山本嘉寛建蓄設計事務所 さん プロフィール

  •  
山本嘉寛建蓄設計事務所さん: [大阪・奈良] 山本嘉寛建蓄設計事務所ブログ
ハンドル名山本嘉寛建蓄設計事務所 さん
ブログタイトル[大阪・奈良] 山本嘉寛建蓄設計事務所ブログ
ブログURLhttp://yyaa.jp/blog/
サイト紹介文大阪・奈良の建築設計事務所、山本嘉寛建蓄設計事務所のブログです。物件の進捗状況や建築めぐり。
自由文山本嘉寛建蓄設計事務所は大阪・奈良を拠点に活動する建築設計事務所/建築家です。
住宅・マンション・店舗・事務所・医院・福祉施設・ゲストハウスなど、用途や規模に関わらずシンプルで寿命の長いデザインを心がけています。新築のほか、リフォーム、リノベーション、増築、減築、用途転用など、厳しい条件であっても何か良いもの・新しいものが生まれる可能性を信じて積極的に挑戦しています。
http://yyaa.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 164日(平均2.7回/週) - 参加 2018/01/05 19:50

山本嘉寛建蓄設計事務所 さんのブログ記事

  • 山あいのピザ店。ファーストプレゼン
  • 奈良市。山あいの古民家ピザ屋さん。プレゼンテーション案が出来ました。既存の古民家の中にカウンターと厨房、ピザ釜を配置します。お施主様の思い入れが強い建物なので出来る限り既存部分には手を加えず、余裕のあるスペースを大きく使ってお店の核となる部分をつくり、客動線と従業員動線を整理しました。 母屋から張り出したトイレ棟。かなり開放的に作りながら客席・外部からの視線は遮る設計。 今回はお施主様からスケッチで [続きを読む]
  • オープンハウスご来場ありがとうございました。
  • 奈良市U邸のオープンハウスは晴天にも恵まれ、多数の方々にご来場頂き盛況のうちに終えることができました。遠方から遥々お越し頂きました皆様、貴重なお時間を頂きましたお施主様に感謝申し上げます。 その日の夕方からは引き続き工務店・お施主様と物件のお引渡し。設備機器類の取扱説明や工事監理報告書の提出、工事費用の整理や残工事の調整などを行いました。 ご相談を頂いてから完成まで3年弱という長い期間がかかってしま [続きを読む]
  • 古民家の現地調査。
  • 奈良市東部。柳生の里にほど近い村落から古民家を改装したお店のご相談を頂き、現地調査に行って来ました。奈良駅から車で30分ほど茶畑の合間をぐねぐね上がっていくと深い山々に囲まれたのどかな景色が広がっています。周りを見渡すと、右も左も築100年以上が確実な古民家ばかり。少し中の様子を伺うと、母屋・離れ・納屋・蔵といった分棟の絶妙な配置具合や、家の中で職住一体・自給自足の生活がごく自然に営まれている様子が見 [続きを読む]
  • 外部と内部のあいだ
  • 完成に近づきつつある奈良市U邸。壁・天井の塗装が終了し、当初のイメージどおり真ん中の居室の周りをぐるっと回廊が廻る空間を体感できるようになりました。それほど和なテイストでは設計していないのですが、奥行きのある通り庭や南北に縁側のあるリビングは何となく町家を踏襲しているような不思議な雰囲気があります。次はいよいよ建具の吊りこみです。 [続きを読む]
  • “愛でる家”をUPしました。
  • Worksに奈良市K邸リノベーションの模様をUPしました。美術品、骨董、庭そして何より家自体を「愛でる家」です。最初は内部だけのリフォームのはずが徐々に規模が膨らみ、最終的には建物の内外を含めた壮大な計画になりました。ご協力頂いた多くのデザイナー・職方の皆様、施工して頂いた?田工務店さん、プランの検討から細かな家具・備品の納まりまで快く打合せにお付き合い頂いたお施主さまに感謝申し上げます。 [続きを読む]
  • 奈良市U邸オープンハウスのご案内
  • ※このイベントは終了しています。この度、私たちが設計監理を行っている住宅が完成します。大正時代に建てられた町屋のリノベーションです。 お施主さまのご厚意によりオープンハウス(完成見学会)を行うことになりました。古い木造住宅の改修やリノベーションをお考えの方、新築住宅をお考えの方、まだ具体的な計画はないが将来的に家づくりを考えておられる方ももちろん大歓迎ですので、お気軽にお越し下さい。 [続きを読む]
