げんさん さん プロフィール

  •  
げんさんさん: 脱サラ教師のゲーム工房
ハンドル名げんさん さん
ブログタイトル脱サラ教師のゲーム工房
ブログURLhttp://game.dassarakyoshi.com/
サイト紹介文コンピューターゲーム(おもにRPG)の制作とゲームプレイ(おもにSLG)を楽しんでいます(^^)
自由文コンピューターゲーム(おもにRPG)の制作とゲームプレイ(おもにSLG)を楽しんでいます(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 166日(平均2.2回/週) - 参加 2018/01/04 18:24

げんさん さんのブログ記事

  • 国際地球連合〜2316年まで
  • 年月できごと229604任期満了で、連邦「公正枢軸」の代表がリライト星間連盟の元首に交代。11オズコックス連邦の降伏によって、公正枢軸 vs オズコックス連邦の戦争終結。オズコックスの政体は変革を余儀なくされ、元首である尊師Plume of Ebonyは退位。230001タンベーター王国共同体が、オズコックス連邦を公正枢軸に準加盟させる旨の推挙。全会一致の賛成で承認。03ガンレアビア独裁国およびモイ−ハクスガン星間国が準加盟を解消 [続きを読む]
  • 異次元侵略者を撃退
  • 異次元侵略者をどうにか撃退できた(^^)決戦に臨む大銀河帝国軍艦隊。密集し過ぎてわけわからん^^;「次元の門」の傍らに居座る軍事力180K+40Kの超強力艦隊を、我が大銀河帝国誇る50K×5個艦隊の宇宙艦隊で撃破。ただ我が方も、タイタン2隻を破壊されるなどの大損害……。まあ、うちの国力をもってすれば早々に回復できるものだが。その後はひととおりの「危機」を試してみたいので、MOD(Crises〜Tri-Attack)を導入するか、コンソ [続きを読む]
  • 「危機(Crisis)」と対峙する
  • 実は現在、以下の3つのプレイを同時進行しています。民主制の「国際地球連合」編。思うがままに外征・戦争ができるように、「Easy Mode MOD」導入の上、最も難易度の低い「ウルトライージーモード」でプレイ中の「大銀河帝国」編。民主制だけど、拡張パック(DLC=ダウンロードコンテンツ)「Apocalypse(アポカリプス)」導入後に始めた「自由惑星連合」編。正直、頭ン中がこんがらがってきています。2の「大銀河帝国」は、途中 [続きを読む]
  • ランソマーズ事件
  • 2229年9月から2230年8月にかけて、ダーガン星系およびキャレンバル星系にて発生した、海賊団「ランソマーズ」による民間人誘拐と、救出に至るまでの国際地球連合航空宇宙軍との一連の戦闘をいう。2229年9月25日:発覚Dargan Vをめぐる穏やかな軌道上に緊急通信ブイが浮遊している。どうやら至近弾か激しい爆発により、外殻が大きく破損している。通信システムの故障時に緊急手段として排出されるよう設計された、民間船用の人類の [続きを読む]
  • 年表形式を採りいれてみた
  • Stellarisって、かなり頻繁にバージョンアップされるんだな。放置されるよりはいいんだけど、操作慣れしたUIなんかも変わることが多いので、ちょっと鬱陶しく感じることもある。現バージョンが落ち着いたら、しばらくオフラインにして暮らしてみようと思う。2280年開始後80年を経て、ほぼ国境線が確定したような感じ。今後は経過を年表形式で表し、ビッグイベントやターニングポイントとなった事件等の詳細を個別記事で紹介すると [続きを読む]
  • 一気に2270年まで
  • 12月15日:天然のワームホールFuelia星系の外れで、自然発生したものと思われる亜空間的な現象が検出された! ここの時空間そのものに形成された裂け目が、“ワームホール”を作り出している。科学者たちの推測によれば、これは銀河のどこかにある別のワームホールとの間に亜空間的な通路を形成しているものらしい。 もう一つのワームホールの場所次第だが、うまくすればこれを使って宇宙船が銀河の端から端まで僅かな日数で移動で [続きを読む]
  • サイブレックス(Cybrex)母星系を特定
  • 2236年3月28日:連邦「公正枢軸」発足。リライト星間連盟とタンベーター王国共同体が「公正枢軸」なる連邦を結成した。もっと洗練されたネーミングはないものかとも思うが……。次いで、ザクラク協商とガンレアビア独裁国が準加盟国に。サクラクはともかく、「封建帝国」を標榜し「覇権を狙う帝国主義者」が指導するガンレアビアを仲間にするというのは、いかがなものか。5月22日:連邦準加盟の提案当面、準加盟なら……。とはいえ [続きを読む]
  • 異種族との邂逅が立て続けに発生しています…
  • 2229年7月26日:モイ−ハクスガン星間国(Moij-Huxgan Interplanetary Nation)とのコンタクト。基本的には平和路線を突っ走ろうと考えているが……さすがにこれはどう仲良くしていいのか戸惑ってしまう。触手と握手するのか。9月23日:コルベットに搭載している小型赤色レーザーを小型青色レーザーにグレードアップ。9月25日:ランソマーズ事件勃発。※詳細は別記載2230年8月2日:サイブレックスの巨大なエネルギー精製施設の大昔 [続きを読む]
