小春日和 さん プロフィール

  •  
小春日和さん: 夜空のドラゴンズ
ハンドル名小春日和 さん
ブログタイトル夜空のドラゴンズ
ブログURLhttps://domura.muragon.com/
サイト紹介文中日ドラゴンズ応援ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 19日(平均7.4回/週) - 参加 2018/01/04 22:33

小春日和 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • キャンプが近づく
  • 早いもので、もうすぐキャンプですね。東京は大雪、こっち(東海地方)は雨でした。今回はインフルエンザになるなよ堂上直倫さん。 北谷、読谷の振り分けが発表されましたね。一軍に育成の木下投手がいるじゃないか。この投手は背も高く、球にも威力ありそうなので楽しみです。鈴木博志も普通に一軍へ。やはり期待していいんですね。福谷、小熊がいるのは悪いけど意外だった。福谷は先発やってみたらどうなの?祖父江、阿知羅の読 [続きを読む]
  • 吉見には期待しない
  • 吉見一起投手、テレビに生出演で今シーズンにかける意気込みを語っていましたが、控えめで、正直、やらなきゃいけないけど、やってみないとわからないというような感じですね。でもローテを守るということが最大の目標のようです。 あの5年連続で10勝以上して、その後、怪我で5年間で13勝くらい。それでもぼちぼち勝ってきたほうではないかと思いますが、やはり毎年、吉見にたいする期待は12勝から15勝くらいを見積もっ [続きを読む]
  • 中スポ殴り読み
  • 溝脇選手。リハビリ中?今年はちょっと難しいか?この時点だと開幕はちょっと難しいのでは・・・非常に期待しているが足をやられているからな。溝脇に期待するのは足だと思う。長打力は昨年、公式戦で本塁打を打ったのでびっくりしたが、やはり足を活かしたすばしっこさ。それが今はリハビリ中。しかももう、だいぶ長い。 小笠原投手が北谷先乗りとか。やはり体を絞ることだね。別に太くてもいいのだけど、小笠原は若いのに中年の [続きを読む]
  • イチロー奪取に動くのか
  • 愛知県が生んだ英雄、イチロー。 ドラゴンズは調査中、もしくは正式オファーをしたとも。 子供の頃から中日ファンだと言われるイチロー。今はわからないが、もともとの自分が受けた感受性のようなものを大切にしていると思われるイチローにとって今のドラゴンズはどう映っているのだろう。 プロ入り後も、小松がイチローにインタビューしに来た時、イチローは”ううぉー”っと喜びをあらわにした。中日の日本シリーズ、10.8 [続きを読む]
  • 松坂は中日に必要か
  • 松坂投手のテスト間近ですが、今の中日に必要かどうかというと、特に必要ではないかもしれません。それよりDENAを戦力外になった久保の方が魅力的な感じがします。 が、しかし、なんか見てみたいんですよね。中日で復活する松坂大輔を。最悪、川崎のような開幕戦引退試合でもいいと思ってしまう。 ドラゴンズにはブランドがあんまり無いんですわ。松坂のブランド力は良くも悪くも一流。それがもし復活して、何勝かするとすれ [続きを読む]
  • 狙われた岩瀬
  • FAで獲得した大野捕手の人的補償はなく、金銭で解決。しかし当初、日本ハムの言っていたインパクトのあるプロテクトリストとは・・・一体。 あんまり信用できないスポーツ紙の記事で明らかになったことが・・・ その正体が、岩瀬獲得への動きであったような記事が出てました。岩瀬がプロテクトから漏れていたのか・・・ 中日は球界の暗黙の了解を使って、あえて岩瀬を外したようですが、日本ハムは大谷の例にもあるように、そ [続きを読む]
  • ルーキー鈴木博志と又吉
  • 鈴木博志がブルペンで投球練習練習。なかなかの評価のようですね。怪我だけは避けたい。 彼の希望するリリーフの中核になってほしいところです。昨年リリーフで鉄壁だった又吉を先発でなんとか使いたいので、又吉のかわりをつとめれるくらい。 もしかしたら、中日にいた与田のようにできるかもしれないとも言われている鈴木博。早く実戦でみてみたい。 [続きを読む]
  • 中日に人的補償無し。
  • 日本ハム 大野捕手をFAで獲得して、人的補償があると見られていましたが、それは無くなったようですね。 日本ハムの補強が早めに解決したせいかな?中日が時間稼ぎに成功したのか? とにかく大野補強で解決。新外国人も含め中日も補強成功とみていい。 予想打順 1.(中)大島 2.(遊)京田 3.(左)モヤ 4.(一)ビシエド 5.(三)福田 6.(右)平田 7.(二)高橋周平 8.(捕)大野 こんな感じ?京 [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2011年
  • 2010年。日本シリーズに敗れたが、中日ファンの私がシリーズ制覇以外に、憧れているのが連覇という文字でした。これは老舗球団としてはやっておかなくてはいけない。その可能性がある2011年を迎えます。 2011年は3月に東日本大震災がおこり、未曾有の大災害をもたらしました。被災されて方々にはつらい年となりました。 プロ野球どころでははなかったのですが、約半月遅れでプロ野球が開幕しました。またこの年から [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2010年
