ビール さん プロフィール

  •  
ビールさん: _
ハンドル名ビール さん
ブログタイトル_
ブログURLhttp://pppipippp.hatenablog.com/
サイト紹介文妊娠中。働く30代前半サブカル女(扶養者/夫は自営の兼業主夫)。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 121日(平均1.4回/週) - 参加 2018/01/04 16:44

ビール さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 胎動
  • 順調にきてますよ、ぽこぽこと。仕事中に良くくるので、「君の母親は仕事中だ。落ち着きたまえ」と言い聞かせるけれど、効果はなく(当然か)最近足の付け根とか超下腹部の辺が痛かったりだるかったりすることが多くとりあえず買ってみました噂のトコちゃんベルト2。昨日から装着。付け方合ってるのかな。。。と思いつつ。確かに股関節痛は楽になっているかも。しばらく様子見。スカートを作った。マタニティウェアなんてそもそも [続きを読む]
  • 19週
  • お腹がゴロゴロ?胎動?みたいなことが頻繁に。これだけ頻繁だと胎動かしら。。。この前の土曜日に検診。経過は順調。次回の検診で性別も分かるでしょう、とのこと。わくわく。うちは夫婦揃って低身長なので、男の子が生まれたらなんかちょっと申し訳ないな、とも思うわけですが夫は「でも競馬の騎手とか向いてるし…」とニッチなポジティブシンキングで返してくれました。安定期に入り買い物や散歩など、結構楽しんでいます。医師 [続きを読む]
  • 美意識が地の底
  • 美意識なんてもんじゃない、社会人として他人を不快にしない身だしなみに抵触するレベルで意識が低い。妊娠してウエストがなくなった。冬だと油断して全身のムダ毛伸び放題。かかとガサガサ。そろそろ美容院行かなきゃなあ。ツーブロックが1cm超えてる。………もうこれ捕まるよ!犯罪レベルだよ!てなわけで、インフルエンザも治ってきて自宅謹慎も今日までなので己の身だしなみ、もう少し気を使って生きて行かなければと気を引き [続きを読む]
  • お絵かき習慣
  • 小さい頃から絵を描くのが好きで、結局大人になっても描いている。両親も絵心がない人たちではないし、母は趣味で、ちょっとだけ日本画を嗜んでいる。しかし、なぜ自分の生活にここまで絵が溶け込んでいるのだろうかと考えると、両親からの直接的な影響というよりはもっとふわっとした、そう、環境がでかかったのではないかという結論に至った。実家のリビングには、いつも紙があった。使い捨てにぴったりの、安っぽい藁半紙。確か [続きを読む]
  • 風邪を引いた
  • と思ったらインフルエンザだった。日曜日から発症。幸い、予防接種を受けていたために症状が悪化せずに済んだ様子。手洗いうがいと健康的な生活は心がけていたのだけれどかかってしまったという事実にちょっと凹み。インフルエンザなんて10年ぶりくらいだろうか。職場で後ろの席の人が先週木曜日までインフルエンザで休んでいて金曜日から復帰していたのだけれど、それじゃねーか!?なんて思ったりしている。症状はかなり軽いので [続きを読む]
  • 15週
  • 15週入りました。一昨日が検診。特に問題なく発育も月齢通りの様子。元々軽かったつわりが更に落ち着いてきて行動好きの自分にはありがたい次第。買い物や散歩などを楽しんでおります。前回書いたマタニティショーツ、観念してデビューしました。ダッセエ。ユニクロの黒無地買ったんですけど、夫に「鉄腕アトムにしか見えへん…」と言われております。うるせえ。ここ2週間ほど職場の同期が体調不良で休んでおりました。元々何か [続きを読む]
  • マタニティショーツへの道
  • 妊娠で、どちらかというと食べつわりタイプで、太った。4ヶ月を迎え下腹部が若干出てきたけれど、それ以上に脂肪がついてウエストがキツイ。辛い。なんであれお腹を圧迫するのは良くないだろうと、西松屋でマタニティタイツを買った。なかなか快適。マタニティ用のボトムも買おうと思ったのだけど、どうも気に入らなくて見送り。結局後日無印良品で、とりあえず1着、ワイドパンツを購入。これがまたとっても快適。お腹がゴムってこ [続きを読む]
  • 呼び方色々
