ゆるふわまさぴょん さん プロフィール

  •  
ゆるふわまさぴょんさん: TAKARAZUKAとゆるふわな日々
ハンドル名ゆるふわまさぴょん さん
ブログタイトルTAKARAZUKAとゆるふわな日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/takarazuka-fan-2005/
サイト紹介文日々の徒然の中で、主に宝塚歌劇団の明日海りおちゃんについて語ります。
自由文2005年月組「エリザベート」で宝塚歌劇にはまり、その時から明日海りおちゃんを応援しています。台湾公演をきっかけに、この想いをブログに綴ることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 20日(平均11.6回/週) - 参加 2018/01/03 20:47

ゆるふわまさぴょん さんのブログ記事

  • 東京へ
  • 東京へ戻る空の上。機体は結構揺れています。雪雲の中を飛んでいるからかな。昨日は久し振りに、みりLOVE友様たち(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃんを愛するお友達)が集まり、楽しい時間を過ごしました。みんな、ありがとう〜〜そして、花組公演「ポーの一族」の舞台は、どんどん深化していています。「ポーの一族」という、マイノリティで理解されないバンパネラたちの、哀しみと愛、孤独だからこそ強まる一族の [続きを読む]
  • 油絵の中のエドガー
  • 宝塚の朝。外は真っ暗。まだホテルのベッドの中なので、寒さはわかりません。昨日、もう間に合わないと思って半べそになりながら、やっぱりタクシーを飛ばして大阪空港から阪急宝塚駅に向かった私。なんと、みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)のお迎えに間に合いました\(^o^)/タクシー代でB席一回観れるけど、みりりんに会えるなら、惜しくない。。。いや、お金は惜しいけど、でも後悔をしない、という [続きを読む]
  • Have a nice day
  • 今は空の上。東京の今日は、少し曇り空。そして、大阪空港には少し遅れて到着するとのこと。あぁ、みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)のお出迎えには間に合わないんだわ( ; ; )雲を抜けると、光りに包まれた富士山。富士山はいつでも颯爽としていて、凛としていて、まるでみりりんのようね(^^)ANAの機内番組では、西野カナちゃん特集が流れています。おばさんの私だけれど、西野カナちゃんの歌は好きな [続きを読む]
  • バレンタインな明日海りおちゃん
  • おはようございます。今日も今日とて、朝一番の飛行機で宝塚に向かうため、羽田空港行きのモノレールに乗っています。今日はさすがに大阪空港から宝塚大劇場までタクシーで飛ばすことはやめて、途中から阪急電車と思ってるけど、果たしてどうなるやら。みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)について行こうとすると、お財布が軽くなる一方ですね。もっと稼がなくちゃ(←いや、節約するという発想はないのか(^ [続きを読む]
  • 「エドガーの狂気」で目覚めた朝
  • ??僕は狂っている もう後には〜〜戻れない〜〜目覚めると、「エドガーの狂気」のみりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)の悲痛な歌声が頭の中に鳴り響いていました。今朝はこの場面を夢の中で見ていたのね。スポットライトを浴び、宙を見上げて絶望に満ちた表情のみりりんエドガーの顔が、鮮明に浮かびました。歌が終わった最後のポーズですね。毎日、どこかの場面のみりりんの歌声で目覚めます。「ポーの一 [続きを読む]
  • 「ポーの一族」の小ネタたち
  • 東京は朝から青空。職場の広い窓の下には、東京の街が広がっています。今は昼休み中。宝塚大劇場で絶賛上演中の花組公演「ポーの一族」についての小ネタを少しずつ書いていきたいなと思います。 今日は、初日から少し変わったところについてです。 みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)のエドガーについては深化しているということだけで、特に大きな変化があるわけではありませんが、1幕最初のプロロー [続きを読む]
  • 今の時代に生きる「ポーの一族」
  • ほぼ毎月届くVISA月刊誌に「all that Takarazuka」というコーナーがあり、2018年新年号は、花組「ポーの一族」特集でした。 花組トップスター明日海りおちゃん(みりりん、みりおちゃん)、仙名彩世ちゃん(ゆきちゃん)、柚香光ちゃん(れいちゃん)がインタビューを受けています。写真は、3人がとても仲よさそうに写っていて、ほんわかします。みりりんがお兄ちゃんで、れいちゃんが弟、ゆきちゃんが妹のように写っていて、特に2 [続きを読む]