  • 大阪R不動産に掲載されています。
  • Dias#201の入居者募集が大阪R不動産のウェブサイトに掲載されています。カーテンが特徴的な部屋です。ご興味のある方は是非一度お問い合わせください。https://www.realosakaestate.jp/estate.php?n=3766 記事に書いて頂いたとおり、窓を開けると非常に美しくカーテンがたな引きます。玄関も開け放てばもう部屋が生き物のようです。ちなみにInstagramに少しだけその様子をUPしています。 [続きを読む]
  • ZEB補助金の完了検査
  • 奈良市のゲスト&シェアハウス。ZEB実証事業補助金の完了検査を受けました。担当者の方々にはわざわざ東京から奈良の片田舎までお越し頂き恐縮です。補助対象となっている設備機器やサッシなどの数量や取付状況を入念にチェック。 多少の指摘を受けて冷や汗をかきつつ、何とか無事に検査をクリアすることが出来、お施主様共々一安心。現場は完成に向けて急ピッチに作業が進みます。 [続きを読む]
  • お施主様と現場打合せ
  • 内部の壁面がほぼ貼れたので、現場にお施主様にお越し頂いて、空間の雰囲気を掴んで頂きつつ、細かな部分をご説明しました。 キッチン周り。スペースが狭く収納の取り方に苦労しましたが、何とかバックセットも確保できたので、良い感じに使っていただけそうです。キッチンの小窓には、工事前に和室の床の間に入っていた障子を入れる予定です。 [続きを読む]
  • 屋上緑化の調査
  • 以前全面リノベーションを行った大阪市玉造の岡山ビル。更なる建物の価値向上と空きスペースの活用を目指して屋上の緑化計画を進めています。工事に向けて調査を行いました。上の写真は南側テラス。何もない殺風景な屋上がどのように変わるか、今から楽しみです。 こちらは北側テラス。斜め向かいはカトリック玉造教会。南北2つのテラスがあるので、少し趣の異なるスペースとして計画する予定です。 [続きを読む]
  • 外観の完成
  • 奈良市H邸。町屋の外観復原が終わり、市役所の完了検査を受けました。一言に町屋の意匠といっても厳格なしきたりがある訳ではなく、建物によってかなりデザインに差があります。そのため、元のデザインが分かっている箇所については復原を行い、分からない箇所については周りの事例を参考にデザインを考えることになります。特に格子のデザインは自由度が高いので、奈良町を歩いて見つけたかわいい格子のデザインを盛り込んでみま [続きを読む]
  • 堺市M邸・計画案
  • 上下分離型・木造二世帯住宅のリノベーション。親世帯+子世帯から子世帯+孫世帯へのスライドに伴って1階部分を改修する計画です。耐震補強や断熱性の向上、設備の更新といった性能向上を行いながら、これから数十年の生活スタイルを見据えた間取りへと改変します。法事が営まれる仏間を中心に、間仕切りのON/OFFによって1階全体をケとハレの両面の使い方が可能なように再構成し、将来的な内階段の設置や孫世帯+ひ孫世帯 [続きを読む]
  • 大阪の建築めぐり:無印良品堺北花田店
  • 先日リニューアルしたイオンモール堺北花田の無印良品。日本初、どころか世界初の店舗だということで、早速見に行ってきました。一部界隈では有名な可動棚が浮かんでいます。IKEAばりの広大な売り場面積もさることながら・・・何と野菜や肉や魚を売っています。スーパーマーケットが融合した無印良品なんです。これは想像以上に不思議でエキサイティングな空間体験でした。板張りの冷蔵ケース。雑然としがちなスーパーも、デザイン [続きを読む]
  • 掲載:TILE DESIGN BOOK
  • 弊所設計『Cafe Franz Kafka』『岡山ビル』が、幻冬舎の「TILE DESIGN BOOK タイル装飾で建築をアートに変える」に掲載されています。新旧のタイルの事例やマニアックなタイルの知識など、タイル愛に溢れた一冊です。是非ご覧下さい。 TILE DESIGN BOOK タイル装飾で建築をアートに変える [続きを読む]
  • 台湾からのオープンデスク