  • 妊娠が分かってとりあえず本を2冊ほど買った。で、「パパママ」と呼ばれることの違和感。これからずっと「パパママ」と呼ばれて行くのかと思うとなんだか辟易。母子手帳を貰うとき一緒に渡された、市が発行した冊子は「お父さんお母さん」「女性」「パートナー」と書かれていて私のオアシスはここにあった!とまで思った。だいぶ前の能町みね子さんのコラムの投稿コーナーにあった話題だけれど、お腹の中の子供のことをなんて [続きを読む]
  • 12週
  • 最近更新していなかったのは、好きなバンドの新譜が出てそれを聴くことに注力していたから。注力したくなるタイプのCDだったから。7.5拍子とかの曲があるんだけれど、子供のリズム感に悪影響とかあるんだろうか。さて、12週の検診。胎盤の位置が下めで、今後上に伸びていってくれないと低置胎盤になる恐れがあるとのこと。日常生活を送っても問題はないが、お腹が張ったり出血があった場合には安静にし張りが引かない時はこれを飲 [続きを読む]
  • ライブに行けない
  • 好きなバンドのツアーが発表された。4月か5月かくらいだと思っていたので、それならワンチャンあるかと思っていたらまさかの6月スタートで、わが町に来るのは7月頭。7月頭。9ヶ月目入っているよ、流石に無理だよ…!ドームツアーとかホールツアーとかならまだしも容赦無くオールスタンディング。押し合いへし合い人と靴が飛ぶみたいなライブではないけれどそれにしたってその時期に1人でライブに行くのはリスクが高過ぎるし他人に [続きを読む]
  • 無題
  • 我々夫婦は音楽が好きである。細かく分類すると好むジャンルは結構違うのだけれど大まかに言えば2人ともロックが好きである。そもそも出会いが大学の軽音サークルだ。そういうことである。胎教にはまだ気が早い時期であろうが音楽を聴く時にはやはり、多少子供のことを意識してしまう。胎教で調べると、音楽といえばまずはクラシックが挙げられている。残念ながらクラシック、全く聴かない。大体最後の方に「大切なのは母親が楽し [続きを読む]
  • 病は気から
  • 日付が変わってしまった。日付で言うところの一昨日は夕方くらいからとてもしんどくて何がって訳ではないけれどものすごい倦怠感だった。さらに残業も割とあって21時過ぎ、最寄りのバス停から家までの道のりが長かった。普段の倍くらいかかった。帰宅してからとりあえずごろごろして落ち着いてからご飯を食べて(大好物のカレーだったので食べないわけにはいかない)お風呂は朝に入ることにして22時半には布団に入った。翌朝、お風 [続きを読む]
  • かわいそうというエゴ
  • 一人っ子は兄弟がいなくてさみしいからかわいそうだとか共働きの家庭はかわいそうだとか昨今の女性の社会進出推進で、産後1年で働きに出るのはかわいそうだとかそういう意見をよく見かけるけれど私個人的には、全く同意しない。私は自分が一人っ子で良かったと思っている。夫は4兄弟の末っ子だけれど「兄弟がいる方が幸せなんていうのは幻想だ」と主張する。競争も比較もないし、家計の養育費は全て自分に使ってもらうことができる [続きを読む]
  • 小さい生き物
  • 昨日の検診のことでもう少し。胎児のサイズは3.65cm。親指大くらいだけれど、しっかり人型をしていて手の指までちゃんとあるのにはびっくりした。エコーを見ながら思わず「思ったよりちゃんと人型ですねえ」とつぶやいた。とてもよく動く。医師曰く、新生児をベッドの上に寝かせた時と同じような動きを同じくらいの激しさでするらしい。すごい。心臓も動いているし、脳もある。体が動くメカニズムはどうなっているのだろう。骨や筋 [続きを読む]
  • 音楽と生きる
  • ライブに行ってきた。小さくて狭くて、イスとテーブルがあって、ご飯が割と美味しいことを売りにしているタイプの、ライブバーとかライブカフェとかそういうタイプのライブハウス。時間も3時間くらいで、座れるし、割と家から近いところだしタバコもくもくガラが悪いタイプのお店でもないのでまあなんとかなるかなと思い行ってみた。(帰りに気づいたが、喫煙所は外だった。分煙最高かよ)ひりつくような感情と、楽しさと、音楽へ [続きを読む]
  • 10週目
  • 年末年始をはさんだのでだいぶ間があいた気がするけれど、案外そうでもない、妊婦健診2回目、母子手帳ゲット後初。経過は順調のよう。良かった。エコーで見たらじたばた動いていて可愛いと思ってしまった。「体と頭のバランスはテディベアくらいですね〜」とハゲてて髭の剃り跡が青いおっさん先生(ひどい)可愛い例えをしたのが後からじわじわくる。肩こりがつらいので高周波治療器を使っていいか尋ねたところ影響はないだろうが [続きを読む]