  • みりれいの沼
  • 今朝目覚めたら、また「ポーの一族」の舞台のどこかの場面を夢見ていたらしく、楽曲が頭の中をぐるぐる回っていました。それでも、ちゃぴ(月組娘役トップ 愛希れいかちゃん)の退団ショックからまだ抜けきれていなくて、しかも自分の誕生日の日に退団するなんて(←妹、いやバーチャル姉妹のですけど、が教えてくれました)、千秋楽なんとかして観たくなるけど、チケット取れるはずなくて、これは、千秋楽ライビュ見るしかないなぁ。 [続きを読む]
  • ちゃぴ( ; ; )
  • 家に戻って「ポーの一族」の小ネタを書こうと思っていたら、公式でちゃぴ(月組トップ娘役の愛希れいかちゃん)の退団発表がありました。ちゃぴ、辞めちゃうのかぁ。。。( ; ; )少し前に、みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)が、ちゃぴから相談を受けて、一緒にご飯を食べたみたいな話がどこかの記事に載っていて、きっと退団についてではないかと勘ぐっていたのですが、やっぱりそうだったんだなぁ(←全 [続きを読む]
  • 愛と哀しみのバンパネラ
  • 怒涛の週末の宝塚遠征が終わり、東京の朝。体は疲れでもうボロボロです。今週、仕事乗り切れるかしら(^^;;花組公演「ポーの一族」の初日を見て、5日後に2回目を見てからずっと、毎夜、「ポーの一族」の舞台の一場面(時にはフィナーレを除く全編)を夢に見ているようで、朝目覚めると「ポーの一族」の楽曲が頭の中に鳴り響いています。なので、実際に舞台を見ると、もう何度も何度も見たものを、また見ている不思議な感覚に囚われて [続きを読む]
  • 宝塚の朝
  • 宝塚の朝はとても寒いです。けれどピンと張り詰めた空気の中に青空が広がり、心地よくも感じます。昨日、間に合わないと思っていたお出迎えですが、今後のために、大阪空港からタクシーで池田まで飛ばして、阪急電車に乗ったら、8時までに着くのかどうかを試すため、タクシーに乗りました。タクシーの運転手さんと、ちなみに宝塚大劇場まで行ったら、どれぐらい時間がかかるものですか?と聞いたら、なんと間に合う時間に着くと思 [続きを読む]
  • 朝焼けの中の富士山
  • 今日は、朝一番の6:20のANAで、宝塚に向かっています。みりLOVE友(花組トップスター明日海りおちゃん、みりりん、みりおちゃんLOVEのお友達)のAちゃんのおかげで、「ポーの一族」をマチソワでダブル観劇できることになりました。Aちゃん、本当にありがとう〜〜!機内から見た朝焼けの富士山がとても綺麗でした。ズームして写メるとこんな感じです。朝焼けの中の富士山って、気高くて美しくて、まるで、明日海りおちゃんのよう(^^)頑 [続きを読む]
  • トートとエドガー
  • 昨日は明日海りおちゃん(花組トップスター、みりおちゃん、みりりん)のVISAメッセージ発信日でしたね。VISAメッセージの写真って、いつも少し写り方が微妙だと、勝手に思っていますが(←ごめんね、みりりん)、今回のは私好み。首のリボンがとても似合っています。これは自分で結んだの?さて、メッセージ中に、「ポーの一族」のエドガーは人外のものという意味で、トートに通じるところがある、と書かれていました。私、何度か書い [続きを読む]
  • 理事長新春インタビューとみりりんメッセージ
  • 東京に戻ってきて、昨晩録画していた番組をチェック。早く見たい年末の特番とか、タカニュ新春スペシャル版とかの前に、理事長新春インタビューとみりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)の新春メッセージを見ました。昨夜は時間がなくてそれで精一杯だったのですが、理事長新春インタビューは昨年の振り返りと今年の抱負の中で、理事長が各組や各トップに対して何を期待しているのかがよくわかるので、毎年見 [続きを読む]
  • 現実に戻った今日
  • 食堂の窓から見る東京の空は、青。10日ぶりの職場、そして仕事。昨日、東京に8日ぶりに戻ってきました。朝から、身体中が痛くて、眠くて、仕事のエンジンがなかなかかからなくて、ものすごく疲れていることを実感しています。それと同時に、夢の世界である宝塚、そして夢の中の住人である大好きな明日海りおちゃん(花組トップスター、みりおちゃん、みりりん)からも、遠く離れてしまったことを痛感し、心にぽっかりと穴が空いたよ [続きを読む]
  • シーラとお父様
  • もうすぐ、花組「ポーの一族」5回目を観劇します。その前に、少しだけ小ネタを語っておきます。みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)演じるエドガーのセリフで、ちょっとしたエドガーのこだわりを感じるところがあります。それは、擬似家族としての、ポーツネル伯爵とシーラの呼び方です。シーラに対しては、お母様になってからも必ず「シーラ」と呼ぶのですが、ポーツネル伯爵には「お父様」と呼んでいます [続きを読む]
