BIBI ANJYU さん プロフィール

  •  
BIBI ANJYUさん: ☆ 輝く人生の作り方 ☆
ハンドル名BIBI ANJYU さん
ブログタイトル☆ 輝く人生の作り方 ☆
ブログURLhttps://ameblo.jp/day-to-day-miracle/
サイト紹介文幸せな生き方をプログラミングする。幸せは自分の意志で作り出せる。自分の人生を自分で作っていこう!
自由文幸せはもらうものでも待ってるものでもなく、自分で作っていける。パートナーシップ、子育て、日常から幸せを創造していきます。エネルギーを使った初めての教育を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 9日(平均14.0回/週) - 参加 2018/01/03 01:08

BIBI ANJYU さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ☆ 読んでくださり ありがとうございました ☆
  • ここで出会えた全てに感謝します。ここに立ち寄ってくださったことにも心からありがとうございます。 本当にやりたいことと向き合うためにしばらくここをお休みします。エネルギー整えて戻ります?ありがとうございました。 皆様のご活躍を心から応援しています☆ 愛をこめて…BIBI [続きを読む]
  • ☆ 何かをする前にそれが「素晴らしいことになる」ように設定する ☆
  • 「LIFEプログラミング」でやってみていること。 何かをやる前にそれが素晴らしいということを確認するということ。 結構面倒です。(笑) でも、それをやっておくのとただ何も準備せずその場になんとなく行くのとやっぱり少しずつ違ってきてる感じがします。 京都へ旅行へ行ったとき、どんな旅になるか全然予想もつかない中、絶対的感覚で「これはいい旅になる。」と決めたんです。 前々日は悪天候で旦那は飛行機飛ぶの [続きを読む]
  • ☆ 次世代子育ては「その子が本当に望むこと」をさせること ☆
  • 人生を先に生きてきた私たちにとって子どもがやりたい!といったことを無条件でさせることはなかなか難しい。 勉強をしなかったら将来の選択肢が狭まるよ。 努力しなかったらできる能力があってもできなくなるよ。 ゲームばっかりやっていないで宿題終わらせなさい!テストの成績が悪かったら将来食べていけないよ。 今まではそれでOKの時代でした。でも、これからはおそらく違ってくると私は感じています。 今の時 [続きを読む]
  • ☆ 結局、どんな夫婦でもいいって話 ☆
  • 以前「探偵ナイトスクープ」という番組で『23年間会話のない夫婦』っていうのが放送されているのを見て、驚愕しました。※神回と呼ばれているらしいです。 23年間!依頼者は3人の子どもで、「父母が会話をしているのを見たことがない。母が話しかけても、父は会話を返さない。」と。 で、探偵がその謎を解き明かすんですが…。 理由?すごいですよ。 「子どもができてお母さんが子どもばかりかまうのでお父さん、スネち [続きを読む]
  • ☆ とっても嬉しいご感想をいただいています ☆
  • 2017年やりたいことをやる!プロジェクトに「自分のもっている力を使う」ということもありました。 UEというエネルギーを使ったヒーリング&リーディングセッションやふっと降りてきたセレブレーションヒーリングによるリーディングです。 心は学問で学んできたので、スピリチュアルはちょっと…的だった私。 でも、心は学問ではなにも変わらないので、実践知った結果、思いもがけずできちゃった! というのが正直なとこ [続きを読む]
  • ☆ 感情はようするに”警報”なんです ☆
  • 心のことをいろいろ学んで腑に落ちないことがありました。 なにかというと。「理屈はわかったよ。でもどうやって変わるの?」っていうこと。 愛と感謝が大切。ありがとうと思うようにしよう。喜びいっぱいですごそう。日常の小さなことの幸せをみつけよう! そうなんです。 でも、できないときもあるんです。 イライラしているとき、腹立ってるとき、日常の忙しさに心がつぶれそうになるとき、未来が不安になったとき、どう [続きを読む]
  • ☆幸せはあなただけが作り出せる最高の創造☆
  • 「LIFEプログラミング」をのんびり始めているところです。 何かというと「幸せの創造」です。 いままで、ずっと運命というものがあってそれは決まっていて自分が動かされているからその流れに従うしかないんだと思ってきました。それも、一理あると今も思います。ただ、少し、そうじゃない部分もあるんだということに気づきました。自分の想いや思考や願い、祈り、そして、感情のプログラムで自分が望む未来を創造していける [続きを読む]
  • ☆ 自分の望みを許していく!! ☆