  • 夢にまで見たビール
  • 妊娠する前まで、土日祝及びその前日には必ずと言って良いほど飲酒していた。過去に肝臓のなんとか値が異常になったことがあったので、平日の飲酒は控えている(た)。妊娠してからはさすがに禁酒しているけれど、元々がお酒大好き人間だったもので、飲み会の誘いは絶えず、断るのにも一苦労だ。(この話はまたいつか書きたい)良い時代に生まれたもので、ノンアルコールビールで案外気持ちを誤魔化せる。禁酒も3ヶ月目に突入すると、 [続きを読む]
  • 「ウチのブサイクな嫁」問題
  • 夫は聞き分けが良い人だと思う。というと上から目線な気もするが、褒めている。私が不快だと伝えれば大概のことはやめてくれるし、意見が食い違った時も言い分を聞いてくれる。(聞いてくれるだけで、納得はしない場合もある)しかし、何度私が不快だと伝えても、馬の耳に念仏なことがある。それが「ウチのブサイクな嫁」問題だ。私は、外で自分の妻/夫のことを不必要に下げて話すのはみっともないと思う。もちろんのろけや過 [続きを読む]
  • 家庭内の役割
  • 我が夫婦には、今のところ、家庭内の役割分担で明確に決まっているものが何もない。立場は完全にフラットだ。共働き、綺麗好き具合が近い、家事スキルに大きな差がないのが理由だろう。(ただし料理は明らかに夫の方が上手い。)まず、お金は完全に折半だ。お互い同額ずつ出し合って家賃・光熱費・食費・雑費に充てる。これは同棲の頃から。余ったお金はプールしておいて、新しい家具家電を買うときに役立つ。家事は基本的に、でき [続きを読む]
  • 乳首が痛い
  • 妊娠初期症状、私が一番感じたのは「乳首が痛い」だった。私はもう10年以上原付生活をしているのだけど、妊娠4週?5週?頃に原付に乗ったら生まれて初めて「乳首いてえ!」となった。季節は12月初旬、場所は中部地方。これからまだ寒くなる時期である。乳首の先が寒さでかじかんでいる。この初体験で、自分の妊娠を疑ったのであった。ちなみに最近は、歩いていても、部屋の中でも、寒い時には乳首が痛くなったりする。 [続きを読む]
  • ニッチな家庭の悩み
  • 妊娠が分かり「初めての妊娠・出産」的な本を買ってきた。そういった類の本にはほぼ必ず「妊娠・出産でもらえるお金」の項目があり・主婦・出産を機に退社する女性・産休・育休を取得し復帰をする予定の女性のケースに分けて解説がされている。ここで我が家は悩む。我が家は現在、夫が私の扶養に入っている。夫は駆け出しの自営業で収入がほぼないため、扶養の範囲内でパートで働きつつ自営業で収益を上げるための下積みをしている [続きを読む]
  • 初期流産の確率
  • 妊婦全体の10〜15%ほどは、12週に満たないいわゆる「妊娠初期」に流産するそうだ。元々全くと言って良いほど知識のなかった私は流産というのは胎児が異常な早期に妊婦の体外に排出されてしまうことをいうのだと思っていたのだけれどどちらかといえば、排出されることというよりは胎児が死亡してしまうことを総じて「流産」と呼ぶという認識の方が正しいようだ。さて、冒頭の初期流産の確率、最初に知った時は「案外高いのだな」と [続きを読む]
  • 妊娠中の生活について
  • 妊娠しても、普通に仕事はしている。現在9週。幸いつわりが軽く、ちょっと気持ち悪くなることがあるのと眠気が強いくらいで、日常生活には支障がない。産休ぎりぎりまで働くつもりだし、趣味も無理のない範囲で続けるつもりだ。さて、うちには車がない。公共交通機関のみで日常生活に特に不便はないし、自転車があればほぼ完璧。交通の便が悪いところへ行くときは原付を使っている。妊娠して最初の検診で「自転車と原付、乗っても [続きを読む]
  • 母子手帳を手に入れた
  • 題のとおり。2017年6月に入籍し、9月に新婚旅行と簡単なパーティーをし、11月は友人と旅行に行き、12月に妊娠した。入籍の時点で30歳だったし、もう2年ほど同棲していて「2人だけの新婚生活」ってものにもそこまでの思い入れはなかったから、色々イベントが終わったら次は子供のことだな、という話は夫婦の間でも出ていた。しかし思いの外早く妊娠して、ありがたいことだと思う。今日、母子手帳をもらってきた。幸いつわりが [続きを読む]
  • 過去の記事 …