  • 準知的生命体を発見
  • 2226年1月1日:伝統の採用[繁栄]ツリーを完遂したので、アセンションパークを入手できる。テクノロジー最優先ということで[技術的卓越]を選択して、研究速度:+10%の効果を得る。3月5日:わが国際地球連合に国境を接する隣国同士が不可侵条約を締結。おそらく、この二国は連邦を形成することになろう。その暁には、わが国にも頻繁な勧誘を仕掛けてくるはずだが……。5月3日:駆逐艦の研究完了。さっそく建造に着手する。11月1 [続きを読む]
  • 異星人との艦隊戦
  • 2220年開始20年目。領土がいびつな形に広がっている。7月1日:10年毎の首相選挙が行われ、ジェラルド・メンデスに変わって段鄧(Dan Deng)が新首相に選出された。■カリスマ…この統治者は驚異的なカリスマで、たやすく自らの意志を通す。布告コスト:-10%布告の持続期間:+20%■建築学の才能…この統治者は根っからの建築家で、建設業務の効率化に注力する。建設コスト:-10%今後しばらくは、国内における居住可能惑星への植 [続きを読む]
  • 宇宙海賊を撃滅
  • 2214年8月3日:放棄されたゲートウェイ太古の宇宙ステーションが Epsilon Eridani星系の外れで発見された。ステーションの周囲にはっきりと残された亜空間痕跡が示すところによると、これはある種の「ゲートウェイ」、つまり理論上、複数の異なる場所にある同じようなステーションからなるネットワークの一部で、宇宙の遠く離れた地点の間をほぼ瞬時に移動できるようにするものらしい。これがゲートウェイだと仮定すると、現状は荒 [続きを読む]
  • 宇宙海賊を掃討
  • ふと思った。このゲーム(Stellaris)ではプレイヤーはどういう立場になるのか、と。星間国家を治めるというが、ゲーム上の統治者は今回(国際地球連合)の場合、選挙で選ばれた首相である。プレイヤーは「支援」という形で選挙に介入はできるけど、結果が気に入らないからといって首相の任命を拒否したり罷免したりすることはできない。むろん、統治者である首相の特性を変えることも。ちなみに現在のジェラルド・メンデス首相の [続きを読む]
  • 異星人国家との国交樹立
  • 2211年開始から10年。人類の母星・地球(Earth)をはじめとする7つの星系を領有。異星人との邂逅は経験済みだが、異星人が築いた国家とはまだ接触を持っていない。1月5日:国際地球連合の内政において、新たな派閥が勢いを増している。彼らはAcademy for the Advancement of Scienceと名乗り、科学者Dan Dengに先導されている。メンバーは科学の進歩を強く訴えている。不満を抱えた派閥はトラブルの元となるだろうが、政府に賛同す [続きを読む]
  • 選挙による新首相選出
  • 2207年4月1日:[伝統]の採用。[繁栄]ツリーの[管理業務]を……。汚職や非効率を排除することで、建造物および宇宙基地の維持費が10%減少する。汚職は徹底的に撲滅したい。贈収賄とか公職選挙法違反とか、最高刑は死刑でよくない?8月17日:イリアム(Yiriam)星系第六惑星でアノマリー発見。「この巨大ガス惑星近傍には、古代の先駆文明の活動痕跡が見られる」とのこと。12月1日:デーシュムク首相が新たな特性「人民の擁護 [続きを読む]
  • ファーストコンタクト…でも敵対的異星人
  • 2205年2月19日:シリウス(Sirius)星系第三惑星の地表を光学スキャンしたところ……光学スキャンは、Sirius IIIの地表のところどころに、異常に植生豊かな地点があることを示している。居住可能な惑星か!? 地表面ギリギリまで接近してみたところ、このような環境だった。のちの惑星パルメレンドである。3月2日:「ゲノムマッピング」研究完了。その結果、POPの成長速度が+10%になった。つまり人口増加率が10%になったと考えて [続きを読む]
  • 古代文明・Cybrex(サイブレックス)?
  • 2202年8月24日:生物学者たちの言葉にも一理ある。確かに「称賛すべき計画だ!」が、現時点では「もっと注力すべきことが他にある」。とにかく今は、国際地球連合発展の基盤を固めるのが先決だ……と首相アクシャラ・デーシュムクは、最高評議会ビルの自室から豪奢な夜景を眺めながら思った。9月18日:建設船アトランティックがオレリア星系に進発。12月2日:伝統の採用。[繁栄]ツリーの中の[標準化建設テンプレート]を選択。 [続きを読む]
  • アルファ・ケンタウリ宇宙基地 竣工
  • 2201年1月16日:木星の衛星ガニメデの研究ステーション竣工。建設船アトランティックは、いよいよ太陽系を離れてアルファ・ケンタウリ星系に移動することとなる。3月10日:アルファ・ケンタウリ星系の調査完了。次は隣接する未知の星系・オレリア(Orellia)に向かう。3月20日:建設船アトランティックが恒星アルファ・ケンタウリの公転軌道に到達。宇宙基地の建設に着手。5月29日:調査船パイオニア、オレリア星系に入る。7月19日 [続きを読む]
  • アルファ・ケンタウリで異種生命を発見!