  • あれから2年がたった。ドラゴンズ日本一から。 堀内政権で衰退したかに見えた巨人は原監督のもと2008年、2009年と優勝。2007年もセリーグ制覇は巨人だったので実質3連覇の巨人。ドラゴンズもAクラス確保をしてCSに挑んだが、巨人のパワーに敗れ去った。 この2年ドラゴンズは何をしていたか・・・まず2008年スタートは悪くなかったと思う。福留はMLBへ。夏に開催される北京オリンピックに参加を表明した [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズアジアシリーズ戦記 2007年 
  • 中日ドラゴンズ53年ぶりの日本一に沸いた名古屋。これで今年も野球は終わり。ではなかった。2年前から日本シリーズ後に行われているアジアシリーズというものがあった。日本、韓国、台湾の各国のその年のプロ野球覇者と中国の統一チームが集まり、総当たりリーグ戦を行った後、1位、2位で決勝が行われるというカップ戦。勝ったチームはアジアno1となる。過去2年、ロッテ、日本ハムが全勝優勝を果たしている。 私的には非 [続きを読む]
  • 星野さんの報道の多さに
  • 星野さんの死去の報道後、メディアがかなり取り上げてましたね。ネットニュースは一時、大分、星野さんの記事でいっぱいになってました。 芸能人にも多く知り合いが・・・ ビートたけしは明治の同学年?吉永小百合もコメントありました。和田アキコも。小田和正にはカズって呼んでいたみたい。プロ野球関係者はONを筆頭にノムさん、金本監督、親友の田淵、山本浩二。あと、明石家さんまが出てこないのが・・・いつもオーストラ [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2007年
  • ヤブ(ごまかし)してもいい、日本シリーズに勝て!10年に一度しか優勝しないと言われていたドラゴンズ。ここ3年で2回優勝している。これはファンにとって信じがたい出来事だった。でも日本一になれないもどかしさが常に付きまとう。今しかないのにと誰もが思っていたに違いない。 2007年。この年からセリーグもプレーオフを行うことになった。こんな理屈の合わないプレーオフなんて・・・だがこれがドラゴンズの決め手に [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2006年
  • 2004年の日本シリーズを逸したのは痛かった。それでもドラゴンズは類まれなメンバーがそろいつつあった。一発を打てる4番として横浜からタイロンウッズを獲得。投手陣は強固。2005年は交流戦による失速が響き、阪神に優勝を明け渡す。2006年が来た。 この年はこれまでで最強だったかもしれない。どんどん2位以下を突き放していく。交流戦も前年の轍は踏まず勝ち越し。荒木、井端、福留は今の広島のタナキクマルに相 [続きを読む]
  • 星野さん逝く。今までありがとう。
  • 星野さんがお亡くなりになりましたね。正直、非常に驚いて。 最近は非常に痩せていたので気になっていた。昔から体が強いわけではない。中日、阪神、楽天の監督を務めては退任時にいつも体調を壊していたかと思います。 でも70歳。現代では、まだ若い。 星野さん。ゆっくり休んでください。 星野さんが悲願の日本シリーズを手にしたときは私も嬉しかった。 中日ドラゴンズを強くしてくれてありがとう。 [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 2004年
  • 50年が経過していた。初めて日本一に輝いて、半世紀がすぎていた。広島もヤクルトも横浜も経験しているのにドラゴンズはここ一番で勝利を掴めていない。決して弱くはないのに。 山田監督解任後、誰が監督を・・・元巨人の桑田?面白そうだ。星野さんの復帰か?そんなことを考えていたが、予想外の落合博満監督就任。ええ!落合が帰ってくるの?選手時代それなりにはやってくれたが、あの偏屈でワガママな人を監督にするのか。そ [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 1999年
  • 子供の頃からノストラダムスの予言は本当に来ると信じていたが、気づいてみればもう1年しかない。その1年前、世紀末にドラゴンズ5度目のVがやってきた。 88年から11年を要してはいるが、なにも無かったわけではない。惜しい!という年が何度もあった。 1991年、いつもの宿敵・巨人ではなく広島だった。夏場首位で折り返し、広島との天王山で確か勝ち越したんだが、抑えの森田が逆転され、星野さんが嫌な予感がすると [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 1988年
  • 昭和が終わろうとしていた1988年。近藤監督、山内監督と続き、良い時もあったが中日というチームはどうも選手が勝手な行動をしているように見えた。まとまりも無くなりつつあるようにも。正直ダラダラ。興味も薄れつつあった。そんな中、闘将 星野が87年に監督に就任。鉄拳制裁、ケンカ野球を全面に押し出す。この時期のドラゴンズには必要だった。要は締めてくれる人が。 今まで見たこともない尖って突っ張ったドラゴンズ [続きを読む]
  • 私的なドラゴンズ日本シリーズ戦記 1982年
  • 最初のブログ。ドラゴンズは日本シリーズに弱い。これまで10度参戦して2度しか日本シリーズを制覇していない。これは禁句なのか?リーグ優勝で燃え尽きているのか?私が見てきた日本シリーズを自分なりに考えてみました。最初に見た日本シリーズ。大昔です。1982年。野武士軍団と呼ばれたドラゴンズ。昭和の臭いがプンプンする時代でした。 1974年以来、優勝から遠ざかっていた中日。近藤監督2年目のシーズン。シーズ [続きを読む]
  • 過去の記事 …