  • 2018年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 今年は本当にやりたいことを形にしていくことにトライしていきます。 そしてもうひとつ「自然体」であること。それを許容していけることを目標とします。 ありのままの自分で自分の人生をつくっていけるのか。о(ж>▽<)y ☆。 でも、やってみます☆ 何かをやろうとすると、周りの目が気になったり、結果が怖かったり、急に自信がなくなったり当 [続きを読む]
  • ☆ 2017年はやりたいことをやりました。2018年はやりたいことが実る年 ☆
  • 2017年は素晴らしい1年でした。2017年最初にどんな年にするかを元旦にプログラミングしたからです。 「やりたいことをやる。」そして、それは恐ろしいほど実現してきました。やりたい!と思ったことをやりつづける中、無理だと思うようなセミナーをやるということも可能になったということは本当に不思議です。 今まで、現実の中で自分を合わせて生きてきました。すごく窮屈で、でもそれが現実だし社会だし、仕方のない [続きを読む]
  • ☆ご機嫌な今をつくる☆
  • 朝起きたら、今日はすてきなことが起こると決める。出掛ける前に人でも物でも素敵な出会いが必ずあると決める。仕事をするとき楽しみながらできると決める。食べるものはみんな美味しいしそれは体を健康にしてくれる。家に帰る道も安全で守られると。家での時間は自分らしくゆっくりできると。一杯のコーヒーのほっとする一時に娘を抱きしめる温もりに。夫婦で笑える時間に。私を喜ばせてくる全てをそうなると思うだけで人生が温 [続きを読む]
  • ☆現状よりトキメキを大切に☆
  • 京都に来ています。きっかけは娘の一言。「世界遺産の金閣寺をみてみたい。」9歳で世界遺産を見たい、金閣寺をみたい。その感性を大切にしたい。「じゃあ、行くか??」で、決まりました。金閣寺以外の予定は三日前まで何ひとつ決まってない。でも、不思議なことに大丈夫なんです。どこに行くか計画たてる時間がなくても、決めたように人生は動けるんです。先に決めちゃうんです。 「素晴らしい旅になる」そうすると天候や飛行機 [続きを読む]
  • ☆自分を慈しむということ☆
  • 自分を慈しむということ忙しいからこそ、ゆっくりと紅茶を飲むこと。 自分を慈しむということ苦手な人に微笑むよりも大好きな人と笑いあうこと。 自分を慈しむということ恐れの中で疑うよりも喜びの中で人を信じること 自分を慈しむということしなければならない利益よりも自分が好きな無駄を大切にすること。 自分を慈しむということ自分がいなければならない場所と自分がいたい場所を区別すること 自分を慈しむというこ [続きを読む]
  • ☆ 怒ったって泣いたって大丈夫 ☆
  • 心のことを学んでいくと「愛と感謝で心のいっぱいにすること」というような言葉を目にしたり聴いたりします。 愛と感謝をするといいことが次々に起こりますよ的な。 愛と感謝を心に置くためにアフォメーションしたり、言霊を呟いたりいろんな手段があるわけです。 確かに心がいつも愛と感謝に満ち溢れているにこしたことはないのです。 愛や感謝でいっぱいで生きられるなら間違いなく、それと同じ代価のものが現象化してくる [続きを読む]
  • ☆素敵なイブを!☆
  • 昨おはようございます。クリスマスイブですね。昨日はキャンドル礼拝に参加。キャンドルの光の中で讃美歌を歌い、素晴らしく透き通った安らかな時間を過ごしました。 今日もクリスマス礼拝に参加します☆ クリスチャンではないのですが、生きている喜び、生きている感謝を明確にできる時間とその澄んだ空間に身を置いて、今年を心清らかにして送りたいと思います☆ 皆様はどのようにイブを過ごされますか。 娘は今年、なんとサ [続きを読む]
  • ☆2017年ラストヒーリング『神威』☆
  • 2017年もあとわずかですね。1年間のお礼をこめて24日朝8時「一斉遠隔ヒーリング」をプレゼントします! 1年間のありがとうをこめて… 私、以前ヒーリングなんて全然信じてませんでした。信じるという前に興味がなかったんですね。 なんだかあいまいだし、よくわかないし、まあ、やってもらったこともありますが、感覚的にもすごく変化を感じたことがなくて「ふ〜ん。」みたいな。 もともとエネルギー体質であるわりに、よくわ [続きを読む]
  • ☆ 才能は誰の評価も受けないあなたの輝きである ☆
  • 「あなたがあなたであることに、誰の指図も評価もいらない。それが本来、『あなたそのもの』であるから。大切なことは、あなたが表現するものとあなた自身が一体になっていてそこに無限の喜びがあるかどうかだ。その生き方を表現し始めたとき、あなたはあなた自身を生き始めるということ。そこには他人の評価はないし、指図もない。それが、本当の自分を生きて自由になるということ。」 それは、楽器であっても歌であっても、絵 [続きを読む]
  • 過去の記事 …