  • 2200年1月1日:初の有人恒星間航行。ゴッダード(Goddard)級調査船パイオニア(Pioneer)がアルファ・ケンタウリ(Alpha Centauri)星系に向けて進発。調査団のリーダーはジェラルド・メンデス(Gerardo Mendez)30歳。新進気鋭の考古学者。一方、ジョーダン(Jordan)級建設船アトランティック(Atlantic)はエネルギー資源を採掘するステーション建設のため、水星(Mercury)に向かう。1月16日:建設船アトランティックが水星の [続きを読む]
  • 改めて「Stellaris」のAARを…
  • 究極のエンターテイメント・プラットフォーム「Steam」で販売されている「Stellaris」。未来の宇宙を舞台にしたストラテジーゲームです。ここ半月ばかり完全にハマってしまって、すでにプレイ時間は100時間超過。ようやくアウトラインがつかめてきたので、じっくりやり込みつつ、きちんとしたAAR(「After Action Report」または「After Action Review」の略。要するにプレイレポート)を作ってみようと思い立ちました。とはいえAA [続きを読む]
  • Stellaris〜異星人との戦闘
  • 2226年04月01日[伝統]の[繁栄ツリー]をコンプリート。[伝統]は[統合力]を消費することで採用できる。[拡張][支配][繁栄][調和][覇道][外交][発見]という全部で7つの伝統すべて何らかのボーナスがあり、さらに1種類の伝統ツリーのすべての項目を採用すると伝統固有の追加ボーナスとアセンションパーク1つが得られる。例えば[繁栄ツリー]を制覇したことによる固有ボーナスは「POPが消費する消費財の鉱物コス [続きを読む]
  • Stellaris〜派閥について
  • 2220年08月15日2つ目の派閥ができた。ここで派閥についての情報をまとめる。「Stellaris@JP Wiki」にもあるとおり、現代社会でいうところのロビー団体・圧力団体だな。派閥形成の条件は開始から10年経過した。他の種族と遭遇した。ゲシュタルト意識の志向を有していない(意味不明)。と、これもWikiに書いてあった。以下は、現在の国際地球連合における2つの派閥のアウトライン。Council of Advanced Sciences(先端科学評議会? [続きを読む]
  • Stellaris〜太陽系外惑星への入植
  • さて、タイムラインのほうだが……2217年12月03日:Tumbator Dynactic Union(連合王国?)とファーストコンタクト。【通信成立】Tumbator Dynactic Unionからのメッセージを受信中!彼らはわが言語の翻訳に成功したようだ。現在外交チャンネルが開かれており、彼らとの間の全ての敵対行為は一時的に中止されている。【最初の遭遇】知的異星生命体との遭遇というニュースに、市民は複雑な感情を抱いている。「我々は銀河で孤独な存 [続きを読む]
  • Stellaris〜種族と国家
  • プレイヤーが担当する種族と国家についての情報をまとめる。まず種族。今回自分が選んだ種族は人類。他に哺乳類・爬虫類・両生類や菌類なんてのもいる。■人類の特性その1居住地としては「大陸を好む」ので、大陸惑星における居住性は80%。あと熱帯惑星と海洋惑星にも住める(居住性60%)だが、砂漠・乾燥・凍原・極寒・高山・サバンナの各惑星は居住性20%と、かなり住みにくい感じ。というか、ほとんど住めないんじゃないか。 [続きを読む]
  • Stellaris〜国際地球連合2210年まで
  • レポートを上げるのを忘れるほど、プレイに没頭してしまった(^^;2210年末まで(10年毎に統治者の選挙が行われる)に太陽系を中心とした6つの星系を領有(に宇宙ステーションを建設)し、さらに採掘ステーションを設置して資源を入手できる態勢を整えました。前回の記事で「エネルギーや鉱物の産出が多い星系に絞って、重点的に開発するのがポイント」なんてことを書きましたが、宇宙ステーションは資源の有無にかかわらず隣接する [続きを読む]
  • Stellarisで紡ぐ宇宙の歴史 始まる
  • 時は2200年1月1日。舞台は広大な宇宙(星系数1000)の一隅に存在する国家・国際地球連合(UNS)。単一政体のもとで地球(Earth)を中心とする太陽(Sol)系を統治しています。銀河全体図太陽系周辺図地球国際地球連合には、こんな人たちがいらっしゃいました。首相:アクシャラ・デーシュムク(Akshara Desmukh)総督:フー・クアン(Hu Kuang)調査船の科学者:ジェラルド・メンデス(Gerardo Mendez)物理学研究者:ダン・ドン( [続きを読む]