  • ドリーム週間ラストディ
  • 遠征4日目の宝塚の朝。今日で、ドリーム週間(宝塚遠征して、大好きなみりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)を毎日みること)も終わりです。遠征3日目の昨日は、チケットにご縁がなく観劇できずでした( ; ; )で、せめてもと、お出迎えとお見送りに行ったのでした。朝の光の中で見るみりりんも、夜の電灯の中で見るみりりんも、どちらも素敵でした。朝の光の中では、ひんやりと冷たい空気の中、静かな佇まい [続きを読む]
  • みりりんとリボン
  • 今日は、花組「ポーの一族」マチソワダブル観劇しました。マチネは貸切だったのですが、ご縁があり、遠方の方とご一緒することになりました。阪急三番街の貸切だったのですが、チケットの席は抽選で、私が引くことになり、チケットを取ると、何と3列目の上手の端の方。とっても近くで、みりりん(花組トップスター 明日海りおちゃん、、みりおちゃん)エドガーの青い瞳をオペラなしで見ることができました。紹介してくれたSちゃん、 [続きを読む]
  • 青い瞳のエドガー
  • 宝塚2日目の朝。目覚めると、頭の中で♪極上の美 永遠の命と「ポーの一族」の主題歌が繰り返されていて、この楽曲の力に驚いています。制作発表会で聞いた時は、今ひとつピンとこなかったのですが(←ごめんなさい)、舞台での荘厳な雰囲気の中で奏でられる大ナンバーとして聴くと、「ポーの一族」にふさわしい楽曲となっていますね。昨日は、一階席の後方センターブロックでの観劇でした。4日ぶりに観るみりりん(花組トップスター [続きを読む]
  • 花組「ポーの一族」2回目観劇の徒然
  • 平日の今日、宝塚大劇場に行ってきました。いや、行ってきたというか、明々後日まで、宝塚にいますが(^^;;お芝居は特に2幕が深まってきています。みりりんエドガー(明日海りおちゃん、みりおちゃんのエドガー)は、かなりきめ細やかなお芝居です。エドガーの孤独感が、なんだかより切なく伝わってきました。ですが、やはりまだまだ、バタバタしているところもあるかな。若い組子たちの台詞も、少しうるさい感じかな。もう少しこの辺 [続きを読む]
  • 宝塚へ??
  • 8:30過ぎに小雨の高松を出発して、途中、有馬あたりでは粉雪が舞う中、友達の車に乗っけてもらい、小雨の宝塚に着きました。六甲山のくねくねも久しぶりに体験して、プチ旅行気分です。送ってくれたMちゃん、ありがとうm(_ _)m今日は、1公演のみですね。平日に宝塚大劇場まで来るなんて、一昨年の誕生日以来です。「ポーの一族」2回目は、どんな風に作品を感じるのでしょう。4日振りのみりりんエドガー(宝塚花組トップスター 明日 [続きを読む]
  • みりりんロスな日々
  • 元旦に花組宝塚大劇場公演「ポーの一族」を観劇してから、みりりんロス(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃんが足りない状態)が酷くなっています。「ハンナのお花屋さん」以降、タカラヅカスペシャル2017まで、全然見てなくて、タカスペの時は、自己都合でちょっと気もそぞろだったこともあり、集中できなくて、でも全然平気だったのに、なぜこの短い3日間に酷いみりりんロスになってるのかしら。おうちに戻り、少し心 [続きを読む]
  • 2018年4日目の徒然
  • 2018年4日目の今日が初出の会社も多い中、もちろん私の職場も本来今日からなのですが、休みを取って実家でまったりしています。いつもなら、すでに仕事を始めている時間。父母とテレビを見ながらたわいのない会話をしていることが、少し不思議で、でも幸せな時間ですね。さて、実家に戻っているということは、もちろん宝塚やみりりん情報(花組トップスター 明日海りおちゃん、みりおちゃん)からは離れていて、スカステも見れないし [続きを読む]
  • 忘れていた戦利品
  • 今日は、実家の近くにある神社に初詣。流石にもう3日目で、小さな神社なのでその時間の参拝客は母と私だけでした。いつも思うのですが、神社という場所はどこの神社でもパワースポットだなぁと感じます。鳥居をくぐると身が引き締まり、無意識に避けていたことや自らの課題が明確になり、手を合わせる時に自分の願いが何か、その優先順位が明確になります。宝塚花組公演「ハンナのお花屋さん」のハンナのセリフに「自分を見失った [続きを読む]
  • 花組公演「ポーの一族」初日(元旦)のいろいろ
  • 今日で、お正月三が日も終わりですね。皆様はいいお正月をお迎えのことでしょう。私は、本当なら明日が仕事の初出のはずですが、今年は、もしかしたらお勤めを始めてから初めてかもしれないのですが、お正月三が日に続けてお休みをいただき、長いお休みにしました。それもこれも、花組お正月公演「ポーの一族」参戦のためです。(きっぱり)東京から元旦の朝移動→宝塚で「ポーの一族」初日観劇→その足で高松帰省して5日まで帰省→5 [続きを読む]