをしました(><)でも、ナースコールをしたあと10分くらいして [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活25日目 37w0d
  • ついに明日、帝王切開をします!長かったようで、今思えばあっという間の入院生活でした。明日は朝からお部屋の移動があるとのことだったので、運びやすいように荷物をまとめて、出産後は必要ない、裁縫道具やDS等の暇つぶしセットを家族に持って帰ってもらいました。そして、本当は明日、ウテメリンをやめてから帝王切開用の太い点滴を刺す予定だったのですが、先日刺した左腕が腫れてきてしまったので、今日の午後に太いものにか [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活24日目 36w6d
  • 鉄分の注射で新情報!今日も恒例の鉄分注射があったのですが、今日の看護師さんが良いことを教えてくれました!今日で5回目の鉄分注射でしたが、完全に漏れて激痛だったのが1回打ったあとに漏れてきて青あざになり、痛くなったのが2回打ったあとも痛くないのが2回でした。打つときは痛くなくても、打った後に痛みが出る時と出ない時があったのですが、その違いは打った後の押さえ方にあったそうです!鉄分注射のあとは、強くそして [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活23日目 36w5d
  • 最後の妊婦健診心配していた子宮頸管はなんと2.7?!まぁ、2.7?すべてがちゃんと閉じているかは微妙だけど、あと3日だし、とりあえず一安心。赤ちゃんの体重は2564グラムでした!これなら、産まれたときに2500グラムを超えてそう^^そして、最近はいつもなんですが、今回もまた足と手で顔を隠していて、見れませんでした(^_^;)お腹の張りも特にないので、点滴もあげることもなく、3A21mlのままです。帝王切開をする月曜日の朝に [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活22日目 36w4d
  • 入院して3週間が過ぎました私が入院したのは、12月28日。2017年の最後の診察の日でした。25日の診察の時に、入院になる可能性を示唆されていて、それをぴょんたにも話してあったので、入院を言い渡される前日の夜、布団の中でぴょんたに「まま、にゅういんしないで。いっしょにいて。」と言われました。私はそんなぴょんたのことをギュっと抱きしめて、泣いてしまいました。そして、翌日、入院決定。ぴょんたと離れ離れになってし [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活21日目 36w3d
  • ついに点滴が中で漏れた!!一昨日から外に漏れ続けていた点滴ですが、ついに中で漏れてしまったようです・・・朝は平気だったのに、お昼に近づくにつれてだんだん右腕が重たくなってきて、そのあと点滴を刺した先が赤くなり、痛くなってきました(><)耐え切れない痛さではなかったけれど、帝王切開をするときに使う太い針の点滴は、できれば太い血管がある右腕に刺したいと思っているので、今回の影響でその血管がダメになるのを [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活20日目 36w2d
  • 恐怖の鉄分注射昨日の血液検査で鉄分不足が分かり、毎朝注射器で、鉄分を補給することになりました。そして、昨日はその注射をしているときに、鉄分が血管から漏れてしまい、強い痛みと戦うことになってしまったのです・・・本当に痛かった(/ _ ; )そして、迎えた今朝。「お願いだから、上手な看護師さんが来てー(><)」と、心から願っていたのですが、やって来たのは、昨日と同じ看護師さん.°(?д?。)°.今までのことがあるか [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活19日目その2 36w1d
  • 1週間後の帝王切開に向けて診察のときに先生から帝王切開についての話があって、前と同じところを切るときに、赤ちゃんに少し傷がついてしまうことがあると言われました。基本的にはその傷は治るそうです。私の場合は逆子だから、傷がつくなら赤ちゃんのお尻らしいけど、できれば傷つかずに出てこられるといいなぁ。他にも、前回切ったところの癒着状況によって出血量や手術時間が変わるから、切ってみないと分からないこともたく [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活19日目その1 36w1d
  • 今日は診察の日毎回子宮頸管の長さにドキドキの内診ですが、今日は、なんと2.4cm!といっても、全部の長さが2.4cmなだけで、ちゃんと塞がっているところはおそらくもっと短いです(^_^;)いつもなら、ちゃんと塞がっているところの長さも計るのに、今日は全部の長さしか計らなかったので、詳しくは不明。先生曰く、今のままの生活を続けて大丈夫だそうです。点滴も3A21mlのままでした^^体力が・・・診察が終わって、お昼ごはんを食 [続きを読む]
  • 切迫早産入院生活18日目 36w0d
  • ?36週に突入☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ついに、36週に入りました!もし産まれてしまっても、自発呼吸も体温調節も自分でできる可能性が高いので、少し安心。でも、今日も「帝王切開の日までお腹にいてね」と言い聞かせています^^赤ちゃんは相変わらず元気!お腹の中で動きまくっています。苦しいくらい(^_^;)前の診察の時に、「蹴破って出てくることはないよ」と先生がおっしゃっていたので、そこは安心したけれど、やっぱり膀 [続きを読む]