  • 事務所史上初、台湾からのオープンデスクも早いもので最終日。最初はどうなることかと思っていましたが、すでに実務経験も長く日本語も堪能ということで何の問題もなく、写真撮影や打ち合わせ、現場の立会い、CGやら模型やら、いろいろ経験して頂くことが出来ました。来月からは市内の某設計事務所に勤めるとのこと。ぜひ頑張ってもらいたいものです。加油!(写真:進行中のプロジェクトの案を考えてもらって、お茶しながら所内で [続きを読む]
  • ポーターズペイントのショールーム
  • ポーターズペイントはオーストラリア生まれのちょっと変わった塗料です。堺の現場の帰りに、ショールームに伺いました。なんとなく漂う「日本のじゃない感」。塗りムラや微妙な色の具合がちょうど気持ち良い感じです。サビサビのポストは、中身はいたって普通。外部だけ錆塗装しています。錆色塗装は最近我が国でも増えていますが、金属粉が混ざっていてリアルに錆びます、という商品はなかなかないですね。外部で使えるシリーズが [続きを読む]
  • つむぎ商會で古金物選び
  • 大阪市南部。東部市場前にあるつむぎ商會さんへ木製建具用の金物を探しに。最近は木製建具の需要が低下しているので新品でちょうど良い具合の金物がなく、デッドストックのアンティークを見繕うことになりました。 多種多様な金物が埋め込まれたディスプレイ。ただビス留めしているだけではなく、金物に合わせて鍵穴等を加工してあります。一日見てても飽きません。いろいろ触って遊んでたらお店が突然真っ暗に。(電気のスイッチ [続きを読む]
  • 焼きむらタイル
  • 奈良市U邸。キッチンのバックセットに使う予定のタイルです。かなり焼きむらのあるタイルなので、幾つかサンプルを取り寄せて色の幅を確認。棚板やキッチンの天板との色の取り合いを確認。小さなピースから想像を働かせます。うむ、よい感じになりそうです。 [続きを読む]
  • 断熱化
  • 奈良市のシェアハウス。ZEB化のメインメニューである断熱工事が完了しました。壁の吹付けはおなじみの硬質ウレタンフォームです。 サッシの取替え・新設も完了しています。ビル用の高断熱サッシはかなり高価なので、木造住宅用の防火設備対応・高断熱サッシを採用してローコスト化を図っています。 [続きを読む]
  • 柱・梁・壁の追加
  • 奈良市U邸。着々と工事が進んでいます。大部分の柱・梁を追加・入れ替え、地震力に耐える構造用合板を貼ったので、ずいぶん建物に安定感が出てきました。 古い柱梁はどうしても傾きがあるので、新しい部材との接合部がピタッとはまらない箇所が多々有ります。大工さんと話しながら、最適な形に変更していく作業が必要となります。 [続きを読む]
  • 解体が終わりました。
  • 奈良市の古ビルコンバージョン。解体工事がほぼ終了しました。外壁周りは断熱性ゼロだったので今回の工事で硬質ウレタンフォームを吹付けます。アルミサッシも高断熱サッシに取り替える予定です。 最上階。新築時の御幣が出てきました。記録に残っている通りの日付が入っています。鉄骨造では上棟式を行うことは少ないので、割と愛情をもって作られた建物であることが分かりますね。タイムカプセルを開けるような感じです。 [続きを読む]
  • 古ビル解体中。
  • 奈良市のツタビル。解体工事がはじまりました。内部はスケルトンに戻しますが、外観はほぼそのまま再利用するため、おうとくセンターの時のように重機でガッツリ解体することができません。完全人力での解体は非常に手間隙がかかり、大変です。 既存エレベーターのシャフト。工場用の大きなエレベーターを撤去して、ホームエレベーターに入れ替えます。現況では3階までのシャフトしかないので、4階の床スラブを抜いて1層増やし [続きを読む]
  • 写真撮影
  • 堺市のN邸。お引き渡し→引越し→外構工事の完成→桜満開。満を持して竣工写真の撮影に伺いました。今年は例年より早い開花予測に、カメラマンの笹倉くんのアドバイスで急遽撮影スケジュールを一週間前倒し。見事に満開の桜の下で撮影することが出来ました。天気もカラっと晴れて、ブルーの屋根がよく映えますね。 複雑な内部の構成をどう撮れば伝わるか、自分であれこれ試してみてもうまくいかなかったんですが、さすがの眼力、次 [続きを読む]